◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月生は満員となっております。12月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

未経験の方がWebデザイナーを目指す場合、Webデザイナーに必要なスキルを持ち合わせていないことがほとんです。

そのため、履歴書や職務経歴書などで自分を効果的にアピールしていかなくてはいけません。

そこでこの記事では、未経験の方が効果的に自分をアピールするために知っておくべき履歴書作成のポイントについて紹介しています。

履歴書でどこをどうアピールしていけばいいのかわからない、魅力的な履歴書の作り方がわからないと悩んでしまっている方は、ぜひ参考にしてください。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

未経験者が魅力的な履歴書を作成するときに知っておくべき4つのポイント

志望理由を明確に伝える

未経験の方が未経験からWebデザイナーへの転身を希望する場合、なぜWebデザイナーになりたいのかについて採用担当者に明確に伝える必要があります。

Webデザイナーを志望する動機が明確でないとイマイチ本気度が伝わらず、採用してもらえる可能性が下がってしまいます。

大変だと理解していながらも未経験からWebデザイナーを目指すというのであれば、何かしら明確な理由があるはずです。

その理由をしっかりと伝える内容の履歴書を作成しましょう。

これまでの経験で活かせる部分をアピールする

もしこれまでの経験でWebデザイナーの仕事に活かせそうなものがあるのであれば、どんどんアピールしていきましょう。

仕事での経験はもちろん、趣味などのプライベートな部分での経験もアピールすることは可能です。

まずはこれまでの経験でWebデザイナーの仕事と結び付けられるものがないか考えてみると良いでしょう。

未経験というハンディをどう克服するかをアピールする

未経験者がWebデザイナーを目指す場合、『未経験』という部分はどうしてもハンディになります。

でも、だからといって諦めてはいけません。

そのハンディをどう克服していくつもりなのかを具体的に伝えることで問題解決能力をアピールできますし、やる気や本気度もアピールできます。

未経験という部分に問題を感じていてそれをどう克服しようとしているのかの道筋を明確に示すことで、未経験というハンディをアピールポイントに変えていきましょう。

熱意を伝える

一番スタンダードな方法ですが、熱意を伝えるのも効果的です。

その場合、ただ『Webデザイナーになりたい』ということだけを伝えるのではなく、Webデザイナーになってどのような仕事がしたいのか、将来はどうなりたいのかというところまで伝えられるとより効果的になります。

取り組みたい仕事やキャリアパスまで想定し、アピールしていきましょう。

もっと明確なアピールポイントがほしいときは?

未経験の方が魅力的な履歴書を作成するときのポイントについて紹介してきましたが、『やっぱりもっと明確なアピールポイントがほしい!』という方も多いと思います。

未経験からWebデザイナーを目指すときにアピールできる明確なアピールポイントにはどういったものがあるのでしょうか?

スキルを身につける

Web関連の会社がもっとも魅力を感じるのは、『スキル』です。

Webデザイナーとしての業務経験がなくても、必要なスキルさえあれば採用を勝ちとることは難しくありません。

Web業界はスキルをもっとも重視します。

スキルさえあればどんどん仕事を任せられますし、育てる手間も省けるので当然といえば当然ですね。

ポートフォリオを作成する

自分のスキルをアピールするためのポートフォリオを作成するのも非常に効果的なアピール方法になります。

Webデザイナーはデザインとコーディングの知識とスキルが求められる仕事なので、両方のスキルと知識をアピールできる『Webサイト』を作成し、ポートフォリオとして提出すると良いでしょう。

作成したサイトのURLを履歴書に記載すれば、より魅力的な履歴書ができあがりますね。

最短でスキルを身につけたいならスクールがおすすめ

未経験の方がWebデザイナーとしてのスキルを最短で身につけたいと思ったら、プログラミングスクールなどのスクールに通うのが一番です。

Webデザイナーに必要な知識やスキルは独学でも身につけることはできますが、わからない箇所が出てきても自分で解決しなければいけませんし、何より膨大な時間がかかります。

では、スクールでWebデザインを学ぶメリットについてみていきましょう。

その道のプロが指導

スクールでは、Webデザインに必要なスキルや知識を身につけたその道のプロに指導してもらうことができます。

中には企業やフリーランスとして実業務に携わっている現役の講師の方が指導してくれるスクールもあります。

その道のプロに指導してもらうことでWebデザイナーとして活躍するために必要な知識やスキルを身につけることができるのはもちろん、現場の人しか知り得ないであろう応用的な知識やスキルを身につけることも可能です。

不明点をすぐに解決できるのでつまづかない

Webデザインに必要なことを独学で学び始めた場合、不明点や問題点を自分で解決しなければいけません。

あたらしいことを学ぼうと思った場合、勉強を進めれば進めるほど不明点が出てくるものです。

独学の場合、書籍やインターネットの情報を頼りにそれらの不明点を自分で解決する必要がでてきます。

また、コーディングでは必ずといっていいほど何かしらの問題が起こるものですが、問題となっている箇所を見つけ、解決するのも全て自分でおこなう必要があります。

一方、スクールでは講師の方と一緒に不明点や問題点を解決することができるので、独学での学習に比べ、つまずく回数が圧倒的に少なくなります。

最短でスキルを身につけることができる

Webデザイナーが身につけるべき知識やスキルは膨大です。

独学で勉強を始めようと思った場合、まずどういった知識やスキルを身につけるべきなのかといった点で足踏みしてしまうでしょう。

ですが、スクールで学べばそんな事態にはなりません。

あなたが目指すWebデザイナーに必要な知識とスキルについて的確に指導してくれるので、余計なことに時間を浪費することなく、最短で身につけることができます。

まとめ

未経験の方がWebデザイナーを目指すときに知っておいてほしい、魅力的な履歴書を作成するためのポイントについて紹介してきました。

魅力的な履歴書を作成するために必要なのは、アピールするべきポイントをしっかりと把握することです。

ポイントを把握することでアピールするべき点をしっかりとアピールすることができ、採用担当者にあなたの魅力を伝えることができます。

そして、より採用の確率を上げたいのであれば、スクールを利用してWebデザイナーに必要な最低限のスキルを身につけておくと良いでしょう。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月受入枠は満員となっております。12月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

おすすめの記事