◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

IT業界は近年AIやIoTといった新しい技術が出てきて注目を集めています。

また専門的な知識をつけることができるので、将来に渡ってスキルが身につく業界でもあります。

今回はIT業界の企業に内定を得るために有効な志望動機の書き方をご紹介していきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

IT業界で何がしたいのか?

IT業界はITやwebの分野を扱う業界ではあるものの、業種や職種は多岐にわたっています。

Webサイトをつくる仕事もあれば、企業の中で動くシステムを作る仕事、スマホで楽しむゲームやアプリを作る仕事などさまざまです。

まず自分のやりたいことは決まっていますか?

またそれはIT業界で実現できることですか?

まだやりたいことが決まっていない、IT業界で実現できるのかどうかわからないといった場合は、自分は何を仕事にしていきたいのか、またその仕事を実現するにはIT業界で間違いないのか、をしっかりと確認する作業から始めてみてはいかがでしょうか。

マッチする業界を探す

あんなサービスが作りたい、こんなゲームが作りたい、企業を支えるインフラを作っていきたいなど、やりたいことが見えてきたら、今度はどんな業界でそれが実現できるのかを模索してください。

以下にIT業界に存在する主な業種についてご説明していきます。

自社サービス提供会社

自社でサービスを提供しているサイトを開発しています。

自社サービスで収益を得ているので、じっくりと自社のサービスと向き合うことができます。

メリット

  • 自社のサービスとじっくり向き合うことでサービスの質を上げていける
  • 最新の技術を使うことが多いので新しい技術が好きな人には向いている

デメリット

  • 技術の移り変わりが激しいのでついていくのが大変
  • サービスが当たらないと経営が不安定に

委託系のWeb制作会社

他社からの依頼によってWebサイトを制作しています。

さまざまな案件を手がけているので、異なるタイプのサイトに複数携わることができます。

メリット

  • いろいろなサイトに携わることができる
  • 最新の技術を使うことが多いので新しい技術が好きな人には向いている
  • サイトごとに異なるテイストがあり表現の幅を広げられる

デメリット

  • 技術の移り変わりが激しいのでついていくのが大変
  • 常に顧客から受注しつづけなくてはいけない

スマホゲーム・アプリ制作

スマホやタブレットで使うアプリを制作している会社です。

自社のサービスのみを提供している会社、他社からの委託のみ扱っている会社、その両方を扱っている会社などさまざまです。

メリット

  • 自分でスマホのゲームを開発できる
  • 最新の技術を使うことが多いので新しい技術が好きな人には向いている

デメリット

  • 技術の移り変わりが激しいのでついていくのが大変
  • アプリ・ゲームの供給は大量にあるので勝ち抜けないと収益が得られない

業務システム制作

企業の業務システムを開発している会社です。

1次請けから仕事が分割されて2次、3次とピラミッド式に仕事が流れていく特長があります。

メリット

  • 仕事が分割されているので役割が限定的
  • 技術の変動が少ないのでじっくりと技術を勉強できる
  • 業界の市場規模が大きいので比較的安定経営

デメリット

  • 最新の技術にあまり触る機会がない
  • 仕事が細分化されているので限定的なことしかできない

自社業務アプリ制作

自社で業務アプリを制作している会社です。

会計や流通、金融で活用するパッケージソフトなどを開発しています。

メリット

  • 仕事が分割されているので役割が限定的
  • 業界に詳しくなり専門的な分野の仕事できる
  • 業界の市場規模が大きいので比較的安定経営

デメリット

  • 最新の技術にあまり触る機会がない
  • 仕事が細分化されているので限定的なことしかできない

効果的な志望動機の書き方は?

志望動機は企業に対する熱意を最大限アピールできる項目です。

同じテンプレートで使いまわしたような志望動機では、企業側の担当者も読み飛ばしてしまう可能性があります。

実績がない就活生が一番アピールできるポイントでもあるので、企業ごとにしっかりと志望動機を書いていくことが大切です。

企業側が求める人材像を考える

企業がどのような人材を求めているのか、新卒生に何を期待しているのかは会社の説明会やHPなどでも概ねうかがい知ることができるでしょうから、しっかりと情報をキャッチしておくようにしましょう。

またOB訪問やインターンシップへの参加など、企業側に積極的に関わっていく中で求める人材の傾向を掴んでいくことも重要です。

企業の中で自分のやっていきたいことをアピールしていくことも大切ですが、企業がどういった傾向の人材を求めているのか、それは自分とマッチしているのか、またやりたいことも実現可能なのかといったことを考慮しながら、志望動機を作成していくようにすると、採用担当者の目に留まりやすくなるでしょう。

魅力を感じた部分を具体的に書く

志望先の企業の魅力的な箇所を具体的に書くようにしましょう。

例えば「社会貢献をされていて魅力を感じました」→どのような社会貢献に、どのような魅力を感じたのかといったことをもっと具体的に書くなど、定型文のような記述ではなくオリジナリティのある文章を書くように心がけると、採用担当者の心に訴えかける志望動機になります。

履歴書や志望動機を添削してもらう

履歴書や志望動機は、自分では完璧に書けたつもりでも、まだ伝わりにくい文章だったりアピール不足だったりといったこともよくあります。

1度志望動機が書けたら、人に見てもらうようにするといいでしょう。

自分では気付けなかった足りない箇所や、間違いなどに気がつくことができます。

またどうしても自分や周囲の人たちだけでは不安な場合は、プロの就職活動支援をしているエージェントに添削してもらうこともおすすめです。

プロの視点から志望動機の書き方のアドバイスをしてくれるので、より訴えかける志望動機に仕上がっていくでしょう。

まとめ

内定を得られる志望動機の書き方についてお伝えしてきました。

IT業界を志望する場合、まずIT業界に存在する業界や職種を知り、自分のやりたいこととしっかりマッチしているかを確認しておく必要があります。

これらの確認が終わり、就職希望先がある程度固まったら、志望動機を書きます。

志望動機は自分の言葉で表現するのはもちろんのこと、企業ごとにアピールできるように企業に合わせてアピールできるポイントを変える、定型文の文章を避けるといった工夫が必要です。

また一度完成した文章は人に見てもらいましょう。

不安がある場合は、就職エージェントなど就職活動のプロに添削をしてもらうという方法もあります。

DMM WEWBCAMP/DMM WEBCAMP PROについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職サポート付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事