• WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
12月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月生は満員となっております。12月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

近年フリーランスとして働く方が増加しています。

特にIT関係の職種は技術さえあれば、フリーランスとして独立もしやすくPGやSEの様に専門的な知識を使う場合は、年収1,000万円を超える方も少なくありません。

しかしフリーランスSEの名前を聞いたことはあっても、具体的な業務内容や会社員SEとの違いについてはご存じない方も多いです。

今回はフリーランスSEとして働く方法やそのメリットについて、詳しく解説していきます。

フリーランスSEとは?

システムエンジニアを略してSEと呼びます。

フリーランスSEについてですが、SEは大きく分けて2種類の使われ方があります。

1つ目はシステムに関連する職種の総称として広い意味で使われる場合です

2つ目はシステムを作る上で必要な仕様書を作成する設計者として狭い意味で使われる場合です。

今回は主に1つ目の広い意味としてのSEをフリーランスとして働く方法について解説していきます。

 出向型

まずは勤務形態ですが、大きく分けて出向型と在宅型に分かれます。

出向型は一般的な会社員と同じく請負契約を結んだ客先に出勤して業務を行う形です。

報酬としては時間単位・日数単位・月単位で契約を結ぶことが多く、業務内容としては保守やプロジェクトメンバー参加することになります。

時間単位でない場合は、システムなどの開発を行って完成品を納品を請負こともあります。

フリーランスSEですが、出勤時間や服装などは会社員として働くSEと同じになることが多い為、会社員SEや派遣SEと働き方に似ています。

在宅型

フリーランスSEとして在宅型で働く場合は、基本的にはクライアントから依頼されたシステム等を開発して納品することで報酬を得ることができます。

また納品物は必ずシステムと言う訳ではなく、WordPressなどのWebサイトサーバーの環境構築作業を行う案件も少なくありません。

在宅型の特徴としては出向型と違って、やり取りもメールやSkypeのTV会議が中心で基本的にはクライアント側に直接出向いて仕事をすることはありません。

ただし案件によっては、初回・中間報告・納品時などの要所で直接打合せがしたいと指定されることもあります。

開発環境さえあれば、どこでも働くことが出来るので自宅から一歩も出ることなく働くことが出来ます。

またパソコンを持ち込んでカフェなどで開発作業を行うフリーランスSEの方もいらっしゃいます。

当然ですが、服装などの指定もないのでリラックス出来る格好やおしゃれをして働くことも出来ます。

実務経験は必要?

結論から先にお話するとフリーランスSEの場合は、必ずしも実務経験は必要ありません。

しかしフリーランスSEと違って会社員SEは実務経験を求められることが多いです。

実務経験を求められる違いとフリーランスSEが実務経験の有無で注意する点をご紹介します。

会社員SEは実務経験が必要

会社員としてのSEを目指したことがある方であれば、実務経験が必要と言う話を耳にした方もいらっしゃいますよね。

そもそも何故SEになるには実務経験を求められるかですが、IT業界の人手不足が関係しています。

人手が不足しているなら育てれば良いと考えている方も多いかもしれませんが、なかなか簡単に育てることが出来ないのが実情です。

まずSEとして一人前になるにはプログラミング言語などの専門的な知識が必要になります。

これは中々独学で習得するのには時間を要してしまう為、実務経験がない方の場合は既存のSEが教育係りとしてサポートしなければいけません。

しかし自分の作業ですら厳しい状態で新人を育てるリソースがない為、1から育てる時間を確保できない状態が多いです。

更にSEの仕事は他の職種では考えられない程、残業が多いことから辞めることも多い為、厳しいスケジュールの中で時間をかけて教育をしても辞められてしまうケースも少なくありません。

結果として1から教育する必要がなく、即戦力として働ける実務経験者が条件になる求人が多いのです。

フリーランスSEの実務経験有無について

フリーランスSEに必ずしも実務経験が必要でない事は少し触れましたが、実務経験は有るにこした事はありません。

会社員SEとの大きな違いは、フリーランスSEは基本的に請負契約になるからです。

会社員SEまたは派遣SEの場合、仕事の責任は雇い入れた会社の責任になります。

しかしフリーランスSEの場合は、全てフリーランスSEの自己責任になる為、あるシステムの開発を請負えば納期までにシステムを納品しなければいけません。

納期までに納品できない場合は、報酬から減額または契約によっては賠償金が発生する可能性があります。

結果としてクライアント側にはデメリットが少なくい為、フリーランスSEの実務経験は必須でない案件が多いです。

ただしクライアント側もフリーランスが失敗することによって、システムなどのリリースが遅れてしまうと他への影響が出る為、実務経験者に限定して応募する案件も少なくありません。

勘違いしてはいけない点は、実務経験が必須でないだけで会社員SEよりも個人にかかる責任が大きい為、案件をこなせるだけのプログラミング等の専門知識は必須になります。

向いている人は?

