◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

「フリーランスになりたいけど本当にやっていけるかお金が心配」

「フリーランスとして働いているけど年収が中々あがらない

会社に属さず個人で働いていくフリーランス、様々な悩みがあるでしょう。

ネットでも「フリーランスは稼げる」といった中身の記事をよく目にします。

実際に高年収を得ることは可能なのでしょうか?本当に1000万円プレイヤーになることができるのでしょうか?

答えは、「何も考えないで働いているだけでは年収を上げるのは難しいのが現状である」ということです。

しかし、きちんとポイントを押さえて実行していけば、十分到達出来ます。

そんなフリーランスの年収の実情や、高収入を得ている人の共通点を解説して、実際にフリーランスとして年収を上げるために行うべき事をご紹介します。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

フリーランスの平均年収は?

「フリーランスとして1000万円稼いでいる!」という話をよく聞きますが、フリーランスの実際の平均年収はいくらなのかは気になるところです。

フリーランスは個人で仕事を行なっていくことになるので、自分の収入の位置はどこなのか、市場がどれくらいの規模なのか、ということを理解することは非常に大切です。

そうすることで、高年収を得るためには何をどうすれば良いのか、ということが見えてきます。

フリーランス全体の平均年収は?

実際にフリーランスの平均年収はいくらなのでしょうか?

2017年のクラウドソーシングを運営するLansersが行なったフリーランスの実態調査の結果は、副業としてフリーランス活動を行なっている人を入れて、多くの方が年収400万円以内であるということでした。

ポイントは、この数字は副業としてフリーランスをしている方も含んだ年収ということです。

つまり、個人でフリーランスだけで活動している方の平均年収は、この数字より高いと言うことです。

しかし、企業勤めでも業界毎に平均年収に違いがあるように、フリーランスも職種によって得られる年収は様々です。

そこで、代表的な職種とその平均年収を紹介していきます。

職種別の平均年収

先ほど説明した通り、フリーランスの職種は多岐にわたり何を収入の主として置くのかで年収に差が出てきます。

その中でも有名で、比較的案件が多いものをピックアップして解説します。

すでにフリーランスとして動き出している人は、自分の年収と比較して今後の参考にしてください。

まだスタートを切る前の方に関しては、今から自分の参入する職種を見極めるチャンスと捉えても良いでしょう。

ライター

フリーランスとして、参入のハードルが低いのがライターです。

案件も多く、様々なジャンルがあります。

パソコンやスマホがあればすぐにでも始められる手軽さが最大のメリットです。

昨今ではWEBライターが多く、一つの企業が数人のフリーランスライターと契約することが当たり前となってきている世の中です。

つまり、案件には困らないということです。

コピーライターや、WEBライター、企業案件の求人のライターなど、様々な種類のライターがあります。

コピーライターだけ少し異色で、広告色が非常に強くなります。

フリーランスライターとして人口が多いのはWEBライターでしょう。

そんなWEBライターの年収は250万〜300万になります。

WEBライターは気軽に始められる分、単価が低い案件も多いのが特徴的です。

ライターの報酬は大きく分けて2パターンあります。

まず記事単位で報酬が支払われる「1記事10000円」というものと、文字単位で報酬を決定する「1文字2円」という報酬形態の二つです。

そんなWEBライターが年収を上げていくには、まずは数をこなすこと、そして自分の得意分野を見つけることです。

知識がある分野であれば、その分、説得力のある記事を書くことができますし、記事のリサーチの時間を短縮できるので、時間対費用をアップさせることができます。

そうして実績を積んでいき徐々に収入をアップさせていくのがWEBライターになります。

また、最近では減ってきましたが、雑誌など紙媒体のライターは門が狭い分、高単価であることが多いです。

チャンスがあれば、紙媒体のものに挑戦してみるのも収入を上げる1つの手であります。

デザイナー

デザイナーとしての独立は憧れる点ではあります。

WEBデザイナーとしての仕事として多いのは、広告のバナー作成やロゴ作成、WEBサイトのデザインからコーディングなどが上げられます。

そんなフリーランスデザイナーの平均年収は、300万から400万円の収入帯レンジが約3割で、500万より多く年収を得ている人は、全体の3割以下にしかなりません。

デザイナーは、デザイン力を磨くのとともに、自分をブランディングして多くの方に認知してもらわなければなりません。実力と共に知名度が上がれば、年収を上げることは可能です。

