◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月生は満員となっております。12月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

会社員コンサルタントを行なっていると一度は独立について考えると思います。

フリーランスとなり働けることは、コンサルタントにとって一つの憧れであり目標でもあります。

そしてコンサルタント未経験の方も、高年収のコンサルタントに魅力を感じている方も多いのではないのでしょうか?

コンサルタントは市場調査などの情報の収集、施策を考える思考力、様々な能力を必要とされます。

まずはフリーランスコンサルタントについて詳しく知る必要があるでしょう。

今回はコンサルタントの業務からフリーランスコンサルタントの実情まで、全て解説していきます。

コンサルタントの業務とは?

基本的にコンサルタントはクライアントの課題解決を行う職業になります。

一口に課題解決といっても、経営の問題、ある特定の商品のセールスの問題など、様々な課題があります。

加えて、新規事業の立ち上げや新商品のリリースなどにも関わり提案することから、つまり、クライアントの収益を上げる為に提案する職業である、と言えます。

コンサルタントはクライアントの利益を上げる為に、情報を集めて分析し提案します。

①クライアントとの課題ヒアリング

②目標設定

③プロジェクト設定

④情報収集、分析

⑤実施

以上のような流れで仕事を行なっていきます。

 

プロジェクトによって期間は異なり、3ヶ月で完了するものもあれば1年以上かけて行うものもあります。

また、チームを組んで行うことが多くマネジメントも必要です。

コンサルタントは多角的な能力が必要であり、そしてそれぞれプロレベルに昇華させなければなりません。

フリーランスコンサルタントと会社員コンサルタントとの違いは、この点にあると言えるでしょう。

普通は社内でチームを作り、コンサルを行っていくことが多いでしょうが、フリーランスは一人でその業務を行うことが多いでしょう。

中には社外から集められた人が集まり、チームを組んで行う場合もありますし、自分が主体となり人を集めてプロジェクトを進める場合もあります。

せっかくフリーランスを目指すのですから、この部分はあなたが1番やりたいものを選ぶと良いでしょう。

コンサルタントに必要な能力

Startup Stock Photos

コンサルタントには具体的にどのような能力が必要なのでしょうか?

エンジニアなどとは違って、具体的に何を勉強するべきなのか分かりづらくなっています。

まずマストとも言える能力は大きく分けて以下の二つになります。

・分析し思考する能力

・クライアントからの信頼と提案力

自分自身の頭で考え、周囲を巻き込んでいく力が必要です。

加えて必要な能力を説明していきます。

業界の分析力

コンサルタントはクライアントよりも業界の情報を取得する必要があります。

まずは業界について分析出来ることがコンサルタントとしての第一歩と言っても良いでしょう。

クライアントの目標を達成する為に必要な情報を得て検証しなければなりません。

分析において重要なのは、

・目的を持った情報収集

・多面的に課題にアプローチする

・課題の深掘り

といったことになります。

また業界の動向を把握するのが得意であることがコンサルタントとして大成する一つのポイントでしょう。

経営者に対してアプローチすることが多いコンサルタントです。

その道のプロよりも知見を持ち客観的に業界の動向を把握して、企業に進言していかなければなりません。

その為にも、情報を収集して分析を行っていく力が必要になります。

企業への提案力

コンサルタントの仕事は提案から始まり、提案に終わります。

スタートはクライアントのニーズ確認からプロジェクトの提案を擦り合わせて行います。

この段階でクライアントからの信頼が得られていなければ、自分の提示したプロジェクトは通らず、仕事を受注することができません。

また、いくら分析を行い業界の動向を把握し、満足のいくプロジェクト内容であったとしても、クライアントの心に響かなければ意味がありません。

定量面で説得力を持ち、定性面でクライアントの心に訴えましょう。

経営のパートナーであるという意識でいることが大切です。

特にフリーランスは情報収集から提案まで全て1人で行わなければなりません。

その分、会社員よりも労力と時間を要します。

せっかく準備に時間をかけたのにもかかわらず、失注してしまうことは非常にリスクを負うことになるので、提案力は日頃から磨いていきましょう。

フリーランスコンサルタントのメリット

なぜコンサルタントはフリーランスを目指すのでしょうか?

福利厚生や企業の後ろ盾もあるにも関わらず、コンサルタントとして業務を行なっていれば、独立を考える人は一般企業の方よりも多いでしょう。

フリーランスの魅力は一体何なのでしょうか?

