• WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、テレビでも話題のIT企業に転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26

▼当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

金王冠Web Camp【業界最安値】1ヶ月集中してプログラミングスキルを身につけられるスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でWebサービス等作りたい方
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
銅王冠Tech Camp業界最大級!教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
びっくりマークWebCampPro転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアを3ヶ月で目指すプログラミングスクールです。
7月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
6月受入枠は満員となっております。7月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

フリーランスエンジニアを目指す上で気になる点といえば、やはり平均年収でしょう。

稼いでいるという話もあれば、現実は厳しいなんて声も耳にすることもしばしばです。

フリーランスになり、自由な生活を得たとしても、生活が出来なければ意味がありません。

今回はそんなフリーランスの中でもエンジニアに焦点を当てて平均年収と稼ぐフリーランスエンジニアに見られる特徴をご紹介していきます。

ただし、エンジニアといっても、住んでいる地域や開発言語、経験によって年収は変わってきます。

フリーランスエンジニアの年代別年収

まずは年代別に年収を見ていきましょう。

厚生労働省が発表した「平成26年度賃金構造基本統計調査」では、フリーランスだけではなく、エンジニア全体の年収は平均年齢が36歳、そして平均年収は542万円とされています。

フリーランスエンジニアの年収形態

フリーランスエンジニアが請け負う仕事は常駐型が多く、収入を得るような形を取っています。

契約の際に、月の作業時間を決定し、それに準じて報酬が支払われるような形を取っている場合が多いです。

例えば、月間で作業時間を「160時間〜180時間」と決め、その時間に対価が支払われます。

そしてこれがその契約期間中の基本となる報酬、会社員の基本給となります。

その基本となる報酬に合わせて、時間超過分の報酬を時間換算で受け取る形になります。

上記のことからフリーランスエンジニアの年収を上げるための行動としては「報酬単価を上げる」「稼働時間を増やす」といった二つの方法になります。

さらに、「報酬単価」がどのように決定されるかを分解すると、

・案件の内容

・扱う開発言語の種類

・経験やスキル

・地域

というような形になります。

それを踏まえた上で年代別の年収を見ていただけたらと思います。

20代

350万円〜400万円前後が20代の平均年収です。

まだ20代は経験値も浅く、それほど高年収とは言えません。

エンジニアとして現場を経験し、マネジメント業務やPL、PM業務に携わることで、年収を上げていくフェーズになります。

30代

そうして経験値がある程度積み上がってきた30代のフリーランスエンジニアの平均年収は

400〜600万円となっています。

やはり、現場で技術力や経験値を積んだことが年収の上昇につながっているようです。

年収の開きは、やはり地域や開発言語によるものが大きいでしょう。

40代以降

そして40代以降の年収は450万円〜650万円前後となります。

30代からの上がり幅が少ない印象です。

これの原因として考えられるのは、20代から30代にかけては経験することが多く、スキルも伸び幅があった分年収もあがりましたが、40代になると成熟してしまっている為、なかなか報酬単価を上げることが難しくなってくるようです。

業務別平均相場

業務別に年収を見ていきましょう。関わる業務によって身につくスキルも違いますし、それぞれ仕事の単価も変化してきます。

プロジェクトマネージャー

600〜700万円とエンジニアの中でも比較的高収入となっています。

高い年収を得られる理由は、その業務の責任にあります。

プロジェクトマネージャーの業務はシステム導入の提案や営業から始まる場合もあります。

そして開発前の関係企業との折衝や計画立案から、プロジェクト全体の管理も行います。

つまり、プロジェクトを実行するにあたって、指揮をとる責任者がプロジェクトマネージャーになります。

その責任の重さが、高い年収を得られる大きな理由です。

サーバーエンジニア

Webサーバーやファイルサーバー、メールサーバーなど、企業内の様々なサーバーの構成や設計を行うサーバーエンジニア。

その年収は500〜600万円です。

企業のインフラを担うエンジニアで、その必要性と重要性から、エンジニアの中でも収入は高い分類に入ります。

サーバーエンジニアにも、求められるスキルは次第に高まっており、例えばネットワークエンジニアとしてのプログラムスキルを身につけたりと、技術力を伸ばせば年収も上がっていく傾向にあります。