案件によっては、作業量が多く1人では抱えきれないものもあります。

その場合はクラウドソーシングを利用する場合もあり、人をマネジメントする能力も重要になってきます。

ディレクションを行い、クオリティの高いものを提供し、自身の知名度が上がってSNS等で取り上げられるようになれば、高単価の依頼も得られるようになるでしょう。

ちなみに著作権絡みの、企業のロゴなどは非常に高単価です。

ただ、バナー作成は注意が必要で、最近中国の企業であるアリババや、日本の電通などで、AIを導入してバナー作りを進めています。

バナーは、デザインも重要ですが、「いかに消費者にクリックされるか」と言う点がより重要になってくるため、ディープラーニングを行ったAIでも可能な仕事になりつつあります。

しかし、「人々の目に留まり惹かれてしまうもの」とただ「クリックするもの」とは違います。

AIはまだ自分で考えることは苦手とされているので、今後は自身で考えて付加価値を与えていくことが、フリーランスデザイナーとしてより必要不可欠になっていくでしょう。

エンジニア

IT分野の発達から需要が急増しているのがエンジニアです。

言語や働き方によっても年収は変化してきますが、平均年収は400万〜600万円と上記で挙げた職業よりは比較的高収入です。

エンジニアの中にも様々な職種があり、人気なものだと、ソフトウェアエンジニア 、アプリケーションエンジニア、インフラエンジニアなどがあります。

その中でも、フリーランスとして始めるのにおすすめなのはWEBエンジニアになります。

WEBサービスやアプリケーションの開発などの案件は、工期が短いため単価に幅があります。

そのため案件も多く、フリーランスエンジニアとしての経歴を積んでいきやすく、「仕事が受注できない」といった問題にも悩まされません。

エンジニアとしてフリーランスで働く上で、言語の選択は非常に重要になってきます。

昨今では、AIの市場参入により、pythonの人気が高まっているようです。

フリーランスエンジニアとして、新しい言語や技術をインプットし続けていくことは非常に重要ですが、年収を上げるには、自分の得意とする言語に特化して伸ばしていくことも大切なポイントです。

常に更新され続けるIT業界において、自身の強みを作ることで差別化を行うことは、高年収を得ることに繋がります。

高年収フリーランスに見られる共通点は?

