◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

皆さんはフリーランスエンジニアと会社員の違いについて、ご存じですか?

近年IT技術の進歩と需要の高さからフリーランスエンジニアとして働く方や今まさにフリーランスエンジニアを目指している方が非常に増えています。

そこで今回はフリーランスエンジニアと会社員の大きな違いについて、詳しく解説していきます。

フリーランスエンジニアとは?

フリーランスエンジニアはプログラマーやシステムエンジニアなどのエンジニア職で、会社や団体に所属せずに働く人のことです。

特定の会社や団体に所属している訳ではない為、基本的には営業活動から納品物の作成、納品、事務作業までを一人で行うことになります。

前提としてフリーランスエンジニアとして働く場合は、プログラミングやデーターベースなどの専門的な知識がなければ、継続した案件を受注することは難しくある程度下積みが必要になります。

しかしある程度知識や実務経験さえあれば、案件を受注することが出来る上にまだまだIT業界の需要が高いことから将来性もありおすすめです。

平均年収は意外に高い?

エンジニアと言う括りでも多岐に渡る為、同じフリーランスエンジニアでもエンジニア内の職種によって平均収入に差が出てきますが、ある程度起動にのっているフリーランスエンジニアの場合平均年収は600万円前後です。

しかしフリーランスエンジニアの収入はトップダウンが激しく、年収1500万円以上稼ぐ方もいらっしゃる一方で年収が100万円に届かない方もいらっしゃいます。

収入を安定させたり、年収を上げる為には努力しなければフリーランスとして生計を立てることは出来ません。

しかし意欲的に動くことが出来れば、最低限のスキルだけでも一般的な会社員よりも高い年収を維持することも決して不可能ではありません。

年収を上げる為に出来ること

それでは具体的な年収を上げる為に出来ることについて、ご紹介していきます。

まず意識しなければいけないのは、案件に空きを作らないように行動することです。

会社員と違って、案件を受注できなければ収入がゼロになってしまいます。

営業活動や事務作業もフリーランスエンジニアにとっては必要不可欠な仕事ですが、営業活動と事務作業だけでは結果として収入がゼロです。

そこで受注した案件を遂行中も納品の目処が立った後半以降は、営業活動も平行して行い現在の案件が終わった後すぐに別の案件に移ることが出来るように調整することも重要です。

またフリーランスエンジニアとして起業して間もない方が陥りやすいのが、自分の安売りを最初に行ってしまうことです。

最初に安い単価で仕事を受注してしまうと、それ以降そのクライアントからの案件を値上げすることが難しく継続して案件をくれても時給換算するとアルバイトと変わらない事になってしまう可能性もあります。

安定して案件を受注出来るように活動し、プロとして自分を安売りしないことが年収を上げることに繋がります。

誰でもなれる?

フリーランスエンジニアになる為の資格や手続きはありません。

もちろん開業届けなど書類を提出することで、税金対策が有利になったり屋号を持ったりする為に必要になる手続きはありますが、それも必要性があるだけで必須ではありません。

極論になりますが、今からフリーランスエンジニアとして生きると決めた時点でフリーランスエンジニアと言っても問題がなく、誰でもすぐになれます。

問題はフリーランスエンジニアなることではなく、フリーランスエンジニアとして生計を立てていけるかが重要なのです。

フリーランスエンジニアとして生計を立てるまたは活躍して行く為に現状から準備しておくことについて、解説しておきます。

前提としてプログラミングなどエンジニアとして働く技術を習得している前提でのご紹介になります。

会社勤めを経験している人

ここでの会社勤めはエンジニアとしての経験です。

エンジニアとして実務経験がある方であれば、本人の自信はもちろんクライアントにとっても信頼性があり案件を依頼してくれる可能性が高いです。

また会社勤め時代に構築した人間関係を維持してそこから案件を紹介してもらえる様に営業活動をしっかり行っておくことが重要です。

詳細については、後ほどご紹介しますが、フリーランスエンジニアとして案件を受注する時に人脈から紹介して貰える案件は継続性が高いことが多く、収入のベースと出来ることが多いからです。

