WebCamp・WebCampProを運営する株式会社インフラトップのオウンドメディア【スキルマ】。プログラマー・エンジニア・Webデザイナーを目指す初心者の方に向けた記事や、就職・転職を考えている方向けの記事を発信しています。

【初心者向け】WEBデザイナーを目指すときの志望動機の書き方を紹介!

プログラミング教室・人気ランキング

順位 スクール名 こんな方におすすめ 公式サイト
   TechAcademy ★雪でも大丈夫★自宅でプログラミング・デザイン・アプリ開発を学びたい方  公式サイト
  Web Camp 【業界最安値】1ヶ月通い放題/Webサービスなど作りたい方 公式サイト
Tech Camp Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方! 公式サイト
▼本記事について
本記事は、『たった1ヶ月で未来を変えられる』初心者向けプログラミングスクール「WebCamp(ウェブキャンプ)や、未経験者でも3ヶ月の学習でエンジニアに転職・就職ができる「WebCampPro(ウェブキャンププロ)」を運営してる株式会社インフラトップが提供しています。

未経験からWEBデザイナーへの転職を成功させるには、もちろん技術力の向上も重要ですが、やはり実際の転職で大事なのはその志望動機です。

ここでは、意識していただきたいいくつかのポイントをご紹介します。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

志望動機のコツ

未経験からWEBデザイナーにということはあまり強調しない

WEBの世界に興味があるだけでは動機としてあまりはっきりしません。

そもそもWEBデザイナーとしてやっていきたいとすれば、WEBの世界にどんどん興味をもち、吸収しようと転職前から努力していて当たり前です。

未経験ならなおさらです。

今、どんなWEBサイトやWEBサービス、アプリが評判を得ているのか、実際に閲覧・利用してみて知見を深めることが大切です。

そしてPhotoshopなどのアプリケーションを入手して制作環境を作り、WEBデザインについて独学を始めていることも重要です。

そして、実際に作品を作ってみましょう。

自作のポートフォリオがあればアピールできるかもしれません。

未経験であることは事実ですが、免罪符とはなりませんので、あまり多用しないようにします。

単なる自己満足はやめる

自分の作品に対しての反響を意識し、改善を重ねていく姿勢を見せることが大事です。

また、日常的にさまざまなWEBサービスを意識して使っている、有効活用しているという内容も良いと思います。

WEBデザインに対しての貪欲な取り組みを効果的にアピールしましょう。

デザインだけでないWebの知識もアピールする

WEBデザインは、デザインだけでは成り立ちません。

WEBは実際にユーザが操作して何かのアクションを起こす場所です。

その際にデザインに加えてユーザビリティ(使いやすさや見やすさ)も考えたデザインであることが必要で、それは技術的なことも理解していないとコーディングできません。

過去の経験を効果的にアピール

前職などの経験は、WEBデザイナーとは関係性がなくとも、ひとつの仕事として共通する考え方・仕事の進め方があると思います。

デザイナーとしての未経験さを補って余りある社会人としてのビジネススキルをアピールすることが大事です。

新卒の場合は、学生時代のチームで行った学習や部活など、共同作業での工夫などを書くのもいいかもしれません。

ヒアリング力、応用力をアピールできるようにする

デザインの上手い人が良いデザイナーではなく、ディレクターやクライアントの意向を汲み取れるデザイナーが重宝されます。

その点はどの職業でも同じかと思います。

それに加え、言われた通りのデザインを作るのではなく、クライアントが求めている内容を理解し、それ以上の提案ができることが求められます。

ですので、何かを提案し改善した経験などがあれば志望動機に盛り込むことできっとプラスとなるでしょう。

採用率を上げる方法

職業訓練やスクールを経験する

未経験で、自宅で独学でも努力すればもちろん技術は身につきます。

しかし、PRの際にはやはりなんらかの教育を受けていると言うのは実際アピール力は高いです。

どんなものを受ければよいかも良く考え、実際の転職に有利となるような教育を受けておくのも一つの手です。

デザイナーは目標だがそれにこだわらない

WEBデザイナーになるための転職ということはもちろん変わりませんが、実際にWEBデザイナーだけしか希望してないとなるとそれ自体も未来への道を狭めることになります。

WEBデザイナーを含むWEB製作現場では、デザインをしながらディレクションをする人がいたり、先述したとおり、デザイナーがプログラマの役割を担ったりします。

デザイナー以外の業務もチームの一員として業務を円滑に進めるべく積極的に参加するという姿勢が採用に有利に働きます。

 

好きにデザインが出来るわけではないことへの理解

個人製作ではなく仕事のデザインにおいて、クライアントの意向は絶対です。

その意向に沿いながらも、一番効果が出るであろうデザインを自分の好みやセンスとは別物として作成していきます。

また、自分の所属する企業の方針に沿ったものを作成する必要もあります。

商業デザイナーである以上、自分の好きなデザインだけをすることは出来ないのです。

その点について、間違ったアピールをしないよう気をつけましょう。

まとめ

未経験の現場において大事なのは「いままでの経験を的確にアピールする」こと、「未経験の分野について最大限学習してきている」ことです。

どこまでこの職業について努力して、覚悟をもってきているかをシビアにチェックされます。

しっかりと事前準備を行い、なんども動機内容は推敲して、悔いのないように仕上げていきましょう。

一人では不安な場合、転職保証つきプログラミングスクールや転職エージェントを利用すると良いでしょう。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログライミングを学びたい方はこちら!

▼IT未経験からエンジニアに就職・転職したい方はこちら!