実際高年収のフリーランスはどのような点が、他の人と違うのでしょうか。

フリーランスとして高年収を得ている人の行動には共通点があります。

まずはそれをトレースしていきましょう。

そうすることで、信頼があり、高い報酬を得られるフリーランスへと近づくことができます。

交渉力に優れている

高年収のフリーランスは「高い交渉力」を持っていることが多いです。

「交渉力」と言われれば、値切ることや強気に出るようなイメージが先行してしまいますが、ここでの交渉力は営業としての交渉力です。

この「営業としての交渉力」とは、自分のスキルと相手の求めるものを比較して最適なマッチングをさせることができるということです。

自身のスキルがあるにも関わらず、単価の低い仕事ばかり受注していたり、相手の提示した価格を鵜呑みにしていては、年収の伸びは鈍化します。

逆もまた然りで、自身の能力に見合わない報酬ばかり望んでいては仕事を受注することができず、そもそも収入を得る機会がありません。

つまり、フリーランスとして年収をあげていくには、自分の能力と相手の要求の譲れる点を探り合い、自ら提示していくことが重要です。

そのために、

・自身の市場価値を理解する

・相手の求めているレベルを把握する

・案件の相場を知る

・プレゼン内容を考えておく

以上を抑えておくと良いでしょう。

プレゼンの内容に関しては自身の実績をしっかり定量化し、説得力を持たせて相手に伝えることで、報酬を最適化していきましょう。

生産性を常に上げようとしている

高収入のフリーランスは常に生産性を意識して仕事を進めて行きます。

フリーランスで働くことで、一人の裁量が増え、すべての行動が自分に跳ね返ってきます。

ここで、生産性を上げているためにフリーランスの方が実行しているポイントを3つご紹介します。

・集中する場を作る

在宅フリーランスの方の場合は、カフェでも自宅でも、自分が1番集中できる環境を作りましょう。

・作業効率化のPDCAを回し続ける

仕事量と時間と報酬を把握して、行動と結果を振り返って改善点を見つけましょう。

・出来るだけ楽をする

ここでの楽は、「無駄なことはしない」ということです。

経理などの雑務は他社サービス等を利用して時間と労力を軽減しましょう。

常駐や外で仕事する場合にも、時間という概念を常に持ち続ける事が必要です。

仕事の情報や技術のインプットの時間や、仕事中集中できるよう十分な休養の時間を確保することで、生産性を上げるための行動を取り続けることできます。

求められる以上の売上を意識する

「成果が自分に直接返ってくる」ということもフリーランスのメリットの一つです。

会社には評価制度があります。

予算を決められていて、それを達成しても会社の評価が前提としてあり、収入が上がらないケースも多いです。

逆に、売上を上げずともプロセスだけでも評価に繋がり年収が上がることもあるでしょう。

しかし、フリーランスには人事考課などの明確な評価基準はありません。

プロセスだけを評価されることも少なくなってしまいます。

ただ、売上を上げることで直接自分へのバックもその分大きくなります。

そしてそれは、収入として、自分自身の実績として直に返ってきます。

求められる以上の効果を生んだ結果、自分の市場価値を上げることが出来、企業からの信頼も得られ、高単価の仕事を受注することが出来るようになります。

また、求められる以上の売上を意識することで、自分でサービスなどを展開する際も結果に結びつけるというマインドが強くなり、良い結果を生むでしょう。

年収を上げるためにできること

前項で高年収を得ている人の特徴を取り上げましたが、ただ単にその真似をするだけでは年収を上げられません。

では、具体的にどう行動すれば年収をあげられるのでしょうか。

先ほど述べた、高年収の方の行動を自分の行動に落とし込むと同時に、個人で以下を行うことが大切です。

スキルを磨く

フリーランスは自分自身が商品となり、自分自身の能力が年収に直結していきます。

その中で、自分のスキルをブラッシュアップしていくことは必ずと言っていいほど行うべき内容になります。

ここ数年で、フリーランスの人口は増加傾向にあります。

つまり、競合性が高まっているということです。

スキルを磨くことで、他者より秀でて差別化できればクライアントからの信用を得られようになるでしょう。

それぞれの職種でどのようなスキルが必要とされているのか、しっかり把握してスキルと知識をアップデートし続けましょう。

専門性を磨く

専門性を磨くことで、より年収を上げられるようになります。

「この人に頼めば大丈夫と思われることが大切」なんてことは企業勤めの方でもよく言われますが、フリーランスになるとそれが顕著に現れます。

先にも述べましたが、個人事業主として働くということは、自分が商品であり、「何ができるか」ということが注目される点であります。

その時に、「これだけは他の人には負けない」という唯一の存在となることで、高単価の案件を受注する確率は飛躍的に上がります。

謙虚で丁寧なコミュニケーションを忘れない

フリーランスといってもクライアントが存在し、人との関わりは必ずあります。

その中で、傲慢になればなるほど、仕事を依頼されることは減少していきます。

それが起こりやすいのは、少しずつ単価の高い仕事をこなすようになってきた時です。

自信がついてきて、稼げるようになった時に、それを鼻にかけるようでは周りはついてこなくなるでしょう。

特にエンジニアなどで、チームで仕事を進めていく場合に、ワンマンな行動を取っていれば、直ぐに淘汰されていきます。

常に人と関わる時には、「パートナー」であると考えて、謙虚で丁寧なコミュニケーションを心がけましょう。

まとめ

フリーランスは、全てを「自分ごと」として捉えなければ、収入を上げていくことは難しいです。

常に自分の仕事についてのあり方を見直し続けることが重要となります。

自分の市場価値を客観的に把握して、謙虚に学び続け、人から好かれることを意識してください。

「年収1000万円」を得るためにも、まず上記を見て自分のできていない点や気づいた点を書き出して、どう行動するかを考えて実行していくことが、近道となるでしょう。

その一番の近道がスキルを磨くことだと思います。

企業ごとに求めているスキルや言語は異なっている為、自分の持っていないスキルを身に付ける事で仕事の幅が広がり、選択肢が増えてきます。

その為、仕事の傍らなど、時間を見つけて自分のスキルを磨いていく事が必要です。

DMM WEWBCAMP/DMM WEBCAMP PROについて

DMM WEBCAMPは1ヶ月でプログラミング・WEBデザインを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。DMM WEBCAMP PROは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事