既卒者が未経験からプログラマーとして転職・就職するための3つのステップ | WEBCAMP NAVI
【7月枠も残りわずか】転職保証コース

既卒者が未経験からプログラマーとして転職・就職するための3つのステップ

大学や大学院卒業後、今の会社に就職したものの、自分がやりたい仕事じゃないと考え始めた今。

そんな時ふと目にした「ITプログラマー」の文字・・・。

よし!プログラマーになろう!と思いこのページに飛んできたと思います。

しかし、今の会社をすぐに退職して新しい世界に飛び込むには中々勇気のいる事です。

当記事ではそんな転職や新天地に就職する為の3つのステップをまとめました。

・未経験からプログラマーになるステップの全体像を確認したい方は【徹底解説】未経験からプログラマーになるためのすべてを伝授」の記事を参考にしてください。

自分を知る

プログラマーって一つだけじゃないの?

ハローワークや就職支援セミナーで必ずと言っていいほど行う「適職診断」。

これが実はプログラマー転職をする場合にとても有効だという事をご存知ですか?

プログラマーと一口に言っても、その種類は様々です。

Webサイト中心のWebプログラマーから、スマホゲームを開発して一山当てたいゲームプログラマーなど、色々なタイプのプログラマーがあります。

適職診断をすることで、自分がやりたいプログラミング、仕事、自分に合っているプログラミングを知る事が出来ます。

この適職診断はWeb上でも相談出来ますので、転職前に一度受けてみてはいかがでしょうか?

総合適職診断を行い、自分の強みやセールスポイント等を把握した後に、プログラミング言語紹介のページを見て、どの言語がどんなプログラミングを作れるか見てみましょう。

自然と自分がやってみたいプログラミングの方向性が見えてくるはずです。

【総合適職診断】

https://careerindex.jp/aptitude_assessment

言語を学ぶ

未経験で飛び込むにしても最低限のプログラミング言語の知識はあった方がベターです。

今は無料の学習サイトや、専門スクール、書籍などが充実しており、自己学習でも十分に基礎知識を付けることが可能な時代です。

先程のプログラミング診断で気になった言語を中心に「求人率の高い」言語の基礎知識を覚えましょう。

人にもよりますが、1か月前後あれば言語の基礎理解が出来るようになります。

やりすぎると転職の時に変な知識が凝り固まって、会社の役に立たなくなる場合もあるので勉強のし過ぎは要注意です。

未経験というのは弱点でもありながら武器にもなりますからね。

・おすすめのプログラミングスクール・教室を探している方は、「【初心者向け】おすすめのプログラミングスクール22選!」の記事を参考にしてください

求人情報を探す

求人雑誌

求人雑誌はコンビニで無料に配布している物から、お金を出して購入するものまで多岐に渡ります。

まれに求人雑誌の特集コーナーで「IT関連求人特集」等があれば、ゲットしておきましょう。

求人雑誌はIT関連からフード、アルバイトまで多くの求人が掲載されています。

その中から「未経験 プログラマー 積極採用」を探すのはかなり困難です。

確率が一番高いのが、お金を出して購入する求人雑誌です。

IT関連の転職などにも強く、情報も無料の雑誌よりも細かく書いてあるため、こちらの方をオススメします。

求人サイト

一番解りやすいのがIT関連に強い転職サイトです。

ここから転職した未経験のプログラマーが最も多いです。

細かい情報も雑誌に比べて多く掲載されており、転職先を決めるのにも便利な機能が多くあります。

ハローワーク

意外にもハローワークには中小企業を中心としたIT関連の求人が多くあります。

ハローワークでは職業訓練学校も併設されている場合もあるので、失職してもスキルを学びながら求人を探すことが出来ます。

・転職エージェントにプログラマー転職をサポートして欲しい方は、「【未経験からプログラマー転職】おすすめのエージェント4選!」の記事を参考にしてください

転職エージェントサイト

いわゆる代理人です。

未経験でもIT関連の会社に転職を希望する人のために代理人が交渉してくれるサービスです。

大手のリクルート社のエージェントサービスや、ITに強いDODAなど、様々な転職エージェントサイトが存在します。

エージェントサイトの良い所は自分に担当エージェントが付き、転職までをしっかりとサポートしてくれる点です。

新しい世界に飛び込むためにはある程度のサポートも必要だという事ですね。

転職リクルートサイトをいくつか紹介します。

①リクルートエージェント

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaccesstrade00039

大手転職サイトのリクルート社のエージェントサイトです。

ITエンジニアからWeb、SEまでを網羅している事と、業界でも大手のサイトなので信頼度は抜群です

②DODA

https://doda.jp/promo/lp/002.html?cid=001008068085002&utm_id=001008068085002&trflg=1

