◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

入社して1年から3年しか経ち、ITエンジニアに転職したいと考えていませんか?

求人では「第二新卒歓迎」という表示を見かける機会が増えており、社会経験が浅くても転職できるチャンスが増えています。

若年層の人材は柔軟性があり、成長も見込まれるので多くの企業に求められていますが、ただ若いだけで全ての第二新卒者が転職に成功しているわけではありません。

第二新卒ITエンジニアが転職に失敗する人と成功する人の特徴をご紹介しましょう。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

未経験の第二新卒でもITエンジニアに転職できる?

20代半ばの第二新卒枠を設けて求人を募集する企業が増えていますが、ITエンジニアは未経験の第二新卒でも転職しやすい職種です。

ITエンジニアは人手不足が問題視されており、新卒や中途採用だけでは集まらないため、積極的に第二新卒枠を設けて採用しています。

人手不足を補うために技術未経験の異業界からの転職者も多く、今までITエンジニアとして働くことを諦めていた若年層も転職にチャレンジしやすい状況と言えるのです。

企業側も成長性や将来性に期待しており、一定のビジネスマナーを理解した第二新卒は教育コストを抑えられるメリットがあります。

転職に失敗する人、成功する人の違い

第二新卒でもITエンジニアに転職しやすい状況ですが、転職に成功する人もいれば失敗する人もいます。

それぞれにはどんな違いがあるのか、失敗する人と成功する人の特徴をご紹介しましょう。

転職に失敗する人の特徴

・早々に転職したい理由が薄い

転職では入社の志望理由を必ず聞かれますが、転職に失敗する人のほとんどは企業側に「すぐ辞めてしまうのではないか」と思わせてしまう理由を答えている可能性があります。

入社前後のギャップが異なっていた、嫌な仕事が多くて辞めたなどの理由だと、企業側も同じ理由で辞めてしまうと不安に思ってしまうのです。

・学習意欲がない

ポテンシャルで採用している企業としては、興味はあるけど学習する意欲のない人は仕事に対して消極的ととらえてしまいます。

日々技術が進歩するIT業界では古いことも新しいことも取り込んでいく姿勢が大切であり、現場を通じて学習することも多いです。

しかし、その学習内容を理解する上で予備知識は大切であり、ITエンジニアとして働くなら自主的に学ぶ意欲が求められ、興味だけでは成功できない世界と言えます。

・経験やスキルを上手く伝えられていない

ポテンシャルを見極めるためには第二新卒者の経験やスキルなどの自己PRがポイントとなります。

経験は浅くても働く上で必要な経験はあり、そのために取得したスキルもあるでしょう。

転職に失敗する人は経験を通じて何を学んだか、何が身に付いたかはっきりと話していないことが多く、自分の経験やスキルを上手く伝えきれていない傾向にあるのです。

転職に成功する人の特徴

・マイナスな理由もプラスの理由で伝える

失敗する人は志望理由がマイナスな理由な一方、成功する人はマイナスの理由でもプラスの理由として答えています。

例えば、今自分がしたい仕事ができていないことが理由なら、「前職で学べることも多いが、開発に関われるチャンスがないので、サービス開発に積極的な企業に転職したい」という理由にすれば働くことに意欲的である回答になります。

前職で叶えることが難しい夢を転職で叶え、さらにステップアップしていく意欲を示すことがポイントです。

・好奇心が強い

ITエンジニアは学ぶことが多いので、興味の範囲が幅広く学習することが好きな人には適しています。

予備知識を転職前に備える、企業の取り組みを理解する、企業の業務に適したスキルを取得するなど、好奇心が強く知識やスキルを常に取り入れようとする姿勢が大切です。

第二新卒ではベテラン並みの知識やスキルは求められませんが、最低限の知識と学習への姿勢は持っていた方が良いです。

・自分の経験や能力を伝えている

自己分析をしっかりできている人は自分の業務経験やそれで得たものを的確に伝えることができます。

自分なりに工夫して成し遂げたことは提案力や課題発見力をアピールできますし、わずかな経験でもこれだけの知識が身に付いたという内容なら、学習意欲を伝えられるのです。

期待されているポテンシャルや伸びる能力をアピールすることがポイントです。

転職に便利な4つのスキル

第二新卒で転職を成功させたいのであれば、ITに関する予備知識を得ておくと有利です。

資格はどれだけの知識を持っているのかという証明にもなるので、資格取得を目指してみましょう。

プログラミング

開発に携わる上でプログラミング知識は重要なスキルです。

言語はたくさんありますが、自分が目指したいエンジニアに関する言語をメインに学びましょう。

VR

ゲーム開発に携わりたいのであれば、「Unity」などVRに関するスキルと取得しておくと良いです。

まだ技術が発展途中でエンジニアも少ない傾向にあるので、スキルを持っていれば期待度が高まり、成功の確率も上がると考えられます。

AI(人工知能)

AIを活用する業界が増えており、大企業へ転職するチャンスが見込めます。

おすすめのスキルは「python」や「R」の言語です。

IoT

IoTとはものとインターネットを接続する技術で電化製品や車などにも搭載されています。

AIと同じく発展が見込まれる分野があるのでIoT技術に興味があれば、IoT検定の勉強と受験がおすすめです。

まとめ

未経験の第二新卒でもITエンジニアに転職しやすくなっていますが、現職に対するマイナス感情をアピールするのではなく、転職してステップアップする意欲を見せることが大切です。

自己分析で自分の強みやアピールポイントを理解し、プログラミングスクールなどで必要なスキルを取得すれば自信につながるので、企業側にも良い印象を与えます。

失敗する人、成功する人の特徴を理解し、自分の欠点が把握した上で対策を練って転職を成功させましょう。

DMM WEWBCAMP/DMM WEBCAMP PROについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職サポート付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事