ネットワークエンジニア

サーバーエンジニアと並列するネットワークエンジニアですが、その年収は550万円〜700万円となっています。

サーバーエンジニアよりも少しだけ平均値は高いです。

ネットワークエンジニアもインフラエンジニアでありますが、昨今インフラエンジニアは育成が難しく、アプリケーションエンジニアに人材が流れていることから、需要が高まっています。

それゆえ、ネットワークエンジニアなどの年収が高まる傾向にあるのです。

アプリケーションやソフト系のエンジニアと違い、標準化仕様などの知識が必要であり、ネットワークエンジニアとして経験を積んでいけば、クライアントから強いオファーも期待できるでしょう。

ソフト系エンジニア

ソフト系エンジニアの年収は400万〜600万前後とされています。

プロジェクトマネージャーは別としても、上記二つのエンジニアに比べると少しだけ年収が落ちる傾向にあります。

その理由は、ソフト系エンジニアなどのフロントエンドエンジニアは、バックエンドエンジニアよりも独学でも参入しやすいという点にあります。

例えば、学部は文系の学生でも、レンタルサーバーを借りてWEBアプリケーションなどを作成した方は多いかもしれませんが、機材を揃えてサーバー構築から独学で行う人はごく稀でしょう。

そういった意味からも人材の供給が多くなってしまう為、年収は下がってしまいます。

しかし、ソフト系エンジニアは時代が変わればその時代に合わせて必要になるエンジニアも変わり、時代に求められる知識や経験を足していくことで、仕事の案件は多くできるという利点も持っています。

例えば、最近は、ブロックチェーン技術を担当できるエンジニアが不足しており、知識がある人材は引く手あまたでしょう。

プログラマー(常駐委託)

400万円〜500万円がプログラマーの年収になります。エンジニアよりは年収は下がってしまいます。

理由は明確で、プログラマーはエンジニアが仕様書等を作成したプロジェクトをプログラミングしたり、作成したプログラムの動作確認を行なったりする立場であり、どちらかといえば管理をされる側になるからです。

しかし、悲観することはなく、エンジニアになる為には、必ずといっていいほど通らなければならない道になります。

フリーランスプログラマーとして経験を積み、実績を作ることでエンジニアを目指しましょう。

稼ぐフリーランスエンジニアに共通する特徴

フリーランスエンジニアといっても年収に開きがあることはお分かりいただけたと思います。

また同じ業務を行なっていても年収に違いは出てきてしまいます。

なぜ年収に違いが出てきてしまうのでしょうか?

稼ぐフリーランスエンジニアと稼げないフリーランスエンジニア、その違いはどこにあるのでしょうか?

