6月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
5月受入枠は満員となっております。6月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

皆さんは、現在転職を考えていませんか?

実力が全てのIT業界では、自分の実力に見合わなと判断して転職したり、キャリアアップの為に転職を考える方は少なくありません。

しかしいざ転職の為に求人情報を検索しようとすると、転職サイトの数だけで数十サイトあり、どのサイトを利用すれば良いか悩む方も多いです。

そこで今回はITエンジニアが転職するのにオススメの転職エージェントについて、ご紹介していきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

IT転職エージェント厳選6選

上述でご紹介した基本的なエージェントの動きは同じですが、IT転職エージェントサイトごとにメリット、デメリットがあります。

おすすめのIT転職エージェントサイトをご紹介していきます。

徹底比較表

転職エージェント求人数IT求人数サポート体制ブランド力
マイナビエージェント
レバテックキャリア
リクルートエージェント
WORKPORT
DODA
Geekly

上記の比較表を参考にしながら紹介しているメリット、デメリットを比較して自分に適した転職エージェントを探してください。

 マイナビエージェント×IT

↓申し込みはこちら

マイナビエージェントのメリット

・平日忙しい人も、土曜日開催の個別キャリア相談会に参加できる

・職種や仕事内容(要件定義、上流工程から携わる仕事など)の要望が細かくできる
・マイナビの規模を活かした豊富で幅広い求人数

マイナビエージェントのデメリット

ITエンジニア向け求人が多く含まれているので、未経験からエンジニアを目指す方には少しおすすめできません。

レバテックキャリア


↓申し込みはこちら

レバテックキャリアのメリット

レバテックキャリアはIT業界専門のエージェントです。

その為、他の総合的な転職エージェントに比べて、IT業界を把握しているエージェントが行う為、IT業界の理解のあるエージェントに担当して貰えることがメリットです。

またレバテックが運営するレバテックフリーランスとも繋がりがあり、将来的には独立を考えている人もまずはレバテックで下積みをすることも出来る為、非常にオススメです。

レバテックキャリアのデメリット

レバテックキャリアのデメリットはIT業界専門の転職エージェントの為、総求人数が少なく、取り扱う求人情報もIT業界経験者向けの求人が中心で、未経験者向けや経験が浅い方向けの求人が少ないことがデメリットです。

リクルートエージェント


↓申し込みはこちら

リクルートエージェントのメリット

リクルートエージェントは他社に比べて求人数が多く、IT業界の求人数も豊富です。

また経験の浅い方からベテランまで対応案件があるので、早く転職したい方にもオススメです。

転職エージェントの問題になりやすいのが担当エージェントが合わない事ですが、エージェントの評判が良い点もリクルートエージェントを利用するメリットです。

リクルートエージェントのデメリット

どの転職エージェントも同じですが、エージェント会社の報酬は採用された際に企業から支払われます。

エージェントとしても企業としても、出来るだけ転職希望者を採用させたいのは同じですが、求職者からすると少々強引に感じる部分もあり、すぐに働きたい方には良いですが、じっくり選びたい方で提案して貰った求人を断るのが苦手な方にはデメリットになる可能性もあります。

WORKPORT


↓申し込みはこちら

WORKPORTのメリット

IT業界以外の求人情報も取り扱っていますが、特にIT業界に力を入れているエージェントサービスで、IT業界に限定した求人数で言えばトップクラスの求人数があります。

IT業界未経験者からでも応募できる求人情報を多く持っている為、これからITエンジニアを目指す方にもオススメできます。

またIT業界に力を入れていることもあり、担当エージェントがIT業界に精通したサポートを期待できる人が多いこともメリットの1つです。

WORKPORTのデメリット

求人数が多い分、給与面などが低い求人も多く担当エージェント次第では、自分のスキル以下の求人を提案される可能性もあり得ます。

DODA


↓申し込みはこちら

DODAのメリット

IT業界の求人情報も多く取り扱い、基本的にはIT業界経験者向けの転職エージェントの為、高い給与が得られる求人情報が多いのが最大のメリットです。

他の転職エージェントと比較して、履歴書、職務経歴書や面接対策などが好評です。

DODAのデメリット

総合的な転職エージェントになる為、担当エージェントがIT業界に特化した知識が少ないことも多く、IT転職に特化したサポートがあまり期待できないことです。

Geekly


↓申し込みはこちら

Geeklyのメリット

IT業界の求人を中心に、大手企業の求人もありデメリット部分の条件をクリアできれば、非常にオススメの転職エージェントです。

また担当エージェントがIT業界についての知識が豊富な点もメリットです。

Geeklyのデメリット

待遇・収入面共に掲載されちる求人は良質なものが多い一方で対応地域が、東京・千葉・神奈川などの限定された求人が多く、それ以外の地域の求人情報が少ないことがデメリットです。

転職エージェントについて

オススメの転職エージェントをご紹介する前に、転職エージェントについて解説していきます。

転職エージェントは転職希望者が登録をする事で、転職に必要な作業を代行またはサポートを無料で受けられるサービスです。

転職エージェントのサポート、代行内容について

転職エージェントサイトによって多少の違いはありますが、大きく分けて以下のものがあります。

求人紹介

転職サイトとして当然ですが、ただ求人情報を紹介してくれるだけでなく、自身の希望や現在のスキルに応じた求人情報を紹介してくれます。

また非公開求人も紹介してもらえる為、採用率の高い求人も多く紹介してもらえます。

相談

今後の進路相談や希望職種のヒアリングなど、転職希望者毎に担当エージェントが相談にのってくれます。

転職に必要な書類作成のサポート

履歴書や職務経歴書など転職に必要な書類作成全般をサポートしてくれます。

転職を成功させる為にプロ視点で支援してくれる為、非常に心強いです。

企業との交渉代行

企業との交渉や調整ごと、例えば面接の調整や給与金額の交渉などは基本的には、全てエージェントが代行してくれます。

終わりに

今回はIT業界で転職をするのにオススメな転職エージェントをランキング順にご紹介してきましたが、いかがでしたか?

転職エージェントは担当エージェントによって当たり外れがある為、1つに限定せず、自分にあった転職エージェントがあれば複数登録するのもオススメです。

また担当エージェントの問題以外にも登録しなければ、閲覧することができない非公開求人情報も閲覧することができる為、興味を持った転職エージェントがあれば、迷わず全て登録することをオススメします。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

6月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
5月受入枠は満員となっております。6月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!


▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事