◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月生は満員となっております。12月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

 

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

専門的な仕事で稼げるイメージの強いIT業界。

一方、残業が多いといったイメージや給料が安いといったイメージが定着しており、業界離れが進んでいるという噂も。

そこでこの記事では、業界離れが進んでいるというIT業界の実情について解説していきたいと思います。

プログラマーやWebデザイナーなど、これからIT業界を目指したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

IT業界は業界離れが一貫して進んでいる

2000年まで続いたインターネットバブルですが、2000年を境に衰退しくことになります。

そしてそのインターネットバブルの衰退と比例するようにIT業界離れが進み、IT業界に就職しようと考える人の割合は減少傾向にあります。

また、IT業界に進もうと考える方が減ったことに比例するように情報系の学部や専門学校を希望する学生の割合も減少しています。

なぜIT業界離れが進んでいるのか

2000年のインターネットバブルの崩壊以降IT業界離れが進んできていると解説してきましたが、なぜIT業界離れは進んでしまっているのでしょうか?

IT業界離れの原因は、IT業界やIT企業のイメージ悪化にあります。

IT業界は『きつい』『給料が安い』『帰れない』、いわゆる3Kのイメージが強く、その後も悪いニュースなどが続いたことにより、『規則が厳しい』『休暇がとれない』『化粧がのらない』『結婚できない』という新しいイメージが定着し、7Kと呼ばれるようになりました。

また、仕事内容が専門的過ぎる点や業務の内容が一般に広まっていないということから、IT業界に閉鎖的なイメージを抱いている方も多いようです。

IT業界のエンジニアの4割がストレスを抱えている

なにかと良くないイメージをいだかれがちのIT業界ですが、実際にIT業界で活躍している方はどのように感じているのでしょうか?

IT業界の代表的な仕事といえばプログラマーなどのエンジニアですが、それらのエンジニアの実に4割近くが何らかのストレスを抱えていると言われています。

これにはやはり給料が安いことや仕事量が多く残業ばかりになりプライベートが充実しないことが関係しているようです。

IT業界は悪いイメージばかりが先行している

こういった内容やニュースばかりを耳にすることが多いこともあり、何かと悪いイメージが定着しているIT業界ですが、実はただ悪いイメージが先行しているだけで本当のところはそうではありません。

今最も企業価値の高い企業はIT企業のアップルコンピューターですし、アップル以外にもグーグルやマイクロソフトなど元気のある企業の多くはIT企業です。

そしてそれは日本国内においても例外ではありません。

IT業界はこういった優良企業が多いのですが、そういった企業のニュースよりも何か問題を起こした企業のニュースの方が大きく取り上げられることが多いのでどうしても悪いイメージが先行しています。

問題は良い会社を見つけられないこと

実際にIT業界で活躍している方のストレスが高いのは、勤務している会社に問題がある場合がほとんどです。

IT業界には優良企業が多いのですが、なかには従業員に無理を強いる問題がある企業もあります。

そういった問題のある企業では従業員が対応できる以上の仕事を受注し従業員に無理をさせたり、一度タイムカードを切らせてからサービス残業で対応させたりというような問題行動が見受けられます。

そのため、IT業界のイメージが悪くなってしまったりストレスを感じてしまう原因は『良いIT企業を見つけることができない』という点にあるのです。

良いIT企業に出会う方法

では、ストレスを抱えずに活躍していける優良企業に出会う方法にはどういった方法があるのでしょうか?

まず一番確実な方法は、転職サイトを利用する方法です。

転職サイトにはハローワークでは取扱っていないような企業の求人に応募することができるのですが、実はそういった企業の中にこそ優良企業が多いのです。

また、多くの転職サイトでは担当者がついて転職をサポートしてくれるので、就職が決まりやすいのはもちろん、実際に就職する前にその会社についていろいろと確認することができるので、問題のある会社に就職してしまう可能性を低くすることができます。

さらに転職サイトではハローワークの求人情報よりも詳細な情報を確認しながら企業を探すことができるので、その点でも問題のある企業を選ぶ可能性は低くなります。

スキルを身につけて優良企業に就職する

転職サイトを利用すれば優良企業に転職しやすくなると解説してきましたが、優良企業の求人に出会うことができてもその求人の応募資格を満たせなければ応募することができません。

優良企業の求人は魅力的な分やはりライバルも多くなってしまうので、採用してもらうための武器を身につけておくことがとても重要になってきます。

そしてIT業界に就職するための武器としてもっとも有効なのが『スキル』です。

IT業界ではこれまでの経歴や資格よりもスキルが求められる傾向にあります。

そのため、プログラミングスキルやデザインスキルなどIT業界で優遇されるスキルを持っていた方が採用される可能性が高くなるわけです。

スキルを身につけるにはプログラミングスクールが一番

では、そういったスキルはどのようにして身につければ良いのでしょうか?

IT業界で活躍するためのスキルの身につけ方はさまざまですが、最も短期間で効率よくITスキルを身につけたいのであればプログラミングスクールがおすすめです

プログラミングスクールでは、その道のプロから直接指導してもらいながらプログラミングやWebデザインを学ぶことができるので、非常に効率良く学習を進めていくことができます。

1日でも早く優良企業の採用をゲットしたいのであれば、プログラミングスクールに通い確実なスキルを身につけましょう。

まとめ:IT離れが進み人材不足の今こそチャンス

業界離れが進んでいると言われているIT業界の現状について紹介してきました。

IT業界全体が悪いわけではなく、IT業界の中の一部の企業やそういった企業のやり方がIT業界全体のイメージを悪くしてしまっているということがわかっていただけたかと思います。

IT業界は業界離れが進んでしまっていることもあって人材不足が続いています。

そのため、高待遇の求人が出回っていることも今こそIT業界に転職するチャンスだともいえます。

その際にはプログラミングスクールでスキルを身につけ、転職サイトを活用して、優良企業に就職するようにしましょう。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月受入枠は満員となっております。12月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

おすすめの記事