• WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

Web Camp【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でWebサービス等作りたい方
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WebCampPro転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアを3ヶ月で目指すプログラミングスクールです。
11月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
10月生は満員となっております。11月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

フリーランスの最初の課題は営業です。

フリーランスになってからは自分で仕事を見つけて来なければなりません。

まずフリーランスエンジニアとしての第一の関門は「営業活動」になるでしょう。

最初は案件を見つけてスタートしたものの、中々次に仕事がみつからない…といったこともよくあります。

是非今回の記事でフリーランスの営業とは何、ということを学び、フリーランス活動のスタートを順調よく切りましょう。

営業を始める前の準備

①自己分析をする

まず自己分析を行い、自分の棚卸から始めましょう。考えるべき点は以下です。

・自分のスキルや知識がどれくらいなのか

・今までの経験でクライアントに伝えられるものはあるか

・それをアピール出来る材料を持っているのか

この3つの点を中心に書き出してみてください。

その棚卸が済んだならば、次のステップに進みます。

・身だしなみ、清潔感を持つ

・他者との差別化できる内容をピックアップする

・自分の言葉で伝えられるように資料をまとめる

上記の内容を行いましょう。

まず自分の潜在的なものを具体化して表現し、クライアントに対して魅力のある人間であると認識してもらえるように準備をしましょう。

②SWOT分析をする

SWOT分析をご存知でしょうか?

元は戦略コンサルティングで、経営戦略分析手法として使われていたものですが、これは経営戦略に限らず、自己分析にも使えて的確に自分を把握することができます。

そもそもSWOTとは英単語のそれぞれの頭文字を取った言葉になります。

strength(強み)・・・目標達成においての自分の強み

Weakness(弱み)・・・目標達成を阻害する恐れのある弱み

Opportunity(機会)・・・外部の目標達成を助ける機会

Threat(脅威)・・・外部の目標達成を阻害する恐れのある脅威

といった内容になっています。

フリーランスに置き換えると

strength(強み)・・・スキルや知識、経験(プログラミング、英語)

Weakness(弱み)・・・苦手分野、未経験分野(マネジメント未経験、効率が悪い)

Opportunity(機会)・・・外部の目標達成を助ける機会(IT化推進、VCなど支援の充実)

Threat(脅威)・・・外部の目標達成を阻害する恐れのある脅威(海外からの人材流入)

上記のような形になります。

自分自身の強み弱みを把握し、その上で市場がどうなっているのかを考えることによって、自分自身が営業をかけていく業界や働き方を選定しましょう。

営業方法の種類

自己分析が終わったら、次は具体的にどのような営業方法を把握しましょう。

ちなみに、中小企業庁が行ったフリーランス事業者を対象とした調査の結果では、「既存の顧客からの紹介」が営業方法の一位でした。

しかし、顧客がいれば困りません。

今回はその顧客を作るための営業方法をご紹介いたします。

知人の紹介

中小企業庁の調査の結果2番目に多かったのが、「友人・知人からの紹介」でした。

知人のつながりから仕事を得るのが、最も手軽ですぐに始められるものになります。

フリーランスは1からのスタートの場合、クライアントの信頼を築くまでが難関になります。

そこで前職の同僚や学生時代の友人など、信頼関係があらかじめ築けている状態で紹介してもらうことで、案件受注がしやすくなります。

そして繋がりをどんどん伸ばしていおくことで、営業活動がスムーズにいくことは多々あり、まずは知人関係に仕事を依頼してくれそうな人が周りにいないか確認してみましょう。

飛び込み営業

「営業といえば飛び込み営業」と言っても過言でもないほど、イメージが湧くと思います。

しかしここで生まれるのは、フリーランスでどのように飛び込み営業をするのか、そして成功させるのか、といった疑問です。

飛び込み営業の種類としては、直接訪問テレアポメールの3つになります。

フリーランスとしておすすめなのは、直接訪問しての営業になります。

勇気のいる行動になりますが、他の二つよりは仕事を依頼してもらえる可能性はあるでしょう。

理由は、テレアポ、メールは断られる可能性が高いためです。

フリーランスは個人事業で、企業の後ろだてもありません。

すなわちメールや電話をもらった企業からすれば、どこのだれかもわからない人と商談をする気には中々なりません。

また、顔が見えないため、断りやすいというのもあります。

しかし、直接訪問しての営業となれば、来てしまったからには少しだけでも話を聞こうと思う人は少なからずいます。

企業のニーズを見極めることはマストになってきますが、自分のポートフォリオやプレスポイントがしっかりある場合は、直接企業に訪問して営業を行ってみるのも一つの手です。

