コツコツ独学×スクールで実践。未経験からエンジニアに転職!【WebCamp卒業生インタビュー】 | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【1月枠も残りわずか】転職保証コース

コツコツ独学×スクールで実践。未経験からエンジニアに転職!【WebCamp卒業生インタビュー】

今回の記事では、独学でPHPを1年半学習し、その後WebCampを受講して未経験からエンジニアへと転職された佐々木さんにお話を伺いました。

<プロフィール>
佐々木 祐樹 さん(24)
事務用品の販売営業として働きながらPHPを独学で1年半学習し、その後WebCampを受講。普段の生活に戻り仕事をしていく中で、「プログラミングの楽しさ」を忘れられず「エンジニアとしてレベルアップしたい」という思いからWebCampのキャリアサポートを活用。転職活動後、見事エンジニアとして内定。現在は開発会社でECサイト構築などの仕事を行う。

プログラミング学習は、モチベーションを継続させる工夫が必要。

– これまでの経歴を教えてください。

佐々木さん:大学では土木を専攻し、コンクリートにヒビを入れて、その時にかかった負荷を計測するような力学の勉強をしていました。
ビッグデータ解析のインターンに参加した時に、始めてSQLを触り、黒いコードの画面を触っている人をかっこいいなと思ったことや、地図情報をGPSを使って可視化する勉強している時に、コンピュータを使い、基礎的なプログラミングを触っていた経験から、プログラミングに興味を持ち始めました。

就職後はスタンディングデスクなどの事務用品の販売営業をやっていました。

– 元々プログラミングに興味がありましたか?

佐々木さん:興味がありました。叔父がエンジニアをしていた影響で、小・中学生のころにHTMLをちょっと触っていたんです。その影響で、社会人になってから、今後の仕事を考えた時に、ふとITの世界を思い出しました。プログラミングはもちろん、お客様の要望を汲み取ったり、チームメンバーとコミュニケーションを取りながら進める仕事にも興味があり、エンジニアになりたいと思いました。

– どのようにプログラミングの学習を始めましたか?

佐々木さん:まずは、言語を選ぶところで、環境構築をしてバーチャルマシンを使う、というのが想像できなかったので、ウェブアプリケーションの実行に必要なフリーソフトウェアをパッケージとしてまとめているXAMPPに入っているPHP選びました。勉強としては、コツコツとHTMLの本から始めて、サンプルサイトをつくりました。その後、PHPの本も読んで、同様にサンプルサイトを作りました。

– 独学で本を活用していたんですね。

佐々木さん:人から聞いて学ぶのも良いと思いましたが、体系的かつ網羅的に学べる本を選択しました。今は情報が溢れすぎていて、Qiitaのようなサイトを読んでやるべきことがわかっても、自分の環境だとできないということもあるので、導入は体系的にまとまっている本でやるのがいいと思いますね。当時はスクールは考えていませんでした。

また、叔父の影響もあり、フレームワークを使わずに学習しました。フレームワークは楽しいし便利なもので、モノを作る人には非常に便利だと思うんですけど、勉強する側にとっては、「どのようにデータが受渡されているのか」というプログラムの基礎の理解には向かず、しっかり中身を理解してから使いたいという思いがあり、ベタ書きで学習していましたね。

– 仕事をしながら学習するのは大変ですよね?

佐々木さん:コツコツ続けました。僕は働きながら勉強していたので、進みは遅かったですが、上達したい!という気持ちがあれば、続けることは、みんな出来ると思います!