謙虚である

稼ぐフリーランスエンジニアは意外にも謙虚です。

技術力もあり、経験も多く積んできているにも関わらず、傲慢にならずに学ぶ意識を常に持ち続けています。

先程も触れましたが、求められる知識や経験は、IT業界においては特に変化が激しいです。

現状に甘んじること無く、謙虚な姿勢で新しい知識や経験を受けいれていくことが重要です。

求められるエンジニアは、人が言うことには耳を傾け、自分の糧として様々なことを吸収しようとします。

それゆえチーム内での信頼感も増し、自分のスキルも伸ばし続けているのです。

そういう姿勢は必ずクライアントにも伝わりますし、仕事の単価は上がっていきます。

慢心せず、何事にも興味をもち学ぶ姿勢が大切です。

最新技術ばかりに頼らない

IT業界は時代の移り変わりが激しく、トレンドの言語も数年で変化してしまうことは多数あります。

トレンドに追いついていくことは、上記で述べたように確かに大切です。

しかし、最新技術にだけ目を向けていけば、土台はグラついてしまうでしょう。

あくまでも最新技術は新しいツールであり、それをどううまく使い、現状を改善していくかという視点が大事です。

基本的な技術は、やはり非常に大切で、おろそかにしてしまうと、状況の変化に対応できなかったり、課題解決の答えを見つけることができなくなってしまいます。

売上を意識している

売上を意識して働いている人と与えられた仕事をこなす人では、生み出す結果はもちろん、スキルや収益の伸び方にも違いが出てきます。

そうした行動をとることで、マインド面だけでなく自らの知見も広がり経験を得ることができます。

また売上を意識するという行動から、クライアントの信頼度も増し、継続で仕事をもらうことも少なくありません。

やりたい事、作りたい物ばかりを考えるのではなく、クライアントのニーズに向かい、自分の知識の深堀を行い、新たな発想を得て、クライアントの信頼を得る、というサイクルを回せる人が稼げるフリーランスです。

余裕がある

出来るフリーランスはスケジューリング力が高いです。

自分の力量を把握し、計画を立てて仕事を行なっていく為、無理をしません。

すれゆえ一つ一つの仕事のクオリティも高くなり、評価と収入に結びついていきます。

フリーランスは自ら仕事を得て、その売上が収入に直結するため、仕事がないということに対して不安に思ってしまいます。

その為、自分の力量以上に仕事を受けてしまい、徹夜続きになってしまう、ということも少なくありません。

時間に余裕をもち、質の高い仕事を提供することが、年収アップの早道になるので、スケジュール管理をしっかり行っていきましょう。

交渉力がある

フリーランスにとって、交渉力は重要な能力になります。

市場の需要と供給のバランスを認識し、相場を把握しているので、的確な交渉を行うことができます。

自分が強く出来るタイミング、下手に出るポイントをきちんと理解している為、均衡な点で仕事の受注やサービスの提供ができます。

交渉力を伸ばす為に必要なものは、

・市場を理解する

・相手の求めているものを把握する

・自分の力を知る

・プレゼン内容を用意する

以上のことになります。まずは上記を行い、交渉力の土台となるものを作り上げましょう。

稼ぐ為にはスキルを身につけよう

稼ぐ為には行動だけでは満足のいく結果は得られないでしょう。

続いて必要なのはスキルになります。

スキルは自分自身の資産となり、なくなることのない非常に大切なものです。

稼ぐフリーランスエンジニアになる為にも、自らに価値を付加していきましょう。

業務的、技術的な視点

仕事においてのベースとなる部分、それが業務と技術の面でのスキルです。

エンジニアであれば、インフラの構築や設計、プログラミングなどのスキルが重要です。仕事を行う上で蓄積していけばいくほど年収が上がる項目です。もしプログラマーとしての立ち位置にいるならば、行なっている仕事に対して自分なりの考えを持つようにしましょう。

同時に扱っている言語に関しても、現状に満足せずにインプットをしていくことが大切です。

基礎に不安を感じているならば、空いている時間に再度基礎を見直して勉強するのも良いでしょう。

そして、それをアウトプットする場を作ってください。仕事内ではその環境が望めそうにないのならば、仮想で要件定義書から作り、コーディングまでしていくというのも一つの手です。

