◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月生は満員となっております。12月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

フリーランスとして働く人の中には、ライター職で活躍する方たちが多くいます。

ライター職と聞くと雑誌の編集など大手または中小企業に所属しなければ、ライター職につくことが出来ないイメージを持っている方も少なくありません。

それを個人のフリーランスとして働くイメージがつかない方も多いですよね。
今回はフリーランスライターの仕事内容や仕事の受注方法について、詳しく解説していきます。

フリーランスのライターの仕事とは?

それではフリーランスライターの具体的な仕事内容について、解説していきます。

基本的には名前の通りライターなので、フリーランスになっても記事を書くのが仕事です。

しかしライターと言っても記事の内容はもちろんどこに記事を掲載するかなど様々です。

フリーランスライターの種類やフリーランスライターとして働くメリットなど詳細については、下記になります。

様々な種類のライター職がある

それでは具体的にライター職の種類について、代表的なものをご紹介していきます。

フリーランスライターを目指す方または興味がある方は、詳細をご紹介していきますので、参考にして頂ければと思います。

小説家

ライターと呼ばれる職業の中でも代表的として小説家があります。

小説家はご存知の通り小説を書いて印税などで収入を得ます。

従来であれば、出版社に小説を持ち込んで小説になるのが一般的でしたが、現在では自作小説をネット上に公開して広告収入を得たり、公開した小説から出版社からスカウトを受けることもあります。

ヒット作が出来れば、フリーランスライターだけでなく他の職業の中でも非常に多くの収入を得ることが出来ます。

しかしヒット作を執筆出来なければ、収入は限りなくゼロに近く本業にするのであれば、一種のギャンブルです。

金融ライター

金融ライターは金融に関する記事を執筆するのが仕事です。

近年であれば、ビットコインなどの仮想通貨に関する依頼が多く、従来のFXや株についてもテーマに執筆することもあります。

金融ライター案件の特徴としては文字単価が高く、ライター職の中でもトップクラスです。

しかしライターとして執筆するには自身の経験やリサーチにより知識が必要な上に金銭が絡む記事ですので、責任も重大です。

執筆出来る方もある程度限定されています。

美容ライター

美容ライターは女性読者を中心に美容関係の記事を執筆するライターです。

例えば日焼け止めなどの記事をテーマに執筆します。

文字単価はそれ程高くはありませんが、女性の方であれば経験から執筆しやすいテーマも多く、またリサーチする過程で自身の美容に関する知識が増える為、女性に大人気です。

プログラミングライター

プログラミングライターは名前の通りプログラミング関連に関しての記事を執筆するライターです。

プログラミングなど専門的な知識が必要なことから、金融ライターと同じく専門的な知識が必要になります。

また金融ライター同様に文字単価は高く設定されていますが、執筆するにはプログラミング言語の知識が必要な為、現役のプログラマーや元プログラマーなどでなければ、リサーチに時間が必要になり、結果として収入を高く維持することは困難です。

フリーランスライターのメリットは?

フリーランスライターとして働くメリットについてご紹介していきます。

出版社に会社員としてライター職を行う場合は、執筆するテーマは自由に選べることが少ないです。

しかしフリーランスライターの場合は、無数にある依頼の中から自分の好きなテーマについてのみ執筆することが可能です。

その結果として自分の好きなことや趣味についてのリサーチをしながら、それを執筆することで報酬を得ることが出来る為、趣味と実益を兼ね揃えた働き方が可能です。

また基本的にはパソコンさえあれば、執筆することが出来るので場所や時間に縛られることはなく、フリーランスライターの執筆は出社せずに在宅での作業が中心になります。

子育て中の主婦や副業でお小遣い稼ぎがしたい方にも人気です。

ライターに求められるコト

フリーランスライターに求められることについて、解説していきます。

まずフリーランの仕事全般に言えることですが、納期を守ることです。

納期を守らなければ信頼をなくしてしまい、継続した依頼を頂けなくなってしまいます。

更にフリーランスライター特有の求められることは、著作権を守らなければいけない点です。

執筆する際にリサーチするが必要になりますが、その過程で閲覧した本やサイトをそのままコピーまたは語尾を変えただけでは著作権の侵害にあたり、執筆者であるフリーランスライターはもちろん公開したクライアントまで犯罪に問われてしまうので、絶対守らなければいけません。

