◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

インターネットの普及により、日本各地どこに住んでいても自分の好きなことを仕事として選べる時代になりました。

会社や組織に属さず、自分のスキルや得意なことを生かして、プロジェクトごとに契約を結んで働くフリーランスが注目を浴びています。

フリーランスの言葉の意味や向いている人の特徴、フリーランスに必要なスキルについて解説します。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

フリーランスの言葉の意味

「フリーランス」の語源は、中世ヨーロッパまで遡ります。戦闘ごとに契約を結んで戦う兵士を「free(自由)」な「lance(槍を持った兵士)」と呼んでいました。

この言葉が現在まで続き、槍を持った兵士の意味から、仕事をする人という意味として使われるようになりました。

そして特定の企業や団体に所属せず、自らの技能やスキルを提供する事で、社会的に独立した個人事業主や個人事業法人の事を言います。

フリーランスになる意味(メリット)とは?

会社や組織に属さず、自由にあらゆる企業、組織と契約を結んで働くフリーランスにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 副業として始められる

フリーランスは、自由な立場で働くことができるので、いつでも始めることができるのが魅力です。

本業を持っていても、自分の裁量でどんな仕事でも請け負うことができます。

自分の価値観やライフスタイルに合わせて、得意分野を掘り下げることも、広く浅く興味のある仕事を受注することもできます。

副業として収入を得ながらスキルアップでき、起業を目指すことができるのもフリーランスの魅力です。

楽しいと思える仕事や、自分を成長させてくれる仕事だけを請け負うこともできます。

収入を自力で増やせる

会社や組織に属していれば、業績や就業規則に則った昇給が行われるため、自分のスキルや努力が収入に反映されるとは限りません。

フリーランスであれば、クライアントの信頼を勝ち取り、自分で自分をブランディングし売り込むことで、自分自身の価値を高めて収入を増やすことができるのです。

やる気がそのまま収入に繋がるのがフリーランスの強みです。

自由な働き方が実現できる

フリーランスのほとんどは、1時間いくらといった時間給ではなく仕事の成果によって収入を得ます。

何時に起きて、何時から働くか、休日は週に何日かなど、すべて自分の裁量で決めることができます。

自分のスキルや仕事のスピード、受注する仕事の量を調整しながら、自分らしいライフスタイルを構築することが可能です。

現在、フリーランスの仕事の多くは、パソコンやスマートフォン上のやりとりで行われます。

出社する必要がないので、通勤の時間も不要でミーティーングや会議に時間を取られることもありません。

好きな時に好きなだけ仕事ができるのも、フリーランスの仕事の魅力です。

定年を気にせず働ける

企業や組織は、定年退職の年齢が定められています。

再雇用のある企業も増えてきましたが、収入が半減したり有期雇用であることが多く、働く人にとって必ずしも有利とは言えません。

フリーランスは、能力とやる気が続く限り、年齢を気にすることなく、いつまでも仕事をすることができます。

常にスキルアップを目指すことで、新しい情報にも敏感に対応することができ、自分自身の成長にもつながります。

年齢が上がろうとも、精神的に老け込むことがなく、フリーランスとして常に新しい知識を吸収し、生き生きと働き続けることができます。

フリーランスに向いている人の特徴

フリーランスは、1人で仕事をすることが多い上に、仕事が変わるたびにクライアント企業や担当者が変わります。

そのため、向き不向きのある働き方と言えるでしょう。どのような人がフリーランスに向いているかみてみましょう。

人でも頑張りぬける

1人で考え、調べて答えを出せる人がフリーランスに向いています。

スポーツで言えば、フリーランスはチームプレーが大切な野球の選手よりも、自分をいかにレベルアップさせるかが重要な陸上短距離選手と言えるでしょう。

ちょっと聞いてみたいと思っても、周りに同僚も先輩も上司もいません。

会議もミーティングもありません。

すべてを自分の責任で、考え、調べ、答えを出す力がある人がフリーランスに向いています。

自己責任できちんと仕事ができる

仕事だけでなく、自分のスケジュールを含めたすべてを責任を持って行える人がフリーランスに向いています。

クライアントと契約した納期を必ず守るためのスケジュール管理や、受注する仕事量の調整も重要です。

得意な仕事だから、好きな仕事だからとたくさん引き受ければ良いわけではありません。

万が一突発的な出来事で仕事が滞った時に臨機応変に対応できる能力も求められます。