専門的な知識

一つの知識を突き詰めていくのも、他者との差別化になり年収をアップさせる方法です。

「この案件はこの人に頼めば良い」そう思ってもらえるように専門分野を伸ばし続ければ、仕事に困らなくなるでしょう。

また、専門的な知識をつけるということは、「他の人が出来ないことが出来る」ということです。

当たり前のことを言っているように感じますが、他者にできないことを出来るということは、その分市場価値が上がる、つまり報酬単価があがるということです。

仕事量を増やさずとも一つ一つの報酬が上がる為、時間効率も格段にアップします。

自由な時間も増えるので、余暇や勉強の時間に費やすことができ、さらに年収を上げる行動が取れるようになるという好循環を得ることができます。

営業スキル

交渉力でもあげましたが、営業スキルもつける必要があります。

フリーランスは自分が管理側でもあり、自分がフロントマンでもあります。

「企業の顔は営業」とよく言いますが、フリーランスにとってそれは変わりありません。

まずは実際の仕事から自分の市場でのランクと、市場の相場を理解しましょう。

そして、それが最適であるかを考えましょう。

最適でなければ、どうすれば最適になるのか、どう伝えれば最適になるのかを考え準備して、伝えていきましょう。

営業は経験になります。一度行ってから、PDCAサイクルを回して検証していけば、必ず身につくスキルなので、伸ばすようにしましょう。

マーケティングスキル

マーケティングスキルもフリーランスにとってマストとなります。

先ほど述べた自分の市場価値も、マーケティングの一部です。

加えてエンジニアの方であれば自分の技術力と経験や知識に関してもマーケティングを行う必要があります。

今業界で何が求められているのか、何をすれば自分はフリーランスとして求められる人材になれるのか、そういったことを読み取らなければいけません。

そういうことを理解した上で、自らの目指す方向性を決め、スキルアップしていけば、最短ルートで高年収を目指すことが出来るでしょう。

ビジネススキル

ビジネススキルは3つに分類できる、とハーバード大学教授のロバートカッツ氏は述べています。

それは

・テクニカルスキル

・ヒューマンスキル

・コンセプチュアルスキル

の三つになります。

テクニカルスキルは技術面、ヒューマンスキルはコミュニケーション面になります。そして最後のコンセプチュアルスキル、それは論理的思考力や課題解決能力、着想力になります。

この点を磨くことで、フリーランスとしても、高年収ステージを上げることができるでしょう。

まとめ

フリーランスエンジニアとして稼ぐ為には、ただ何も考えずに行動していただけでは中々難しいのが現状です。

目標意識を持って行動し続けることが大事です。

技術力や知識はもちろんのこと、ビジネスマンとしてのスキルも身につけることが、他のフリーランスとの差別化につながり、一歩前に出ることが出来ます。

フリーランスエンジニアとして行き詰まっている方はもちろん、順調に進んでいる方もより年収を伸ばすためにも参考にしてください。

 

時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
2018-01-26 13:03
今回の記事では、WebCampに1ヶ月間通い、未経験からエンジニアとして転職した星野さんにお話を伺いました。 <プロフィール> 星野 智洋 さん(25) 学生時代は日本大学芸術学部...

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。

WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

フリーランス・独立を目指し、プログラミングスキルを身につけたい人も、是非ご検討下さい。

7月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
6月受入枠は満員となっております。7月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

関連キーワード
フリーランスの関連記事
  • フリーランスエンジニアがブログを続けるべき理由とは?
  • 稼ぐフリーランスエンジニアとは?平均年収と共通する特徴
  • 目指せITフリーランス!未経験から始めるスキルの伸ばし方
  • フリーランスが仕事探しをする効率的な方法を徹底解説
  • フリーランスとして仕事をしたい人必見!実体と始め方を解説
  • フリーランスの意味とは?定義と働き方を詳細に解説

当サイトで人気のオススメ転職サービスTOP3

1位 マイナビエージェント×IT

おすすめポイント

・平日忙しい人も、土曜日開催の個別キャリア相談会に参加できる

・職種や仕事内容(要件定義、上流工程から携わる仕事など)の要望が細かくできる
・マイナビの規模を活かした豊富で幅広い求人数

マイナビエージェント×ITの登録はこちら

2位 レバテックキャリア

おすすめポイント

・求人登録数4,000件以上

・エンジニア未経験、経験者両方に対応

・有名企業の採用担当者インタビューがみれる

・一次面接NGからの内定実績もあるほど、内定率が高い

レバテックキャリアの登録はこちら

 3位 type転職エージェント

おすすめポイント

転職者の71%が年収アップ

・IT系企業、特にエンジニアに限らず営業職の求人も充実している

各職種専門の転職アドバイザーが援助

type転職エージェントの登録はこちら

おすすめの記事