これから説明していきます。

①自由な時間が取れる

やはりフリーランスのメリットはなんといっても時間の自由さです。

会社勤めだと、就業規則があり、それに従わなければなりません。

コンサルタントに取って、就業時間という概念はあまりないかもしれませんが、自分のペースで仕事ができるというのは大きいでしょう。

また、コンサルタントはプロジェクトの内容によっても変わってきますが、基本的に仕事が有るか無いかの二つで、0か100かの仕事量の差になります。

軽い案件というのはほとんどないと言っても良いでしょう。

そのため、プロジェクト期間はがっつり働き、オフの時は自分で期間を決めて実施することができるため、フリーランスの最大のメリットである時間の自由の恩恵を受けられるでしょう。

②エージェントを使うと案件数が多い

昔までコンサルタントでフリーランスになるには、コネクションや繋がりが重要でした。

その為、長年コンサルタントとして働いた後に独立していく流れが通常でした。

しかし昨今では、フリーランスのエージェントサービスが充実しています。

フリーランスエージェントとは人材紹介会社のような形で、フリーランスと仕事を引き合わせてくれるようなサービスになります。

つまり、コネクションがなくとも、エージェントが持っている案件をスキルに合わせて紹介してくれるため、営業活動の労力が激減させることができます。

また、業界にとらわれないので、自らが特異な業界や、アプローチしたい業界を自分で選択してアプローチすることが可能です。

会社員であれば制約がある仕事の種類も、自由に選べることは、フリーランスの特権でしょう。

フリーランスコンサルタントのデメリット

フリーランスも楽なことだけではありません。

フリーランスになったことで、今まで行う必要のなかったことや、考える必要のなかったことを、自分自身でやっていかなければなりません。

フリーランスになるためにも、デメリットの部分も把握しておきましょう。

①事務処理を自分でやらなければならない

会社に属していたときには、所得の申告は全て会社が請け負ってくれていました。

しかし、フリーランスになり、収入を得た際には自分でそれを行わなければなりません。

時間もかかりますし、知識も必要になります。

税務署に提出する書類の準備から、収支の把握など、様々なものを準備する必要があります。

また、フリーランスのメリットでもある経費の計上ですが、正確に申告して節税しようと思えば、より知識と手間がかかります。

自分の仕事もある中、それを行うのは面倒と思う方もいるでしょう。

最近では、会計ソフトなどのサービスも充実しているので、そちらを利用するのも選択肢の一つです。

②仕事と収入が直結している

フリーランスは全て自己責任になります。

売上を上げればあげるほど、自分の収入に直結はします。

つまり「仕事がない」「案件がない」といった状況になると、収入は0になります。

会社員であれば、営業で数字をあげられなくても、一定の固定給は得られていたかもしれませんが、フリーランスにはその保証はありません。

労働の時給換算や、案件の単価を意識しなければいけなくなります。

仕事がなければ、自分で探さなければなりませんし、案件の報酬が低ければ自ら交渉をしなければなりません。

能動的に仕事に対して取り組むことができる人にとっては、フリーランスは向いているでしょう。

仕事と収入が直結しているということは、言い換えると自分の裁量で自由に仕事を行うことができる、ということでもあります。

個人の責任を背負う代わりに、自由を手にすることができるのが、フリーランスになります。

フリーランスコンサルタントの実際の年収は?

気になるコンサルタントの実際の年収はいくらなのでしょうか?

コンサルタントの中にもいくつかのジャンルがあり、それぞれ年収も違ってくるので、いくつか紹介したいと思います。

建設コンサルタント

建設コンサルタントとは、簡単に言うと建設業に関わるコンサルタントです。

道路や河川、商業施設など、建設関係に関することに対してはほぼ全てに関わっていくようなコンサルタントになります。

建設業は現場での技術やマネジメントも重要になるので、実際に現場で作業自体に関わることも多いです。

そんな建設コンサルタントの平均年収は、だいたい400万円から600万円になります。

大きな案件を受注するようになれば、1000万円を超えるケースも多くあります。

経営コンサルタント

コンサルタントといえば、頭に浮かぶのは経営コンサルタントでしょう。

経営に関わる分野には精通しておく必要があります。

経営戦略から人事、商品のプロダクションなど、企業の核となる部分にアプローチしていきます。

経営コンサルタントの平均年収は400万円〜700万円になります。

コンサルタントとして実績を積み、名前が売れてこれば、こちらも1000万円を超えた年収を手にすることができます。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、SEの上流の部分を考え提案する立場にあります。