自分の責任で仕事をするためには、相手の立場になって考えられ、自分のことも主張する必要があります。

自分の能力や仕事の進捗状況を、冷静に客観的に見ることができる人もフリーランス向きです。

気持ちの切り替えが早い

オンとオフの切り替えを素早く行える人や、何があっても冷静に自分をコントロールできる人がフリーランスに向いています。

職場に通勤して仕事をする人は、職場に行くための身支度や通勤時間でオンとオフを切り替えることができます。

しかし、フリーランスの仕事は、自宅ですることも多く、オンとオフの切り替えが難しいと言われます。

自分で、自分のオンとオフを切り替える必要があります。

仕事と仕事の切り替えも大切です。

複数の仕事が同時進行することはフリーランスにはよくあることです。

クライアントごと、案件ごとに気持ちの切り替えが素早くできるほど仕事の能率も上がります。

具体的な職種別、必要スキル

フリーランスには様々な仕事がありますが、一般的にフリーランスとして始めやすい仕事があります。

ライター、デザイナー、プログラマー、販売系、動画編集者の仕事です。

これらの職種は需要も多く、初心者に向いている案件もあります。

それぞれの仕事について、必要なスキルをご紹介します。

これから始めようと思っている人も、今、仕事をしている人も、ぜひ、参考にしてください。

ライターに求められるスキル

ライターの仕事には、文章を書く仕事の他、キャッチコピーを考えるコピーライター、構成案を作る仕事があります。

求められるスキルとして、まず第一は文章力です。

誤字脱字がないことは当然として、読みやすく説得力のある文章力が求められます。

クライアントによって、硬めの文章、語りかけるような文章、ユーモアがあることが第1であるなど、このような文章が欲しい、このようなテーマで書いて欲しいという要望はさまざまです。

どのような要望にも答えられる柔軟な文章力、構成力はもちろん、どんなテーマにも興味を持って取り組むことのできる、好奇心とチャレンジ精神も大切です。

ライターには紙媒体を中心に活動するライターと、Web記事を主に書くWebライターがあります。

紙媒体とWebの両方に記事を書くフリーランスライターも珍しくありません。

紙媒体とWebの記事では求められるものが違っていますので、その違いを理解し適切な記事を書きます。

例えば、紙媒体では紙面の都合上、必要な文字数が決められています。

多くても少なくてもいけませんが、Webライターであれば多少の超過は問題になりません。

Web記事を書くライターであれば、SEOの知識が必要ですし、スピード感も求められます。タイピングの速度を上げるよう常に努力しましょう。

論理的な思考やひらめきも必要になりますので、普段から読書をしたり、ネット上のよくまとまっている文章を読むようにして、たくさんの言葉や表現を身につけ、それを使いこなすために日記やブログを書いて表現力を磨くのもスキルアップには有効です。

デザイナーに求められるスキル

デザイナーの仕事は、バナー制作やホームページデザイン、ロゴ作成、チラシづくりやポスター制作などがあります。

フリーランスとしては、Webデザイナーやグラフィックデザイナーとして活動することが多い分野です。

デザイナーはクリエイティブな仕事です。

日頃から多くの絵画、映画、本や雑誌など創作物に触れることで、感性を磨き、色彩感覚や感受性を養いましょう。

自分のイメージを形や色にできるアウトプット力も大切です。

Webデザインのフリーランスとして仕事をするには、Adobeの画像処理ソフトを使いこなすスキルが必要です。

ソフトにはPhotoShopとIllustlatorがあります。

コーディングが必要になる場合もあります。

HTMLやCSSを使ってデザインをサイトで見られるようにする事で、デザインの加工や編集よりもプログラミングに近い作業です。

コーディングもできれば構成や微細な修正も自分で行うことができ、レイアウトや構成も思い通りです。

Webデザインの仕事では、コーディングもできれば受注も受注金額も多くなります。

ぜひ、身につけましょう。

フリーランスのデザイナーは、自分の個性をアピールするためにも、早い段階でしっかりとしたポートフォリオを作成します。

実務経験を問うクライアントも多いですので、最初は小さな案件も断らず積極的に受注して実績を積みましょう。

プログラマーに求められるスキル

ブログラマーと一言で言っても、その仕事の分野は多岐に渡ります。

家電製品、自動車、IP電話、ルーターやモデムなどに利用される組み込みや制御系のプログラム開発、パソコンやスマートフォンにインストールして使うアプリ開発、企業内のシステムを構築するためのプログラミング、インターネット上のデータ検索システムやインターネットショッピングサイトの顧客管理などもあります。