SNSを使った営業

SNSも営業方法としては有効な手段になります。

最近ではほとんどの人がfacebookやTwitterを利用しています。

直接営業に向かわなくても、発信し続けることで誰かの目に留まり、それがきっかけで仕事を依頼されることも最近では多くなりました。

SNSを利用しての、営業活動のポイントは

・初めてみた人でもわかるよう実績をまとめる

・自分のもっている強みを記載する

・パーソナルな部分がわかるようにする

・仕事を募集していることを書く

以上になります。

イメージとしては自分を知ってもらうツールとして使用しましょう。

もし人から人へと共有されるようになれば、仕事の依頼は定期的にくるようになるでしょう。

また、フリーランス同士の横のつながりを作ることも出来ます。

さらにそこから一番最初に紹介した「知人からの紹介」という形でクライアントを紹介してもらえる可能性も広がります。

クラウドサービスに登録する

クラウドソーシングなどのクラウドサービスを利用するのもオススメです。

後ほど詳細に説明しますが、案件も豊富にあるため、自分に適した仕事を受注することができます。

クライアント側が仕事をあらかじめ依頼してあるので、0からアプローチする必要もありません。

また、自分のプロフィールなども載せることができ、自分のページを充実させることで、クライアントから直接仕事のオファーが来るような形となっています。

仕事に特化したサービスなので、フリーランスにとっては非常ありがたいツールです。

営業代行サービス

「仕事が忙しくて営業活動をする時間がない」といった方には、営業代行サービスがオススメです。

営業代行サービスとは、その名の通り、営業を代行してくれるサービスになります。

人材業界に多くみられる業務形態で、転職エージェントなどは耳にしたことはあるのではないでしょうか。

フリーランスエージェントは、仕事を紹介してくれるエージェントを要する企業が展開しているサービスで、持っている案件をフリーランスに流してくれるような形態を取っています。

