3月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
2月生は満員となっております。3月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

転職を考えるときに最も気になるのが年収ですが、それが今まで携わったことのない業界であればなおさらではないでしょうか?

そこでこの記事では、IT業界への転職を考えている方向けにIT業界で最も稼げると言われている職種であるエンジニアの平均年収について深く掘り下げて紹介していきたいと思います。

これからIT業界へ転職しようと考えている方やエンジニアを目指している方は、ぜひ参考にしてください。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

IT業界で稼げると職種と言われているエンジニア

今、IT業界で最も稼げる仕事と言われているエンジニアですが、なぜエンジニアはそこまで稼げるのでしょうか?

エンジニアがどういった仕事なのかということもふまえて詳しくみていきましょう。

エンジニアってどんな仕事?

IT業界で活躍するエンジニアはITエンジニアと呼ばれますが、このITエンジニアという名称は特定の職種を指す言葉ではなくIT業界で働くエンジニア全体を指す言葉です。

というのも、ITエンジニアには様々な種類があり、その種類によって仕事の内容が大きくことなってきます。

では、IT業界のエンジニアにはどういった種類があるのでしょうか?

IT業界を代表するエンジニアの種類

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアはIT業界のエンジニアの中でもネットワークシステムの保守や運営といった部分に特化したエンジニアです。

その仕事は多岐にわたり、ネットワークシステムの詳細を設計したり、その設計書を元にネットワークシステムを構築したりします。

また、ネットワークシステムを構築したら終わりというわけではなく、構築後の監視や運用といった部分もネットワークエンジニアの仕事の内容に含まれてきます。

システムエンジニア

ネットワークエンジニアがネットワークシステムに関する業務を担当するエンジニアだったのに対し、システムエンジニアはシステム全体の業務を担当するエンジニアになります。

システムを設計し、その設計書を元にシステムを構築。

その後、不具合が起きないか何度もテストと修正の作業を重ね、クライアントに納品するといった流れになります。

システムエンジニアはクライアントの要望を実現するシステムを考えて構築しなければいけないので、クライアントの要望を汲み取るヒアリング能力も求められます。

データベースエンジニア

データベースエンジニアはデータベースに関する業務に特化したエンジニアです。

データベースの設計や構築、運用や管理をおこなっていきます。

データベースに関するスキルや知識を持ったエンジニアは不足していると言われており、今市場価値が上がっているエンジニアとも言われています。

エンジニアの平均年収はどのぐらい?

IT業界で活躍するエンジニアの平均年収についてですが、大企業に勤めるか中小企業に勤めるかで年収は大きく異なってきます。

入社して間もない20代前半の場合、大企業のエンジニアの平均年収が276万円なのに対し、中小企業に勤めるエンジニアの平均年収は245万円です。

入社してすぐの時点で30万円ほど差があるということになりますね。

この大企業と中小企業の給与の差は年を重ねれば重ねるほど開いていきます。

エンジニアとしての経験を重ねスキルが成熟してきた30代半ばで比べてみましょう。

大手企業で活躍するエンジニアの平均年収は490万円であるのに比べ、中小企業の場合だと390万円ほどになります。

30万円ぐらいだった平均年収の差が、30代半ばになってくると100万円近く開いてきてしまうということですね。

エンジニアが稼げる仕事の代表になる?

大企業で勤める場合と中小企業で勤める場合の給与の差がかなり大きなエンジニアですが、実は今IT業界のエンジニア全体に対する評価や需要が急激に高まってきていると言われています。

では、なぜ今エンジニアの需要が高まってきているのでしょうか?

さまざまな製品やサービスが登場し続けている

IT業界は元々流れの早い業界ではありますが、その流れは年々加速し、ものすごい勢いで新しいサービスや製品が生まれ続けています。

また最近ではAI(人工知能)に関する分野の開発が急速に進んでおり、Appleなどの世界を代表する大企業がこぞってスマートスピーカーなどの開発に乗り出しています。

そしてこれらの技術の開発にはエンジニアの存在が必要不可欠なため、需要が急激に高まってきているというわけです。

異例の待遇でエンジニアを確保しようとする企業が急増

そこで問題となっているのがエンジニアの深刻な人材不足です。

今現在エンジニアの需要に供給が全くもって追いついていない状態が続いており、破格の待遇でどうにかエンジニアを確保しようとする企業が増えてきています。

少し前には中国の企業であるファーウェイがエンジニアに対して初年度から550万円以上の給与を支払うという内容で求人を出したことが話題となりました。

550万円というと先ほど紹介した大企業で働く30代半ばのエンジニアの平均給与以上になりますね。

このことからも今エンジニアバブルが起きているということがみてとれますね。

まとめ:IT業界に進むならエンジニアを目指そう

IT業界の平均年収について、IT業界で今最も人気の職種であるエンジニアを例に解説してきました。

エンジニア不足が深刻な今、ある程度のスキルを持ったエンジニアは破格の給与と待遇を得られる可能性が高まってきています。

また、今のIT業界の動向から、エンジニアバブルの流れは今後さらに拡大していくでしょう。

IT業界への転職を考えている方の中で、特にやりたい仕事が決まっているわけではないという方は、ぜひエンジニアを目指してください。

今後エンジニアは弁護士や医師のように稼げる職種になっていくことは間違いないので、人材不足の今こそチャンスです。

また、エンジニアは未経験からでも目指すことのできる職種ですので、そういった点でもおすすめです。

全くプログラミングなどの知識や経験のない方でもプログラミングスクールなどを活用すればエンジニアを目指すことは可能なので、転職を考えている方はエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか?

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

3月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
2月受入枠は満員となっております。3月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事