• WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
12月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月生は満員となっております。12月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

開業届についてどれくらいご存知でしょうか?

フリーランスであれば開業届は一度は聞いたことのあると思います。

「出さなければいけないものなの?」

「どういう風にして出せば良いのか」

会社勤めの方だとおそらく関わりなく生活出来るものですが、フリーランスにとっては重要です。

フリーランスの方が開業届についてしっかり把握できるよう、メリットからその提出方法まで、解説して行きます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

開業届はしないといけない?

開業届とは役所に対して事業の開始を報告することのことを言い、正式名称は「個人事業の開業・廃業等届出書」と言います。

フリーランスとして働き始めるに当たって、

「開業届を届けなければ仕事ができない」

「税務署から通達がくるのでは」

といった不安もあるかもしれません。

はたして開業届を必ず出さなければいけないのでしょうか?

 開業届は出す必要性はない

結論から言うと、開業届は任意であり、必ず出さなければいけないということはありません。

出さなくても税金を収めることは可能ですし、開業届を出さないことでペナルティなどが生まれることはありません。

あくまでも、開業届の目的は「役所がその人が事業を行なっていることを把握する」という点になります。

年間で20万円以上の収入を得ていれば、確定申告は必ず必要になります。

その際に必要な書類に、事業を行なっていることを説明する欄もあるので、役所はそれで把握することができます。

しかし開業届を出すことで、節税が可能になります。

その点は後ほど詳しく説明していきます。

いつまでにすればいいのか?

それでは開業届を出すならば、出すタイミングはいつが良いのでしょうか。

また、いつまでに出せば良いのでしょうか?

先ほど説明した通り、開業届は事業を開始したということを役所に報告するのなので、つまり開業したタイミングが開業届を出すタイミングになります。

期限は、『原則、事業開始から1ヶ月以内』とされています。

しかし、1ヶ月以内に提出しなかったとしても罰則が科されたり、別途料金を取られたりすることはありません。

ただし開業日に関しては売上が計上されるより前の日を選択しましょう。

もし確定申告の際に、「青色申告」を行うならば、開業届は「青色申告承認申請書」を提出する、3月15日までに提出することをお勧めします。

「青色申告承認申請書」の提出期限を過ぎてから開業届を提出した場合、その年の確定申告で青色申告は行えず、白色申告での納税となります。

収める税金が変わってくるので、もし節税を意識する場合は早めに開業届を出すことをお勧めします。

 開業届のメリット/デメリット

開業届を行うことで生まれるメリットデメリットは何なのでしょうか。

フリーランスとして事業を行なっていくのに開業届は行なったほうが良いのでしょうか?

数字としてメリットを示す

開業届を行うことで、先ほど紹介した「青色申告」が行えるようになります。

青色申告を行うことで、税金が抑えられます。

青色申告の詳しい内容については、後ほど詳しく説明しますが、この項では開業届で得られる具体的な金額をご紹介いたします。

フリーランスとして働いていく上で、所得税を如何に浮かせいていくか、という点が重要になってきます。

所得税は簡単に言うと、(収入−経費−控除額)×所得税率になります。

青色申告はこの控除額をいただくことができるのです。

青色申告を行うことで、最大の65万円が所得控除となります。

所得額によって所得税率は変化します。

(例)例えば、経費を引いた所得額が500万円だとします。

青色申告の場合500万円から65万円を引いた435万円が課税額となり、その金額に対して所得税率が掛けられます。

つまり435万円×0.2=87万円が所得税額として引かれることになります。

ここで青色申告を行なっていない場合は、500万円×0.2=100万円が所得税となり、青色申告を行なった時よりも13万円も損をしてしまいます。

 