それぞれの分野ごとに使われる開発言語が違いますので、フリーランスで仕事をする場合は、まずは1つの言語に精通して受注する分野を絞り、徐々にスキルを高めて扱える開発言語を増やすのが良いでしょう

開発言語は日々進化しているので、新しい技術に対応できるように常に勉強を続けて行く必要があります。

組み込み系、制御系のプログラミングでは、製品知識も必要となります。

プログラミングの世界は、常に思いがけないトラブルに見舞われるものです。

どんなトラブルが起こっても、辛抱強く対応できる粘り強さもプログラマーには大切なスキルと言えます。

1人で黙々と作業をするイメージの強いプログラマーですが、フリーランスプログラマーもプロジェクトの一員として働く場合には、周囲のチームメイトとのコミュニケーションを図る必要があります。

 販売系の仕事に求められるスキル

販売系の仕事に求められるのは、豊富な商品知識と商品と顧客を結びつけることのできるコーディネイト力です。

商品は物だけとは限らず、サービスのこともあります。

顧客とコミュニケーションをとり、顧客が何を必要としているのか、必要な物や必要なサービスを購入したり、利用したりしてもらうためにはどうすればいいのかを素早く判断します。

どのようにプレゼンテーションすれば、商品やサービスを顧客が気に入ってくれるのか、相手の求めるものを自分の豊富な商品知識からすぐに取り出せる引き出しの多さと瞬発力が求められます。

人との会話やその人がなにを求めているかを知り、それを提供することに楽しさや喜びを感じる人が販売系の仕事に向いています。

販売系の仕事には、会社が別の会社に販売する場合と、会社が消費者に向けて販売する場合の両方が含まれます。

販売系フリーランスは、どちらにも対応でき、常に流行に敏感であることが求められます。

インターネットだけでなく、新聞やテレビ、雑誌からも情報を得るようにしましょう。マーケティングや在庫管理のスキルも必要です。

動画編集者(youtuber)に求められるスキル

動画編集者は、人を楽しませることの好きな人に向いています。

撮影された動画から、これはという映像を取り出し、見る人が楽しめるようにする仕事です。映像を見て、どこをどのように繋げればインパクトのある動画になるのか、伝えたいことが伝わる動画になるのかを見極めるセンスが必要です。

映画や動画をたくさん見て、センスを磨くことも大切ですし、流行に敏感である必要もあります。

動画編集の仕事は、動画を分割する、つなげる、字幕をのせることが主です。

Adobe PremiereやAdobe Flash、Adobe Photoshopなどのスキルが求められます。

また、動画編集の経験や制作物の提出を求められることもあるので、ポートフォリオを作成しておくと良いでしょう。

エフェクト、文字編集の知識やセンスも大切です。

色彩やデザインについて学ぶことも有益ですし、マーケティングやブランディングのスキルも身につけておくとさらに有利です。

まとめ

フリーランスは、自分で自分の仕事を選べるだけでなく、自分の好みでライフスタイルを作っていくこともできる働き方です。

本業を持ちながら副業として仕事をすることも、子育てや家事、介護をしながら働くこともできます。

地方に住んで、選べる仕事が少ない人にもフリーランスは意味ある仕事を提供してくれます。

自分の時間と能力を最大限に生かすことのできるフリーランスは、今後ますます増えてくるでしょう。

プログラミングスキルを身に付ける事でフリーランスとして高収入を得る事が出来る可能性があります。

プログラミングを学び、新たなキャリアを歩みましょう。

DMM WEWBCAMP/DMM WEBCAMP PROについて

DMM WEBCAMPは1ヶ月でプログラミング・WEBデザインを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。DMM WEBCAMP PROは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事