就業経験が無い人

エンジニアとしての実務経験がない方の場合は、まずプログラミングなどの習得している技術を証明できる作品を作ることです。

残念ながら案件に応募する際に実務経験がゼロの場合は、応募する機会すら与えて貰えないクライアントも少なくありません。

当然実務経験がゼロでも実力さえあれば、受注できる案件もあります。

しかし実力を証明できるものがなければ、結果として案件を受注できない可能性が高いです。

頭で証明出来れば良いのですが、口頭だけでは信じて貰えなかったり、お互いの意識にずれが発生する可能性があります。

その為にも皆さんの実力が証明できるようにプログラムなどを作成することが重要です。

会社員のエンジニアとは、何が違う?

ここでは会社員のエンジニアとフリーランスエンジニアの違いについて、詳しく解説していきます。

共通すること

契約内容にもよりますが、メインの業務である開発や設計の作業は会社員のエンジニアとフリーランスエンジニアには大きな差がありません。

フリーランスエンジニアの良さ

契約内容にもよりますが、プログラムの開発や設計の案件であれば、納期を守って納品さえ出来れば1週間かかる作業を3日間で終わらせても問題ありません。

当然働き方についても、直接クライアントと打ち合わせなどを行わない限りは服装や時間を自由に決めることがでできます。

また会社員の場合はエンジニアとしての役割が固定されやすい為、新しいことを学べる機会が少しずつ減ってきますが、フリーランスエンジニアの場合は新しいことへの取り組みのしやすさは人によっては大きなメリットになります。

他にも会社員の場合はある程度年齢や経験を重ねると管理職にならなければ、昇給昇格が出来なくなる企業が多く、技術者として働き続けるのは限界があります。

しかしフリーランスエンジニアの場合は管理職であるプロジェクトマネージャーの案件を受注しなければ、一生技術者として現役で働き続けることもできます。

更に経費をどれぐらい使うかなどをしっかりと管理・計画することが出来れば確定申告時に収入・所得を調整することができるのもフリーランスエンジニアの大きなメリットの1つです。

会社員の良さ

会社員のメリットは具体的な成果物が作成出来なかったとしても、収入を得ることです。

フリーランスの場合は全ての契約ではありませんが、請負契約の場合は納品物が完成しなければ報酬を貰うことができません。

例えば半年間かかる案件を請負うと報酬を受け取るまでに着手から7ヶ月以上かかることも少なくありません。

また会社員はフリーランスに比べて圧倒的に福利厚生がしっかりしています。

特に人によってはフリーランス、会社員問わず残業が多い職種の為、精神面で体調を崩す方も少なくありません。

フリーランスの場合体調を崩してしまうと、そこで収入はゼロになってしまいます。

また納期が決まっている為、その取り返しも自己責任で行わなければいけません。

会社員であれば、有給や医師の診断書があれば長期休暇をとってもある程度収入が保障されます。

また企業年金などもある為、老後についても安定していると言えます。

結論:フリーランスに合う人

管理職よりも一生現役で技術面のスペシャリストとして活躍したい方、36協定などを始めとする会社のルールに縛られなずに働きたい方はフリーランスエンジニアとして働くのがおすすめです。

また高額収入を増やしたい方にもフリーランスエンジニアがおすすめです。

当然フリーランスエンジニアになれば収入が必ず増える訳ではなく、会社員に比べて収入が安定しなくなる可能性も十分にあります。

しかし働き方が自由な分、フリーランスエンジニアとして軌道にのれれさえすれば、会社員の平均年収と比べて数百万円単位で高い収入を得る事も決して夢ではない為、意欲的に活動できる方にも向いていると言えます。

結論としてエンジニアとしての業務以外にも営業活動から会計まで全て自分でやりたい方は、フリーランスエンジニアとして働くことで多くのメリットを見出せます。

逆にエンジニアとしての仕事だけで他の業務を行いたくない方にはあまりおすすめできません。

フリーランスで仕事を受注する方法

フリーランスにとって案件を受注する方法は非常に重要になります。

上記でも既に触れましたが、案件を受注できなければ収入はゼロになってしまいます。

ここではフリーランスで仕事を受注する代表的な方法について、詳しくご紹介していきます。

SES契約とは?

