プログラミングが苦手でも就職して楽しく続ける3つのコツ | WEBCAMP NAVI
【7月枠も残りわずか】転職保証コース

プログラミングが苦手でも就職して楽しく続ける3つのコツ

暗闇の中でパソコンに触る男

『プログラミングが未経験なのにプログラマーとして働くことになり、プログラミングを行っているが、いつまでたってもプログラミングを好きになれない……。』

このような方は意外と多いようです。

大企業に総合職として就職したはいいけれど、全く志望していなかった開発部署に配属されてしまった方

学生時代に少し興味を持っていじったプログラミング経験を武器に就職活動を行ったが、いざ仕事でプログラミングするとあまり楽しくないと感じていらっしゃる方

も多いというのが現状です。

プログラマー、ソフトウェアエンジニアとして仕事をしていても全く楽しみを感じられず、プログラミングが好きになれない。

今回はそんな方々に向けて、少しでもプログラミングを楽しく続けるためのコツを伝授していこうと思います。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

プログラミングの目的を定める

皆さんは、自分が何のためにプログラミングを行っているかきちんと答えられるでしょうか。

所属している会社のミッションやビジョン・目的などなら答えられるけれど、個人的なプログラミングの目的は答えられないという人も多いと思います。

そのような方の場合は、一度自分が何のためにプログラミングをしているのか、あるいは何にためにならばプログラミングができるのかを考えてみるといいと思います。

ユーザーにいい「もの」を作る

いいプロダクトを作って、ユーザーにその価値を届ける。

このように書くと、会社が掲げている目的と大して変わらないとおっしゃる方も多いかもしれません。

それでは、次のように考えてみるといかがでしょうか。

「自分が作ったもので喜んでくれる人顔がみたい」

「自分のために便利な道具を作りたい」

「自分の作ったもので周りに人々に認めてもらいたい」

このような気持ちがあるという方は、これらを達成するためにプログラミングをしているということを意識してみましょう。

これを強く意識して、念頭に置いておくことで、プログラミングをしている意義がはっきりとして、長く続けることができる理由になります。

隣にいる仲間のためにプログラミングをする

「ユーザーなんて基本的には顔が見えないどこかの知らない人だ」このように考え、ユーザーのためにプログラミングをすることにピンとこない人もいらっしゃるでしょう。

そのような方は、一緒に隣で働いている仲間のためのプログラミングに挑戦してみるのはいかがでしょうか。

・具体的にはライブラリを作る

・普段の業務のコードの中でヘルパークラスを作る

・既存のクラスに便利なメソッドを生やしてみる

など、仲間のためのプログラミングは単純なものづくりのプログラミングとは味わいも違いますから、案外やってみるとハマる可能性は少なくありません。

このようなプログラミングは高度であり、難易度が高いと思われがちですが、まずは行数が少なく、複雑なロジックを組む必要のないメソッドを増やしてみるなどするだけでも、かなり意識が変わるはずです。

そして、そのような小さな積み重ねができるようになれば、ライブラリ作成も必ずできるようになるでしょう。

 好きなプログラミング言語を見つける

あなたの好きなプログラミング言語はなんですか?

こう聞かれて、案外言葉に詰まる人は多いようです。

そもそも、初めて仕事で触れた言語を今までずっとやってきたので、他の言語に触れたことがないという方もいらっしゃるかもしれません。

もしもあなたがその状態のまま、プログラミングが好きでない、苦手だと感じているのならば、新しいプログラミングに触れることでその認識がガラッと変わるかもしれません。

例えばC言語をやっている方ならば、RubyやPythonなどのweb系でよく使われているスクリプト言語を触ってみると、その違いに驚くことでしょう

反対にRubyやPythonを使っている場合は、JavaやCなどの厳格な言語に触れると新しい発見があるでしょう。

この他にも、個性的な言語は数多く存在し、それぞれに特徴があるため、いろいろと経験してみることはいいことです。

ぜひ、自分の好きなプログラミング言語を見つけてください。

プログラミング技術の価値をフル活用する

突然ですが、プログラミング技術は非常に価値あるものです。

もう、我々現代人はITの力なしに生活をすることはできません。

今の世の中、洗濯機や冷蔵庫、テレビにもプログラムは組み込まれています。

携帯電話やPCは言うまでもありません。

また、自動販売機や駅の改札など、私たちのインフラに深く根付いているものも数え上げればキリがありません。

このIT社会を支えているのがプログラマー、ソフトウェアエンジニアなのです。

昔ながらの日本の大企業では未だに立場が弱かったりするようですが、プログラマーはプログラマーであるというだけで胸を張っていいと思います。

最近は日本でも、エンジニアは出勤時刻・退勤時刻が自由で、勤務時間も自由、リモートワーク制度も整っているという会社も増えてきています。

さらに、給料もやっと上がってきているようです

アメリカに行けばプログラマーの最低年収は約800万円程度です。

日本もだんだんとそれに追いつき、プログラマーは医者のような、誰もが憧れる高給取りの専門職になるはずです。

自由な働き方と、高額な報酬を目的にプログラミングをするというのも、全く悪いことではありません。

これらの、プログラマーならではのメリットを享受することを目的に、プログラミングを続けてみるのも良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

プログラミングに苦手意識を持っている方

いつまでたっても好きになれないという方

向けに、少しでもプログラミングを楽しく長く続けられるようにと幾つかのコツを紹介してみました。

中にはご自身には当てはまらないというものもあったかもしれませんが、もしかしたら当てはまるかもしれないと思えるものがありましたら、ぜひ試してみてください。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 12019年4月時点