仕組みを説明する為に回りくどい計算方法で控除額を算出しましたが、課税所得額を確認して、所得税率に控除額をかけた分だけ控除されるという認識で大丈夫です。

先ほどの例だと、65万円×0.2=13万円という計算が一番簡単に課税額を算出できるので、実際に計算するときはこのようにして控除額を出してください。

控除額によって生まれる金額は決して小さいものではないので、青色申告を行う為だけに開業届を提出する方も多くいます。

メリット

青色申告は開業届を出すことで生まれる非常に大きなメリットです。

それに加えて、個人事業主となったときに享受できるメリットは、

・銀行口座開設

・退職金ができる

・福利厚生サービスを個人でも受けられる

などがあります。

開業届を行うことで、事業主として認められるので、役所からの認識が個人から経営者へと変わります。

そのため、会社のようなサービスを受けられるようになります。

個人で働いていく上で生まれる不安や悩みを、少しでも楽にしてくれるのが開業届です。

デメリット

対するデメリットはどういったものがあるのでしょうか。

開業届を出すタイミングは重要で、もし焦って出してしまい、失敗しないようにしましょう。

開業届を出すことによるデメリットは

・手間が少々かかる

・失業保険を得られない

・健康保険の扶養から外れる

上記が挙げられます。

失業保険は開業届を出してしまった場合、貰うことができなくなります。

厳密にいうと、開業する予定がある場合も貰うことができなくなってしまいます。

さらに、開業届を出したにも関わらず、失業保険を受け取り続けていた場合、不正受給とも見なされ、罰金を課せられる可能性もあるので注意が必要です。

また、夫などの健康保険の扶養に入っているなら、開業届を出したことにより扶養が外れてしまうこともあります。

その健康保険の種類にもよりますが、もし家族の扶養に入っている場合は、その点も注意して確認する必要があります。

開業届の記入方法

それでは具体的な開業届のためのノウハウと知識を紹介して行きます。

多少手間はかかりますが、面倒なほどではないので、書類に書く内容だけでも押さえておくと良いでしょう。

必要な書類

まずは「開業届」が必要です。

開業届は国税庁のサイトにPDF形式でダウンロードできる他、税務署から直接入手することが可能です。

開業届は紙面での提出しかできないので、サイトでダウンロードした際も、印刷をして記入してください。

フリーランスにはあまり関係がないかもしれませんが、従業員を雇って事業を行う際には「給与支払事務所等の開設届出」が必要になります。

こちらも事業をはじめて1ヶ月以内が期限になっているので、開業届と一緒に提出しましょう。

「給与支払事務所等の開設届出」も国税庁のサイトからダウンロードすることができます。

書類に記入する内容

記入する内容の中でも、わかりにくいところ、重要な箇所をピックアップして、注意点も含めて説明して行きます。

納税地

自分の仕事を行なっている場所に納税します。

自宅の場合は、自宅の税務署で問題はなくわかりやすいのですが、もし事務所を別に構えている場合は、そちらの市や区に納めてください。

職業

職業の欄は、厳密に「この職業はこう書かなければいけない」ということが決められているわけではありません。

もしどう記入したら良いかわからない方は「総務省の日本標準職業分類」というページに、職業一覧があるので、そちらを参考にしてください。

ここで押さえておくポイントは「個人事業税」が職業によっては非課税となる場合がある、ということです。

所得が290万円を超える場合、職業によっては「個人事業税」の有無、または税率が変わってきます。

例えば、「ライター」などの職業を文筆業として登録すれば、事業税が非課税となります。

これは、漫画家や作家、音楽家などの芸術関連であれば、個人事業勢は非課税になることから、ライターが非課税になるということです。林業や農業も非課税の対象となります。

しかし注意が必要で、林業や農業の場合は全て自分で行なっていることが非課税の条件となります。

また、芸術などに中でも、プログラミンやグラフィックデザインなどを請負業としての形で仕事を行なっていた場合、事業税が課税されてしまいます。

もし、自分が行なっている事業が曖昧で分かりづらい場合は税理士に確認することをおすすめします。

非課税になれば非常に大きなメリットとなります。

屋号

事業主の特権である、屋号をここでつけることができます。

屋号は自由に決められるので、税務署から「これでなければいけない」といった指示もなく、特に注意が必要な項目ではありません。

もしECサイトを運営しているならば、そのECサイトの名前を屋号として登録していただいて大丈夫ですし、もしライターのみの仕事であればペンネームでも良いです。

もちろん本名も可能です。

仕事で今後使う名前になるので、出来るだけわかりやすくしておくのが良いでしょう。

事業内容

職業の説明になりますので、仕事の内容をそのまま記載してください。

今後将来行なっていく予定の事業の概要を記載するようにしましょう。

ここに関しては、厳密に問われることはないので、比較的自由に記載していただいて大丈夫です。

ただ実際の内容から逸脱しないようにはしてください。

開業届の提出方法

開業届の意味や、メリット、どのような中身のものか理解していただけたと思います。

開業届の記入が完了したら、それを税務署に提出しましょう。

提出先は所轄の税務署で大丈夫です。

ただし、税務署は基本的に土日は空いていません。

もし平日税務署が開いている時間に足を運ぶことができない方も、別の方法を取ることができるので、安心してください。

開業届は税務署に直接送る、もしくは近くに税務署には時間外収受箱があるので、そちらに投函することも可能です。

直接税務署に出向いて開業届を提出できないデメリットは、職員からのアドバイスや相談を受けることができない点です。実際、税務署で開業届等を提出する際は、職員が目を通してきななったところについて質問をしたり、「こうした方がいい」と言ってくれる場合があります。

