• WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

Web Camp【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でWebサービス等作りたい方
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WebCampPro転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアを3ヶ月で目指すプログラミングスクールです。
9月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
8月受入枠は満員となっております。9月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

皆さんはフリーランスになる為に必要なものについてご存知ですか?

働き方改革やIT技術の発展により昔に比べて、フリーランスとして働ける職種が増えることによりフリーランスになる人口が年々増加しています。

そこで今回はフリーランスになる為に必要なことについて、詳しく解説をしていきます。

必要な書類

フフリーランスになる為に必要な書類について解説していきます。

開業届は必須ではない

フリーランスとして働く上でよく勘違いされるのが、開業届です。

実は開業届を提出しなくてもフリーランスとして活動することは可能です。

しかしフリーランスが開業届は必須ではありませんが、非常に多くのメリットがあります。

逆に開業届を提出するデメリットは開業届けを書くのが面倒なだけです。

提出するメリットは?

それでは開業届を提出するメリットについて、詳しく解説をしていきます。

開業届けを提出することにより、青色申告で確定申告が出来るようになります。

青色申告は控除額65万円あり、専従者を取ったり、3年までの赤字を繰り越すなど多くのメリットがあります。

また青色申告以外にも屋号の取得なども行えます。

屋号を取得することにより名刺に屋号を書いたり、屋号で銀行口座を開設することも可能になります。

税金

フリーランスとして働く上で職種にもよりますが、税金関係では源泉徴収が必要になります。

また確定申告書、青色申告決算書などと合わせて確定申告を行います。

この確定申告により税金額が確定します。

また国税届出・地方税届でが必要についても必要になります。

年金

フリーランスになる際に厚生年金から国民年金に切り替える必要があります。

社会保険の資格喪失書・離職・退職証明書などを準備して切り替え手続きを行う必要があります。

あると便利なツール

ここからはフリーランスになる為の手続きではなく、フリーランスとして活動する上で準備することで業務を円滑に遂行することが出来るようになるツールについて、ご紹介していきます。

サイト・メールアドレス

フリーランスとして活躍する場合に準備した方が良いのが、サイトとメールアドレスです。

フリーランスとしての営業活動を行う場合、自サイトがあるのと無いのでは営業先から得られる信頼感に違いがあります。

またフリーランスの中でもWebデザイナーやWebプログラマーと言った職業の場合は、実力を証明するのにも使えます。

更にメールアドレスはgmailやYahooメールなどのフリーメールは相手に悪い印象を与えたり、大手企業などの場合はフリーメールアドレスからの送受信が制限されていることも少なくありません。

多少費用はかかりますが、屋号などの独自ドメインを取得するのがおすすめです。

 名刺・印鑑・請求書のテンプレ

次に準備をしておいた方が良いのが、名刺・印鑑・請求書のテンプレートです。

名刺を準備する時のポイント

名刺を準備する時のポイントとしては、記述する項目とデザインです。

会社員の場合、名刺は企業側が準備してくれたり、またはテンプレートから部署と名前を変えて印刷する程度ですが、フリーランスの場合名刺は自分でデザインして作る必要があります。

そこで名刺に記述する内容としては屋号・氏名・連絡先・住所・肩書きを記載することで、最低限相手から信頼を得られる上に、継続して案件が貰える可能性が高くなります。

また印象を残す為にも少し攻めたぐらいのデザインがおすすめです。

可能であれば、紙質についてもコート剤を利用した物を使うことで、相手への印象が変わってきます。

印鑑を準備する時のポイント

会社員の場合は社内手続きの際に少し利用するだけですが、フリーランスの場合はクライアントとの事務手続きを全て自分で行う必要があります。

その為、印鑑は開業する前に準備しておくことをおすすめします。

またシャチハタは原則NGです。

印鑑は何度も購入するものではないので、少し値段が高いものを利用すると見栄えがよく取引先への印象が変わってきます。

請求書のテンプレを準備する時のポイント

開業後はさまざまな手続きなどにより雑務が増える為、特に事務手続きに時間を取られることが多いです。

またフリーランスは企業と直接取引をする場合、請求書を出し忘れると報酬を受け取れるのが、1ヶ月以上先になってしまいます。

スムーズに手続きを行っても企業側からフリーランスに報酬が貰えるのは、翌月または翌々月が多く起業してから1ヶ月~2ヶ月程度は収入がない状態になります。

この状態で請求書を期限までに出せない場合、更に報酬が手に入るのが遅くなるのは死活問題になりかねません。

使用する書類がわかっている場合は、全てテンプレを準備することをおすすめしますが、最低でも請求書は準備することをおすすめします。

準備すべきスキル

フリーランスとして開業前に準備する物としは解説をしたので、ここからは実際にフリーランスとしてある程度の収入を確保する為に事前に習得しておくべきスキルについて、解説をしていきます。