フリーランスSEに向いている方の特徴はいくつかあります。

1つ目は技術者として働き続けたい方です。

日本では残念ながら大手でもSEの地位は低く、ある程度昇格・昇給すると管理職になければ出世すことが出来ない傾向にあります。

その為、技術者として働き続けたい方はフリーランスSEになることがおすすめです。

2つ目は時間や服装など働き方を自分で自由に決めたい方です。

会社員でもIT業界は他の業種に比べて、比較的自由な働き方が出来る方ですが、いくらIT企業でも結局は管理職や営業職が企業の上位に行くため、論理的かつ合理的な方が多いSEにとっては不満しかないようなルールを強いているところも少なくありません。

フリーランスSEになると全てが自己責任にはなりますが、意味のわからない社内ルールからは解放されます。

3つ目はメンタルの強い方です。

会社員SEと違ってフリーランスSEは案件を受注する為の営業活動から始まり、開発業務、納品後の事務作業、確定申告まで全て自分で行わなければなりません。

SEの業務自体が他の職種よりも過酷な為、強いメンタルが必要なのに加えて、案件が受注出来なければ収入がゼロになってしまう恐怖にうち勝たなければならない為、非常に強いメンタルが求められます。

給料はいくらくらい?

フリーランスSEの職種によっても平均年収に違いが出ますが、プログラミングを行う職種で軌道にのれば平均年収600万円から700万円になります。

しかしフリーランス全体的に言えることですが、案件を受注出z来なければ収入はゼロになってしまう為、誰でも平均年収までいける訳ではありません。

逆に高額報酬の案件を継続的に受注できれば、年収1,500万円以上稼ぐ方もいらっしゃいます。

給料を上げるコツは?

給料を上げるコツとしては、案件を受注して業務を行っている間も次の案件を探して空きを作らないことです。

また最新の技術や需要が高いスキルは、自主的に習得することで高額報酬の案件を受注できる為、日々のスキルアップが重要です。

また別途後述しますが、フリーランスの特権である確定申告により節税対策で手取りを増やすのも重要です。

フリーランスとして働くメリット・デメリット

ここからはフリーランスとして働くメリットとデメリットについて、解説していきます。

メリット

まずはフリーランスとして働く代表的な3つのメリットについて、解説していきます。

裁量権がある

会社員SEの場合でも、昇格することによってある程度の裁量権が認められますが、フリーランスの場合は裁量権は全て自身にあります。

自分の希望内容でクライアントと契約が結べれば契約内であれば、自由な働き方ができます。

節税可能

節税に対しては少し触れましたが、働く以上切っても切れないのが税金です。

税金は所得に応じて支払う金額が決定します。

会社員の場合は、この所得を自分で調整することは出来ませんが、フリーランスの場合は確定申告で税金対策を行うことで、申告する所得を調整することが出来ます。

もちろん虚偽の申告をした場合は、非常に重いペナルティーがある為、絶対に行ってはいけませんが、フリーランスとして働く為に必要になった経費や控除を利用することで節税することが出来ます。

