WebCamp・WebCampProを運営する株式会社インフラトップのオウンドメディア【スキルマ】。プログラマー・エンジニア・Webデザイナーを目指す初心者の方に向けた記事や、就職・転職を考えている方向けの記事を発信しています。

40代未経験でもプログラマーになれる?知っておきたい 3 つのポイント

プログラミング教室・人気ランキング

順位 スクール名 こんな方におすすめ 公式サイト
   TechAcademy ★雪でも大丈夫★自宅でプログラミング・デザイン・アプリ開発を学びたい方  公式サイト
  Web Camp 【業界最安値】1ヶ月通い放題/Webサービスなど作りたい方 公式サイト
Tech Camp Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方! 公式サイト
▼本記事について
本記事は、『たった1ヶ月で未来を変えられる』初心者向けプログラミングスクール「WebCamp(ウェブキャンプ)や、未経験者でも3ヶ月の学習でエンジニアに転職・就職ができる「WebCampPro(ウェブキャンププロ)」を運営してる株式会社インフラトップが提供しています。

このページを見ているあなたは、

「40歳を過ぎたが、プログラマーへの転職はまだ可能だろうか」と悩んでいるでしょう。

もちろんそう簡単に転職できるほど甘くはありません。

40歳といえば何らかの管理職についていてもおかしくない年齢ですのでそこからの未経験者の採用というと多くの企業が消極的です。

よほどのアピールポイントがないと難しいのが現状で、面接まで進めることもなかなか難しいと思います。

しかし、不可能では無いのです。

ここではそういった方への転職活動に対する考え方をご紹介します。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

自己管理、チーム管理能力をアピールする

仮に未経験でも採用するとなった場合に、プログラミング能力以外の優れた点を評価していくと思います。

そうなった場合に「コミュニケーション能力」なども重要だとは思いますが、やはり年齢的なところで「管理能力」を期待されることが多いです。

プログラミング能力はメンバーよりも劣っているとしても、例えばプロジェクトマネージャとして現場を指揮し、他のメンバの進捗管理などを行う管理職として期待されることも少なくないです。

純粋なプログラマーでプログラミングだけ行いたい!という声も聴きますが、それは40代に限らず、どの年代でも理想ではありますが、現実的ではありません。

企業人として、チームで動く限りは自分の管理能力はもちろん必要です。(フリーランスでももちろんいるから当たり前のことですね)

40代ということで自己管理能力にプラスしてチーム管理能力まであると、プログラマーへの道が開けるきっかけになるかもしれません。

自作のアプリケーションやWEBサービス等を公開する

例えば、Github等に自身のソースコードを公開します。

Githubはソースコードをインターネット上にて保存、履歴管理等を行うサービスです。

なぜそれが必要かというと、常に成果物を相手に見せられる状態にすることが大事なのです。

パソコン一つあれば、現在では、大概のプログラムは、すぐに自分で調べて作ることが可能です。

新卒者採用なら、「少しづつ覚えてもらえれば大丈夫」と育成プランを会社の方も考えるでしょうが、40代となればそんな猶予はなく、「未経験だけど即戦力」ぐらいの気持ちでしか通用しません。

興味がある、やりたいと思っているだけでは誰も採用したいとは思いません。

「どういう言語があるか知ってますか」といって答えられないのは論外ですが、未経験とはいっても一刻も早く戦力になってほしいというのが企業側の本音なので、「未経験だけど採用して正解だった」

と思わせる気概を見せるためにも、形にしたものを少しでも多く作っておいたほうがプラスになります。

年齢的にも甘えが許されない世代です。

入門的なプログラムを公開してもあまり効果はありません。

一本のアプリケーション、まとまったWEBサービスぐらいは欲しいところです。

細かい部分での粗はこの際関係ありません。

一つの大きなものを作り上げたという努力と継続性、実行力を見せていかないとだめだと思います。

転職エージェントを利用する

40代というよりは30代からそうなのですが転職エージェントなしではかなり厳しいです。

転職の場合はスカウトサービスなどの転職支援のサービスが多くあり、エージェントを使用するメリットはたくさんあります。

非公開求人や、企業側への提案、給与面の交渉など自身では成しえない部分であったりそもそもの採用に対する成功率を上げる効果が期待できます。

40代であると給与面や待遇面で企業側も二の足を踏むことが多いです。

しかし、新卒採用と同じような給与体系で迎えるのは実質難しい企業が多いことも事実です。

それでも採用したいと思わせるには、書類選考から面接、その後の交渉などでプロの手を借りる、第三者に代行していただくことはとても重要です。

自分ですべてやれといっても、現職もありますし時間的にも、何より企業交渉など個人でやれる人はほぼいません。

特に未経験の業界へは、転職エージェントは必須と言えます。

利用できるものは利用して、少しでも採用率をあげていきます。

エージェントと入念に相談して、対策を練って採用面接に挑みましょう。

おすすめエージェントサイト

ワークポート

https://www.workport.co.jp/

ギークリー

https://www.geekly.co.jp/

まとめ

企業側も、40代の方を採用するのはリスクがあるというのは、現職として現在働いてらっしゃる40代の方はご自身でもお分かりかと思います。

ご自身で考えたときに「自分で自分を採用するかな?」と考えてみるのが一番具体的に想像できるかもしれません。

自分で自分を魅力的な人材と思わなければ他人も思わないと考え、自身の研鑽を絶やさず努力し続けることも重要です。

また、経験と経歴や対策と書いてきましたが、最後に見られるのは「やる気」です。

なによりもプログラマーになりたいという本気度を理解していただくのが一番の方法です。

そのやる気を見せるためにどんなアピールをしたらよいかを考え自身の行動を起こしていきましょう。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職サポート付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログライミングを学びたい方はこちら!

▼IT未経験からエンジニアに就職・転職したい方はこちら!