◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

近年フリーランスエンジニアを目指す方が増えています。

大きな理由としては日々進歩するIT技術とその需要からと将来性の高さからエンジニア自体が人気となり、IT業界が実力社会の為、他の業種に比べて自由な働き方ができることから個々の技術からフリーランスとして独立しやすいからです。

そんなフリーランスエンジニアの中でも今回は在宅専門で働くフリーランスエンジニアについて詳しく解説していきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

在宅フリーランスエンジニアとは

まずは在宅フリーランスエンジニアについて、解説していきます。

フリーランスエンジニアの案件には在宅で働けるものも多くあり、在宅案件を専門に受注するフリーランスエンジニアのことです。

在宅フリーランスエンジニアの仕事内容の多くは、クライアントに開発した成果物を納品することになります。

クライアントからすると必要なことだけを伝えて依頼通りの成果物を納品して貰えれば問題ない為、社員を抱えてて開発するよりも安上がりになります。

在宅フリーランスエンジニアからすると固定の給料ではなく、出来高制で働けば働いただけ儲かり、面倒な人間関係などを気にせず、自宅で自分のペースで働くことができます。

在宅フリーランスで働くメリットについて

在宅のフリーランスとして働くメリットとしては、上記でも少し触れましたが、他人の監視の目もない為、自分のペースで自分の好きな格好で働くことができることです。

その為、育児などの家庭の事情により長時間まとまった時間を確保することが難しい主婦でも、技術さえあれば在宅フリーランスエンジニアとして活躍することも出来ます。

出勤型の案件と違って基本は納期さえ守れば、働く日も時間帯も自由な為、プライベートとの両立もできます。

またプログラミング等の専門的な知識を必要とする案件は報酬が高く設定されていることも多く、在宅で働きながら年収1,000万円を超える方も少なくありません。

在宅フリーランスで働くデメリットについて

フリーランスエンジニアの中でも特に自由度の高い在宅フリーランスエンジニアですが、残念ながらデメリットもあります。

代表的なものとしては、問題が発生した時の自己解決能力が高くなければいけないところです。

同じフリーランスエンジニアでも出勤型の場合は回りにエンジニアがいることが多く、人間関係が構築出来ていれば、相談したりすることができます。

しかし在宅フリーランスエンジニアの場合は、基本的には自分で全て解決しなければいけません。

また難しいのがプライベートとの両立です。

正社員や出勤型の案件を取り扱うフリーランスエンジニアの場合は、仕事の時間とプライベートの時間が自然と両立することができますが、在宅専門のフリーランスエンジニアの場合は仕事とプライベートの境界がなくなってしまい、テレビを見ながら仕事をしてしまい時給計算すると数百円しか稼げていなかったりします。

在宅だからこその誘惑も多い為、働く時間を決めたりする対応を行わなければ効率よく仕事が行えません。

時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】

在宅案件を受注する方法について

在宅フリーランスで働いて行くと決めても、在宅の案件を受注出来なければ、生計を立てるのは簡単ではありません。

在宅フリーランスが在宅案件を受注する方法は大きく分けて、以下の2つになります。

人脈を使って受注する方法

監視していなくても依頼した仕事を確実にこなしてくれるとクライアントから信頼を得ている場合、在宅案件の依頼を受注することができます。

しかしこの場合は既にあるクライアントとなる人とある程度人脈が形成されていなければすぐに仕事を受注できません。

また人脈が少なかったり常に新規開拓の為の営業活動を行っていなければ、クライアントが仕事を辞めてしまったり、依頼をして貰えなくなった場合収入がゼロになることもあるので、注意が必要です。

人脈を作る為には勉強会がオススメ

人脈がない方や今よりも人脈を増やしたい方は勉強会に行くのがオススメです。

プログラミングやイラストレーターなどIT関係のスキルは習得が難しい為、日本各地で勉強会が開催されています。

基本的には名前の通り同じ分野の勉強をすることですが、同じ業界の人、または同じ業界を目指している方が集まる為、人脈を形成できれば案件受注に繋がったりすることも少なくありません。

クラウドソージングを利用する

在宅フリーランスエンジニアが仕事を探す方法の1つにクラウドソーシングがあります。

クラウドソーシングは仕事を依頼したい人と仕事を探している方のマッチングさせるサイトです。

仕事を依頼したい方がクラウドソーシングのサイトに案件を掲示し、それをフリーランスエンジニアが受注します。

クラウドソーシングの案件は在宅で行える物が多く、特に在宅専門のフリーランスエンジニアになり初めの時期は、必須であると言っても過言ではありません!

完全に在宅でも下記にオススメのクラウドソーシングをご紹介しておきます。

CloudWorks

出展元:https://crowdworks.jp/

CLoud Worksはクラウドソーシングの中でも非常に人気が高く、登録料も無料で非常にオススメです。

募集されている案件数も多く、取り扱っている職種についても非常に幅が広くIT業界初心者~ベテランまでの案件があります。

顧客とのやり取りもCLoud Works上のメッセージ機能で行うことができる上に、仕事を受注する際にクライアント側は報酬を仮払いして契約をする為、金銭のトラブルも少なくオススメです。

また未経験者でも契約して貰える案件も多く、実績を重ねる為に利用するのにも使うことができます。

Lancers

出展元:https://www.lancers.jp/

基本的にはCloud Worksと同じですが、Lancerの案件はプレゼン方式の案件が多い為、ある程度実力が必要になってきます。

また料金についてはLancerはCloud Worksより手数料が安く、未経験者よりも実務経験がある方にオススメです。

終わりに

今回は在宅フリーランスエンジニアのメリット・デメリットに加え仕事の探し方について、解説してきましたが、いかがでしたか?

フリーランスエンジニアの中でも在宅案件を中心とする場合、自由度が非常に高い分自己管理が必要であるなどのデメリットも少なくありません。

しかし、在宅のフリーランスエンジニア自体はクラウドソーシングの普及により実務経験がない方でも簡単に在宅フリーランスエンジニアになることができますので、積極的に活用しましょう。

DMM WEWBCAMP/DMM WEBCAMP PROについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。

WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

フリーランス・独立を目指し、プログラミングスキルを身につけたい人も、是非ご検討下さい。

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事