• WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

Web Camp【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でWebサービス等作りたい方
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WebCampPro転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアを3ヶ月で目指すプログラミングスクールです。
11月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
10月生は満員となっております。11月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

はじめに

Ruby on Railsは、Rubyでプログラムを作ることができるWebアプリケーション開発用のフレームワークです。

開発効率を高めるための工夫が随所にあり、大規模なシステムでも、無駄なく安全に作り上げることができます。

Twitterやクックパッド、食べログなどで使われている本格的な大規模システムの運用や保守にも使われていますので、先進的なサービスを作ることができる優秀なフレームワークとも言えるものです。

じつは、そんなRuby on Railsには、手軽に学習を始められる環境があるのです。

今回は、Ruby on Railsの学習方法やスキルアップについて、詳しく説明していきます。

Ruby on Railsとは

そもそも、本サイトへ来られた方の中には、「Ruby」を検索してたどり着いた人もいるのではないでしょうか。

まず、そのRubyとRuby on Railsの関係について、整理しておきましょう。

Ruby ソフトウェアを作るためのプログラム言語。Webアプリケーション以外にもPC上で動作するアプリケーションも作ることができる
Ruby on Rails
(RailsやRoRとも呼ばれています)
Webアプリケーションを作るためのフレームワーク(開発するためのツールや環境、テンプレート)で、Rubyを使って開発する

※以降は、Ruby on Railsではなく、単にRailsと書きます。

つまり、Railsは、あくまでWebアプリケーションを作るための環境やツール、部品の固まりで、プログラムそのものはRubyを使うということです。

そのため、「Railsを学習するからRubyは不要」なのではなく、「Railsを学習するには、Rubyが必須」ということになります。

ただし、Ruby on Railsには、便利なツールやテンプレートがたくさんありますので、Rubyだけでアプリケーションを作るのに比べて、非常に効率の良い開発ができるようになっています。そのため、Rubyの深いところまで知らなくても、相応のプログラムができますので、安心してください。

では、そんなRuby on Railsの学習方法について、説明していきましょう。

コツコツ独学×スクールで実践。未経験からエンジニアに転職!【WebCamp卒業生インタビュー】
2018-03-22 23:28
今回の記事では、独学でPHPを1年半学習し、その後WebCampを受講して未経験からエンジニアへと転職された佐々木さんにお話を伺いました。 <プロフィール> 佐々木 祐樹 さん(2...

Ruby on Railsの学習方法

Railsの学習方法は、端的に言うと以下のようなものです。

・環境の作り方を知る
・Rubyの基本的な使い方を憶える
・Railsの便利機能を憶える

RailsはWebアプリケーションのフレームワークです。そのため、Railsで作ったアプリケーションは、基本的にはサーバー上(ネットワークに接続されたコンピュータ)に設置して実行することになります。

もちろん、学習中はPC上(ローカル環境と呼びます)で開発、実行する方法もありますが、実運用や公開するためには、サーバー上に設置する必要があります。

そのためには、環境の作り方がある程度分かっていないといけないでしょう。

そして、当然ですが、Ruby言語が分からなければ、プログラムを作れませんので、Rubyは必須です。(Rubyの学習には、【Ruby入門説明書】インストールについて解説をはじめとしたRuby入門説明書を参照いただければと思います)

ただし、Railsにはより便利にRubyを使える機能がありますので、Rubyのすべてを憶える必要はないでしょう。それよりも、Railsの機能を憶える方が効果的です。

そして、実際の学習環境には、大きく分けてローカル環境とWeb上の環境の2種類があります。Web上の学習環境で有名なのは、公式のRuby on Railsチュートリアルと、「progate」でしょう。

それぞれについて、メリットデメリット含めて、以下にまとめます。

環境 説明 メリット デメリット
ローカル環境 自分のPC上でRailsの開発や実行ができる環境を整える ・自分で環境を作るため、経験となる
・ネットワークに接続していない環境でも学習できる
・100%無料で行える(学習に書籍を使うならその費用は必要)
・自分で設定などを行うため、時間と手間がかかる
・実際のサーバーへ公開するときにデータベースなどの違いで苦労する可能性がある
公式のRuby on Railsチュートリアル Ruby on Railsの自己学習と言えばこれ、と言われるほど有名で、質の良いチュートリアルサイト。電子書籍の形で、実際に手を動かしながらRailsの環境設定から公開までを一貫して学べる ・Railsの環境設定から開発、公開までを集中して学べる
・Webアプリケーションの作り方の基本が分かる
・超初心者といった人には、少々難しい
ネットワーク上の電子書籍であり、環境も仮想サーバーに作るため、オンラインである必要がある
・1年を超えて開発環境を維持する場合は、有料になってしまう
progate 超初心者から初心者へと導いてくれるオンライン学習サイト。Railsだけではなく、様々なプログラム言語やその周辺知識の教材が揃っている 言葉も分からない人が技術書を読み始める位のレベルになるには、ちょうど良いレベル
分かりやすい記載内容になっている
・多少でも他のプログラム言語などをかじった人には、少々物足りない
・無料会員の場合は見られる教材数に制限がある