スキル自体の必要性やフリーランスの中でも代表的な職種で必要になるスキルを個別に解説していきます。

 スキルをつけておく必要性

まずスキルの必要性についてですが、スキルを身につけておくべき理由としては大きく分けて2つあります。

1つ目はフリーランスは仕事を受注出来なければ、収入としてはゼロになってしまいます。

全ての案件ではありませんが、フリーランスとして収入を確保する為の案件には応募条件に実務経験やスキルを指定されていることが多いです。

2つ目はスキルが必要な案件の方が圧倒的に報酬がよく、スキルが必要ない案件は報酬が低く設定されています。

収入アップを目指す為にも専門的なスキルの習得は非常に重要です。

またクライアントの中には実務経験やスキルがなくても受注できる案件もありますが、スキルがない方が仮に受注できても学習しながらでは効率が悪いものが多く、最悪納期をまもれずに報酬の減額や損害賠償問題になる可能性もある為、注意が必要です。

 ライターに必要なスキル

フリーランスの中でもライターの仕事をしている方は多くいらっしゃいます。

ライターは未経験者でも案件を受注することが出来る為、フリーランスの中で人気の職種です。

しかし実際フリーランスライターとして案件を受注するのは簡単でも、生活費を稼げるようになる為には習得するべきスキルもあります。

最低限必要な物はキーボード入力が出来ることです。

それに加えて文字単価が良いジャンルの知識が必要になります。

文字単価の良い代表的なジャンルには金融やプログラミング技術などが上げられます。

専門的な知識や最新の情報が必要なジャンルの為、報酬が高くなっており、上記のようなジャンルであれば、フリーランスライターとして生計を立てて行くことも可能です。

逆に誰にでも執筆が出来るジャンルについては、文字単価が低く、安定した収入を維持することは困難です。

 デザイナーに必要なスキル

フリーランスデザイナーの仕事をする為に必要なスキルは、Adobe製品のPhotoshopとillustratorは必須になります。

またWebデザイナーの場合は上記に加えてHTML・CSSのスキルについても、必須と言って過言ではありません。

近年ではCMSとしてWordPressが大きなシェアを持っており、WordPressを使用しているクライアントからの受注が非常に多いため、基本的な使い方についてはスキルを習得しておく必要があります。

 エンジニアに必要なスキル

フリーランスエンジニアとして働く場合に必要になるスキルは、プログラミングスキルです。

エンジニアとしてフリーランスで受注できる案件の多くは、システムの開発または改造の案件が中心となる為、需要の高い言語を1つまたは2つ習得しておく必要があります。

特に需要が高いプログラミング言語はJava、PHP、JavaScript、Pythonがおすすめです。

また最低限基本的なSQLについては、習得が必要です。

更に元から使える方も多いですが、Office製品のWord・Excel・Access・PowerPointもエンジニアには必須のスキルです。

システムエンジニアやプログラマーと聞くとプログラミングだけをやっているイメージを持たれがちですが、実はプログラミングを作っているのは仕事の7割程度で3割以上はWordやExcelを使って仕様書を作成したり、プレゼンなどで使う資料を作成するのが仕事です。

覚悟すべきリスク

ここからはフリーランスとして起業する前にリスクをとして覚悟しなければいけない事があります。

フリーランスとして起業を考えている方は、リスクについても事前に把握しなければいけません。

仕事がすぐに取れるとは限らない

フリーランスとして起業してもすぐに仕事が取れるとは限りません。

また事前に仕事を貰える予定だったものが、延期になったり反故になるケースも少なくありません。

フリーランスとして起業を考えている方で現在会社員として働いている場合は、最悪のケースを考えて3ヶ月程度は仕事が取れなくても生活できる様に蓄えておくのもおすすめです。

フリーランスとして働く以上は、起業後を乗り切ってもいつ仕事が途切れてしまうかわからない為、ある程度仕事が途切れても問題がない蓄えは必要です。

在宅のみでの高所得は難しい

フリーランスの主な働き方として、出向型と在宅型があります。

在宅型の方が働き方としては自由度が高いのですが、出向型に比べて高所得は難しい傾向にあります。

理由としては在宅型の案件は出来高制の為、どうしても一人で出来る生産量が全てになってしまいます。

それに対して出向型の場合は、出来高制の案件もありますが、プロジェクトリーダーなどの役割や時間に対して報酬が支払われる為、実績などで高額報酬を貰うことが出来るからです。