つまり、プロジェクトの企画や提案、サポートをしていくような立ち位置です。

その為ITリテラシーは高いレベルが求められますし、エンジニア出身の方が多い分野になります。

ITコンサルタントは最近のIT業界の進歩もあり、ニーズが高まっています。

平均年収も上記2つよりも高く、25〜29歳で600万円弱、さらに伸びれば約800万円が平均年収となります。

平均年収が800万円なので、もっと稼いでいる人も多く存在します。

フリーランスならではの苦労

フリーランスの中でも、コンサルタントにおいての会社員にはない、フリーランスならではの苦労もあります。

コンサルタントは数あるフリーランスの仕事の中でも少し特異的であります。

受動的な案件ではなく、企業に対して自らが提案していかなければなりません。

自分自身が資本となって企業の結果に対してコミットしなければならないので、それゆえに生まれる苦労を乗り越えていかなければなりません。

具体的に生まれる苦労を説明していきます。

チームでの分析・提案

通常、コンサルタントはチームで動くのが当たり前です。

・営業を行うもの

・分析を行うもの

・経理を行うもの

というふうに分業を行いながらコンサルティングを進めていきます。

しかし、フリーランスでコンサルタントとして働く場合には、それを一人で行わなければなりません。

自分の考えで行動できるメリットはありますが、一人で考え行動しなければならないことが増えます。

恐らく会社員でコンサルタントとして働くよりも、業務量は増えるでしょう。

自分でスケジューリングを行い、業務を抱え込みすぎないことが重要です。

時には外注を使うなどをしないと、膨大な業務量に潰されてしまいかねません。

自分自身を企業として捉えて、案件のボリュームや仕事の進捗を管理して、コンサルティング業務を進めていきましょう。

クライアントとの契約継続

フリーランスとして不安点は、「クライアントが自分との契約を継続してくれるか」という点です。

仕事と収入が直結することを伝えましたが、契約の終了は収入がなくなることを意味します。

フリーランスのその他の職種とコンサルタントの違いは、

・答えを自ら探して提案すること

・短期間で結果が出ない場合がある

ということです。

ライターならば記事を納品して終わり、プログラミングであれば投げられた案件をこなして完了、といったこともあるでしょう。

しかし、コンサルタントは自分の提案が効果を生まなければ、契約を切られてしまう可能性が高い職種になります。

会社員のときは、企業の信頼から長期的に様子を見てもらえ、PDCAを回して修正を行なって成果を上げることができたかもしれません。

しかし、フリーランスは個人です。個人の信頼度が高くなければ、クライアントは見限ってしまうかもしれません。

自分の殻に閉じこもるのではなく、他のフリーランスコンサルタント等とコンタクトを取り、知識をアップデートしたり、知名度や信頼度を上げていくことも重要となってきます。

まとめ

フリーランスになって、自由と裁量権を得るでしょう。

しかし、その分自分自身にのしかかってくるタスクや責任は増えます。

元来仕事量の多いコンサルタントです。

フリーランスになったせいでさらに業務量が増え、自由な時間がなくなってしまうこともあるでしょう。

自分一人で行うことに対して嫌になってしまうかもしれません。

自分で計画を立て、管理することが重要です。

周囲に頼ることや、同じ境遇の人とのコミュニティに参加しても良いでしょう。

常に自分自身の状況を把握し、ケアを行なっていくようにしましょう。

フリーランスとして働く為には自分のスキルを付け、磨いていく事が必要不可欠です。

プログラミングスクールに通い、スキルを身に付け、新たなキャリアを歩みませんか?

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月受入枠は満員となっております。12月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

【インタビュー】いずれはフリーランスを目指し、エンジニア転職に成功

時間や場所にとらわれない自由な働き方を目指し、WebCampでプログラミングを学び、将来のフリーランスに向け、見事エンジニア転職を果たした星野さんのお話を伺いました。

いずれはフリーランスになりたい

会社に限られない個人としてのスキルを身に着けたい

と考えている方は、ぜひお読み下さい。

時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】

おすすめの記事