◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

近年働き方改革などで在宅を始めとする自由な働き方に注目が集まっています。

特に最近注目を浴びている1つがフリーランスです。

一言でフリーランスと言ってもその仕事内容は多岐に渡ります。

今回はそんなフリーランスの職種や年収などを徹底解説していきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

フリーランスとは?

フリーランスは特定の会社や組織に所属せず、また雇用契約を結ばずに案件を請負または支援することで、報酬を得る働き方を言います。

基本的には案件ごとで契約を結び納品を行うことで、完了となります。

仕事の探し方も会社に所属している場合と違い、フリーランス自身で人脈やインターネットを利用して案件を受注する為の営業活動を行います。

また責任についても、会社や組織に所属しない為、業務で発生する責任は全て自己責任になります。

契約内容によっては仕事の失敗で賠償責任が発生する例もあります。

個人事業主との違い

フリーランスと個人事業主が同じと思っている方も少なくありませんが、厳密にはフリーランスと個人事業主には違いがあります。

当然フリーランスかつ個人事業主として働いている方も非常に多く混同されやすいのも事実です。

フリーランスと個人事業主の大きな違いは、フリーランスは雇用契約がないことを指します。

それに対して個人事業主は税務署などへどのように収入や所得を申告するかの一種の形態になります。

その為、フリーランスで個人事業主として確定申告などを行っている方もいらっしゃれば、法人化してフリーランスとして働いている方もいらっしゃいます。

結果としてフリーランスでも必ずしも個人事業主ではない為、同じと言う訳ではないのです。

クラウドソーシングでの仕事

正社員として会社に雇用される場合は、営業職の方や会社が仕事を受注してその仕事を行うことで、給料を得ることができます。

極端な話ですが、仕事がなくても雇用契約が結ばれている以上は仕事がなくて会社に座っているだけでも給料が支払われます。

しかしフリーランスの場合は、案件の受注も基本的には自分が行わなければいけません。

また案件がなければ収入はゼロになってしまいます。

フリーランス以前に人脈が形成出来ていれば、案件探しに困ることがない方もいらっしゃいますが、フリーランスの多くは常に人脈だけで案件を受注出来る訳ではありません。

そこで重要になるのがクラウドソーシングの仕事になります。

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングはインターネット上で案件を受注して欲しいクライアントと案件を受注したいフリーランスをマッチングさせる仕組みです。

基本的にはクライアントがクラウドソーシングサイトに募集用件と納品物を提示して、それに対してフリーランスがプレゼンや応募を行って案件を受注し、納品を行うことで報酬が支払われる仕組みになります。

利用するクラウドソーシングサイトによっても違いますが、コミュニケーションは8割近くがオンラインで直接顔を合わせてする案件の方が少ないです。

また納品さえ納期までに行えれば問題ない為、フリーランスがより自由な働き方ができることから近年主婦がフリーランスとしてクラウドソーシングを利用して収入を得ている方も少なくありません。

気になる年収

年収については、職種によっても違いがありますが、プログラマーやHTMLコーダーなどある程度専門的な知識を利用する職種であれば、平均年収600万円程度になります。

もちろんスキルがあっても案件を受注することが出来なければ、収入がゼロと言う方もいらっしゃいます。

逆に専門的な知識を使った案件を受注し続けられれば主婦の方でも年収1,000万円を超える方も少なからずいらっしゃいます。

また収入関連で注意が必要なのが、支払いの遅れについてです。

会社と雇用形態があり正社員などとして働く場合と違ってフリーランスの場合は納品が完了してから、報酬が支払われるケースが多く、着手から納品まで6ヶ月かかる案件の場合は、納品の翌月または翌々月に報酬が支払われることがあり、会社に所属している時と違って支払いが非常に遅くなる為注意が必要です。

