学びと仕事を通して、人生を「最高の物語」にする。

×

「子供が熱を出した時に誰かに預けるなんて、考えられない」在宅ワークを目指すママさんの強い想いとは

[no_toc]

こんにちは、WebCamp(ウェブキャンプ)です。

今回のブログは、主婦・ママコース受講生の和田さんへのインタビューです!

出産を機に専業主婦になり、その後のお仕事を探していたという和田さん。

受講中はベビーシッター制度を利用して、お子さんを預けていらっしゃいました。

出産を機に専業主婦へ

ー 今はご結婚されて専業主婦をされているとお聞きしました。

そうですね、妊娠と出産をきっかけに退職いたしました。以前は、貿易会社で輸出の営業をやっていまして、結構忙しい職場で、国内・海外の出張もありました。30代のころに子供が欲しいと思いまして、今の忙しい仕事のやり方のままでは、妊娠・出産は厳しいのではないかということで退職いたしました。その後、残業がなく、忙しくない仕事に変えまして、出産したのを機に専業主婦になりました。

ーいまは子育て中心の生活ですか?

そうですね、5年間家でやっています。一時期、子供を保育園にあずけて、就職活動をしていたこともあったのですが、面接に行った時に、「もし子供さんが熱を出されたらどうしますか?」という質問を受けまして、その時は面接だったので、「夫や家族に…」という風に答えたんですけど、自分の気持ちとしては、「子供が熱を出した時に誰かに預けるなんて、ちょっと考えられない」という思いを強く感じました。その時に、外で働くというよりかは、在宅で何かできるようなスキルを身につけたいという思いが強くなりまして、それで、5年間いろんな可能性を探っている中で、WebCampのサイトをみて「これなら、今のの自分が思う働き方ができるんじゃないかな」という思いで参加しました。

DSC05865

 

子供の面倒をみながら働ける方法を探していた

ー在宅での働き方を探していたんですね。

多少の出勤はしょうがないと思うのですが、融通の利くような働き方をしたいと思ってます。会社勤めですと、毎日出勤して、会社の中での流れがあって、なかなか休みをとるのは難しいなと思います。自分が働いていた時代でも、お子さんがいる方がいらっしゃったのですが、当時は私も妊娠も出産もしていなかったので、「なんで早く帰れるのかな?」とか思って(笑)、「仕事終わっていないのに帰るのってどうなんだろう?」って思ってました。同じ女性でもそういうところを理解できない部分はありましたね。

ー 仕事にもっと力を入れるべきでは、とどうしても思ってしまいますよね?

そうですね。自分が妊娠・出産してる時に、なかなか外で子供を持ってない人と肩を並べて働くのが難しいんじゃないかと思いまして。誰かに「すいません」と言いながら働くというよりかは、自分の思う通りの働き方で、家族の面倒も見ながら、のびのびと自分の情熱を費やせるような仕事ができるんじゃないか、と思いスクールに応募させていただきました。

主婦が働こうと思うと本当に難しくて、自分の夫ですら主婦がどのくらいの空き時間が1日のなかであるのかわからないんですね、同じママさん同士だと「こんな感じだね」ってわかるんですけど。周りの人からはわかりずらくて、でもママさんコースというのが設定されていて、すごく通いやすいスクールだなって思います。

 

ー 何かスキルを身に付けたくても、お子さんを預ける場所がなかったという感じですか?

そうですね、何かしたいと思っても、まずは保育園がないですし、役所のほうに保育園も申し込もうと思って相談にいったのですが、厳しいですねと言われてしまって。かといって、おじいちゃんおばあちゃんなど、近く預けてられる家族がいる訳でもなかったので、何かするにはこの子が小学校上がるのを待ってからと考えていました。働きたいために学校に行くのに、そのための預け先がないのはやっぱり厳しいなと。今回シッターさんの話をいただいて、「こんな制度があるなら行くしかない」と思いました(笑)

DSC05867

WebCampに参加した感想

ー 今回、実際ベビーシッターさんを活用してみてどうでしたか?

実はこの子はいままでどこにも預けたことがなくて、シッターさん自体初めてだったので、もっと泣いちゃったりとか、教室入ってきたりとかするかなって思ったのですけど、そんなことはなかったです。選んでいただいたシッターさんもすごくよかったですし、何かあったら隣の教室から来て見れるというのはすごく良かったです。あと、この芝生の環境もすごく気にいったみたいです、裸足でも大丈夫ですし。普通のオフィスだともっとさみしかっただろうなって思います。受けている間も全く気にすることなく、授業に集中することができました。

 

DSC05987

スクリーンショット 2016-07-25 15.58.50

スクリーンショット 2016-07-25 15.55.05

インタビュー中も芝が敷いてあるエントランスを走りまわる2歳8ヶ月のお子さん。

受講中の学習方法

ー 受講中はどのように勉強しましたか?

