• WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

Web Camp【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でWebサービス等作りたい方
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WebCampPro転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアを3ヶ月で目指すプログラミングスクールです。
9月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
8月受入枠は満員となっております。9月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

最近フリーランスという言葉をよく耳にしますが、具体的にどのような働き方かご存知ですか?

近い意味でフリーターという言葉もあります。

以下では具体的違い、相違点、メリット・デメリットを解説していきます。

フリーランスとフリーターの違い

フリーランスとフリーター、似ている響きのこの2つ。

それぞれ違う働き方を指していますが、中には混同してしまっている人もいるのではないでしょうか。

共通点や相違点を見て行きましょう。

フリーランスとは

特定の企業や組織に雇用されて働くのではなく、都度の契約によって成果報酬を得て働く働き方のことです。

専門的な知識や技能が求められるスペシャリストです。

フリーターとは

「フリーランスアルバイター」の略で、パートやアルバイト等の非正規雇用で生計を立てている人のことを表します。

契約社員や派遣社員のようにフルタイムで働く非正規雇用の人のことは含める場合もあれば含めない場合もあります。

仕事内容は正規雇用社員のアシスタント業務が主で、給与体系は時間給の場合がほとんどです。

ちなみに会社員とは

企業と雇用契約を結び雇用される働き方で、お給料は月給制や年俸制などの形態があります。

営業等自分の成果が比較的給与に反映されやすい職種もありますが、そうではない職種の方が圧倒的多数のため、働きに見合った給与を得られていない人も多いとされています。

一方で、企業は社員の生活に対して責任を持つため簡単には解雇できないよう法整備されており、ある程度の安定性はあると言えるでしょう。

フリーランスとフリーターの共通点は?

労働時間を自分でコントロールしやすい点

フリーランスもフリーターも、企業に正規雇用されているわけではないので、比較的自分で労働時間を選びやすい点があります。

労働時間を減らすことは収入減に繋がりますので、正社員の人以上に計画をしっかり立てることが求められます。

働く場所も自分で選びやすい点

職種にもよりますが、フリーランスは自分とPC、インターネット環境さえあれば仕事ができてしまう人も多々存在します。

旅行にいった先や帰省しながらいつも通り働くことができてしまいます。

フリーターもどこでも働くことができますが、雇用してくれる人の存在が必要なのでフリーランスに比べると自由度は少し下がります。

それでも正規雇用よりは融通が利くと言えるでしょう。

収入が労働時間で左右されやすい点

正社員のような月給制ではないため、フリーランスもフリーターも仕事が少なかった月は収入も応じて減ってしまいます。

もちろん仕事が多かった月は収入も多くなりますが、安定性には難があります。

社会的に守られづらい点

フリーランスもフリーターも企業に正規雇用されているわけではありません。

正規雇用規雇用は基本的には終身雇用を前提としているため簡単には解雇できないよう労働者が保護されているのに対して、フリーランスやフリーターは簡単に切られてしまうこともあります。

また、産休や育休制度がないのはもちろん、フリーランスの場合は失業保険もありません。

なにかがあったときのために日頃から自分で備えておくことが求められます。

友人や周囲とスケジュールが合わなくなる点

接客業や医療関係などシフト制の勤務体制の職種であれば話は別ですが、多くの企業は土日が休日です。

フリーランスやフリーターは基本的には自分の意思で働く日を決めることができますが、外が混んでいる土日は仕事をして、空いている平日に外へ出掛けるサイクルで動く人が多いようです。

そのため、休みの日にふらっと誰か誘いたいなと思ったとき、企業勤めの友人が多い場合には誘える人が少なくなり、寂しい思いをすることもあるようです。

フリーランスとフリーターの相違点は?

契約の単位

フリーランスが成果物について契約を結ぶのに対して、フリーターは時給での契約、つまりアルバイトやパートとしての雇用契約となることがほとんどです。

例えば、同じライター職のフリーランスとフリーターがいたとして、フリーライターは記事1本いくらという契約を結んで働くことになりますが、アルバイトで雇用されてるライターは記事を何本書いても時給は変わらないということになります。

求められる能力

フリーランスはスポット的に必要な高い専門性や知識・技能を求められています。

例えば、企業のロゴマークの作成などです。プロに頼む必要のあるものですが、クライアント企業はずっとロゴマークを作っているわけではないので、デザイナーを終身雇用するよりもロゴマーク作成に絞って契約を結ぶ方が都合がよく、単発の契約となります。

