【初心者必見!】プログラミングに必要なフローチャートを解説 | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【12月枠も残りわずか】転職保証コース

【初心者必見!】プログラミングに必要なフローチャートを解説

勉強

IT業界で活躍するために、フローチャートを作成させる能力を身につけたいという方はいませんか?

プログラミングフローチャート初心者は、プログラミング作業をする上でフローチャートの基礎から学ぼうとする人がほとんどです。

フローチャートとは、あらゆる作業の動きや流れを図面化したもので、作成することによって作業開始から終了までを一気に視覚化でき、段階的に作業手順を明示することができます。

ここでは、フローチャートの基礎や作成方法、おすすめのツールなどをプログラミングフローチャート初心者のためにご紹介していきましょう。

プログラミングで使用するフローチャートとは

最初に、プログラミングに使われるフローチャートの特徴についてご紹介します。

フローチャートとは、プログラムの流れを構成するための図解術のことです。

流れ図という言い方もあり、直感的に設計を理解できるといった特徴があります。

IT業界で活躍するプログラマーやシステムエンジニア教育の場では、必ず習うと言われる基礎知識です。

フローチャートは、「プログラムの概要ロジック」「プログラムの詳細ロジックの設計」「業務フローの可視化」などに利用されるケースがほとんどです。

若手のプログラマーやエンジニアは教育の一環として、フローチャートの作成指示を受ける場面が多くなるでしょう。

なぜフローチャートが必要なのか

ベテランのプログラマーであればフローチャートを作成しなくても、自然に頭の中でプログラミングを構成することができます。

しかし、プログラミング初心者の場合はフローチャートを書くことによって、3つのメリットを獲得することができます。

ここで、フローチャートを作成する3つの目的を見ていきましょう。

プログラムの品質向上が図れる

図面化で作成されるフローチャートはプログラムの全体像が明確になるため、設計漏れやバグを軽減できます。

正確な設計ができていなければその後に修正作業が必要となり、プログラミング作業に多くの時間を費やしてしまうことになるでしょう。

他者のフローチャートを比較し、事前レビューすることで品質を向上させることも可能です。

プログラミング速度が上がる

しっかりとした設計をあらかじめ作成しておくことによって、効率的にプログラムを書くことができます。

無計画の旅行よりもプラン通りに旅をした方が、最終目的を達成させることができます。

ノープランな旅行ほど遠回りしたり、行かなくても良い場所に立ち寄ってしまったりすることも多く、プログラミングにおいても同様のことが言えるでしょう。

計画(フローチャート)をしっかり作成しておけば、計画通りの流れに沿って言語や翻訳などの作業に集中することができ、結果的に早さにもつながります。

若手プログラマーのプログラミング速度を上げるには、フローチャートを書くことが最も有効な手段とも言えるでしょう。

作業後の動作チェックやアップデートに役立つ

フローチャートを作成すると、プログラム全体が明示され、作業にかかる際に次の動きや手順を意識しながらプログラミングができます。

本来必要とする機能を付け忘れるといったことも回避できるでしょう。

また、フローチャートはプログラミング作成時の動作チェックにもなります。

プログラム運用後の、動作改善のためのアップデートに活かすことができるでしょう。

フローチャートの基本的なルールと書き方

フローチャートは、決まった記号を組み合わせて作成しますが、この記号を間違って使ってしまうと全く別の意味になってしまうので要注意です。

・開始/終了
・処理
・条件分岐
・定義済み処理
・ループの開始
・ループの終了
・入出力
・結合子
・外部結合子

これらの代表的な記号の意味と基本の型を覚えておけば、フローチャートを作成することができます。

フローチャートには必ず始まりと終わりがあり、その中で処理を記述していくことが基本的な流れです。

また、処理を記述する際には「順次構造」「選択構造」「反復構造」による表現方法を使用します。

順次構造

順次構造とは上から順番に処理をしていく方法で、実行する手順を上から並べていく単純な構造で成り立っています。

四角と線だけで表現され、フローチャートの典型例として使用されることが多いです。

選択構造

処理を選択して実行させる手順を選択構造と呼びます。

フローチャートの選択構造部分は、プログラミングのif文に該当します。

主にひし形で表現するのが一般的ですが、右や下に配置しても構いません。

反復構造

同じ処理を何度か繰り返し行う手順が反復構造です。

whileやforがこれに該当し、表現としてはループして戻ってくるという特徴が見られます。

フローチャートを作成する場合に必要なことは、最初に人間だったらどうするのかを考えることです。

面倒なプログラムを作成してほしいという要望があった場合は、まず人の手でどのような作業が行われるかを細かく考えていきます。

これを「作業手順」または「業務マニュアル」と呼ばれていますが、フローチャートの原型でもあります。

そして、この作業をコンピュータにさせたらどうなるかということを考えていきましょう。

コンピュータでできることと、人間にできることは必ずしも一緒とは限りません。

人間がコンピュータに作業させることを考えると、手作業よりかなり多くの手順が必要になってきます。

ですから、フローチャートが表す図面をそのまま解釈するのではなく、これを大元にプログラミングしていくという意識が大切です。

フローチャートの作成に便利なツール

フローチャートを作成するにあたり、ツールを役立ててみるのも一つの手段です。

フローチャートを作成するための基本的な図形は、処理が複雑化することによって記号も増えていきます。

一からフローチャートを書くのに自信がない方は、フローチャート専用のツールを活用してもいいかもしれません。

ここで、おすすめのツールをいくつかご紹介していきましょう。

Excelフローチャート作成支援ツール

こちらのツールはExcelのマクロを使ったツールで、Excel上でフローチャートを作成することができます。

作成したフローチャートをWordに貼り付けることもできるので、Offceユーザーには非常に便利なツールです。

URL:https://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se497485.html

Flowchart Excelアドイン

こちらのツールも、Excel上でフローチャートを作成することができます。

使いたい図形のボタンを押すだけで描画できるので、作業効率がかなりアップします。

URL:https://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se497023.html

業務フローチャート簡易作図支援ツール

Excel上で作成するフローチャートツールです。

図形・描画列行を選択して記号内にテキストを入力した後、倍率やフォントサイズなどを設定することができます。

短時間でフローチャートを作成したい方におすすめです。

URL:http://arch.inc-pc.jp/flowchartdraw/index.html

Dynamic Draw

フローチャート専用の作成ツールではありませんが、図形を描画するためのソフトなので、フローチャート作成として活用することができます。

URL:http://www.dynamicdraw.com/jp/

フローチャート作成 流れ図くん

こちらのツールのコンセプトは「タイピングの速度でフローチャートを作る」です。

図形の配置やバランスを自動で調整してくれるので、作成時間を短縮させることができます。

URL:https://www.vector.co.jp/soft/winnt/prog/se504877.html

まとめ

これらのツールは表示された図形ボタンを押すだけで描画ができ、図形の配置を自動でバランスを整えてくれるため作業を効率化させることができます。

何度か使っていくにつれて、フローチャート作成までの流れがスムーズに行えるようになるでしょう。

フローチャートは正しくプログラミングを行うための有効な手段ですが、プログラミングフローチャート初心者がすぐに実践することは難しいでしょう。

まずは、簡単なアルゴリズムを落としこむ練習をしたり、便利なツールを活用したりしながらフローチャートづくりの能力をアップさせていきましょう。

12月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%