3月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
2月生は満員となっております。3月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

Webデザイナーに未経験から転職することは可能でしょうか。

不可能ではありませんが、Webデザイナーに未経験から転職するには、Webデザインの基礎的な勉強が必須です。

今回はWebデザイナーとはどんな仕事をするのか、また未経験からWebデザイナーに転職するのに必要なこととは?といった情報をお伝えしていきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

Webデザイナーの仕事とは?

Webデザイナーは、Webサイトやスマホアプリなど、Web上に提供されているサービスのデザインを手がけるのが仕事です。

デザインする媒体によっても求められるデザインが異なるので、クライアントの希望に合うようデザインができる技量が求められます。

またWeb上のコンテンツをデザインするという特性上、紙とは異なりHTMLやCSSといった、Webサイトを構成するための言語(マークアップ言語)を使える必要があります。

そのほかPhotoshopやIllustratorなどの描画ツールを使うスキルのほか、Webサイトをつくるjavascriptなどのプログラミング言語に関する知識や、それらの言語を使って動きのあるサイトを作るスキルなど、Webデザイナーに求められるスキルや役割はますます多くなってきています。

さらにはサイトの裏側でデータを処理するようなプログラミング(サーバサイドプログラミング)との連携もできる、フルスタックなWebデザイナーの需要が高まってきている状況です。

Webデザイナーのスキルにはどんなものがある?

Webデザイナーとして仕事をしていくために必要なスキルは多くありますが、中でも重要なスキルをいくつかご紹介していきます。

IllustratorやPhotoshopなどの描画ツールのスキル

Webデザイナーもデザイナーなので、描画ツールのスキルは必要とされます。

Illustrator、Photoshopのツールは持っておいた方が良く、使い方は一通り勉強しておいたほうがいいでしょう。

またデザインではMacを使う機会が多くあります。

デザイナーはMacを使ってもらうといった会社もあるので、Windowsしか使った経験がない場合はMacの使い方も覚えておくといいでしょう。

HTMLやCSSなどマークアップ言語のスキル

WebサイトをつくるWebデザイナーにとって、HTMLやCSSの知識は必須です。

画面を構成するための言語なので、一通りの使い方は覚えておく必要があるでしょう。

またHTMLやCSSの使い方のほか、ブラウザごとに異なる表示を把握しておくなど、Webでデザインをするために必要な言語の学習は、業務が未経験であっても欠かせません。

javascriptやphpなどのプログラミング言語のスキル

近年、Webデザイナーであっても、プログラミングを避けて通ることはほとんでできません。

特にjavascriptはWebデザインの表現を広げる上で欠かせない役割を担っており、javascriptが扱えないというのはWebデザイナーとしては大きな損になります。

デザイナーを志している人はプログラミングを学ぶのが苦痛であることも多いかもしれませんが、Web業界のデザイナーになるのであれば必要な知識なので、プログラミングが苦手であっても学習しておいた方がWebデザイナーになれる確率が上がります。

コミュニケーションのスキル

Webデザイナーはクライアントの意向をデザインに反映していく必要があります。

またWebサイトは一人で作ることは少なく、多くの場合ディレクターやプログラマーなどとチームを組んで作成していくものです。

チーム間での意思の疎通や、デザインへの落とし込み、変更点の確認など、コミュニケーション能力が必要となる場面が多くあります。

転職活動でやっておくことは?

ポートフォリオの作成

ポートフォリオは自分のデザインの実力やセンスを、面接官にアピールするために重要なものです。

実績がない場合は、いくつか自分でサイトをつくって面接官にアピールしていきましょう。

ポートフォリオを初めて作る場合は、Web上にサンプルやフォーマットがあるので利用すると便利です。

ポートフォリオを作る場合、印刷した紙とWebサイト、両方を用意できるようにすると、あらゆる状況での説明ができるので面接官にアピールしやすくなります。

転職サイトや転職エージェントに登録を

Webデザイナーになるための知識を学習し、ポートフォリオなどのアピール書類を作成できたら、今度は転職先を探すために転職サイトや転職エージェントに登録していきましょう。

転職サイトより転職エージェントがおすすめ

転職先を探すには大きく転職サイトと転職エージェントの2つがありますが、未経験からWebデザイナーに転職するのであれば転職エージェントの方がおすすめです。

転職サイトは数多くの求人を掲載していますが、履歴書や職務経歴書の書き方、ポートフォリオのまとめ方、希望を出す会社の絞り方などすべて一人で行う必要があります。

一方で転職エージェントは履歴書や職務経歴書を添削してくれたり、面接の指導をしてくれたりと、転職者を手厚くサポートしてくれます。

そのうえ未公開求人も多く抱えているので、転職者の志望やスキルとマッチした企業を紹介してくれることも多いです。

業界の知識に詳しくなく、スキルや実績もまだほとんどない状態であれば、いくつか転職エージェントに登録して、サポートを受けながら転職活動をしていく方がおすすめです。

まとめ

未経験からWebデザイナーに転職する方法についてお伝えしてきました。

Webデザイナーは未経験から転職することも可能ですが、最低限のスキルは自分で習得しておく方が望ましいです。

また転職活動では実績がなくても、自分のセンスやスキルをアピールするためにポートフォリオを制作しておきましょう。

紙ベースとWebサイト両方のバージョンを用意できるのが理想です。

未経験から転職ということで、業界の知識やスキル、実績がほとんどない場合は、企業情報の提供や転職サポートなどが手厚い転職エージェントの利用がおすすめです。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

3月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
2月受入枠は満員となっております。3月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事