WebCamp・WebCampProを運営する株式会社インフラトップのオウンドメディア【スキルマ】。プログラマー・エンジニア・Webデザイナーを目指す初心者の方に向けた記事や、就職・転職を考えている方向けの記事を発信しています。

クリエイティブチームの文化や制度

こんにちは、インフラトップでCTOをしている田中です。
今回はクリエイティブチームの文化や制度を紹介します。

フォワード

まず文化として、プロダクトを創っていくクリエイターこそ、主体的に価値を創出するフォワードであることを大事にしています。フォワードとは、自走し、自ら新しい価値を創り出すような働き方を指します。ビジョンへの共感や事業モデルへの理解を深め、自走できる環境づくりを心がけています。

ユーザーファースト

ユーザーにとって価値があることを第一に置いています。現場教育のリアルな声やOnline/Offlineデータをもとに改善の方針を決め、ユーザーにとっての価値を確認し、実証をとりつつ進めていきます。実際にインタビューを行うかたちで検証のプロセスを通すこともあります。

キャリア設計と業務設計

パフォーマンス向上を目指す制度として、それぞれのキャリアやフェーズを考慮し、業務設計へ反映しています。技術に対する考え方には大きく2種類の傾向があると考えています。

・技術それ自体を目的として活動するタイプ
→専門性を深めていく技術者

・技術をビジネスの手段として思考するタイプ
→ビジネススキルを備えたマネージャー

クリエイターである前にビジネスマンであるべきなのは勿論ですが、タイプ別に深めやすい業務領域に違いはあります。両者共通して課題設計と動機付けを重視し、特に前者には、プログラミングを作業にしない文化や制度を意識しています。

また月次で面談を行い、技術的にも内容的にも、当事者として携わっていきやすい環境を目指しています。

自由度の高い勤務形態

基本的にフレックスタイム制で、より自由な形態としてはリモートワークや時給換算での働き方を選んでいる方もいます。夜遅くまで作業をした次の日は、夕方に来ることもあります。

DevOps


自動化や見える化を推し進め、プロジェクト進行の高速化や学習効果の最大化を目指しています。

勉強会

週の成果物のフィードバックと2本のLTを行っています。先端技術やその事業応用、開発手法/ライブラリの紹介や導入検討、専門領域の紹介といった内容となっています。ディープラーニングをハンズオンでやったり、スクラムを導入したりとしています。

13419038_958737290892124_2056555446054366298_n

学びと仕事を通して人生を「最高の物語」にする

インフラトップには『学びと仕事を通して人生を「最高の物語」にする』 というミッションがあり、自分たち社内でも様々な制度を考案しています。適用されるメンバーどうしで考案したり棄却したり、メンバー全員でより良い環境を目指しています。

どんな人たち?

エンジニアは8名、デザイナー4名、自由な職場で会議以外でも議論したりなどコミュニケーションが盛んです。平均年齢は平均25歳、上は41歳までの多様なメンバーで構成されています。

インフラトップではエンジニア、デザイナー、広報、バックオフィスなど全社的に人材の採用を進めています。
興味をお持ちいただけましたら、お気軽に遊びに来てください。どんな会社なのか、何をしているのか、詳しくお話できればと思います。

Infratop採用情報

言語 Ruby (2.2.1), Sass, Python, Javascript
バージョン管理 Git
フレームワーク Rails (4.x), Node.js
フロントエンド Javascript, jQuery
データ解析 Python
本番環境 EC2
リポジトリ管理 GitHub
コミュニケーション Slack, DocBase
CI CircleCI
サーバ監視 Mackerel, CloudWatch
エラー監視 Sentry
DB AWS RDS (MySQL 5.6.x), ElastiCache (Redis 2.6.13)
ドキュメンテーション Markdown