特に正社員や派遣社員からフリーランスとして働こうと考えている方は、報酬が支払われるまでの数ヶ月分のお金を蓄えて転職する必要があります。

フリーランス適正がある人の特徴について

フリーランスになることは誰でも可能です。

開業届けを出せば公的にも独立して起業したことになりますし、開業届けを出さなくてもフリーランスとして働くことが出来る程です。

しかしフリーランスになることは出来ても、誰でもフリーランスとして生計を立てて行くことが出来る訳ではありません。

フリーランスとして適正がある人の特徴として以下のことがあげられます。

友達が多い人

友達がいない人はフリーランスとして生計を立てていけない訳ではありません。

しかしクラウドソーシングで受注を取る以外でフリーランスが案件を受注するのに重要になってくるのが人脈になります。

職種にもよりますが、基本的には人脈が多い人の方がフリーランスとして生計を立てやすい傾向にあります。

所得を増やす為の努力を惜しまない人

お金が欲しいのはフリーランスでも正社員でも同じですが、そこに対しての努力が人一倍強い人はフリーランスに向いています。

フリーランスの場合自分の技術だけが収入を増やすことの出来る数少ない方法です。

その為、収入を増やす為に新しい技術を習得する努力を惜しまない人が向いています。

また収入を増やすことは簡単ではありませんが、税金対策などをしっかり行うことで所得を増やすことは可能です。

この税金対策をどれだけ行えるかがフリーランスとして働くメリットに大きく関わってきます。

結果として技術同様に税金対策など、会社がやってくれる場合がある仕事にも自力での努力を惜しまないことは、フリーランスとして働く上で必要になってきます。

プラス思考の人

フリーランスとして働く場合、案件がなくなると収入がゼロになる為、常に将来の不安と隣り合わせです。

例えば少しの期間仕事が無くても、その期間をスキルアップの勉強にあてるなど、ちょっとのことでは動じないプラス思考の方でなければ、精神的なストレスが多く耐えられない方も少なくありません。

フリーランスの代表的職種

ここまでで既に軽く触れましたが、フリーランスは働き方であって職種ではありません。

その為、フリーランスと言っても多くの職種に分かれます。

フリーランスの代表的な職種について、4つの職種をご紹介していきます。

ライター

ライターとはそのまま記事を書くのが仕事です。

しかしライターはライターでも一昔前と違ってフリーランスのライターは雑誌の記事などを書くのではなく、最近はインターネット上の記事を作成し、商品や宣伝文を書くWEBライターを指すことが増えてきています。

WEBライターでもダイエット・ドラマ・IT技術など執筆する内容に違いがあり、専門的な知識についての記事になるほど報酬が高く設定されています。

フリーランスの職種の中でも未経験者が受注しやすいことから、非常に人気が高い職種の1つになります。

エンジニア

フリーランスの中でも高額収入を得やすいのが、システムエンジニアやプログラマーなどの専門的な知識を必要とする職種です。

エンジニアの仕事も多岐にわたりますが、プログラミング言語・DBの知識などがあればある程、受注・応募できる案件が増え報酬も高く設定されていることもあり、年収100万円以上を目指すのであればプログラミングなどの専門的な知識を習得することをおすすめします。

またフリーランスの職種の中でも将来性が高く安心して働くことができます。

逆にライターと違って実務経験や知識がない方がいきなり案件を受注するのは難しい為、下準備が必要になります。

フォトグラファー

フォトグラファーは昔からカメラマンとしてフリーランスでも有名な職種の1つでしたが、近年WEB系のコンテンツが増えることにより、そこで使用する写真の重要が上がりフォトグラファーの募集も増えています。

基本的にはどれだけ需要にあった写真を撮るかが大事ですが、フォトショップなどのソフトを利用した写真の加工技術についても最近必須のスキルになりつつあります。

フォトグラファーとしてフリーランスで活躍するには、ただ写真やカメラが好きなだけでは簡単に活躍することは出来ません。

上でも少し触れていますが、需要に対しての写真が取れなければ安定した収入を確保することが出来ない為、水中や広告など自分の得意な専門分野に特化することがフリーのフォトグラファーとして生活して行くのが大事です。

建築士

フォトグラファー同様フリーランスとして昔からある職種の建築士ですが、近年はただ建物を建てるだけの設計だけでなく耐震工事などフリーランスの建築士が募集されることが少なくありません。