モチベーションを継続させるために、ニコニコ動画で自分のプログラミングのチャンネルを作成し、自分の学習状況を配信していました。「もっと良い方法ないかな」とつぶやくと、見ている人から「この関数を使ったほうがいいよ!」とアトバイスをいただけたり、自分と同じレベルの人がどのような学習をしているのか知ることができました。エンジニアの先輩は探せばいますが、自分で勉強をしている人とは巡り合うことがあまりなく、Web上で繋がることが良い手段でした。

– ニコニコ動画で配信ですか!独自の学習方法ですね。

佐々木さん:本そのものはHTML1ヶ月、PHPSQLで2・3ヶ月やれば書いてあること自体の大体は理解できます。でも、その先のモチベーションを保つのが大事です。基礎を終えた後の学習方法は、誰に聞いても「つくりたいものを作ればいいんだよ」って言うんですけど、それが1番難しいので、同じレベルの人やちょっと上のレベルの人の話を参考にして、モチベーションを保つのがいいと思います。

自分でつくったものが出来上がるって、めちゃくちゃ楽しい。

– 独学で学習する中、WebCampに通った理由はありますか?

佐々木さん:ずっとベタ書きでやっていたので、フレームワークを使ってみたいなと思い、話題のRailsを学べるスクールを探していました。また、先輩エンジニアにガンガン質問していけるような場所が欲しく、自分と同じように勉強している人に出会いたかったので、これはスクールだなと思い通いました。
当時は転職を考えていませんでしたが、他のスクールは受講料が高く、また転職前提のスクールが多い中、僕のニーズに1番ちょうどよかったのがWebCampですね。価格もそうですし、自分で勉強しながら講師にガンガン質問していける環境というのが、すごく良いなと思いました。

– WebCampに通っていかがでしたか?

佐々木さん:めちゃくちゃ楽しかったです。PHPを生でやっていたのでデータベース登録までしか経験がなかったのですが、Railsを使えばTwitterのクローンサイトを作ることができました。初めて自分でつくったものができて、めちゃくちゃおもしろく、完成品として動いているプログラムへの感動もありました。

あと大きかったのは、詰まった時に「これどうなんだろう?」と気兼ねなく聞くことができるのはすごく良かったです。質問もガンガンしました。ググってもわからないということは勉強段階ではかなりあって「この知識を知るには別のこの知識を知る必要がある」と初心者が自分で理解するのは難しく、解決の糸口をメンターさんが作ってくれましたね。

卒業後、キャリアサポートを活用しエンジニアとして転職!

– 卒業後、なぜ転職しようと思いましたか?

佐々木さん:WebCampRailsを学習した後、普段の営業の仕事に戻ったんですけど、ものが出来た時の興奮や、詰まっていた部分が紐解けた時のうれしさは忘れられず、すごく楽しかったことをよく思い出していました。

また、営業だと数字をあげてナンボで、実力は数字でしかなくて、能力がパラメータとして可視化されませんが、エンジニアは実力が如実にわかり、できることが増えれば難しいことにどんどんチャレンジしていけます。

WebCampで勉強してとても力がついた感覚があって、もっと力を付けていきたいなと思いました。能力をあげることで実力をあげていくことができる業界なので、行きたいなと。

– そして、WebCampを卒業された数ヶ月後に、キャリアサポートにご連絡いただいたんですね。

佐々木さん:そうです。スクールの説明会の時に、担当者の方から転職サポートの案内を受けていたので、エンジニアになりたいなと思った時にそれを思い出し、すぐに連絡しました。

– 転職サポートはいかがでしたか?

佐々木さん:転職サポートはスケジュール管理や内定企業の承諾期限調整などスムーズでした。また力が付く環境に行きたいという僕の希望をとても汲んでくれました。未経験からIT企業に転職するというのは、簡単なことではないと思います。でも、そういう中で自分の要望を最大限取り入れていただいて、いろんな働き方を提案していただいたり、会社ごとの特徴を丁寧に説明していただいたり、僕はすごくやりやすかったですね。

弊社エージェント:最終面接でその場で内定をいただいた後に、他の内定が出ている会社と比較し、目的から逆算して何がしたいかという話を、最寄り駅のドトールで1時間半ぐらい色々話しましたね(笑)

佐々木さん:面接の直後にドトールまで来ていただけました。しかも最終面接の時に話が盛り上がってしまって、予定より1時間長く待っていただきましたね。すみません(笑)

– コミュニケーションをたくさんとっていたんですね。

弊社エージェント:そうですね。転職は人生に関わる、とても大事な事ですので

佐々木さん:未経験者の転職は知らない世界に飛び込むので、難しいですよねとても親身にやっていただけて、支えになりました。

弊社エージェント:そう言っていただけると嬉しいです。

– どのようなサポートを行いましたか?

