WebCamp・WebCampProを運営する株式会社インフラトップのオウンドメディア【スキルマ】。プログラマー・エンジニア・Webデザイナーを目指す初心者の方に向けた記事や、就職・転職を考えている方向けの記事を発信しています。

【編集・ライター】Webメディアの仕事が出来る会社と転職方法を徹底解説!

プログラミング教室・人気ランキング

順位 スクール名 こんな方におすすめ 公式サイト
   Web Camp 【業界最安値】1ヶ月通い放題/Webサービスなど作りたい方 公式サイト 
  TECH BOOST ブロックチェーン/AI/IoTコースあり/3ヶ月でエンジニアに! 公式サイト
Tech Camp Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方! 公式サイト
▼本記事について
本記事は、『たった1ヶ月で未来を変えられる』初心者向けプログラミングスクール「WebCamp(ウェブキャンプ)や、未経験者でも3ヶ月の学習でエンジニアに転職・就職ができる「WebCampPro(ウェブキャンププロ)」を運営してる株式会社インフラトップが提供しています。

皆さんは、Webメディアの仕事についてご存知ですか?

Web製作の仕事と聞くと皆さんWebプログラマーやWebデザイナーを思い浮かべる方が殆どだと思います。

しかしWebサイトを作成する上でWebプログラマーやWebデザイナーと同じぐらい重要になるのが、WebライターやWeb編集の仕事です。

今回はWebライターや編集などのWebメディアへの転職方法について解説していきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

 

Webメディア制作の仕事について

インターネット上には商品紹介や集客の為のブログなど様々な記事が投稿されています。

Webメディア制作は主にWebページに載せる記事を制作、編集するのが仕事です。

また企業によっては記事の執筆や編集以外にもWebページ上で表示されている広告やロゴについてもWebメディアの仕事に含まれます。

Webメディア業務の流れについて

それでは実際にWebメディアの仕事を行う流れについて、解説していきます。

前提としてWebメディアの仕事は企業に勤めて働く方法と個人事業主としてWebメディアを作成する仕事の2種類があります。

今回は企業に勤めて働く時の流れについて、解説します。

クライアントから依頼を受ける

当然企業側から営業活動なども行いますが、案件1つ1つに関して言えば、クライアントからPRして欲しい内容の依頼を受けることから始まります。

社内で方針を決定する

受けた依頼内容に対して、WebプロデューサーやWebディレクターと社内でどの様な方針で進めて行くかを打ち合わせします。

この時通常の雑誌などで公開するライターと大きく違う点は、記事を作成する目的です。

雑誌などの記事の場合見出しに対しての記事を書きます。

それに対してWebライターなどの制作は、第一条件として不特定多数の人に検索して貰えることに焦点をあてます。

例えば「日焼け止め」の記事を制作する場合、雑誌などのメディア作成時は売り出したい製品をアピールするだけで完了します。

しかしWebメディアの場合は、Googleなどの検索にかかって初めて読んで貰うことができます。

その為、ただPRする製品を紹介するだけでなく、「紫外線対策 日焼け止め おすすめ」など検索されるワードを記事に入れる必要があります。

Webメディア作成者が独自で行うのではなく、社内での打ち合わせをするのは検索に引っかかりやすいようにキーワードを決定したりする必要があるからです。

社内打ち合わせを元にWebメディアを制作する

社内打ち合わせが終了すると作成するWebメディアの方針が固まるので、決定されたWebメディア制作方針を元に記事の作成や編集をします。

ここで制作した内容を更に社内で確認やクライアントからの認識に違いがないことなどを確認します。

基本的にはここまでが、主な仕事の流れになります。

Webメディア制作の仕事に転職する上で必要なスキルについて

Webメディア制作には必須の資格はありません。

しかしWebメディアの仕事を遂行する為には、いくつかのスキルや知識が必要になります。

事前にスキルや知識を習得しておくことで、転職時の採用確率が大きく変わってきます。

他のWeb制作の仕事に比べて、基本となるスキルは少ないですが、Webメディア制作には幅広い知識が必要になります。

今回は基本となるスキルについて、ご紹介しておきます。

WordPress

WordPressはCMSの1種で、もともとはブログ作成ように開発されたものでしたが、その汎用性の高さから現在では中小企業のWebサイトもWordpPressで制作されているものが増えています。

記事制作などもWordPressを使ったものが増えている為、基本的な操作方法などは習得しておく必要があります。

SEOの知識

Webメディア作成にとって非常に重要な役割を持つのがSEOです。

SEOは「検索エンジン最適化」のことです。

SEOの知識を得ることで、どの様にすればアクセス数を増やすことが分かるようになります。

SEOの知識を利用してWebメディア制作を行うことで、より確実な成果を得る事ができます。

そのため、Webメディア制作においてSEOの知識は必要不可欠なものです。

逆にSEOの知識さえあれば、それだけでも転職活動を有利に進めることも可能です。

Webメディア制作ができる転職先について

Webメディア制作ができる代表的な企業について、ご紹介しておきます。

インフォバーン

出展元:https://www.moreworks.jp/companies/55

インフォバーンは「ホットペッパー」、「資生堂」などのWebメディアを作成している企業で、定期的にWebメディア作成の求人がかかっています。

大手企業から仕事を受注してるWebメディア作成会社の中でも、非常に人気の高い企業です。

LIG

出展元:https://liginc.co.jp/

LIGのWebメディア制作の求人はLIGの製品をPRする為のWebメディア制作、LIG以外の外部商品をPRする為のWebメディア制作、自身で企画を作成してWebメディア制作を行う3種類で募集がされています。

LIGはWebメディア制作が行える企業としても有名で、また上述した3種類のWebメディア制作の業務内容を経験することで最終的にWebメディア制作で起業を考えている方には非常に良い経験をすることができます。

終わりに

今回はWebメディア制作の仕事内容とWebメディア制作が行える転職方法について、解説してきましたが、いかがでしたか?

Webメディア制作の需要は高く、将来性もあり非常にオススメです。

またスキルとしてはSEOの知識があれば、後はPRする商品について執筆する語学力があれば業務を行える為、非常にオススメの職業です。

当サイトで人気のオススメ転職サービスTOP3

1位 ワークポート

おすすめポイント

転職決定人数、業界No.1!

転職活動の進捗が管理できる「e コンシェル」サービスを利用できる

・過去の利用者の声を豊富に見れる

ワークポートは、保有する求人情報の約70~95%が非公開求人です。

プロによる面接・書類作成アドバイスが丁寧なため、IT・Web業界での転職を目指す方は、どの職種でも、ぜひワークポートで無料転職相談を利用しましょう!

ワークポートの登録はこちら


2位 リクルートエージェント


おすすめポイント

非公開求人数10万件以上

・無料相談サポートが充実

・エンジニアだけでも3万件前後の求人数

リクルートエージェントは、リクルートが運営する転職サービスです。

キャリアアドバイザーが担当になり、面談や非公開求人の紹介などサポートをしてくれます。

転職を本気で考え始めている人は、リクルートエージェントも一度利用するべきです。

リクルートエージェントの登録はこちら

 3位 レバテックキャリア

おすすめポイント

IT・Web業界特化なので、転職アドバイザーも業界の最新知識を持っている

・関東・関西圏に特に強い

・IT・Web業界に特化しており、会社とのミスマッチが起きにくい

レバテックキャリアは、IT・Web業界に特化した、転職エージェントです。

IT・Web業界に興味がある方は、迷わず登録するべきです。

レバテックキャリアの登録はこちら

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職サポート付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログライミングを学びたい方はこちら!

▼IT未経験からエンジニアに就職・転職したい方はこちら!