学びと仕事を通して、人生を「最高の物語」にする。

×

ワンコインコンサルタントが語る、多くの事業体を支援するためにWebの知識が必要不可欠な理由。

DSC05296-min

こんにちは、WebCamp(ウェブキャンプ)です。

今回は、普段は大手メーカーでSEとして働く一方、個人事業主にコンサルティングをしている南目(なんめ)さんにお話を伺いました。

DSC05296-min-min

15年間働いたSEとしてのキャリア

ー 今はどんなお仕事をされていますか?

大学院を卒業してから15年くらい、大手メーカーのシステムエンジニアをやっています。200工程ぐらいある工場のラインの自動化を管理するシステムを作りました。温度や湿度に依存する商材を扱っていたので、パラメータを自動で計測する仕組みをつくったり、素手で触れない物質なので作業をする機械のシステムも作りました。工場が止まった時は、一時間止まるだけで数億円の損失があったりするので、すぐに駆けつけてトラブルシューティングをひたすらやることもあります。一人でガチガチと直すのですが、面白かったですね。

中国勤務の時期もありました。自分は中国語は話せなかったのですが、通訳はつけてもらえませんでした。事務所には日本人は自分一人で、他の方は全員中国人だったので、英語でコミュニケーションを図っても、お互いチャイニーズイングリッシュとジャパニーズイングリッシュで全く通じず、絵と勢いでコミュニケーションをとっていましたね。そこからは体当たりでテレビをみたり、日本語が話せる別の部署の方をさがして、会話したり、必死で中国語の勉強をしたおかげで、今では社内の中国語翻訳の仕事もするようになりました。

今はお客さま先に常駐で、お客様が管理しているデータの流れを見える化をしています。

DSC05304-min

経験を活かした個人事業主へのコンサルティング

ー 最近ではワンコインコンサルタントとして活動してらっしゃると伺いました。

仕事以外の日はワンコインコンサルタントとして、個人事業主や起業家の支援をしています。ISD個性心理学協会という、 10万人以上のサンプルから 生年月日という切り口として膨大なデータを収集し 「性格」「思考」「行動」の統計と分析、 検証を繰り返し、世界中の人と人のコミュニケーションのスムーズにするためのノウハウを広めている協会に属しており、そこで学んだ人間関係に活かせる知識や、SEの仕事を得て学んだ知見などを活かして、個人事業主の抱えている課題解決をしています。

ー 過去にはどのようなクライアントがいっらしゃいましたか?

保育園に勤めているけど給料があまりよくないので独立したい方や、自分で事業をやりたいが動き方がわからない方のスケジュールを一緒に組んで行くこともありました。

チームで働いているリーダーで上司やメンバーに対して悩んでいる方にアドバイスをすることもありました。個人事業主が多いので人によっては全然分野が違いますね。マインド面でのアドバイスと、相手の業務を可視化することが多いです。

IMG_6612-min

Webができれば、多くの事業体の人と話ができる

ー なぜ、Webデザインを学ぼうと思ったのですか?

もともと、SEということで会社の業務システムを作っていて、JAVAやC言語は扱っていましたが、Web系の知識はあまりありませんでした。でも、個人事業主にコンサルティングをしていく中で、事業計画書をつくることは会社のHPをつくることに似ているなって思いました。Webサイトをつくることは、例えば歯医者さんだったら、ターゲットはお年寄りなのか、若年層なのか、小学生なのかによってHPの作り方も変わってくるので、Webサイトをつくることは、ある種お客さまのビジネルモデルの構築にもなっているのかなと考えています。

そこで、HP制作やWebデザインができるようになれば、コンテンツの一個として、その方の事業を整理する意味でもお役に立てるかなと思ってWebデザインを学ぼうと思いました。今やWebと関わらない業界は少ないので、いろんな事業体の人と仕事をするときにWebって大事だと考えています。

DSC05296-min

Webスキルがあれば提案も実装もできる

ー WebCampを受講してみて、いかがでしたか?

とても濃厚な一ヶ月でした。自分がどういうサイトをつくりたいのか、というデザインを考えて作り込むゼロの部分からやれるのが面白かったです。私はSEの経験がありますが、他の人はゼロベースでデザインの調整から始まりサイトの完成まで一ヶ月 でやるのは本当にすごいと思っています。

実践的なところを教えてくれるところもすごく良かったです。基本知識より、実際すぐ使えるスキルが身につきました。自分の作った卒業案件をコンテンツとして見せることができるので、「僕はこういうサイトを作ったので、受注してみませんか?」という提案資料としてコンサルですぐに活用することができています。

僕は4月に卒業して、すぐに案件を受注して5月のGW中の10日ほどで制作しました。ちゃんとモバイル対応もしています。コンサル事業の一環の仕事なのですが、集客などの戦略はあるので、最終的なLPをつくるという意味では純粋にWebサイトの制作案件としての意味合いが強いですね。 他にも、Web関係の案件のお話も何件かいただいていたりします。コンサル部分の要件設定から、実際に自分でもサイトを組めるので、両方できるのは強みになると思います。例えば、歯医者さんだと、予約のシステムを提案し、その実装も自分でできますよ!という提案ができますよね。

DSC05285-min

ポートフォリオの紹介

ー 南目さんの作成したポートフォリオを紹介していただきます。

DSC05279-min

起業したい人や、かっこいい女性経営者人向けにつくったサイトです。世の中には、やりたいことがあるけどやれてない人っていっぱいいるって思っていて、そういう人達が一歩踏み出すことをお手伝いをするのがコンセプトのサイトになっています。

スクリーンショット 2016-06-06 21.44.45-min

 

デザインは起承転結を意識しました。まず、自分がどういう人物なのかという紹介をし、このコンサルティングにはこういうコンテンツがあるというのを提示、実際の案件の紹介、申し込みフォームという流れです。締めとしては、ワンコインなので気軽に受けていただけるかな、という構成になっています。

 

スクリーンショット 2016-06-06 16.58.32
スクリーンショット 2016-06-06 16.58.45
スクリーンショット 2016-06-06 17.16.44
スクリーンショット 2016-06-06 17.17.01
スクリーンショット 2016-06-06 17.18.14
スクリーンショット 2016-06-06 16.59.46

ゴールが明確だと頑張れる

ー この 一ヶ月を振り返ってみていかがでしたか?

授業のカリキュラムは、Webサイト構築という一ヶ月の最終ゴールが明確なので、毎週の課題は苦しかったけど、楽しくやることができました。本気で一生懸命やれば絶対できるし、自分が時間をかけてやるほどクオリティがあがります。反転学習で、予習量と授業理解度が比例するので、意欲があってちゃんとやろうとする人にはめちゃくちゃいいと思います。濃密なカリキュラムの中、どれだけ強い意志を持ってやれるか。僕はやらないといけないという使命感や義務感があって、何回も徹夜しました。卒業制作も、金曜の夜の11時から12時すぎに始めて、徹夜で完成させました(笑)しっかりやれば、出来上がるってわかっていたので最後まで頑張ることができたと思っています。

DSC05291-min

最後にこれから学習する人に一言お願いします。

やればできるというのが明確なので、目的を持ってやりきるのが大事だと思います。信じてやればきっとうまく行きます!

IMG_6622-min

 

ー 南目さん、本日はありがとうございました!

1ヶ月短期集中!WebCamapの詳細を見る