• WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
12月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月生は満員となっております。12月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

フリーランスで働こうと考えている方にとって、定年後の生活がどのようになるのか不安に感じている方はいませんか?

以前よりも、定年まで会社員として勤め上げる働き方が当たり前ではなくなってきています。

その理由に、フリーランスで働く人が増えてきているということが挙げられますが、自由業と言われるだけあって定年後に訪れるメリットデメリットもあります。

そこで今回は、フリーランスで働く人の定年後、どのようなメリットデメリットが見られるのかご紹介していきます。

フリーランスとして働くには

特定の企業や組織に所属せずに、自身の技術によって業務を請け負っていくことをフリーランスと言います。

一般的には自由業という枠組みになることが多いのですが、個人事業主として登録し働くケースがほとんどです。

フリーランスとして働く人は、専門性が高いためクリエイティブな職種に就く場合が多いでしょう。

カメラマンや脚本家、デザイナー、アナウンサー、コンサルタント、プログラマー、ライターなどの肩書きを名乗っている人はフリーランスと言えます。

派遣社員や日雇いで働いている人は、個人で雇用主や派遣先と契約している場合もフリーランスの扱いになりますが、派遣会社や仲介業者を通じて働いている人はフリーランスとは言えません。

では、フリーランスで働くメリットデメリットとはどのようになっているのでしょうか。

フリーランスの定年後のメリット

フリーランスの最大の特徴は、自身の持つ能力や技術を活用すれば、自由に仕事ができるということです。

一般の会社員は、定年を迎えた時期に仕事を退職し老後の生活を歩んでいくことになります。

しかし、フリーランスの場合は、会社員のようにいつまで働くという期間が定められていないため、自分の思うように仕事を進めることができます。

企業契約を結んでいる場合は、自分自身で仕事の内容を選ぶこともできるので、仕事量を調節できる場面もあることでしょう。

この他、定年後のフリーランスのメリットはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

定年を自分で決められるので長く働くことができる

フリーランスで働く人は、働き方を自由に選択することができるので、定年という概念がありません。

極端なことを言うと早々にリタイアする人もいますし、死ぬ直前まで働くこともできるでしょう。

老後でも働こうと思えば、稼げる力や能力があるので社会貢献できることがあるというのは嬉しいことです。

長く働けることで定年後の資産が増える

フリーランスは自分次第で資産をいくらでも増やす方法があります。

実力をつけたフリーランスの人は、会社員よりも高額な収入を得る可能性が高く、営業力やスキルのレベルアップができればさらに高収入な仕事ができるようにもなります。

老後の準備ができれば漠然とした不安もなくなりますし、安定した生活が送れる安心感も生まれることでしょう。

定年後、年金に頼った生活をしている人に比べて、目の前の仕事に打ち込むことができ、自分自身のモチベーションアップにもつながります。

人生設計を自由に決めることができる

契約先の仕事が終わった後は、長期休みを取りスキルアップするための時間を作ったり、国内や海外旅行に出かけ充電したりする方も多いようです。

自分のやりがいや社会貢献を維持するために、定年後も働き続けたいと思う方も多いのではないでしょうか。

会社員の場合は、定年を境に心身共に急な変化が訪れバランスが取れなくなってしまうことが多いのですが、フリーランスの場合はこれまでの延長戦で働いていくことになるので、精神的にも体力的にも衰えを感じる場面が少ないとも言われています。

高齢者になれば活動量を一定に保つことは難しいかもしれませんが、将来の人生設計を自分で調節していきながら自由に決めていくことができます。

フリーランスの定年後のデメリット

フリーランスは自分のペースで自由に年齢制限なく仕事を続けられる権利を持っています。

その分、定年を迎えても働かなくてはいけないといった別のリスクを持って生きていくことになります。

では、フリーランスのデメリットとは何なのでしょうか。

収入が不安定になる

フリーランスになること自体は、誰にでも簡単にできることかもしれません。

しかし、定年後生活していける収入を得ていくためには、相当な努力が必要になってくるでしょう。

クライアントから仕事をもらうために営業に出て、自身の実績をアピールしにいかなければ仕事が減ってきてしまうかもしれません。

フリーランスとして働く人が増え続ければ、その分競争率や実績が問われることにもなるでしょう。

退職金がない

フリーランスは会社に属する場合と違って、退職金がありません。

会社員として働いていれば会社の規模や勤続年数によって金額は異なりますが、支給されるケースがほとんどです。

しかし、フリーランスの場合は退職金がないところから定年を迎えることになるので、会社員よりも1000万円近い資金がないところからスタートすることになるでしょう。

社会保障が少ない

フリーランスは、退職金だけでなく雇用保険等の適用や福利厚生による待遇にも会社員と比べて大きく違うところです。

健康保険は全額を自己負担しなければならないところもありますし、フリーランスは厚生年金に加入することが原則できないため年金支給額も一般の会社員に比べて圧倒的に少なくなるでしょう。