また近年Webサイトに公開することが多い為、ライターが執筆する記事は正確かつ早い執筆が求められます。

安定はしない?失敗談

ここまでの内容で自分にもやれそうだと思った方も多いと思います。

実際ライター経験がない方でも始められる案件も多い為、誰でもフリーランスライターとして収入を得る事は不可能ではありません。

しかし実際フリーランスライターとして活動を開始することは出来ても、誰でも執筆できる案件であれば文字単価が0.1円の案件など非常に安い物も多く、逆に金融やプログラミングと言った専門的な知識や最先端の情報を取り扱う執筆は下積みとなる知識をライター自身が経験していなければ、執筆速度が遅くなかなか安定しません。

結果としてフリーランスライターになれても時給で計算すると1時間当たり300円しか稼げないと言う方も少なくありません。

更にクライアントからの執筆時のルールなどが設けられていることも多く、執筆に時間がかかる要因になります。

気になる収入は?

フリーランスライターの業務内容について解説しましたが、実際フリーランスライターとして生活していけるのか気になりますよね。

ここからはフリーランスライターの収入面について解説をしていきます。

まず前提としてフリーランスライターの報酬は出来高制になる為、どれだけリサーチに時間をかけても執筆が進まなければ収入はゼロになります。

もちろん自身の経験にないことに関してはリサーチが必要な為、最低限のリサーチは必須ですが、3000文字1500円の案件に対して、リサーチと執筆を合わせて5時間かけてしまうと、時給としては300円になります。

1日8時間で20日間フリーランスライターとして活動して月収は48,000円になってしまいます。

またフリーランスライターの収入は以下の条件でも大きく変わってきます。

未経験からだと平均年収は低め

まずクライアントとの契約時にライターとしての実務経験がない場合は、試用期間として文字単価が低く設定されることがあります。

例えば実務経験がある方が1文字当たりの単価が1円なのに対して、未経験者の1文字当たりの単価が0.5円などです。

この時点で未経験者は経験者と同じ記事を執筆しても報酬は半額になってしまいます。

またライターとしての経験があれば、執筆を効率よく進められますが、未経験者の場合はコツを掴むまでは執筆速度も期待できない為、平均年収としては絶望的な数字になる可能性があります。

高収入を狙う為にできること

それではフリーランスライターが高収入を狙う為にはどうすれば良いかについて、解説をしていきます。

高収入を狙う為の方法としては大きく分けて2つあります。

執筆速度を上げる

1つは執筆速度を上げることです。

執筆速度を上げる為のコツは、リサーチにかける時間、10~15分当たりの文字数を意識した執筆をすることです。

ライター経験がない方や浅い方が陥りやすいのがリサーチに時間をかけ過ぎることです。

ライター自身がテーマに対して持っている経験や知識にもよりますが、未経験の分野でも10分以上はリサーチに時間を使わないことが重要です。

そして1時間単位の執筆出来る文字数ではなく、10分~15分程度の短い間隔で執筆する文字数を意識することが重要です。

10分当たり500文字の執筆を意識すると1時間当たり3,000文字の執筆が可能になります。

短い期間での執筆を意識するだけで嘘のように集中力が増し執筆速度が上がるので、おすすめです。

文字単価の高い案件を選ぶ

フリーランスライターの案件は継続性が高く、1つのクライアントから1年以上案件を継続して受注出来ることも少なくありません。

そこで手当たり次第に案件を受注するのではなく、1文字あたりの単価の高い案件を受注することで、経験や知識が少ない分野でも執筆を重ねるごとに執筆速度が上がっていきます。

