◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

速に進む現代社会のIT化に伴って、プログラミング技術は非常に重要なものとなってきました。

PCやスマートフォン、携帯電話はもとより、電子レンジや冷蔵庫やテレビ、自動改札やスーパーのレジ、自動販売機など、今の社会はプログラミング技術によって生み出されたものによって支えられています。

言い換えれば、今の社会はプログラミング技術によって支えられているということです。

そんな中、プログラミング技術に対する需要が急速に高まり、プログラミングを勉強しようという方が増えています。

今回は、そんな方に向けて、プログラミングの基礎固め方法について紹介していきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

最初に学ぶプログラミング言語を選ぼう

一口にプログラミングと言っても、プログラミング言語によって書きやすさや使いやすさ、用途などが異なります。

ここでは、初めてのプログラミング言語としてお勧めの言語を紹介します。

初心者オススメ言語1 Ruby

Rubyは日本人であるまつもとゆきひろ氏が開発した日本生まれの言語として有名で、短い文字数で多くのことを実現できることを特徴としています。

小さなプログラミムを早く作る時に真価を発揮するため、日本ではベンチャー企業でよく採用されているプログラミング言語です。

例として、クックパットやWantedly, Moneyforward などがRubyを採用しています。

文法が英語そのものにかなり近いことや、難解な記号があまり使われていないこと、実行することが容易であることから、初心者にもお勧めの言語とされています。

これからプログラミング言語を学ぶという方の場合、多くは今もっとも働きやすく、給与面でも優遇されているとされるベンチャー界隈での就職を目指す場合が多いと思われますので、Rubyを勉強しておくと就職活動の面でも有利です。

初心者オススメ言語2    Python

Pythonは主にアメリカでWebアプリケーションのサーバーサイドプログラミングにおいてよく採用される言語で、長らく日本には馴染みがなかった言語です。

しかし、近年の機械学習ブームによって、日本でもにわかに注目を集めています。

サーバーサイドの言語としてのPythonを使用している例としてはインスタグラムが挙げられます。

また、機械学習に必要なライブラリなどが豊富であり、実用的な機械学習を行いたい場合はPython一択だとも言われています。

文法はRubyのように比較的短い文で多くのことが実現でき、実行することが容易なので初心者にもお勧めです。

いずれは機械学習のプログラムを書いてみたいと考えている方は、Pythonを初めてのプログラミング言語に選んでみてはいかがでしょうか。

初心者オススメ言語3 Java

Javaは世界でもっとも使われている言語として有名であり、Google三大言語の一つともされています。

Javaの用途は非常に多岐にわたり、マクロ・ツールの作成、Androidアプリの開発、Webアプリケーションのサーバーサイドプログラミングなど、広い分野で高いパフォーマンスを発揮します。

RubyやPythonなどのインタプリタ言語とは異なり、Javaはコンパイル言語なので実行速度が非常に速いことが特徴です。

一方で、文法はRubyやPythonと比べると複雑であったり面倒な記述が多かったりします。

しかし、それらの記述はコンピューターに命令をするという本来の意味に非常に近いものがあるので、プログラミングを深く学びたい、または実行速度が速いプログラムを書きたいという場合にはJavaがお勧めです。

プログラミング環境・ツールを整える方法

最初に学習するプログラミング言語が決まったら、次はプログラミングを行える環境を、手元のPCに用意しましょう。

エディタのインストール

最初に、エディタと言われるプログラムを記述するためのツールをインストールします。

イメージとしてはWordやメモ帳のプログラミング用のツールだと思ってください。

Ruby, Pythonの場合

前述したRubyやPythonを最初のプログラミング言語に選んだ場合、または他のインタプリタ言語やスクリプト言語を選んだ場合は、Atomというエディタがお勧めです。

Atomの公式サイト

https://atom.io/

上記のURLからエディタをインストールしたら、あとはアプリケーションを開くだけでプログラムを記述していくことができます。

ファイルの拡張子から自動的にどのプログラミング言語を書いているのかを判断し、綺麗なシンタックスハイライトをしてくれるのも魅力です。

拡張子から判断してもらえない時は、右下にあるプログラミング言語設定から設定すると良いでしょう。

Atomはカスタマイズ性が非常に高いことが特徴なので、自分の使いやすいようにどんどんカスタマイズしていって、開発効率を上げていきましょう。

Javaの場合

前述したJavaを初めてのプログラミング言語に選んだ場合、または他のコンパイル言語を選んだ場合はIDE ( 統合開発環境 ) と呼ばれるツールをエディタとして使用しましょう。

これを使用することで非常に楽にプログラムを記述することができるようになります。

Javaの場合は、EclipseというIDEがお勧めです。無料で使えるIDEとしては、抜群の機能を持っています。

Eclipse の公式サイト

https://www.eclipse.org/users/

上記のURLからEclipseをダウンロードしたら、基本的にはあとは使うだけです。

ただ、少し面倒な設定が必要な場合がありますので、うまくいかないと思ったらその都度検索していきましょう。

teratailなどの質問サイトを活用したり、Qiitaなどで情報収集するのがお勧めです。

まとめ

ここまでくれば、あとは入門書やプログラミング学習サイトに沿って学習を進めていくだけです。

プログラミング言語選びや、エディタのインストールなどは時間がかかってしまうことかもしれませんが、ここさえ切り抜けてしまえばあとはどんどん学習を進めていくことができます。

最初の関門を切り抜けるために、この記事が役に立っていれば幸いです。

DMM WEWBCAMP/DMM WEBCAMP PROについて

DMM WEBCAMPは1ヶ月でプログラミング・WEBデザインを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。DMM WEBCAMP PROは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事