フリーランスが定年後に取り入れるべき対策

フリーランスのメリットデメリットを踏まえて、定年後の資産を増やすにはどのような対処をしていけば良いのでしょうか。

ここで、定年後フリーランスで働く人が取り入れるべき対策をご紹介します。

付加年金で資金を増やす

1年間の国民年金保険料に400円プラスするだけで、将来受け取れる年金額が増える仕組みになっています。

付加年金の保険料を支払うことによって、所得税や住民税が安くなるメリットがあります。

国民年金基金に加入する

国民年金基金とは、国民年金に資金を上乗せしていく公的な年金制度のことを言います。

付加年金よりも掛金が多くなる分、税金面のメリットが大きくなるので将来受け取れる資金が大きくなります。

自分で運用して年金を作る

最近は、自分で運用して年金を作る制度「iDeCo(イデコ)」を利用した個人型の確定搬出年金をする人が増えてきました。

フリーランスのように、年金受取額が少ない人は自分の運用次第で多くの年金を受け取ることができます。

生涯収支を算出してみよう

フリーランスで働く場合、メリットもありますが収入が不安定になることや退職金がないなどのデメリットもあります。

そのため、老後に不安を抱えることもあるでしょう。

老後の不安を少しでも解消するために、生涯収支を算出し老後までにいくらお金が必要になるのか計算をしていくと生活の計画が立てやすくなります。

生涯収支の算出方法を簡単に解説すると、「生涯賃金-見込まれる支出=生活費」となります。

生涯賃金は、手取り収入となりフリーランスで得ることが予測される賃金を算出し、それに加えて公的年金や援助のほか、子どもがいる場合には児童手当なども含みます。

見込まれる支出は、月々に支払うことが予測される支出です。

住宅ローンや教育費、医療費や介護費などが含まれるでしょう。

収入から支出分をマイナスすることで生涯に掛かる食費や光熱費などの生活費や貯蓄などを算出することができるのです。

生涯収支を算出する際には老後の資金について考えることも大切でしょう。

老後の資金について

老後に夫婦2人で生活するためには最低でも月に23万円程度必要になると言われています。

ゆとりのある生活をしたいのであれば月に38万円程度必要になると生命保険文化センターによる調査結果で出ているのです。

例えば、60歳から85歳まで生きたとすれば最低でも6,900万円程度の生活費が必要となり、余裕のある生活の場合1億1,400万円生活に必要となるのです。

年金に関しては今後減額することが考えられ、年金だけで生活していくことは考えない方が無難です。

また、高齢者になれば病気になることで入院が必要になることや介護が必要になることで老人ホームへの入居を余儀なくされる可能性もあります。

そうなるとさらに支出が多くなるので老後を快適に暮らすためには、自分の賃金を増やすか支出を減らして生活するしか方法がなくなってしまうのです。

生涯収支を考えた際に老後の資金について一緒に考えることで、自分が貯めなくてはいけないお金を算出することにもつながるので、今からでもしっかりと考えることが大切です。

エンジニアは定年が早い?

生涯収支を算出する際には、定年についても考えていかなければいけません。

フリーランスは定年を自分で決めることができるので長く働けるという考えもあるのですが、エンジニアの場合は意外にも定年が早く訪れる可能性があるのです。

その理由を解説していきましょう。

体力の衰え

エンジニアに体力は必要ないと考えている人もいらっしゃるかと思いますが、エンジニアの仕事は納期に追われているため、やむを得ず不規則なスケジュールで仕事を進めていくことが予想されます。