また税金が高くなる収入・所得に達しないように案件を受注しないようにする事も自由にできるのはフリーランスのメリットです。

副業可能

日本では多くの企業が会社員に対して、副業禁止にしています。

しかしフリーランスは副業が可能です。

例えばA案件の待ち時間などにB案件の作業を行っても問題ありません。

良くも悪くも36協定などがない為、好きなだけ働くことが出来ます。

デメリット

フリーランスSEとして働く場合の2つのデメリットについて、解説していきます。

安定性・福利厚生が無い

フリーランスSEは営業活動なども自分で行わなければいけない為、会社員に比べて安定性がありません。

また企業や団体と雇用契約を結んでいない為、企業年金・有給・労災などの福利厚生についてもありません。

その為、大病などを患ってしまった場合も収入がゼロになってしまいます。

会社員に比べて個人で保険や個人年金などを手厚くしておく必要があります。

やらないといけない雑務が多い

確定申告などメリットになる点もありますが、SEとしての業務以外にも事務手続き、営業活動、契約書の作成など様々な雑務が多くなってしまいます。

どの作業もフリーランスSEとして働く上では非常に重要なことですが、慣れるまでは中々煩わしく思ってしまう方も多いです。

おすすめ求人サイト

フリーランスSEが案件を受注する方法には大きく分けて2種類の方法があります。

1つ目は人脈を使って案件を受注する方法ですが、これについて、特に詳しい必要はしません。

そしてもう1つが重要な求人サイトを利用する方法です。

フリーランス向けの求人サイトは登録することで、フリーランスとクライアントを結びつけてくれるサービスです。

特にフリーランスSEにおすすめの4つの求人サイトをご紹介します。

ギークスジョブ

出展元:https://geechs-magazine.com/job/

ギークスジョブは求人サイトの中でも他の求人サイトと比べて、フリーランス1名に対して3名体制でサポートしてくれる為、手厚いサポートを受けられます。

また対応地域も地方まで対応してくれる為、都心部にお住まいの方でも利用する価値があります。

アットエージェント

出展元:http://at-agent.jp/

アットエージェントは求人サイトの中でも取り扱っている案件の報酬が高額なものが多く、おすすめです。

特にWeb関係の案件は充実しており、Webプログラマー・Webデザイナーの仕事をしている方におすすめの求人サイトです。

PROSheet

出展元:https://prosheet.jp/

PROSheetは週2などの少ない出勤日数の案件もあり、自由な働き方をしたい方におすすめの求人サイトです。

また出勤日数が少ない案件だけでなく、高度な技術を求められる高額報酬の案件も取り扱っており幅広いフリーランスが利用する価値のある求人サイトです。

レバテックフリーランス

出展元:https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランスは求人サイトの中でも求人数が充実しており、クライアントとなる企業と直請の案件が多い為、平均して高額報酬が設定されています。

フリーランスとして案件を受注するのであれば、登録だけでもしておくことをおすすめします。

まとめ

今回はフリーランスSEの実態について、解説してきましたが、いかがでしたか。

フリーランスSEと聞くと夢のように自由な働き方が出来ると思っている方も多いですが、デメリットも少なくありません。

その為、フリーランスSEはやりがいはありますが、しっかりとメリットとデメリットを把握して、対応しなければいけません。

またフリーランス全体に言えることですが、案件が受注できない状態を避ける為に今回ご紹介したフリーランス向けの求人サイトに複数登録だけでもしておくと生活に困る可能性はかなり低くなります。

簡単にまとめるとメリットとデメリットを整理して求人サイトに登録さえしておけば、他はご自身のプログラミングなどの技術と強いメンタルさえあれば十分生活はしていくことが可能です。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

12月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月受入枠は満員となっております。12月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

【インタビュー】いずれはフリーランスを目指し、エンジニア転職に成功

時間や場所にとらわれない自由な働き方を目指し、WebCampでプログラミングを学び、将来のフリーランスに向け、見事エンジニア転職を果たした星野さんのお話を伺いました。

いずれはフリーランスになりたい

会社に限られない個人としてのスキルを身に着けたい

と考えている方は、ぜひお読み下さい。

時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
2018-01-26 13:03
今回の記事では、WebCampに1ヶ月間通い、未経験からエンジニアとして転職した星野さんにお話を伺いました。 <プロフィール> 星野 智洋 さん(25) 学生時代は日本大学芸術学部...
関連キーワード
フリーランスの関連記事
  • フリーランス人口が増加している理由とは?働き方別の年収比較!
  • フリーランスでも福利厚生は利用できる?経費にはできるのか?
  • 【案件をゲットする!】フリーランスデザイナーはサイトでアピールするべき
  • フリーランスのつらい現実と不安はどのように改善する?
  • フリーランス単価の決め方や稼げる単価はどこで見つける?
  • ダブルワークで収入アップしよう!フリーランスとアルバイトの違い
おすすめの記事