Various Architectural Building Structures at La Defense Isolated on Light Blue Sky Background.
3月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
2月生は満員となっております。3月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

「ソフトウェアの開発をしている企業って、最近勢いがある」

「勢いのあるソフトウェアの企業で、最も重要なポジションであるエンジニアになりたい」

そのように考える方々が最近非常に増えています。

「同じような考えを持っている人がたくさんいるなら、競争が激しいの?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、今の日本ではまだまだソフトウェアエンジニアへの需要がおさまる気配がありません。

どこの企業もソフトウェアエンジニアが足りておらず、喉から手が出るほど欲しいというのが実情です。

ソフトウェアエンジニアを志望している人は増えているのに、ソフトウェアエンジニアの供給が追いつかないのはなぜなのでしょうか。

それは単純に、供給が増えるスピードが、需要が増えるスピードに追いついていないからです。

なぜ供給が追いつかないのかといえば、やはり、ソフトウェアエンジニアを目指そうとしても、途中で挫折する人が多いことが原因の一つに挙げられます。

今の若い人々の親の世代や教師の世代には、ソフトウェアエンジニアはここまで必要とされていませんでしたから、どうすればソフトウェアエンジニアになれるのかを教えられる人が極端に少ないのです。

そこで、今回はどうすればソフトウェアエンジニアになれるのかを解説していきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

ソフトウェア企業のエンジニアの仕事内容

そもそも、ソフトウェアエンジニアの仕事内容がよくわからず、ソフトウェアエンジニアを目指すのを躊躇している方もいらっしゃると思います。

このセクションでは、ソフトウェアエンジニアの仕事内容を簡単に説明していきますので、参考にしてみてください。

プロダクトの企画・設計

ものづくりをする上では、何を作るのかを決めなくては何も始まりません。

何を作るのか決まったら、それに必要な機能はなんなのか、どのようなデザインにするのかを決めます。

また、データを持つ必要があるプロダクトならば、どのようにデータを持ち、保存するのかなども決めなくてはなりません。

最近はセキュリティにも敏感にならなければいけませんから、導線ごとのセキュリティについても話し合う必要があるでしょう。

企画や設計部分もエンジニアが行うのかと驚いたかもしれませんが、エンジニアリングの知識がない人が設計をしても杜撰なものになってしまうので、エンジニアリングの知識がある人が、設計から担当するのが普通です。

コーディング

企画・設計が終了し、何を作ればいいのかがわかったら、早速コーディングを初めて行きます。

おそらく、一般の方がソフトウェアエンジニアの仕事といって最初に思いつく部分ですね。

そしてここがやはり、一番の比重を占めていて、一番重要な部分です。

設計段階にて決定した機能要件や非機能要件をしっかりと満たしている状態のプロダクトをコーディングしていきます。

ある程度できたと思ったらその都度テストをして、要件をきちんと満たしているか確認します。

そして、すべてが出来上がればそれらをまとめてテストします。

このように書くと簡単に聞こえるかもしれませんが、実際は途方もなく時間のかかる大変な仕事です。

ただ、プログラマ・ソフトウェアエンジニアの多くはこのプロセスがもっとも楽しいと言います。

やりがいのある仕事だということでしょう。

 運営・保守

「一度プロダクトを作っておしまい、はい、次。」とはいかないのがソフトウェアの性です。

ソフトウェアはハードウェアと違って後から機能を追加することができますし、バグがあれば修正パッチを出すこともできます。

そして、ユーザーもそれを望んでいますから、それを行わなければいけません。

また、使っているライブラリに脆弱性が見つかればバージョンアップやリプレイスを行う必要がありますし、例えば元号が変わればプログラムの変更を行う必要が出てくるかもしれません。

プロダクトを使った結果、ユーザーがこんな機能も欲しいといえば、対応するのが誠意とされます。

ここでもコーディングを行うという面では先ほどのコーディング段階と大きな違いはありませんが、設計段階から決まっていた機能ではないので、設計上追加が困難であったり、辛い仕事になることも少なくありません。

ただし、これができるかできないかでサービスの売り上げが左右され、また、存続自体にも関わってきますので、こちらもソフトウェアエンジニアの腕の見せ所と言えるでしょう

ソフトウェアエンジニアに必要なスキル

それでは、実際にソフトウェアエンジニアを目指すには、どのようなスキルを身につける必要があるのでしょうか。

必要なスキルと、それを身につける方法について紹介していきます。

設計スキル

プロダクトを作る上での設計スキルは、その後のプロダクトの命運を左右すると言っても過言ではありませんので、とても重要とされます。

しかし、ここを学ぶには実際に経験してみなければわからないことが多いので、とりあえずソフトウェアの設計に関する本を読み、その通りに個人、またはチームで実践してみるくらいしかできることはないでしょう。

小さなプロダクトにおいては設計の良し悪しはあまり後々も響いてきませんので、最初は重要さがわからないかもしれませんが、実際に企業に入って大規模開発を行うにあたっては非常に重要ですので、しっかりと学習しておきましょう。

環境構築スキル

ソフトウェアの開発環境や動作環境を整えるのにも、ある程度の知識が必要です。

shellスクリプトの扱いに慣れておくと良いでしょう。

こちらは、次に説明するコーディングスキルを習得する段階で一緒に習得することができるスキルになりますので、習得の仕方は次のセクションを参考にしてください。

環境構築スキルは、極めればインフラエンジニアとしてそのスキルだけで食べていくことができるほどの技術ですが、基本的なことであれば、エンジニアならば誰でも身につけているのが当たり前とされます。

どの程度身につけるかは個人の自由ですが、ソフトウェアエンジニアになることをみこすのであれば、最低限基本的なシェルの操作と、開発環境とプロダクト環境の構築はできるようにしておきましょう。

コーディングスキル

ソフトウェアエンジニアの本懐とも言える、コーディングのスキルです。

こちらは、ある程度入門書を読んだり、実際に自分のPCで実践を行ったり、プログラミングスクールに通うなどすることで実務経験を積む前でもある程度のスキルを身につけることが可能です。

就職する前は、このコーディングスキルの習得に力を入れることで、就職活動を有利にしていきましょう。

また、コーディングスキルを身につける過程で、環境構築スキルについても身につきますから、どちらもきちんと学習しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事で紹介したように、ソフトウェアエンジニアの仕事内容を把握し、その仕事をこなすために必要なスキルを身につければ、あとはインターネット上で求人情報を検索したり、wantedlyなどの求人サイト上で求人情報を探すなどすれば、比較的簡単にソフトウェアエンジニアなれます。

読者の皆様が、一人でも多くソフトウェアエンジニアとして社会に羽ばたいていくことをお祈りしております。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

3月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
2月受入枠は満員となっております。3月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事