デスクワークが中心となるので体力不足となり、過酷なスケジュールを乗り越える身体の余裕がなくなってしまうのです。

また、生活が不規則になるので食生活でも心配なことが増えていきます。

忙しいとバランスの悪い食事やファストフードを食べることが増え、健康状態が悪くなってしまうのです。

すると、病気に罹ってしまったりするなど体力の衰えを早い段階で感じることも多く、エンジニアとして働き続けることができなくなってしまいます。

知識の負担が多い

IT業界は流行の移り変わりが早いと言われています。

そのため、エンジニアは常に最新の知識や技術を持っていることが不可欠となります。

知識をアップデートするためには、日々学習することが大切となるので歳を取るにつれて学習を行うことに負担を感じてしまうことも多いのです。

フリーランスが今読んでおきたい、おすすめ書籍

上記のような問題があることでエンジニアは定年が早いとされています。

生涯収支を考える際には生涯賃金についても算出することになりますが、生涯現役で働き続けようと思っていてもエンジニアの場合は自分が思っているよりも早く定年を考えることが予測できます。

働けるうちに多く稼ぎ体力不足がある場合には運動をするなどして体力をつけるなど、工夫をすることも大切となるでしょう。

また、定年後に生活が困難にならないよう老後前には準備をすることが必要です。

そのためにも参考になる書籍があるので、いくつかご紹介していきましょう。

老いる準備 介護することされること


東京大学大学院人文社会系研究科教授の上野千鶴子氏が描いた書籍で老後や介護、自律やケアワークなどについて記しています。

老後に向けての準備や心構えなどが掲載されているので、自分が老いる前にどうすれば良いのか参考になる書籍となっているでしょう。

おひとりさまの老後


老いる準備 介護することされることを描いた上野千鶴子氏による書籍でベストセラーとなっています。

住む家や介護についてなどが記載されているので、生涯収支を算出する際にも役立つ書籍となっており、安心して老いるための参考書として活用できるでしょう。

老後破産:長寿という悪夢


都市部を中心に急増している老後破産について描いた書籍で実態や予防策について記してあります。

フリーランスとして働くにあたっては、老後に必要な貯蓄ができない可能性もあります。
現実で起こり得る問題を考えることでフリーランスとして働く意欲を導き出すことにもつながります。

マンガ 自営業の老後


イラストレーターとして働く上田惣子氏が描いた書籍でフリーランスとして働いている人たちに役立つ一冊となっています。

難しい年金や税金に関してもわかりやすく記してあるので読みやすく、生涯収支についても描いてあるので参考になるでしょう。

下流老人 一億総老後崩壊の衝撃


生活保護基準相当で暮らす高齢者やその恐れがある高齢者、いわゆる下流老人が日本に大量にいるとして問題提起している書籍です。

下流老人の現実やパターンが記してあり、下流老人にならないための自己防衛策を知ることができます。

年収400万円以下のフリーランスである場合、下流老人になる可能性もあるので注意が必要です。

フリーランスは自分の時間があり、人生設計も自分で自由に決められる魅力があるのですが、デメリットがあることで老後に対する不安も多いです。

エンジニアは定年が早いと言われるので、定年後の対策やおすすめの書籍を参考にして老後に向けて工夫や対策を施していきましょう。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

12月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月受入枠は満員となっております。12月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

【インタビュー】いずれはフリーランスを目指し、エンジニア転職に成功

時間や場所にとらわれない自由な働き方を目指し、WebCampでプログラミングを学び、将来のフリーランスに向け、見事エンジニア転職を果たした星野さんのお話を伺いました。

いずれはフリーランスになりたい

会社に限られない個人としてのスキルを身に着けたい

と考えている方は、ぜひお読み下さい。

時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
2018-01-26 13:03
今回の記事では、WebCampに1ヶ月間通い、未経験からエンジニアとして転職した星野さんにお話を伺いました。 <プロフィール> 星野 智洋 さん(25) 学生時代は日本大学芸術学部...
関連キーワード
フリーランスの関連記事
  • フリーランス人口が増加している理由とは?働き方別の年収比較!
  • フリーランスでも福利厚生は利用できる?経費にはできるのか?
  • 【案件をゲットする!】フリーランスデザイナーはサイトでアピールするべき
  • フリーランスのつらい現実と不安はどのように改善する?
  • フリーランス単価の決め方や稼げる単価はどこで見つける?
  • ダブルワークで収入アップしよう!フリーランスとアルバイトの違い
おすすめの記事