営業代行サービスのメリット

営業代行サービスを利用することで、受けられるメリットは、

・自ら営業をする必要がなくなる

・報酬単価が高い

・仕事が途絶えることなく受注できる

・大手の案件もある

といったことが挙げられます。

特にフリーランスエンジニアは、プロジェクトに関わるとその案件につきっきりになってしまい、徹夜で仕事を探す時間や気力がなくなってしまうこともあります。

そんな時に営業代行サービスは強い味方となってくれます。

自分で営業は苦手の選択肢

エンジニアの方で、知識やスキルは豊富だが、営業経験もなく苦手である、という方も少なくないのではないのでしょうか。

せっかくフリーランスとして自由に働くスキルや環境を得られたのに、自分が苦手なことをしてストレスを抱えてしまうのは勿体ないことです。

もし「自分は営業が苦手だ」と考えている方は、先に紹介したクラウドサービスや営業代行のエージェントサービスを利用することをお勧めします。

クラウドソーソング

クラウドソーシングの業務形態を詳しくご説明します。

クラウドソーシンシングサービスにはクライアントとフリーランスの二つの利用者がいます。

まず、クライアントが案件を出し、フリーランスの方がそれに応募する形で仕事を受注します。

出来上がったものを提案して採用してもらうコンペ形式や、一定期間契約を行うようなプロジェクト形式、単発で仕事を行うタスクの形式など、様々な働き方があります。

フリーランスエンジニアの方は、ほとんどがプロジェクト形式になるでしょう。

先ほどと重複してしまいますが、自身のプロフィールも載せることができます。

そこで自分の実績やスキルなどをアピールすることによって、クライアント側から仕事の依頼を受けることも可能です。

自ら営業にいく労力も必要がなく、ある程度実績を積めば失注することなく仕事を受けることができるのが、クラウドソーシングサービスになります。

オススメのクラウドソーシング

クラウドソーシングを行なっている企業も数多くあります。そんな中でもオススメをピックアップしてご紹介いたします。

クラウドワークス

リンクはこちら→https://crowdworks.jp/

企業規模の大きいクラウドワークス、日本で最大級のクラウドソーシングになります。

それゆえ必然的に案件も多く、質の良い仕事を見つけることができます。

最初に登録するサービスとして、非常におすすめのクラウドソーシングサービスになります。

ココナラ

リンクはこちら→https://coconala.com/

ココナラはクラウドワークスと違い、自分のスキルやサービスを商品として扱い、出品するサービスになります。

いわゆるフリーマーケットのようなイメージです。最安500円〜出品できるので、気軽に始めることができます。

エンジニアの方であれば、高単価で出品することも可能になるので、スキルに自信がある方は利用してみると良いでしょう。

エージェントサービス

自分で営業に行かず、より高単価の案件を狙い、フリーランス活動の周辺のサポートも受けたいならば、エージェントサービスがおすすめです。

フリーランスエージェントサービスは、まずはエージェントとのカウンセリングから始まります。

それを踏まえて自分のスキルや考えに合った案件を紹介してくれ、ミスマッチが生まれにくいのが特徴なサービスになっています。

フリーランスの市場にも精通していますし、アドバイスももらえるので、フリーランスを始めたばかりの方にとってはアドバイザーとしてエージェントを利用しても良いでしょう。

また、福利厚生などのサービスも受けられるので、フリーランスとして働きながらも、会社員のような待遇も受けられるのも一つのメリットといえるでしょう。

エージェントサービスは企業直受けの案件を取り扱っているところもあるので、報酬も比較的高単価のものを受注することができます。

オススメのエージェントサービス

エージェントサービスも提供している企業によって様々になります。

それぞれ特徴がある中、サービスが充実しているオススメのエージェントは以下になります。

レバテックフリーランス

リンクはこちら→https://freelance.levtech.jp/

高単価の案件を売りにしているエージェントサービスです。

月の最高単価160万円という結果も出したレバテックフリーランスです。

IT業界の案件も多く、フリーランスエンジニアとして高単価を目指すなら登録してみてください。

ギークスジョブ

リンクはこちら→https://geechs-magazine.com/job/

元々エンジニアの為に作られたフリーランスエージェント、ギークスジョブ。

エンジニア案件も非常に多く、「仕事がないのが不安だ」といった方にはおすすめです。

サポートも充実しており、会計周りのことも担当の税理士が行ってくれるので、仕事に専念することができます。

まとめ

フリーランスにとって、入り口でもあり難関でもある営業活動ですが、最近ではツールが非常に増えています。

しばらく前よりも解決する方法は多くあります。

今営業がうまくいかず、仕事をなかなか得られないという方は今回ご紹介した内容を是非試してみてください。

選び方も様々で、エージェントを利用する場合は、エージェントのみでも十分な仕事量でしょう。

クラウドワークスの場合は、数件の案件をこなすような働き方も可能です。

自分に適したサービスや営業の手法で、フリーランス活動を円滑に送りましょう。

そのフリーランスとして働くためにはプログラミングスキルが必要不可欠です。

プログラミングスクールに通い、スキルを身に付けて新たなキャリアを歩みませんか?

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

11月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
10月受入枠は満員となっております。11月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

【インタビュー】いずれはフリーランスを目指し、エンジニア転職に成功

時間や場所にとらわれない自由な働き方を目指し、WebCampでプログラミングを学び、将来のフリーランスに向け、見事エンジニア転職を果たした星野さんのお話を伺いました。

いずれはフリーランスになりたい

会社に限られない個人としてのスキルを身に着けたい

と考えている方は、ぜひお読み下さい。

時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
2018-01-26 13:03
今回の記事では、WebCampに1ヶ月間通い、未経験からエンジニアとして転職した星野さんにお話を伺いました。 <プロフィール> 星野 智洋 さん(25) 学生時代は日本大学芸術学部...
関連キーワード
フリーランスの関連記事
  • 【案件をゲットする!】フリーランスデザイナーはサイトでアピールするべき
  • フリーランスのつらい現実と不安はどのように改善する?
  • フリーランス単価の決め方や稼げる単価はどこで見つける?
  • ダブルワークで収入アップしよう!フリーランスとアルバイトの違い
  • フリーランスの職業欄はどう書くの?開業届と確定申告の記入方法解説
  • フリーランスが気になる雇用保険。失業保険を受給できるの?
おすすめの記事