◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

皆さんは、Webプロデューサーについてご存知ですか?

Web関係の仕事には様々な種類があり、Webデザイナー、Webディレクターの名前は耳にしたことがある方も少なくないと思います。

しかしWebプロデューサーもWeb関係の仕事の1つです。

今回はWebプロデューサーに転職する方法とおすすめの転職サイトをご紹介していきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

 

Webプロデューサーについて

既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、中にはWebプロデューサーは将来性がある、年収が良いなどの情報からWebプロデューサーに興味を持ち始めている方も少なくないため、Webプロデューサーの仕事内容からご紹介していきます。

Webプロデューサーの仕事内容について

職場や企業によって違いがありますが、Web関係の仕事にはWebデザイナー、Webプログラマーなど多くの職種があります。

その中でWebプロデューサーは、Web関係のプロジェクトの責任者であり、統括するのが役割です。

他にもプロジェクトの計画を立案するのもWebプロデューサーの仕事の1つです。

WebプロデューサーとWebディレクターとの違いについて

よく質問されることが多いのですが、WebプロデューサーとWebディレクターは似ているようで、違う職種です。

Webプロデューサーは上述でも解説しましたが、計画の立案と統括を行う責任者です。

それに対してWebディレクターはWebプロデューサーが立てた計画をプロジェクトを実行していく役割になります。

Webプロデューサーの年収について

Webプロデューサーの年収は500万円前後がもっとも多いです。

しかしIT関連の職種の為、年功序列ではなく実力主義で結果を出せば年収1,000万円を超えるWebプロデューサーの方も少なくありません。

Webプロデューサーに転職する方法について

ここからはWebプロデューサーに転職する為の具体的な方法について、解説していきます。

Webプロデューサーは未経験でもなれる?

まず皆さん気になるのが、Webプロデューサーに未経験でもなれるかについてです。

結論からお話すると不可能ではありませんが、かなり厳しいです。

エンジニアやWebディレクターであれば、見習いとして就職・転職することは可能ですが、Webプロデューサーは統括であり、責任者になる為、いきなり何の知識も経験もない方が転職するのは容易ではありません。

しかしWebプロデューサー自体の経験がなくても、管理職の経験があったり、Web関係の幅広い知識などがあれば不可能ではありません。

Webプロデューサーに求められるスキルはWeb全般の知識、マーケティング、管理職の経験、Web制作の技術など非常に幅広く、全ての分野で特化経験がある必要はありません。

例えばWeb広告代理店で管理職を行っていた方などであれば、Webの知識、マーケティング、管理職の経験がある為、Webプロデューサーとして働いたことがなくても転職しやすいです。

Webプロデューサーに転職するのに有利な資格は?

Webプロデューサーになる為に、必須となる資格は基本的にはありません。

転職には幅広い知識や経験が優先されます。

しかしWebプロデューサー未経験者が転職志望する場合には、いくつか転職を有利にする資格はあります。

幅広い分野の中でもWebプロデューサーへの転職を有利にする代表的な資格は下記になります。

Web検定 Webプロデューサー

https://webken.jp/produce/

Webプロデューサーが名前についている資格は現時点でこれ1つだけです。

Webプロデューサーの名前がついているだけあって、インターネットビジネス・インターンネットビジネスの環境・マーケティングなどWebプロデューサーに必要とされる知識が幅広く出題されます。

平均合格率は20%を切る為、難易度の高い資格です。

その分取得することができれば、Webプロデューサーの経験がなくても転職の成功率を上げることができる資格です。

Webで使用する技術の資格

HTML・CSSを始めWeb関係だけでも非常に多くの言語の資格があります。

企業によって推奨される資格に違いがある為、明確にこの資格というものはありませんが、Webプロデューサーに転職を志望する場合はWebクリエーターとしての知識があることを証明できれば、転職活動時に評価されることも少なくありません。

Webプロデューサー自体がプログラミングやデザインを行うことは少ないですが、プロジェクトの立案や管理を行う上で実務を担当するプログラマーやデザイナーと打ち合わせを行わなければなりません。

そこで最低限の知識がなければ、コスト面やプロジェクト進行中に発生したトラブルの内容を把握することができません。

Web関係の実務経験がない方はWeb制作に関わる資格を取得して転職活動をするのがおすすめです。

履歴書・レジュメ

何の仕事に就職・転職を行うにも履歴書などの書類は非常に重要な役割を占めています。

Webプロデューサーを目指す場合は、今までの経験や習得している知識や資格が非常に重要です。

そこでWebプロデューサーを目指すのであれば、自身が経験したことを細かく書いておくのがコツです。

理由は幅広い知識が必要になる為、関係ないようでも様々な実務経験を積んでいることはプラスになってもマイナスになることは無いからです。

また志望動機などについても、具体的に入社後にどのように仕事を進めて行きたいかなどを計画的に書いてあると、仕事の特性上高い評価を得る事ができます。

面接時にはコミュニケーション能力が重要

Webプロデューサーとして働き始めると責任者であり、統括という役割の為、社内・クライアント共にしっかりとコミュニケーションが取れなければなりません。

実務経験が重視される中、それに匹敵するぐらいコミュニケーション能力が重視されます。

転職活動の面接などではコミュニケーション能力を十分に発揮し、面接官に不安を感じさせないこともWebプロデューサー志望者にとって必須と言っても過言ではありません。

終わりに

今回はWebプロデューサー志望者が転職する為の方法と転職におすすめのサイトについて、解説してきましたがいかがでしたか?

Webプロデューサーは将来性や給与面が良く、憧れる方も少なくありません。

未経験者が転職するのは簡単な職種ではりませんが、今までに培ってきた経験や習得したスキルがあれば、転職は決して不可能ではありません。

DMM WEWBCAMP/DMM WEBCAMP PROについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職サポート付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事