自習は、子供が寝た後の夜や朝方にやることが多かったですね。空き時間がすごくバラバラで、子供は夜も起きてきたりしますので、1日のなかで、「これとこれをやる」って決めて、サイトのコードを書いて、WALSをやって、チャットサポートで質問をしている間にこっちを進めて、また別の質問を投げてる間にこっちを進めて・・・というように、自分の勉強に無駄がないようにやっていました。

ー 料理を作っている時みたいですね(笑)

これとこれを切ってる間に、これを煮て…というような感じですよね(笑)主婦のその部分が生かされているのかもしれないです(笑)

ー 一つに集中せず、いろんなことをやりながらっていうのはなかなか難しいですよね。

でもそれくらいしないと、時間がとれないので。空き時間があったら、何もせずに待ってる余裕はなく、その時にまた何かやっていないと、子供が泣き出したりとか、お迎えの時間があったりとか、ご飯をつくったり、掃除をしたり、洗濯をしたりと、常に何かをやっていないといけないので、時間があいたら何かをやって、やりくりしたりしてましたね。

DSC05843

ー 1日どのくらい勉強しましたか?

4時間ぐらいですね。昼間の空き時間と夜の時間を活用していました。子供が寝てる間に「この質問送っとこう」って、回答が来るまでの間にまた包丁をトントンやって、回答がくる段階には、料理がひと段落している状態になるように段取りをつけてやっていました。

ー 一ヶ月濃密なカリキュラムだと思うんですけど、やってみて楽しかったですか、難しかったですか?

やっている時は、夜中遅くまでやっていたり、朝早く起きたりとか、体力的にきついなって思う部分はありましたけど、講師の方に質問を送るとちゃんと返してくれたり、なるべくレスも早くしてくださってたのか、そのおかげでリズムよく勉強することができました。質問が返ってくるのが遅くなるとコードを書くのも滞っちゃうと思うのですが、どんどんどんどん質問して、返ってきたタイミングで自分のサイトを変えて、というリズムでやれたんじゃないかと思います。

ー 質問を活発にされていたんですね。

毎日のように質問していましたね。自分一人でやっていると「ここってどうしてこうなるんだろう」「ここのコードってどうしてここに入れるんだろう」ってわからない部分が出るので質問すると、講師の方が毎回「またお気軽に質問してください」って書いてくださったので、また遠慮なく質問しました。講師の方は4人ぐらい質問に答えてくださったんですけど、シフトを覚えるぐらい身近に感じましたね(笑)そろそろ出勤かな~、この時間はあの先生だな~って(笑)そのおかげで、毎回わからない部分を潰しながらやることができました。

おかげさまでいろんな質問も解消されました。私の場合は画面上だけだとなかなかわからないので、サイトの画面も全部プリントアウトして、回答をいただいたあとに書き込んで「あ、こういうことをいってるんだ」って理解するようにしていましたね。

DSC05916

和田さんがご自身でプリントアウトされたチャットサポートの画面

ー 全部ご自身でプリントアウトされたんですか?

そうですね。説明していただくじゃないですか、でも頭の中ではなかなかわからないので、自分のわかるような形に工夫しています。これはデザインをレスポンシブ対応にするもので、授業でやったんですど、家に帰ってやってみたらできなくて。問い合わせをチャットでしましたら、「こここういう風にするんです」って送ってきてくださって、自分の書いたコードを圧縮して、zipで送り、講師に訂正していただいたところをチェックして「これってこういう意味なんだ」って、自分の中でわかりやすいように解釈できるように工夫しました。

ー 自分の理解できる形にするのは素晴らしいですよね。

いろんな人の勉強の仕方があると思うのですが、私はこういうやり方なのかなって。

制作されたサイトの紹介

和田さんが制作されたサイトの紹介をしていただきました。

ー どのようなサイトをつくりましたか?

自由が丘のお店の紹介のサイトなんですけど、行ってみたいな、と思えるようなサイトをつくりたかかったので、写真をたくさん載せて、ひとつひとつが浮き上がるようにしました。

CSSのいろんな機能を質問で教えていただいて実装していきましたね。

ー 幅も綺麗ですよね

最初はぐちゃぐちゃだったんですけど、毎日の講師とのやりとりで綺麗になって行きましたね。

質問してもいいですか?って講師の天谷さんに聞いたら「どんとこい」と言ってくださったので、どんどん質問しました。

これまではパソコン貸し出し制度を利用してMacBookを借りていたのですが、これからは家のデスクトップのパソコンで勉強しようと思ってます。

スクリーンショット 2016-07-25 19.14.42 スクリーンショット 2016-07-25 19.15.20 スクリーンショット 2016-07-25 19.15.35

学んだことを生かし、情熱を注ぎたい

ー 今後はどうしていきたいですか?

まずは家でできることをしていきたいと思います。最初はお小遣い稼ぎでもいいんですけど、できるようになればもっとやりたいですね。在宅っていうと、どうしても片手間って印象のある言葉ですけど、普通の会社員の方が家で仕事を単独で時間を見つけてやるような。自分が昔仕事をしていた時のことを思い出して、情熱を向けられるような働き方を家でもできたらな、と思うんですよね。インフラトップで学んで、ここが転機だったといえるようになりたいですね。

DSC05847 のコピー

最後にこれから学習する方に一言お願いします!

主婦の方で、なかなか自分の時間をつくって勉強するのって難しいって感じる方も多いと思いますが、1ヶ月間の間は割り切って、なんとか時間をつくってやる気持ちで挑めば、なんとかなるもんだなと思います。1ヶ月間やってる間は大変でしたけど、終わってみると申し込んでよかったと思うので、飛び込んでみてはいかがかなと思います。

DSC05983

ー 和田さん、本日はありがとうございました!

主婦・ママコースの詳細をみる