SES契約はシステムエンジニアリング契約の略称です。

SES契約は準委任契約に含まれており、SES契約を結んだフリーランスエンジニアは納品物を収める契約をするのではなく、契約を結ぶエンジニアの技術力で契約を結びます。

具体的には時間または人日、人月単位で契約を結んでその期間に対して報酬が支払われる仕組みになります。

請負契約の場合は、納品が完了しなければ報酬を貰うことができませんが、SES契約であれば、成果物などがない場合でも報酬が支払われます。

派遣のエンジニアと業務内容は似ていますが、指揮権など契約上のルールに違いがある為、SES契約を結ぶ場合は事前に確認を行っておくことが重要です。

クラウドソーシングでの受注方法

クラウドソーシングはインターネット上で案件を依頼したいクライアントと案件を受注したいフリーランスとを結んくれるサービスがあり、代表的なものとしてクラウドワークス、ランサーズなどがあります。

具体的な受注方法はクライアントが募集している案件に応募またはプレゼンを行い受注契約を結びます。

契約後は依頼に沿った納品物を開発し、納品することで報酬を得ることができます。

クラウドソーシングでは未経験者でも受注できる案件も多くあり、フリーランスエンジニアとして経験が浅い方でも案件を受注がしやすく、基本的には面接がなくオンラインのメッセージのみでやり取りが出来る為、時間も自由にできます。

逆にデメリットとなるのが、利用したサイトに報酬から一部手数料を取られるので、注意が必要です。

また基本的にはトラブルが少ないですが、オンラインでの取引になる為、報酬がなかなか支払われなかったり、適正価格よりも非常に低い報酬が設定されていることがある為、受注前には注意が必要です。

まだ利用したことがない方は、有名なところだけでもどんな案件があるかを確認してみるのもおすすめです。

会社勤めの頃の人脈を使う

会社勤めのエンジニアとして活躍していたフリーランスエンジニアの方は、会社勤めの頃の人脈を使って案件を受注することができます。

もちろん会社勤めをしている際に、フリーランスエンジニアとして働くことを前提とした人間関係を形成できていれば、です。

この人脈を作ってフリーランスエンジニアになっている場合は、継続した案件を受注させえて貰えることも多く、安定した収入を得やすいメリットがあります。

デメリットとしては、人脈だけで生涯案件を受注させ続けて貰えるとは限らない為、クラウドソーシングなどの他の受注方法を経験していなければ、収入を維持することができなくなってしまう可能性があります。

また会社勤めの頃の人脈だけでなく、そこから勉強会などに参加して新しい人脈を開拓しておくことも重要です。

まとめ

今回はフリーランスエンジニアと会社員の違いについて、解説してきましたが、いかがでしたか。

フリーランスエンジニアと聞くと自由な働き方が出来て、メリットばかりなイメージをお持ちだった方も少し印象が変わられたのではないでしょうか。

もちろんフリーランスエンジニアになることで得られるメリットも決して少なくありませんが、その分会社員のエンジニアにはない責任なども発生します。

現在フリーランスエンジニアを目指している方は、フリーランスエンジニアを目指すか会社員エンジニアを目指すかを今回ご紹介した内容で分析して貰えればと思います。

DMM WEWBCAMP/DMM WEBCAMP PROについて

DMM WEBCAMPは1ヶ月でプログラミング・WEBデザインを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。DMM WEBCAMP PROは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

【インタビュー】いずれはフリーランスを目指し、エンジニア転職に成功

時間や場所にとらわれない自由な働き方を目指し、WebCampでプログラミングを学び、将来のフリーランスに向け、見事エンジニア転職を果たした星野さんのお話を伺いました。

いずれはフリーランスになりたい

会社に限られない個人としてのスキルを身に着けたい

と考えている方は、ぜひお読み下さい。

時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】

おすすめの記事