• WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
12月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月生は満員となっております。12月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

Webディレクターに異業種から転職は可能でしょうか。また転職活動をするときにやっておくべきこととは?

今回はWebディレクターの仕事内容や、異業種からWebディレクターに転職する際知っておきたい情報などをお伝えしていきたいと思います。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

Webディレクターの仕事内容とは?

Webディレクターとは、Webサイトを作るときに大枠の方針を決める、映画でいうところの監督のようなポジションの仕事をする役割の人です。

デザイナーやプログラマーなど、専門的な知識やスキルを持ったスタッフ達を取りまとめ、スケジュールを管理し、プロジェクト全体の管理に携わります。

中小規模のサイトを制作する場合は、一人のWebディレクターがいくつかのサイトを担当することもよくあります。

Webディレクターになるためには、Webに関する知識を持っていた方がスキルを持ったエンジニアなどと話が通じやすいという利点がありますが、必ずしも専門的な知識を持っていなくてはいけないわけではありません。

Webディレクターに一番必要とされるのは、スタッフのスケジュール調整やプロジェクトの円滑な進行、目標を達成できるWebサイトを狙い通りに制作していく能力です。

異業種からWebディレクターになれる?

Webディレクターは先にも書きましたが、必ずしもWebに関する専門的な知識や、サイトを1から組み立てられる能力が必要なわけではありません。

専門的な知識が必要な作業は、専門知識やスキルを持っているエンジニアやデザイナーに任せてサイトを制作することも可能です。

ただし知識や技術を持っていた方が、エンジニアやデザイナーと話が通じやすいという利点はあります。

それよりも重要視されるのは、プロジェクトをまとめていく能力、およびWebサイトで目標を達成できる能力です。

Webディレクターとして活躍していくためには、メンバー間の調整能力やコミュニケーション能力といった、スキルや知識とはまた別の能力が必要とされます。

なので目標を達成できるWebサイトを作る、総合的な能力を持っていると判断されれば、未経験でも異業種からでもWebディレクターに転職することは可能です。

転職活動でやっておくこと

ポートフォリオを作る

これまで別の業界で働いていた場合、実績としてアピールできるWebサイトはないかもしれません。

そういった場合でもこれまで携わっていた経歴でWebサイトに関するものがあれば、そのWebサイトの説明を書いたポートフォリオを、またないようであればWebサイトに代わるような実績をまとめたものを作っておくといいでしょう。

まったくの未経験かつWebサイトや紙媒体の広告物の実績もない、といった場合は自分でサイトをある程度作ってみるというのもひとつの方法でしょう。

自分でサイトを作成すれば、サイトのおおまかな作り方も覚えることができるので、Webディレクターとして採用されたときにプラスになります。

履歴書・職務経歴書を作る

異業種からの転職の場合、履歴書や職務経歴書をより充実させておくことが大切です。

Web業界未経験だと、Web関係のアピールできる技術や知識がないので、別の面でカバーする必要があります。

例えばマネージャーとしてチームをまとめた経験があるのなら、その経験や実績、自分が貢献した点などを重点的に書いておくと効果的です。

企画として仕事をしてきたのなら、自分が携わったもしくは提出した企画のアピールポイント、売り上げへの貢献度、目標の達成度などを厚めに書いておくようにするといいでしょう。

異業種、未経験であっても、Webディレクターとして活躍できる可能性を面接官にアピールすることが大切です。

また履歴書や職務経歴書はこれまでの経歴が長いほど、整理したりアピールポイントを考えたりするのに時間が必要になります。

今日明日すぐに出さなければならないけれど「書く時間がない!」という状況にならないよう、時間を作って少しずつでも書いておくといいでしょう。

また、履歴書に書く志望動機やPRポイントは複数の会社に応募するとき、使いまわさないように注意してください。

会社ごとにアピールポイントは変えておき、各企業にマッチした志望動機や自己PRを書くようにしましょう。

転職サイト・エージェントに登録する

ポートフォリオも完成し、履歴書や職務経歴書も書き終わったら、今度は転職サイトや転職エージェントに登録します。

転職サイトは多くの求人情報が載っており、たくさんの企業から自分の受けたい企業を選ぶことができます。

ただし企業の情報や自分の希望する条件、仕事内容かどうかを自分で確かめなくてはいけません。

自分の志望動機、受けたい企業、働きたい業種がはっきりしている人の場合は、転職サイトで転職活動をしても問題ないでしょう。

一方で、どのような業種で働いたらいいのか、自分に向いている企業はどのような企業か、といったことがはっきりしていない人は、転職サイトよりも転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは、転職を希望している人に対してヒアリングを行い、どのような企業に転職したいのか、どういうキャリアを積んでいきたいのかといったことを整理しながら転職活動をサポートしてくれます。

転職先の企業情報も豊富に持っていることも多いので、一人で転職活動を行うのが不安な人は転職エージェントを利用するといいでしょう。

また転職サイト、転職エージェント両方に共通することとして、Web業界に特化したサイトやエージェントを利用する方が自分の希望に近い転職先を探しやすくなります。

Web業界に特化しているサイトやエージェントは、細かい条件での検索ができることに加え、Web業界に関する知識なども豊富に掲載され、また転職アドバイザーはキャリアに関して理解があることが多くあるので、転職活動におすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は主に異業種からWebディレクターに転職する方法についてお伝えしてきました。

Webディレクターは資格も必要なく、デザイナーやプログラマーになるのに必要な知識や技術も必須ではありません。

原則として誰でもなることができますが、異業種から転職する場合は特に、チームをまとめていく力やスケジュール調整能力、狙い通りのWebサイトを制作していく能力が求められます。

異業種からの転職の場合、業界の知識や実績がない分、これまでの実績をWebディレクターに結びつけてアピールしていくことが大切です。

Web業界での実績や知識や、Webディレクターに転職するのに必須ではありませんが、チームをまとめる能力、そして目標に貢献できるWebサイトを作っていく能力は重要視されます。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職サポート付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

12月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月受入枠は満員となっております。12月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

関連キーワード
キャリアの関連記事
  • エンジニアへの転職希望者必見!採用率を高めるポートフォリオ
  • 【転職希望者必見】話題のエンジニアの種類を徹底解説
  • 2018年最新のエンジニア転職を成功させる方法
  • 未経験でもエンジニアになれる!国内最大級のインターネットサービスの商店街を持つ「みんなのマーケット」にインタビューしました!
  • プログラミングは才能がないとできない職業か?徹底検証
  • 【未経験からのエンジニア転職】おすすめのエージェント5選!
おすすめの記事