Startup Stock Photos

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

初心者の方が実際にコードを書いて学習したり、アプリを作ろうとするとエラーが発生することが少なくありません。

エラーの原因がわからないと気になって次に進められない方も多いですよね。

実際プログラマーとして仕事を始めるとエラーを無視する訳にはいかないため、エラーを解消できるようにならなければなりません。

今回は初心者の方が起こしやすいミスをご紹介していきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

プログラマーとしてのミスは大きく分けて2つ

システムは規模によって書くソースコードの量に違いがあります。

エラーを取り除かなければ、後々システム完成後に不具合・バグになってしまいます。

不具合・バグは解消しておかなければ、エンドユーザーに大きな損失を与えてしまいます。

金融関係のシステムでは金銭のトラブル、医療関係であれば人名に関わる事もある為、プログラマーとして一番気をつけなければいけないのは、不具合・バグが発生しないようにプログラミングを行うことです。

規模や業種に関わらずプログラマーがシステム開発を行う際に考えられるミスは以下の2つになります。

詳細設計ミス

企業やプロジェクトの方針によっても違いますが、多いミスは、システムの仕様はシステムエンジニアが顧客と打ち合わせを行い、その仕様を満たす為の詳細設計をプログラマーが行うことが多いです。

そこでシステムエンジニアが設計する仕様またはプログラマーが行う詳細設計の時点で、仕様間違いや考慮漏れなどにより不具合やバグに繋がってしまうことがあります。

つまり、コードを記述する前段階で、何らかの間違いがある場合です。

特に制御処理などでの考慮漏れは、現役のプログラマーでもミスしてしまうことは少なくありません。

もちろんそのシステムリリースまでに、ダブルチェック、単体テスト、結合テストなどを行って事前に不具合・バグを洗い出します。

コードの記述ミス

コードの記述ミスは初心者が陥りやすいミスです。

コードの記述ミス自体は現役のプログラマーでも行ってしまいます。

しかし現役のプログラマーと初心者の大きな違いは、記述ミスをした時に、初心者は何をミスしているかを見つけるまでに時間がかかることです。

経験によって記述ミス発見までの時間が短くなっていきますが、事前に初心者が陥りやすいミスを確認しておくことで、早く記述ミスを見つけ、スムーズに作業・学習を進めていくことが出来るようになります。

初心者が確認しておくべきミス7選

それでは具体的に初心者が事前に確認しておくべきミスをご紹介していきます。

半角と全角のミス

初心者がミスしやすいミスの1つは半角と全角入力の間違いです。

特にメッセージボックスなどで文言を表示する時以外は基本半角でスペースを入力する必要があります。

スペースを全角で入力を行ってしまうと、エラーになってしまいます。

見た目ではわかりにくい為、慣れるまでは注意して確認することが大事です。

スペルミス

初心者によくある間違いの1つが単純なスペル入力間違いです。

msgboxをmsgbaxと入力してしまうなどです。

特に開発ツールやエディタによってもスペルミスの発見しやすさに違いがあります。

例えばVisual StudioやEclipseを使用している場合は、予約語などは正しいスペルで入力をすると頭文字が大文字になり、変数定義の際に頭文字を大文字にすることで、頭文字が大文字になるかならないかで判断することができます。

しかし開発環境を構築が出来ていない初心者の方で、メモ帳などを使って勉強をしている方または変数定義を全て小文字で定義している場合は気づきにくいミスになります。

行末の「;」などの区切り文字入力忘れ

プログラミング言語にもよりますが、Javaなどでは行末に「;」の入力が必要になります。

入力を忘れてしまうと、下の行と続いていると認識されてしまいエラーになってしまいます。

初心者の方や、VBなどの行末に区切り文字が必要のないプログラミング言語から区切り文字が必要なプログラミング言語に乗り換えた人によくミスしてしまいます。

継続行の「_」などの入力忘れ

上述した「;」の区切り文字と逆で、VBやVBSなどでは複数行に渡って1つの処理を書く時は行末に「_」など決まった記号が必要になります。

初心者の方は行末に記述を忘れてしまったり、全角で間違って入力してしまうこともあります。

IF文などのEnd IFや括弧忘れ

IF文やループ文などの制御系の記述を行う際に、end ifの入力や括弧の入力を忘れてしまうのも初心者によくあるミスです。

またプログラミング言語を変更した時に言語によっての微妙な記述の違いをミスしてしまうこともあります。

自身の目で確認を行うことも重要ですが、Eclipseなどの開発環境を使ってコードを書くことで記述ミスや記述漏れを抑止できるため、準備していない方は開発環境を準備するのがおすすめです。

変数定義の型間違い

初心者がよくある間違いの1つですが、変数を定義する際の型間違いです。

入門書などでは文字列はString、数値型はintで定義されていることが多く、実際に自分でプログラミングする際に初心者の方は数値型を全てint型で定義してしまい、桁あふれをしてしまいエラーになってしまうことがよくあります。

仕様にあった型を定義することを意識しなければいけません。

外部ファイル読み込みのパスやファイル名間違い

システム開発を行っていると外部ファイルから設定などを読み込んで動作を変えることは少なくありません。

ここで初心者がよくあるミスとして、外部ファイルのパスやファイル名、ファイル内の設定キーの入力ミスすることがあります。

特に初心者の場合は外部ファイルのパスを変更して、プログラム内のパス定義を変更し忘れることがあります。

「昨日まで動いていたのに、何故か動かなくなった・・・」という場合は外部ファイルのパスやファイル名などを変更していないか確認することが重要です。

終わりに

今回は初心者の方がミスしやすく注意が必要なことについて、解説してきましたが、いかがでしたか?

セルフチェックでミスを防げることもありますが、人間なのでミスはどうしても発生し、自身が書いたコードでは思い込みなどでセルフチェックでも見逃してしまうミスもあります。

ミスを早く見つけるためには、開発環境を整えてデバッグできる環境を作るのがおすすめです。

また有識者が知人にいたりプログラミングスクールに通っている方は、Wチェックをしてもらったり、素直にエラーの原因を調べてもらったりするのもおすすめです。

また、エラーが多く、プログラミングの勉強がうまくいっていない人は、プログラミングスクールに通い、講師の指導を受けるのが効率的です。

DMM WEWBCAMP/DMM WEBCAMP PROについて

DMM WEBCAMPは1ヶ月でプログラミング・WEBデザインを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。DMM WEBCAMP PROは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事