WebCamp・WebCampProを運営する株式会社インフラトップのオウンドメディア【スキルマ】。プログラマー・エンジニア・Webデザイナーを目指す初心者の方に向けた記事や、就職・転職を考えている方向けの記事を発信しています。

webデザイン初心者が読むべき書籍4選!

プログラミング教室・人気ランキング

順位 スクール名 こんな方におすすめ 公式サイト
   Web Camp 【業界最安値】1ヶ月通い放題/Webサービスなど作りたい方 公式サイト 
  TECH BOOST ブロックチェーン/AI/IoTコースあり/3ヶ月でエンジニアに! 公式サイト
Tech Camp Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方! 公式サイト
▼本記事について
本記事は、『たった1ヶ月で未来を変えられる』初心者向けプログラミングスクール「WebCamp(ウェブキャンプ)や、未経験者でも3ヶ月の学習でエンジニアに転職・就職ができる「WebCampPro(ウェブキャンププロ)」を運営してる株式会社インフラトップが提供しています。

デザインやコーディングなどを学んできたことがない初心者の方がWebデザインの勉強を始めようと思った場合、Webデザインに関する知識がないため何から始めていいかわからないという方も少なくないのではないでしょうか?

そこでこの記事では、そんな初心者の方のためにWebデザインを勉強する代表的な方法の一つである書籍での学習方法について詳しく解説していきたいと思います。

初心者がWebデザインを学ぶのにおすすめの書籍も厳選して紹介しているので、Webデザインを始めたいと思っている方は要チェックですよ。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

Webデザイン初心者はどうやって勉強するべきか

初心者の方がWebデザインと聞くと、画像やイラストなどのデザインだけをおこなう職業と勘違いしてしまいがちですが、実際はデザインだけでなくコーディングなどの作業も兼任することがほとんどです。

WebデザインをおこなうWebデザイナーがどこまでの作業を担当するのかというのは会社によって異なりますがが、Webデザインを始めるのであればデザインとコーディングの両方を学んでおいた方が良いでしょう。

では、これまでWebデザインに触れてきたことがない初心者がWebデザインの勉強をおこなう場合、どのようにして学んでいけばいいのでしょうか?

初心者はまずは書籍で勉強を始めてみよう

初心者の方がWebデザインを学び始めるのであれば、まずは書籍で学び始めてみるのが良いでしょう。

Webデザインはスクールや通信教育などでも学ぶことはできますが、それらの方法だと最初で結構な金額の費用がかかってしまいます。

それよりも、まずはほとんど費用のかからない書籍で勉強を始めて、もっと深く学んでいきたいと思ったときにスクールや通信教育を検討すると良いのではないでしょうか。

Webデザイン初心者におすすめの書籍

Webデザインに初めて触れる初心者の方は書籍で学び始めるのがおすすめだと解説してきましたが、Webデザインをおこなっていく上で必要とされるスキルは様々で、学ぶべきことはたくさんあります。

また、書籍の種類も豊富なので、初心者の方はどの書籍を選べばいいのか頭を悩ませてしまうかもしれません。

そこでここからは、デザインやコーディングなどのジャンルごとでおすすめの書籍を紹介していきたいと思います。

かなり厳選して紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

デザインの基本的な知識を学ぶなら『ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版]』


WebデザインはWeb上のサイトなどをデザインしていきますが、デザインの本質は紙面などでおこなうデザインと変わりありません。

そのため、初心者はまずデザインについて学ぶことから始めるべきです。

このノンデザイナーズ・デザインブック [第4版]はデザインの基礎や基本的な知識を学ぶのに最も適した書籍です。

デザインに関わる仕事をしている方であれば知らない人はいないとも言われているほど有名な書籍で、この本に書かれていることを一通り学習すればデザイナーと名乗っても問題ないでしょう。

近接、整列、反復、コントラストというデザインの4原則から実際のデザインの解説まで、260ページものボリュームで解説されています。

Webデザインを学んでいくのであれば常に手元に置いておきたい良書です。

こんな人におすすめ

・デザインを学んだことがない方

・デザインはセンスによって決まると思っている方

デザインツールのPhotoshopについて学ぶなら『デザインの学校 これからはじめるPhotoshopの本 [CC2017対応版]』


Webデザインの定番ツール、『Photoshop(フォトショップ)』。

Photoshopは画像の加工やバナーのデザインなどWebデザインをおこなっていくうえで欠かすことのできないツールですが、できることが多い分操作が複雑なので書籍を活用して基本的な操作方法を学んでおくべきです。

そこでおすすめなのがこの『デザインの学校 これからはじめるPhotoshopの本 [CC2017対応版]』です。

この本は、カバーにも書かれている通り、Photoshopの操作方法について初心者でもわかりやすく解説されている書籍で、それぞれのツールの解説や基本的な使い方など丁寧に説明してくれています。

Photoshop のことを知らない方やPhotoshopという名前を聞いたことはあるけど触るのは始めてという方にとって、教科書といえるほどの書籍ですよ。

こんな人におすすめ

・Photoshopを触ったことがない方

デザインツールのIllustratorについて学ぶなら『デザインの学校 これからはじめるIllustratorの本 [CC2017対応版]』


Webデザインを学んでいくのであれば、PhotoshopだけでなくIllustrator(イラストレーター)も扱えるようにならなくてはいけません。

Illustratorはその名の通り、パソコンでイラスト書くためのツールです。

また、画像のデザインなどもおこなうことができます。

そんなIllustratorを学んでいくのに最適なのが、この『デザインの学校 これからはじめるIllustratorの本 [CC2017対応版]』です。

デザインの学校 これからはじめるIllustratorの本 [CC2017対応版]は先ほどPhotoshopの書籍の項目で紹介した書籍と同じシリーズで、Illustratorを触ったことがない方でもIllustratorを使ってデザインができるところまでレベルアップされてくれる書籍です。

基本的な操作や作品の作り方など、Illustratorについて総合的に学ぶことができますよ。

こんな人におすすめ

・Illustratorを触ったことがない方

HTMLやCSSについて学ぶなら『HTML5&CSS3デザインブック (ステップバイステップ形式でマスターできる)』


Webデザインを学ぶのであればデザイン関連だけでなく、HTMLやCSSといったコーディングについても学んでいかなくてはいけません。

初心者の方がコーディングを学ぶのであれば、『HTML5&CSS3デザインブック (ステップバイステップ形式でマスターできる)』がおすすめです。

HTML5&CSS3デザインブック (ステップバイステップ形式でマスターできる)は、HTMLとCSSの概要や基本的なタグなどの知識を学ぶことができる書籍です。

また、ただ学ぶだけでなく実際に手を動かし成果物を制作しながら学んでいくので、より実践的にコーディングの知識を身につけることができます。

こんな人におすすめ

・HTMLやCSSを学んだことがない方

まとめ:Webデザイン初心者は書籍で初めの一歩を踏み出そう

Webデザインの経験がない初心者の方がWebデザインについて学んでいくときに活用してほしいおすすめの書籍について紹介してきました。

今回紹介した書籍は厳選したものばかりなので、どれも良書ばかりです。

購入して後悔することはないでしょう。

今回紹介した書籍を活用して、Webデザインの基本的な知識とスキルを身につけていきましょう。

書籍での勉強以上の内容、効率を求める方は、プログラミングスクールを検討してみてください。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログライミングを学びたい方はこちら!

▼IT未経験からエンジニアに就職・転職したい方はこちら!