また建築士は設計する為の機材などが準備出来ていれば、副業などにも向いており、メインの仕事をしながらフリーランスとしても働くことで年収アップを目指せる為、おすすめの職種です。

フリーランスになる為の準備

それでは実際にフリーランスになる為に必要な準備について、代表的なものをご紹介します。

使えるおすすめサイト

まずフリーランスになる準備で使えるおすすめのサイトをご紹介します。

ドメインとるなら 「お名前.com」

出展元:https://www.onamae.com/

フリーランスとして働く場合に重要になるのが、メールです。

しかしyahooやGoogleのフリーメールはやり取りが出来ない企業も多く、またやり取りが出来てもあまりクライアントから良い印象を受けません。

そこでメールアドレスのドメインを自分の好きな名前に出来るのが「お名前.com」です。

契約の仕方も非常に簡単で、フリーランスとしてメールを利用する場合は利用することをおすすめします。

会計ソフトなら 「freee」

出展元:https://www.freee.co.jp/

フリーランスになると逃れられないのが確定申告です。

特に個人事業主の方は青色申告をする方が多いのですが、ここで問題になるのが確定申告に必要な書類作成に必要な複式簿記の知識などです。

そこでおすすめなのがクラウド型の確定申告が出来るfreeeです。

freeeは複式簿記を始めとする確定申告に必要な知識がない初心者の方でも青色申告が簡単に出来るソフトです。

揃えておきたい必要ツール

フリーランスとして揃えておきたツールはいくつかあります。

職種によって違いがある為、今回は共通して必要になるツールについてご紹介しておきます。

フリーランスとして開業する前に事前に準備をしておくことをおすすめします。

名刺

ビジネスマンの定番ですが、名刺はフリーランスになってからも必需品です。

フリーランスの場合は名刺で屋号を記載しておくとそれだけで最低限の信頼を得られるだけでなく、次の受注に繋げる重要な役割を果たしてくれます。

封筒

封筒と聞いて以外に思った方もいらっしゃるかもしれませんが、フリーランスとして働く場合請求書などの事務手続きも全て自分で行う必要があります。

見積もりや請求書もメールだけで問題ない企業も増えてきていますが、まだまだ印刷して書類を提出しないといけない企業も多いです。

その為、封筒はフリーランスにとって必需品の1つです。

あると便利な「書類のテンプレ」

封筒と同じくフリーランスとして開業する前に準備しておきたいのが、書類のテンプレートです。

請求書を始めとする書類送付の遅れはただ信頼をなくすだけでなく、報酬の支払いなどの遅れに直結してしまいます。

職種にもよりますが、請求書・見積もりのテンプレートは事前に準備することをおすすめします。

また職種に特化した書類やメールなどについてもある程度事前にテンプレートを準備しておくとスムーズに事務手続きを実行することができます。

まとめ

今回はフリーランスの職種や収入について、解説してきましたが、いかがでしょうか。

自由な働き方などでフリーランスが脚光を浴びることも増えていますが、努力をせずに生計を立てて行ける訳ではありません。

現在正社員や派遣社員として働いている方は、フリーランスとして働き始める為に必要な専門的な知識や名刺など今回ご紹介して物を準備してから開業することが大事です。

現在専業主婦の方で働きたいと考えている方は、家庭との両立もしやすい為、プログラミングなどの専門的な技術を習得してパート・アルバイトではなくフリーランスとして活躍してみてはいかがでしょうか。

DMM WEWBCAMP/DMM WEBCAMP PROについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職サポート付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

【インタビュー】いずれはフリーランスを目指し、エンジニア転職に成功

時間や場所にとらわれない自由な働き方を目指し、WebCampでプログラミングを学び、将来のフリーランスに向け、見事エンジニア転職を果たした星野さんのお話を伺いました。

いずれはフリーランスになりたい

会社に限られない個人としてのスキルを身に着けたい

と考えている方は、ぜひお読み下さい。

時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】

おすすめの記事