3月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
2月生は満員となっております。3月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

IT業界に就職するにあたり志望動機は人事にアピールできる重要な要素のひとつです。

志望動機を人事の目にとまるように書けるかどうかで、採用の可否を左右する可能性があります。

今回は志望動機を書くときのポイントや、職種別の志望動機の書き方のコツについてお伝えしていきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

目にとまる志望動機の書き方とは

1日に多くの面接を行い、多くの履歴書や志望動機を見ている人事担当者に、この人材はほしいなと思わせるには志望動機を人事担当者の目にとまるように書く必要があります。

採用担当者の目にとまるような志望動機を書くには、いくつかのポイントをおさえておく必要があります。

採用担当者は志望動機からも、この人材は自社の社風などに合っているかといったことを判断するので、志望動機を書くときも会社の欲しい人材のことを頭に入れて書くことが大切です。

この前提としてあるのが、当然かもしれませんが自分のやりたいことと会社のやりたいことがある程度一致していることです。

いくら会社の求める人材に寄り添うことが大切といっても、やりたいこととまったく異なる事業内容に合わせた志望動機を作成するのは現実的ではありません。

その上で、自分が会社に入ったらこのようなことが役に立つや、このような仕事を進めていきたいといったアピールをしていくと、採用担当者も「うちの会社と相性がいいかもしれない」と、目をとめるようになる可能性が高くなります。

志望動機のポイント

志望動機を書くときにはいくつかのポイントがあります。

会社の方向性、自分のやりたいことがマッチしているのは大前提としても、そのほかにもいくつか抑えておきたいコツもあるので、以下にご紹介していきます。

受身の姿勢にならない

志望動機を作成するときに大切なことのひとつとして、「受身の姿勢」を志望動機に盛り込まないということがあります。

研修制度が充実しているから、や福利厚生が充実しているから、といった企業側に「やってもらう」ことを志望動機としてアピールしすぎると、「自分からは何も発信しないタイプの人だ」と判断されてしまう可能性もあります。

志望動機には「~していきたい」や「~に挑戦していける」など、能動的でポジティブな文章を書いていくと、採用担当者に好印象を与える確率が高くなるでしょう。

何に魅力を感じたのか具体的に

例えば「貴社の事業内容に魅力を感じ…」では事業内容のどこに魅力を感じたのか伝わりにくくなってしまいます。

企業のどんな事業のどんな行動に、どんな魅力を感じたのかを具体的に記述するようにしましょう。

またその魅力的な事業をどのようにしたらもっと魅力的にできるかといった積極的なビジョンの展開、提案などがあればよりアピールできる志望動機になります。

魅力を感じた点は具体的に記述することを心がけると、採用担当者により思っていることが伝わりやすくなるでしょう。

企業ごとに志望動機をカスタマイズする

志望動機をテンプレートのように貼り付けて、複数の企業に応募するといったことをすると、採用担当者に見抜かれてしまい落とされる可能性が高くなります。

同じような志望動機を使いまわしているのは印象が良くなく、「入れればどこでもいいんだな」といったマイナスの印象を与えかねません。

複数の企業に志望動機を書く場合、一度書いた志望動機を使い回してしまいがちですが、企業に合わせて志望動機もカスタマイズしながら書いていくことが大切です。

職種別志望動機のコツ

職種によっても志望動機は異なってきます。

複数の職種に応募するような場合、同じ志望動機を使っていては、焦点がぼやけてしまい効果的に採用担当者にアピールすることが難しくなってしまうでしょう。

企業ごとに志望動機を分けて書く必要があるのと同じく、職種によっても志望動機は分けて書いていくのが理想です。

以下にIT業界の主な職種と、望ましい志望動機の書き方をご紹介していきますので、ご参照ください。

コンサルティング

コンサルティング職はIT業界の中でも高い収入を得られる職種のひとつです。

トップのコンサル企業では平均年収1000万円以上です。

コンサルティングの主な仕事内容はクライアントの課題解決になります。

クライアントの課題を分析し解決方法を提案することが大切な仕事なので、顧客のことを第一に考えられる姿勢が重要視されます。

自分の業績や賢さをアピールするのではなく、相手にとって必要なことを相手の立場で考えられる、課題解決に向けて取った方法や分析方法などを志望動機に盛り込んでいくことが大切です。

システム開発・SE

システム開発に携わる職種(SEやアーキテクトなど)も高収入を得ている人が多い職種です。

大手企業のマネージャークラスになると年収900万円以上得ている人も存在します。

志望動機にはシステム開発を通してやりたいこと、例えば「公共性の高い貴社のシステム構築に参画していくことで、社会貢献度の高い仕事をしていきたい」、など志望した会社で自分の実現したいことを具体的に記述できることが望ましいです。

Webディレクター・プロデューサー

WebディレクターやプロデューサーはWebサイトの構築を振興していく職種です。

具体的にはスタッフの調整、スケジュールの調整、予算の調整など、プロジェクトを円滑に進めていくためのあらゆる仕事をしていきます。

またサイトの方向性をクライアントと決めていくのもディレクターやプロデューサーの仕事です。

年収は技術職に比べると低いものの、プロデューサー職では年収700万円を得ている人もいます。

志望動機にはWebサイトを制作していきたいという動機のほか、どのようなサービスに興味があるか、今後はどのような仕事をしていきたいか、といった具体的な展望も書いておくと好印象を与えやすいでしょう。

まとめ

IT業界に就職するための志望動機の書き方についてお伝えしてきました。

IT業界は好景気の影響もあり、ここ数年好調に売り上げが推移してきており、人材採用も積極的に行われています。

志願者が多く集まるような企業に応募する場合、志望動機を魅力的に書けるかどうかは採用の可否を分ける可能性が高いです。

志望動機を魅力的なものにするためにはコツが必要です。

また受身ではなく能動的に働きかけていく姿勢があるというアピールも重要。

そのほか企業ごとにカラーは異なるので、志望動機を使いまわすのではなく、企業ごと職種ごとに書き分けていくことも大切です。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

3月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
2月受入枠は満員となっております。3月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事