• WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!

12月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月生は満員となっております。12月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

metaタグの役割とは、ブラウザや検索エンジンに対して、「このサイトはどのような情報を持っているか」といったことなどを伝える役割をしています。今回はmetaタグの詳しい説明や、具体的な使い方をお伝えしていきます。

metaタグとは?何に対して情報を伝えるものなのか

metaタグとはhtmlのhead部分に記述するタグで、ブラウザに対して文字コードを指定したり、コンテンツの種類を明示したり、検索エンジンに対して説明文を提示したりといった役割を果たします。

属性は主にcharset、ettp-equiv、nameの3つで、ettp-equivとname属性ではともにcontent属性の値を設定することでブラウザや検索エンジンに対して情報を伝えています。

<head>
<meta ettp-equiv=”content-type” content=”content-type:http;”>
</head>
<body>
</body>

主なmetaタグの種類と使い方

文字コードを設定するcharset属性

charset属性を使うことで、ブラウザでどの文字コードを使うかという情報を決めることができます。charset属性はcontent属性を必要とせず、値にそのまま文字コードを設定すれば大丈夫です。

一般的にはutf-8を使用してますが、shift-jisやeuc-jpなどシステムによって設定する文字コードは異なります。

日本語特有の文字コードを使うと、データ通信などを行う際にエラーになる可能性もまったくゼロではないので、今後新しくサイトを構築し文字コードをutf-8に設定できるのであればutf-8を使っておいた方が無難でしょう。

<meta charset=”utf-8”>

ブラウザに対して指示できるettp-equive属性

ettp-equive属性を使うと、このサイトはhtmlで作られているといったことをブラウザに宣言したり、ブラウザに対して更新を行ったり、一定時間経過したらページ遷移を行ったりといったことも指示できます。

ettp-equive属性はcontent属性とセットで使い、content属性の値にさまざまな指示を記述できる属性です。いくつかの属性値がありますが、代表的なものは以下になります。

content-type

content-typeを指定することでブラウザにファイルの種類や、文字円コードを指示することができます。

<meta ettp-equiv=”content-type” content=”text/html; charset=’utf-8’”>

default-style

デフォルトで読み込むcssファイルを指定することができます。contentの値にはcssファイルのURIを設定します。

<meta http-equiv=”default-style” content=”test.css”>

refresh

htmlページを更新する場合に設定します。content属性の値には更新する秒数を指定します。URIを設定することで、更新する際に別のページに遷移させることも可能です。

例えば30秒経過したら自動的にページを更新させたい場合はcontentの値に30と設定します。また別のページに遷移させたい場合は、30の後にuri=’ページURI’と設定します。

<meta http-equiv=”refresh” content=”30; url=’test.html’”>

サイトの説明などを記述できるname属性

discription

このdiscription属性の値に書いた説明文は、googleの検索結果一覧に表示されることが多いです。必ずしもこのdiscriptionの値が表示されるわけではありませんが、概ねここに書かれた値が一覧に表示されるので、検索エンジンを使用しているユーザーに訴えかけるのに効果的な使い方ができます。

<meta name=”description” content=”このサイトの説明です。”>

robots

検索エンジンのクローラーの動作を制御することができます。name属性の値にrobotsを設定し、content属性の値を”noindex,nofollow”とすることで、検索エンジンがこのmetaタグを設定したページを巡回するのを防ぐことが可能です。

<meta name=”robots” content=”noindex,nofollow”>

スマホの画面表示を制御するmetaタグ

スマートフォンの画面描画を制御するmetaタグも存在します。name属性にviewportと設定し、content属性にそれぞれ設定したい値を設定します。viewportで設定できる項目としては、読み込まれる長さや高さ、拡大縮小可能かどうかといったことなどが設定可能です。

<meta name=”viewport” content=”initial-scale=1.0”>

initial-scale

画面の拡大縮小率を設定します。初期値として設定できる値は、最小拡大率から最大拡大率までの間の値です。0から10の間で設定し、何も設定しない場合の初期値は0.25となります。

width,height

表示する幅、高さを、幅の場合は200pxから10000pxの間で、高さの場合は223px~10000pxの間で指定します。

user-scalable

ユーザーに画面の拡大縮小を許可するかどうかを設定することができます。値はyesかnoです。

minimum-scale,maximum-scale

拡大縮小を許可した場合の最小値と最大値を設定できます。実際のピクセル数ではなく拡大率を設定し、値は0から10の間で設定します。初期値は最小値で0.25、最大値で1.6です。

まとめ

いかがでしたか?metaタグについてご理解いただけましたか?

metaタグは何となくhtmlを書くときに設定して、何となく理解している状態のままという方も多いのではないでしょうか。metaタグに書かれている情報は検索エンジンやブラウザに対して、ページの内容を説明したり、挙動を指示したりといった役割をしています。

cssやjavaScriptなどでも代替できる機能も多いので、何となく理解が後回しになりがちですが、その役割をしっかり理解することでより使いやすいhtmlページを構築することが可能になります。

1ヶ月でHTML・CSSができる!「WebCamp」とは?

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。

参加する方の90%は未経験者です!

短期集中型のスクールなので、期間を決めて圧倒的に効率よくサイト制作スキルを身に着けたい方におすすめです!

わからないことを講師にすぐ質問できたり、通い放題で自分のスケジュールに合わせて来校することができるので、独学で学習するよりも早く確実にスキルが身につきます。

学習の疑問点やWebスキルのマスターの仕方がわかる無料説明会も開催しています。ぜひお気軽にお申込みください!

12月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月受入枠は満員となっております。12月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

関連キーワード
学習の関連記事
  • 【誰でもわかる!】エンジニアの仕事内容を徹底解説
  • 初心者でも一瞬でわかるプログラミングの考え方・思考法
  • エンジニア必見!エンジニアが成長できるブログ紹介
  • エンジニアとは?仕事内容、年収、将来性を徹底解説
  • 【Rails入門説明書】find、find_byについて解説
  • プログラミング未経験者でも出来る開発環境構築
おすすめの記事