エージェントサイトのパイオニアと呼べるDODA。

最近ではCMも多くなりました。

公開されている求人数だけでもリクルートの2倍です。

 

またIT関連に強いだけあり、求人数もかなり多い事でも知られています。

③Type

https://shoukai.type.jp/landing/lp/1107/nensyu2/affi.html?wapr=5a201d82

年収アップを謳っているtypeさん。

実際にプログラマーやSE、ITエンジニアの方でも転職により年収が大きくアップしている実績があります。

専門の相談員と話せるので、転職前の不安解消にも繋がる良サイトです。

面接

面接のポイント

希望する企業が決まったら最大の難関「面接」です。

面接の仕方は就職活動の時以来ですね。

未経験での面接はしっかりとポイントを押さえないと、受かることすらありません。

こちらの武器は「未経験」と「社会経験」、「熱意」しかありませんよね?

簡単に採用に至るまでのポイントを解説していきます。

プログラミングだけがプログラマーに必要な能力ではないという事を自覚する。

プログラマーにはコミュニケーション能力が必須です。

独立して仕事を受注する際も他人とのコミュニケーションが必須であると言えます。

また、複数人のプログラマーチームでプロジェクトを行う場合、協調性があるかというのも重要なファクターになります。

やる気があって当たり前。重要なのは「覚悟」

やる気があるのは当たり前です。採用担当者が見るのは「プログラミングの世界で食べて行こうという覚悟があるか否か」という点です。

プログラミングは人気の職種ではありますが、その知識量は弁護士や医者クラスの難易度があります。

生涯プログラミングを学び続けるという覚悟を持って面接に臨むべきです。

経験の有無

転職活動中にプログラミング言語を学んだと言っても、その言語を使って実績を持っていない為、未経験と同様に見なされます。

しかし、知っているのといないのとでは採用担当の育成ビジョンも変わってくるものです。

自分が学んだ言語をアピールし、最高のスタートを切れるようにしましょう。

採用の基準

未経験者の場合28歳前後が採用の分かれ目です。

これは今後の伸びしろを考えての基準であり、若ければ若い程良いわけでもありません。

ある程度社会常識に慣れ、プログラミングという特殊な世界でやっていけるかどうかを判断されます。

また、採用担当者も一抹の社員です。

一緒に働きたいと思ってもらえるかどうかも採用の基準です。

見た目の印象や、コミュニケーション力など、プログラミング以外の所で判断されます。

・プログラマーの面接対策をしたい方は、「【未経験者向け】プログラマーの採用面接で大切な9個のポイント!」の記事を参考にしてください

まとめ

面接が終わって採用が決まれば、晴れてIT業界の仲間入りです。

しかし、これがゴールではありません。

これがスタートです。

前述しましたが、プログラミングの知識や技術は上位職になると、とても高度な物になってきます。

常に学ぶ姿勢を忘れずに、プロフェッショナルプログラマーとして大成出来るように、自己研鑽に励みましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 12019年4月時点

 プログラマー志望者への人気・おすすめ記事一覧

初心者必見記事 職種別解説記事 就職・転職活動対策記事
全体を理解したいプログラマー 未経験者向け 未経験から派遣プログラマーへ 未経験からのプログラマー資格
文系のプログラマー志望者向け 未経験からSEになるには 未経験からプログラマーを目指す本
第二新卒向けも未経験からプログラマー 未経験からWeb系プログラマーへ プログラマー未経験向けエージェント
未経験からのプログラマーは辛い? 未経験からフリーのプログラマーへ プログラマー未経験向け面接対策