結果として文字数単価が高く、未経験の分野から基本的な知識のある分野に変わります。

執筆速度を上げる方法と合わせれば、1文字あたりの単価が2円の案件を受注でき、1時間あたりの文字数3,000文字執筆できれば、時給6,000円近くになります。

未経験からのアピール方法

上記でも少し触れましたが、未経験でも受注できる案件は探せば山ほどありますが、条件の良い案件はかなり少ないです。

そこでライター未経験でも文字単価が悪くない案件を受注する為のアピール方法について、解説していきます。

実際に自分のブログを書いてみる

ライターとしての経験がない方でも自分のブログなどを書いて、案件に応募する際に参考に見てもらうのがおすすめです。

しかしブログを書く際の注意点として、自分の私生活などを書くではなく、テーマを実際に決めて執筆することで、クライアントが未経験者でも数回の試用試験の後には経験者と同じ文字単価で契約してくれることも少なくありません。

フリーランスライターの経験がない方は執筆の練習にもなり、今の執筆速度や時給に考えた時の効率を計るのにも使えるのでおすすめです。

知識がある分野から始める

ライターとしての経験がない場合でもテーマについては、ご存知の方も多いので未経験でもそのテーマに対しての経験や知識がある場合は、未経験者でも問題なく案件を受注できる場合もあります。

特に金融やIT技術など専門性が高く、文字単価の高い案件には積極的に案件受注を狙っていくのがおすすめです。

案件を取るには求人サイトを利用すべき

それでは具体的にフリーランスライターが案件を取る方法ですが、フリーランスライターが案件を受注する方法は求人サイトを利用するのがおすすめです。

フリーランスライターにおすすめの求人サイトについて、ご紹介していきます。

業界大手「クラウドワークス」

出展元:https://crowdworks.jp/

クラウドワークスはフリーランスとクライアントを結びつけるクラウドソーシングサービスを提供してくれるサイトです。

クラウドソーシングのサイトの中でもトップクラスの人気です。

フリーランスライター向けの案件も多く、未経験者でも応募可能な案件も少なくない為、フリーランスライターが案件を探すのに非常におすすめのサイトです。

豊富な案件「ランサーズ」

出展元:https://www.lancers.jp/

ランサーズはクラウドワークスと同様フリーランスとクライアントを結びつけてくれるサイトです。

案件数は業界でもトップクラスで、常にクラウドワークスとランサーズがクラウドソーシングの中でも人気1位、2位を取っています。

2分で登録可能「アサインナビ」

出展元:https://assign-navi.jp/

アサインナビは登録作業が簡単で、すぐに求人を検索したりすることも可能です。

アサインナビは既にご紹介したクラウドワークスやランサーズには、案件数などは負けてしまいますが、クラウドワークスやランサーズは有名な為、ライバルも多いですが、アサインナビは取り扱い案件数が少ない分、ライバルも少ないのでフリーランスライター未経験者でも問題なく働ける案件も多いのでおすすめです。

まとめ

今回はフリーランスライターについて、仕事の内容や収入などについて解説してきましたが、いかがでしたか。

近年フリーランスの中でも大人気のライターですが、始めやすく継続しづらいところもあるので、クラウドワークスなどを利用して実際に執筆をしてみるのがおすすめです。

また現在フリーランスライター以外の仕事を行っている方は、副業でフリーランスライターとして執筆するのもおすすめです。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月受入枠は満員となっております。12月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

【インタビュー】いずれはフリーランスを目指し、エンジニア転職に成功

時間や場所にとらわれない自由な働き方を目指し、WebCampでプログラミングを学び、将来のフリーランスに向け、見事エンジニア転職を果たした星野さんのお話を伺いました。

いずれはフリーランスになりたい

会社に限られない個人としてのスキルを身に着けたい

と考えている方は、ぜひお読み下さい。

時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】

おすすめの記事