一方、フリーターは正社員のアシスタント業務を行うことがほとんどです。

基本的には職務内容が定型化されているので誰でもこなすことができますが、その分時給も正社員に比べて低くなりがちです。

フリーランスのメリット、デメリット

メリット

働いた分だけ収入に繋がる

フリーランスは成果物に対して報酬を得るため、案件をこなせばこなすだけ収入に繋がります。

また、知識を身に付けたり経験を積んだりすることで作業速度が上がったり、より報酬の高い仕事を受けることができるようになったりすることもあります。

自分の能力向上も収入増に直結するので、サラリーマンよりも仕事のモチベーションを保ちやすいと言えるでしょう。

デメリット

労働時間に見合った報酬ではないおそれも

正社員は定められた労働時間を越えて働く必要のある場合には残業代が支給されますが、フリーランスは成果物に対しての契約ですので、成果物完成までにいくら働こうと報酬額が変わることはありません。

発注するのはひとつのデザインだけなのに複数パターン作成の必要な案件などもありますが、気がついたら時給100円、などということのないように事前に線引きをしっかり持つ必要があります。

フリーターのメリット、デメリット

メリット

正社員よりも責任が軽い

正社員の補助が業務内容のことが多いため、仕事自体の責任はあまり重くないパターンが多いです。

万が一なにか仕事でミスをしたとしても、アルバイトの責任ではなく社員の責任になることがほとんどです。 

正社員よりも休みやすい

シフト制の勤務であることが多いため、事前に申告しておけばそれに合わせて勤務することが可能です。

時には人が足りない等で休むことのできない場合もあるかと思いますが、それでも正社員よりは希望が優先されることが多いでしょう。

合わなくても辞めやすい

定年まで勤め上げることを想定されている正社員と異なり、アルバイトやパートは一時的なものと考えられているため、辞めることへのハードルも比較的低いものとなっています。

職場の人間関係を理由に転職をする人も多いですが、アルバイト・パートは一時的なものなので無理に合わせる必要もありません。

デメリット

労働単価が低くなりがち

アルバイトやパートとしての契約になるので、時給制での給与体系になります。

地域にもよりますが、最低賃金+α程度の額であることが多いのでフルタイムで働いても、生活できる程度の額にとどまることが多いようです。

有給休暇を取りづらい

アルバイト・パートでも雇用開始から6ヶ月以上経過し、かつ全労働日数の8割以上勤務した場合には有給休暇が発生します。

発生日数は勤務日数によって以下の通り分かれます。

・週に30時間以上の勤務かつ週5日または年間217日以上の勤務:正社員同様の日数が発生します。初年度は年間10日発生し、以降勤続年数に応じて発生します。

・週に30時間未満かつ週4日以内または年間216日以内の勤務:所定労働日数と勤続年数に応じて発生します。

しかし、アルバイトやパートが有給休暇を取得することはまだ一般的ではないようで、取得をすることは難しい状況にあるのが現実のようです。

長期の休みを取りづらい

月給制の正社員と異なり、アルバイトやパートは時給制が基本です。祝日などで職場自体が休みだった場合でも正社員なら給与に変動はありませんが、アルバイトやパートの場合には労働時間の減少であり、収入減に直結します。

正社員よりも責任が軽く辞めやすいという点では長期休暇の取得も可能ですが、収入の面を考慮するとなかなか難しいようです。

年齢を重ねると面接に通りづらくなる

雇用対策法により、年齢や性別等を理由として採用を制限したり差別したりすることは禁じられています。

例外的に、長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、若年者等(おおむね40歳未満、特に35歳未満の若年者)を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用する場合などについては制限が許されています。

パートやアルバイトであっても、長期の案件については上記理由から年齢制限が設けられていることが多いです。

また、フリーターとして年齢を重ねていくと、自分より年下の正社員も珍しくなくなります。

年上のフリーターにはやはり気を遣ってしまい指示を出しづらい等の理由もあり、だんだん面接に通りづらくなる傾向があるようです。

社会的に信用が弱い

フリーターも働き方のひとつであるとは言え、非正規雇用であるという点から社会的信用という点では弱いと言わざるを得ないでしょう。

クレジットカードやローンの審査に通りづらかったり、友人や家族等から心配されたり、結婚がしづらい等のデメリットがあるようです。

フリーターからフリーランスになるには

自由な働き方という点では共通していたフリーターとフリーランスですが、人生を通して考えるとより自由度が高いフリーランスとして働く方が充実した人生を送ることができそうです。

では、フリーランスへ転向するためにはなにが必要なのでしょうか。

得意分野や専門分野があると良い

フリーランスに求められるものは専門性です。

企業にとって、常に必要なスキルを持つ人材はは正社員として雇用する必要がありますが、特定のプロジェクトの時にのみ必要なスキルはその時だけ契約を結ぶ方が効率的なのです。