また交通費1つとっても見積もり時点では飛行機代を通常料金で取って、早割りなどで差額を設けられたりと収入を増やせる機会が多い傾向にあります。

更に在宅型の場合、誘惑なども多いことから仕事に集中できないケースも多く、結果として所得として1,000万円を超えられる方は多くありません。

登録すべき求人サイト

フリーランスの場合、一番気をつけないといけないのは案件を途切れさせてしまうことです。

いくらすごいプログラミング技術を持ったフリーランスエンジニアでも案件が途切れている間は、収入がゼロの無職の方と同じになってしまいます。

そこで案件を途切れさせない為には求人サイトが必要不可欠です。

求人サイトはクライアントとフリーランスを結んでくれるサイトで、出向型の案件も在宅型の案件も多数公開されています。

求人サイトの中でも登録すべきサイトについて、ご紹介します。

クラウドワークス

出展元:https://crowdworks.jp/

クラウドワークスはフリーランス向け求人サイトの中でもクラウドソーシングサイトです。

クラウドソーシングサイトはクライアントがサイト上に案件内容を提示し、それに対してフリーランスがクライアントに応募またはプレゼンをして案件を受注する仕組みです。

案件受注後から納品までを行うことで、報酬が支払われる仕組みです。

クラウドワークスはクラウドソーシングサイトの中でも非常に有名で、案件数もトップクラスです。

案件の業種もプログラマー、ライター、デザイナーと幅広く求人があります。

ランサーズ

出展元:https://www.lancers.jp/

ランサーズはクラウドワークスと同様クラウドソーシングサイトの1つです。

クラウドソーシングサイトの中ではクラウドワークスと方を並べるトップクラスのサイトで、フリーランスの方であれば、登録しておくことをおすすめします。

クラウドワークスとの使い訳は特に必要ありませんが、両方に同じ案件を載せているクライアントもいれば片方にしか案件を載せていないクライアントもいる為、案件を探す時は両方確認するのがおすすめです。

レバテックフリーランス

出展元:https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランスはエージェント型の求人サイトです。

エージェント型の求人サイトでは、フリーランスとクライアント間の交渉やフリーランスのサポートをエージェントと呼ばれる求人サイトスタッフが行ってくれます。

自分にあった求人を探してくれたり、クライアントとの顔合わせなどの調整までサポートしてくれる為、業務だけ集中することができます。

レバテックフリーランスはエージェント型求人サイトの中でも、直請の案件が多いことから報酬が他のエージェント型求人サイトよりも比較的高く設定されている案件が多く、おすすめです。

アットエージェント

出展元:http://at-agent.jp/

アットエージェントはレバテックフリーランスと同様エージェント型求人サイトの1つです。

レバテックフリーランスとの違いはWeb業界の案件に特化している点です。

エージェント型求人サイトは担当になるエージェントのアタリ、ハズレが激しくなりがちですが、アットエージェントであればWeb案件に特化している為、WebデザイナーやWebプログラマーの方に非常におすすめです。

まとめ

今回はフリーランスになる為に、準備することについて、詳しく解説してきましたが、いかがでしたか。

フリーランスの自由な働き方に憧れる方もいらっしゃいますが、会社員の頃には行う必要がなかった雑務なども増えてしまいます。

フリーランスとして起業することは簡単ですが、安定した収入を維持する為にはさまざまな努力も必要になります。

フリーランスを目指す方は、メリット・デメリットを理解した上でシミュレーションなどを行い計画を立てることをおすすめします。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

8月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
7月受入枠は満員となっております。8月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

【インタビュー】いずれはフリーランスを目指し、エンジニア転職に成功

時間や場所にとらわれない自由な働き方を目指し、WebCampでプログラミングを学び、将来のフリーランスに向け、見事エンジニア転職を果たした星野さんのお話を伺いました。

いずれはフリーランスになりたい

会社に限られない個人としてのスキルを身に着けたい

と考えている方は、ぜひお読み下さい。

時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
2018-01-26 13:03
今回の記事では、WebCampに1ヶ月間通い、未経験からエンジニアとして転職した星野さんにお話を伺いました。 <プロフィール> 星野 智洋 さん(25) 学生時代は日本大学芸術学部...
関連キーワード
フリーランスの関連記事
  • フリーランスの職業欄はどう書くの?開業届と確定申告の記入方法解説
  • フリーランスが気になる雇用保険。失業保険を受給できるの?
  • フリーランスの悩みの一つの孤独。悩む前に対策をしよう
  • フリーランスから正社員への転職は難しい?失敗しない履歴書、面接解説!
  • フリーランスでビザを取り、海外で活躍に出来る!今一番アツい国はどこ?
  • 【初心者必見】フリーランスになる前に押さえておきたい手続き解説!

当サイトで人気のオススメ転職サービスTOP3

1位 マイナビエージェント×IT

おすすめポイント

・平日忙しい人も、土曜日開催の個別キャリア相談会に参加できる

・職種や仕事内容(要件定義、上流工程から携わる仕事など)の要望が細かくできる
・マイナビの規模を活かした豊富で幅広い求人数

マイナビエージェント×ITの登録はこちら

2位 レバテックキャリア

おすすめポイント

・求人登録数4,000件以上

・エンジニア未経験、経験者両方に対応

・有名企業の採用担当者インタビューがみれる

・一次面接NGからの内定実績もあるほど、内定率が高い

レバテックキャリアの登録はこちら

 3位 type転職エージェント

おすすめポイント

転職者の71%が年収アップ

・IT系企業、特にエンジニアに限らず営業職の求人も充実している

各職種専門の転職アドバイザーが援助

type転職エージェントの登録はこちら

おすすめの記事
Ruby
プログラムでデータを扱うとき、不正なデータや誤差の大きいデータなど、無意味なデータが含まれていることは少なくありません。そのため、与えられた...