不安な方は、是非税務署に直接足を運ぶことをおすすめします。

そして開業届を提出後、いよいよ青色申告を始めることができるようになります。

青色申告

何度か登場していた「青色申告」について詳しく解説します。

紹介した通り、開業届を行う上で、節税を行える大きなメリットの一つが青色申告になります。

おさらいすると、青色申告は、課税分の所得を最大65万円控除できる制度になります。

「青色申告の申請は白色申告より面倒だ」という認識はある青色申告ですが、2014年より白色申告でも同様の書類を提出しなければいけなくなったので、青色申告を行う唯一のデメリットがなくなりました。

そんな青色申告に必要な書類は大きく分けて

・青色申告承認申請書

・青色申告決算書

の2つになります。

青色申告承認申請書

青色申請書に関しては、開業届に記載した内容を書けば大丈夫です。

開業届にはなく、記入に迷う点は、簿記方式の欄と備付帳簿名になるでしょう。

簿記方式の項目には、「複式簿記」と「簡易簿記」の2つのどちらかをチェックするか選べます。

「複式簿記」は控除額が65万円、「簡易簿記」は10万円になります。

この項目は後から変更することができ、もし複式簿記が作成できなかった場合は自動的に簡易簿記の10万円控除が適応されるので、「複式簿記」を選択しましょう。

青色申告決算書

青色申告決算書は、確定申告時に提出するものになります。

売上金額や経費などの勘定科目を記入する必要があります。

ここで、領収書等の用意が必要になります。

明確にいつ何に何のために使ったのか、きちんと説明できなければ経費として計上できない場合もあるので、日頃からしっかり管理するようにしましょう。

青色申告決算書を作成する際に、必要になるのが帳簿作成などの簿記の知識になります。

ここで先に紹介した「複式簿記」が作成できるかで課税額が大きく変わってくるので、非常に重要なポイントになります。

やよいの青色申告の紹介

最近では、手間がかかる会計をサポートしてくれる、便利な会計ソフトもあります。

その中でも確定申告のサービスを行っている企業の中でも歴史がある「やよい」はオススメです。

3人に2人がやよいの青色申告を使用しているほど、安心の実績を持つソフトになります。

やよいの青色申告のメリットは以下で、

・決算・確定申告書類が簡単に作成できる

・初心者でも簡単

・簿記に自信がなくても大丈夫

・銀行明細を自動取り込みができる

・クラウド連携で便利に

プランも3つあります。

セルフプラン、ベーシックプラン、トータルプランがあり

価格はそれぞれ

セルフプラン:12960円

ベーシックプラン:12960円

トータルプラン:21600円(税込)

となっており、自分に合わせたプランでサービスが受けられます。

年々アップデート等は行ってはいますが、一度買えば月額など払う必要もなくコストパフォーマンスではすぐにペイ出来る価格になっているので、「節税をしたい」と考えている人にとっては、非常におすすめのソフトになります。

まとめ

以上が開業届についてのメリットや提出方法になります。

提出するまでは「面倒だな」「出さなくても良いか」と思ってしまう開業届ですが、出すことによって生まれるメリットは大きいです。

そこまで書く内容も厳しく決まっているわけではないので、失業保険などの事情がなければ出すことをお勧めします。

また開業届を出したことで、フリーランスとして一歩歩み始めた気持ちにもなれるので、是非今回の記事を参考にして、開業届についてポジティブに捉えて提出していただけたらと思います。

フリーランスは成果が全部自分に返ってくるというメリットと共に、管理や申請など全てを自己負担でしなければならないというデメリットもあります。

ただでさえ設備や費用なども自己負担で行わなければならない為、少しでも費用を下げる為に節税に取り組む事も必要だと思います。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職サポート付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

12月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月受入枠は満員となっております。12月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

学習の関連記事
  • 【誰でもわかる!】エンジニアの仕事内容を徹底解説
  • 初心者でも一瞬でわかるプログラミングの考え方・思考法
  • エンジニア必見!エンジニアが成長できるブログ紹介
  • エンジニアとは?仕事内容、年収、将来性を徹底解説
  • 【Rails入門説明書】find、find_byについて解説
  • プログラミング未経験者でも出来る開発環境構築
おすすめの記事