弊社エージェント:面接における質問の意図の話や、企業ごとにどういう会社なのかをご説明したりしました。また、佐々木さんが将来なりたい理想像をより実現しやすい企業はどこなのかを一緒に話し合って、入社後に辛いことがあった時に、自分で選んだ会社なんだと納得感を持ってもらえるような支援を特に心がけました。

佐々木さん:事前準備がしっかりできたので、良かったです。納得した形で、転職することができました。

力がついている実感があり、めちゃくちゃ楽しい。

今、転職されてどのくらいですか?

佐々木さん:2ヶ月です。研修が終わり、実際の業務に参加しています。

– どのような会社で働いていますか?

佐々木さん:最近のベンチャー企業にしては珍しくお硬い感じで、品質にとてもこだわっている会社です。僕が「もうだめだ、これで提出します」と上司に出すと、絶対にやり直しになりますし(笑)、「これってなんでこのコード書いたの?」「このコード必要なくない?」という会話も多く、すごくリファクタリング(構造)にこだわっている会社ですね。

ちゃんとコードを理解しないとできないので力がついてる実感があり、失敗した時は「自分にはとても無理だ」と思っても、「最初はそういうもんだよ、今度はこうしていこうよ!」とアドバイスをくれる人がたくさんいるので、とても勉強がしやすい環境です。

– どのような業務を行っていますか?

佐々木さん:ECサイトのカスタマイズ業務をメインで行いながら、AmazonPayに関する仕事もしています。以前、目黒のAmazonのオフィスで勉強会があり、日本で最初にAmazonPayを導入したサービスの出前館で注文したピザを食べながらやりました。外資系っぽかったです(笑)まだ技術的に深く関われてはいませんが、実は少しだけ参加させていただいて、すごく楽しいですよ。

弊社エージェント:日本に数社しかないAmazonの公式パートナー企業ですもんね。めちゃくちゃ技術力が高い会社ですね。

佐々木さん:働いていてめちゃくちゃ楽しいですよ。暇がないですけど(笑

– 想像していたエンジニア像と、実際のエンジニア像で違いはありましたか?

佐々木さん:僕のイメージだと、エンジニアはスーパーハッカーで、ガチャガチャガチャってシステムを作ってしまうイメージでしたが、実際は地味な仕事で、とくにWeb系はデータの受け渡しや初期化に関することなど、基礎的なとこの積み重ねで成り立っているので、思ったより華はないと実は感じています。でも、そこにとても深みがあって、まったく同じものしか使っていないのに、先輩のエンジニアは深く理解していていて、自分に追いつけるようにしていきたいと思っています。

– 今後の目標はありますか?

佐々木さん:技術の進歩は目まぐるしく、実は目指していくところの想像は明確に出来ていませんが、例えばセキュリティに興味があります。もっと力をつけて、将来はシリコンバレーに行きたいなと思っています。プログラミングを教えてくれた叔父さんと一緒にやりたいという気持ちもありますね。

– 最後に、これからエンジニアを目指す方に一言アドバイスをお願いします!

佐々木さん:学習をしていると、つまずくことがいっぱいあると思うんですけど、色んな人とコミュニケーションをとったり、落ち着いてコードを見たりしてください。そして、11行でもいいのでコードを書き、コツコツ進んでいってください!

– 佐々木さん、本日はありがとうございました!

 

1月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%

 

転職保証付のDMM WEBCAMPで
安心してエンジニア転職を目指そう

「スキルがないし…」「失敗したくないし…」
カウンセラーがあなたのキャリアを真剣に考え、
ご相談に乗ります。