WebCamp・WebCampProを運営する株式会社インフラトップのオウンドメディア【スキルマ】。プログラマー・エンジニア・Webデザイナーを目指す初心者の方に向けた記事や、就職・転職を考えている方向けの記事を発信しています。

『継続にはコミュニティが大事』7年の歯科助手を経てWebデザイン講師に。

GWですね、WebCamp(ウェブキャンプ)Webスク運営事務局です。

今回は、7年間勤めていた歯科助手から、エンジニアへの転職、そして現在はWebCampの講師という経歴をもつ天谷講師にインタビューしました。

もっと明るい天谷さん1

-今日はよろしくお願いします。まずは現在担当されている講義を教えてください。

4月からスタートした主婦・ママ向けコースで責任者としてカリキュラム設計や授業を行い、Webスクでは最初の6週間のHTML/CSSの授業をしています。また、オンライン学習システムの「WALS」のコンテンツも日々制作しています。

-天谷さんのこれまでのキャリアについて教えてください。

高校を卒業して関東に出てきて様々な職業を経験しました。大工、コンビニ、内装業者、喫茶店などです。一番長い時は歯科医院で歯科助手を7年間やっていました。子供の頃から、まわりの大人や見ていたドラマに影響されやすいタイプで、昔にやりたかったことをどんどん職業にしていきました。

ー 興味の幅が広いんですね?

ミーハーなんです(笑)

明るい天谷さん3

ー いろいろな職業を経験されている天谷さんですが、プログラミングに興味を持ったキッカケを教えてください。

趣味でダンスをやっていたのですが、その時の先生がMacBookを使っていたんですね。それを見て「かっこいい〜!」と思い、絶対iMacを買おうと思って、お金を貯めて21歳の時に購入しました。そこから、自分でアプリを作ってみたいと思うようになり、プログラミングを始めました。

ー どのように勉強をしていたのですか?

最初は独学でObjective-Cを教本で勉強していたのですが、一冊終えて独学でこれは厳しいなと思いました。その後、プロゲートなどを触りつつ簡単な勉強をしていた時、同僚から自分のサイトを直して欲しいと頼まれたのをキッカケに、HTML/CSSを本格的に勉強しました。

ー 実際にどのような改善を加えたのですか?

そのサイトはお花屋さんのサイトで、いくつか「こうしたら?」と提案をしたのですが、結局「めんどくさいからいいよ!」と言われてしまいました(笑)でも、Webはアプリと違ってすぐ反映されるので楽しかったですね。

 明るい天谷さん4

ー それは残念ですね。その後も勉強は続けたのですか?

はい。でも、独学は情報源がWeb中心になるので腑に落ちない部分があるし、なにより孤独でした。そんな時にグノシーを見ていたら、あるプログラミングコミュニティの記事を見つけ、すぐに連絡して参加しました。そのコミニュティでは、疑問点があれば人に聞ける環境で、独学にはないリファレンスがありました。”ひとりでない”という所がモチベーションにつながっていきました。

ー すごい行動力ですね。そのコミニュティではどんな取り組みをしたのですか?

そこのWebサイトの改変などに携わりました。ある時、自分が一生懸命書いたコードが上手く行かないので確認してもらうと、代表がささっと書き換えてしまい、しかもコードも自分より全然少ないので「これが実務か…!」と衝撃を受けました(笑)ギットを使ってみんなで作業をするので、それに即したコードの書き方を学ぶことができたり、いい経験になりました。

明るい天谷さん5

ー そこから、どうやってプログラミングの講師になったのですか?

代表から、弊社の中西を紹介されて話を聞いているうちに、スクールのコンセプトに共感したからです。独学では挫折しかけたものの、コミニュティがあることで勉強を続けられた自分と、コミニュティを大事にするこのスクールがリンクしてきて、講師としてジョインすることを決めました。現在、仕事はとても楽しいです。その結果、3月はベストプレイヤー賞に輝くこともできました。

ー 講師をやっていて一番嬉しいときはどんな時でしょうか。

できない子ができようになる時や、内気な子がしゃべる時ですね。反転学習なので授業は意見を言わなきゃ意味がないので、わからない人でも、わからなりに発言する。そういうところに「めっちゃ頑張ったんだろうな」と、人間力の向上が見られるそういうのを見る時は楽しいですね。また、頼りにされるのもうれしいです。個人的に質問されることもありますが、ひとりが気になっていることはみんなが気になっていることなので、質問を積極的にしてくれると授業が活性化されてうれしいですね。この間のゼミでは、生徒が自主的に議事録を取って、参加できない生徒に共有していて、本当すごい!と感動しました。そういうコミュニティをつくっていけたのは喜びですね。

ー 天谷さんが大切にしていることはなんでしょうか。

真面目さですね。基本はいつも真面目に過ごしています。一番地味だけど、一番大事です。前の職が嘘をつけない職(歯科助手)だったのもあり、生徒さんに嘘をつきたくないというのもありますね。入った生徒さんに後悔してほしくない。入ってよかったと思ってもらいたい。そういう思いを大切にしています。

明るい天谷さん2

ー 今後、講師として取り組んでいきたいことはありますか。

人が勉強を続ける要因のひとつはコミュニティだと思うんですね。ひとりだとどうしても離脱してしまいやすい。だからコミュニティが重要。目標は、ただのスクールではなく、意義のあるコミュニティに、横のつながりをもった機能しているコミュニティをつくっていきたいですね。

ー 天谷さん、本日はありがとうございました。

半年間で即戦力のプログラマーに!
Webスクについてはこちら 

1ヶ月でWebスキルをマスター!
短期集中のWebCampについてはこちら