そのため、フリーランスには一定期間で成果を挙げることが求められるので、正社員のようなマルチ性よりも特定分野の知識や技能が必要とされます。

得意分野、専門分野の市場調査をしておく

企業に雇用されている人であれば年齢や役職が上がるにつれて第一線からはだんだん遠ざかっていきます。

しかし、フリーランスはいつでも自分が最前線です。

流行や技術発展から取り残されないように、日々自主的にその分野の新しい知識を身に付けたり、動向を調査する必要があります。

こんな人はフリーランスに向いている

実際にフリーランスに向いている人はどのような人なのでしょうか。

向上心がある

企業に雇用されている場合、技術担当者と経理担当者、営業担当者等は分かれていることが多いですが、フリーランスはすべてを自分一人でこなす必要があり、自分の専門以外の部分も含めた仕事全体への前向きな姿勢が求められます。

技術だけ担当する場合よりも作業の量としては増えますが、自分の営業が契約に結び付いたときの喜びは一層大きなものとなるでしょう。

スキルや知識を身につけたい

フリーランスは、常に新しい知識を身に付けたり、市場の動向を調査したり、自主的に勉強をし続ける必要性があります。

大変そうに聞こえますが、わからなかったことが解決したり、できなかったことができるようになったりすることはとても面白く楽しいものです。

フリーランスのデメリットのひとつとして、企業勤めの友人と休みが合いづらくなる可能性があるということが挙げられますが、外部の勉強会に参加することで、知識の獲得だけでなく新たな人脈やフリーランスの友人を得ることができる可能性もあります。

また、フリーランスの場合にはそのようにして身に付けたスキルが更なる収入増や時間短縮に結び付くため、成果が目に見えてわかります。

企業で雇用されている場合には新しいスキルが収入増に直結する可能性は比較的低くなるので、やりがいも非常に大きいものとなります。

将来に不安がある

雇用される場合、基本的には定年があります。

60歳から65歳に延びることが決定しましたが、定年自体がなくなることはないでしょう。

90歳を過ぎて生きる方も珍しくない昨今、定年までしか働くことのできない点には非常に不安を感じます。

再雇用や新たな職に就くこともできますが、今までと同じ職場にいるのに収入が大幅に減ったり、また一から新しいことを覚えたりするのはこの年齢になると少々辛いものがあるのではないでしょうか。

また、そもそも勤めている企業が倒産したり買収されたりしないとも限りません。

フリーランスであれば定年がないので、自分のスタイルに合わせながら働き続けることが可能です。

働いている人の方が若々しくいられるので、いつまでも元気にいたい人にもおすすめです。

まとめ

間違えられやすいフリーランスとフリーターですが、実態は異なる働き方をしています。

専門性が求められるフリーランスを目指すのはハードルが高く感じると思いますが、長い目で見ればフリーランスになる方が断然おすすめです。

自分に向き合って、好きなものや得意なことについて考えてみませんか。

最近はクラウドワーキングサイトもあるので、本業を持ちながらフリーランスとして働いてみることもできます。

新たな一歩を踏み出してみましょう。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

8月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
7月受入枠は満員となっております。8月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

【インタビュー】いずれはフリーランスを目指し、エンジニア転職に成功

時間や場所にとらわれない自由な働き方を目指し、WebCampでプログラミングを学び、将来のフリーランスに向け、見事エンジニア転職を果たした星野さんのお話を伺いました。

いずれはフリーランスになりたい

会社に限られない個人としてのスキルを身に着けたい

と考えている方は、ぜひお読み下さい。

時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
2018-01-26 13:03
今回の記事では、WebCampに1ヶ月間通い、未経験からエンジニアとして転職した星野さんにお話を伺いました。 <プロフィール> 星野 智洋 さん(25) 学生時代は日本大学芸術学部...
学習の関連記事
  • プログラミング効率を上げるエディタの選び方とオススメ
  • プログラミングコンテストの応募内容と対策方法を徹底解説
  • 【中学生・高校生向け】プログラミング初心者にオススメの言語と教室
  • 【初心者向け】プログラミングを勉強するサークル7選!
  • プログラミング習得時間はどのくらい必要なのか?
  • プログラミングは単なるブームではない。学ぶ意味を理解しよう

当サイトで人気のオススメ転職サービスTOP3

1位 マイナビエージェント×IT

おすすめポイント

・平日忙しい人も、土曜日開催の個別キャリア相談会に参加できる

・職種や仕事内容(要件定義、上流工程から携わる仕事など)の要望が細かくできる
・マイナビの規模を活かした豊富で幅広い求人数

マイナビエージェント×ITの登録はこちら

2位 レバテックキャリア

おすすめポイント

・求人登録数4,000件以上

・エンジニア未経験、経験者両方に対応

・有名企業の採用担当者インタビューがみれる

・一次面接NGからの内定実績もあるほど、内定率が高い

レバテックキャリアの登録はこちら

 3位 type転職エージェント

おすすめポイント

転職者の71%が年収アップ

・IT系企業、特にエンジニアに限らず営業職の求人も充実している

各職種専門の転職アドバイザーが援助

type転職エージェントの登録はこちら

おすすめの記事