◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

キャリアアップのためにIT業界へ転職したいと考えていませんか?

一時期リーマンショックの影響でIT業界の求人倍率は大幅に下がりましたが、2012年から少しずつ景気が回復しはじめ、IT業界も有効倍率が回復しています。

転職を成功させてキャリアアップを果たすためには、どんな方法があるのでしょうか?

IT業界でキャリアアップ転職を成功させるポイントや必要なスキルについてご紹介します。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

狙い目はIT・通信技術への転職

転職希望者の数に対する求人数を有効求人倍数と呼びます

例えば、100人の求職者に対して200の求人があれば2倍、逆に100の求人に対して求職者が200人いれば0.5倍と表すわけです。

IT業界の有効求人倍数は少しずつ増えていますが、IT・通信技術者の求人は人材不足の影響から有効求人倍率が増加しています。

IT業界全体の有効求人倍率は2014年3月の1.07倍以降、約1倍を維持していますが、IT・通信に限定すると3倍を上回る倍率になっているのです。

人手不足になるほどITエンジニアは需要があるという証拠であり、キャリアアップ転職に向いていると言えます。

今後、特に求人が増加すると予測されるのはシステムインテグレーターやアプリケーション開発といったBtoBに関するサービスと予測されているので、転職の際に検討してみましょう。

キャリアパスを考える

キャリアアップ転職を成功させる上で大切なのが、キャリアビジョンを明確にすることです。

管理職へステップアップするパターンと、関連性はあるが異なる職種へ転職するパターンがありますが、後者の場合はキャリアアップにみなされない可能性があります。

中途採用では育成コストを軽減するために即戦力になる人材を求めているので、求人が多いからとキャリアアップ目的に別の職種に異動することはリスクがあるのです。

現在の職場で成長やキャリアアップの可能性が低いのであれば、同業種の管理職や大手企業への転職の方がキャリアアップとしては有効でしょう。

キャリアを築くためにはキャリアビジョンを描くことが重要で、目指すキャリアパスを決めることで、転職の方向性を決定することが可能です。

ITエンジニアでは3つのキャリアパスが考えられます。

ビジネスマネジメント

企業が定めた経営目標をIT戦略によって実現させるポジションをビジネスマネジメントと呼びます。

最高情報責任者(CIO)や最高技術責任者(CTO)が当てはまり、経営者に対する理解や経営知識、戦略を経営陣一同が受け入れる程のプレゼン力が必要です。

プロジェクトマネジメント

システム開発のプロジェクトを効率よくスムーズに進めるポジションをプロジェクトマネジメントと呼びます。

システム開発に携わっていれば身近なキャリアパスですが、提案内容や外注コストなど正しく判断する能力や、連携に欠かせないコミュニケーションの能力が求められます。

テクノロジーマネジメント

最新の技術を把握し、どのようなシステムを導入するか適切に判断するポジションがテクノロジーマネジメントです。

急速に進歩する世界の最新技術や動きを理解し、システムの構成や課題を把握しながら技術を選ぶ能力や提案力が必要になります。

ビジネスに対するマネジメント、開発に関するマネジメント、技術に関するマネジメントのいずれかで自分がなりたいキャリアを決めれば、ステップアップに求められる転職も明確になります。

他の職種へ転職してキャリアアップしたいのであれば、転職後のキャリアビジョンをはっきりさせた上で、キャリア転職後に必要な知識やスキルを身につける準備が大切です。

他者と差をつける書類審査と面接

IT業界に限らず最初の書類審査と面接は転職を成功させるために重要なポイントとなります。

誰もが見やすく分かりやすい書類を作成する、第一印象を良くして、堂々と話すという点は選考に大切ですが、それ以上に他の応募者と差を付け、企業に強いインパクトを与えられるかどうかも大事です。

書類の場合

履歴書や職務経歴書では今までの経歴やスキルを記載します。

記入する際はただ経歴やスキルを書くのではなく、企業が期待する経歴やスキルを持つ人材かどうかを、自分の強みや特徴に表して書くことが重要です。

IT業界となると専門用語が多くなりますが、ITに限らずどの業界の人事や経営陣が読んでも理解できる内容が望ましいです。

面接の場合

企業が人材を求める理由は事業や組織の課題解決など実現したいことが存在するからです。

その実現のためにどんな人材を求めているか汲み取ることで、面接でアピールするポイントやスキルを見極めることができます。

また、自分の特徴や能力を短時間で分かりやすく認識してもらう方法として、実際に個人で開発したものを面接官に見てもらう方法も良いでしょう。

技術的なものは口や文面だけで簡単に説明できませんが、実物が存在すればより理解しやすくなり、面接官からの関心も強まります。

管理職を目指すならマネジメント力が求められるため、個人的に企業のサービスを調べ、短所と長所の比較から自分が最善だと思った提案をプレゼンすれば、プレゼン力と課題を発見するスキルをアピールできます。

書類と面接は人事が一緒に働きたいと思わせる、個性的な工夫が転職成功のポイントです。

ただ転職を繰り返していてもキャリアアップは見込めないので、キャリアビジョンから必要となる転職の方向性を把握し、それに基づいて転職をしていきましょう。

まとめ

求人倍率が上がっているIT業界であっても、企業が求める人材像でなければ成功率は低くなります。

企業が求めている人材像を明確にし、それに必要なスキルが備わっているか、強く印象に残す自己アピールを考えることが、キャリアアップにつながる転職の成功方法です。

自己アピールのための武器を身に付ける事が必要です。

その武器はプログラミングスキルが有効です。

短期間でプログラミングスキルを身に付けるにはプログラミングスクールがおすすめです。

DMM WEWBCAMP/DMM WEBCAMP PROについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職サポート付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事