ローカル環境

ローカル環境でRailsの学習をする場合、RubyとRailsをインストールしなければいけません。

Rubyのインストールについては、【Ruby入門説明書】インストールについて解説でまとまっています。(参照先では、Ruby2.5をインストールするように推奨していますが、Ruby2.4をインストールしてください)そのため、ここでは、Railsのインストールについて、説明しましょう。(Windows10環境で、説明しますが、Macの場合も基本的には同じです)

すべて、コマンドプロンプト(ターミナル)で実施する必要がありますので、まずはコマンドプロンプトを実行しましょう。
※Windows10では、スタートメニューのWindowsシステムツールの中にあります

1.インストールされているgemをすべて最新にしておく

以下のコマンドで、Ruby環境にインストールされているgem(ライブラリ)を最新の状態にしておきます。(gemについては、【Ruby入門説明書】gemsについて解説を参照してください)

gem update --system

Railsのインストールでもっとも失敗するパターンが、この手順が漏れている場合とも言われていますので、忘れずに実施しておきましょう。
※環境によっては、すべてのgemの更新に時間がかかってしまいますので、気長に待ちましょう

2.bundlerのインストール

bundlerというのは、Ruby環境に複数のgemを簡単に間違いなくインストールするためのツールだと思ってかまいません。

Railsはいくつものgemが必要ですので、bundlerを使う必要がありますので、以下のコマンドを実行してインストールしましょう。

gem install bundler

※すでにbundlerがインストールされている場合は、上書きするかどうか確認されますので、インストールを中断してください

4.SQLite3のインストール

RailsはWebアプリケーションということもあって、基本的にはデータベースに情報を記録します。そのため、データベースのインストールが必要です。

4-1.SQLite3の公式サイトから、SQLite3のzipファイルをダウンロードする
4-2.ダウンロードしたファイルを解凍する
4-3.解凍した2ファイル(sqlite3.defとsqlite3.dll)をRubyをインストールしたフォルダの下にあるbinフォルダへ格納する
※sqlite3.dllへのアクセス権がなければ、うまく動きません。必ずWindowsにログインしたユーザーにフルコントロールのアクセス権を与えておきましょう

また、RubyやRailsからSQLite3を使用するためのgemもインストールしておきましょう。

gem install sqlite3

なおSQLite3は、個人のローカル環境で扱うことが多く、そのため扱いやすい反面、制限もあります。そのため、実運用時にサーバー上で公開する場合は、他のデータベース(MySQLなど)へ変更する必要があるでしょう。

5.Railsのインストール

ここまででRailsをインストールする準備が整いましたので、いよいよRailsをインストールします。

以下のコマンドを実行しましょう。

gem install rails

※数多くのファイルをダウンロードしながらインストールします。時間がかかりますので、気を付けてください

6.node.jpのインストール(Windows10のみ)

Railsのインストールは完了しましたが、Windows10の場合は、node.jpをインストールしなければ、ブラウザから実行したRailsプログラムの実行結果が表示されないようです。

そのため、node.jpもインストールします。

6-1.node.jpの公式サイトから、Windows Installer(Macの場合はMacOSInstaller)をダウンロードする。
6-2.ダウンロードしたインストーラーを実行する。
6-3.インストール完了したら、コマンドプロンプトを1度終了して再度立ち上げる。

7.起動確認

インストールが完了したところで、Railsの起動確認を行いましょう。

まず、テスト用のWebアプリケーション用フォルダを作り、そこへ移動します。※任意の場所でかまいません

mkdir C:\Rails
cd C:\Rails

次、Railsアプリケーションのひな形を作成します。Railsは、コマンド1つで、最低限必要なひな形を作成してくれます。

rails new rails_test

「rails_test」の部分は、半角英数と一部の記号を用いていれば、なんでもかまいません。(使えない場合はエラーが発生して実行されません)

じつは、このプロジェクトを生成した段階で、ローカル環境にサーバーもインストールしてくれています。プロジェクトフォルダへ移動して、サーバーを起動しましょう。

cd rails_test
rails s

コマンドプロンプトに以下のように表示されると、Railsのサーバーが起動しています。

D:\Rails\rails_test>rails s
=> Booting Puma
=> Rails 5.2.1 application starting in development
=> Run `rails server -h` for more startup options
*** SIGUSR2 not implemented, signal based restart unavailable!
*** SIGUSR1 not implemented, signal based restart unavailable!
*** SIGHUP not implemented, signal based logs reopening unavailable!
Puma starting in single mode...
* Version 3.12.0 (ruby 2.4.4-p296), codename: Llamas in Pajamas
* Min threads: 5, max threads: 5
* Environment: development
* Listening on tcp://0.0.0.0:3000
Use Ctrl-C to stop

この状態で、ブラウザのURLの入力欄に「http://localhost:3000」と入力して、以下のような画面が表示されることで、環境を正しく構築できたことが確認できます。

なお、コマンドプロンプトの最後にも書かれていますが、Ctrlキーを押しながらcキーを押すと、サーバーは停止します。

ここまででRailsの環境はできましたから、書籍を使うなどして、学習を進めていくことが可能になります。

“未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
2017-10-04 10:26
今回の記事では、未経験からWebCampを1ヶ月受講し、その後エンジニアとして転職をした喜田さんにお話を伺いました。 <プロフィール> 喜田 大介 さん (28歳) 大学時代はプ...

公式のRailsチュートリアル

Railsチュートリアルとして名高い、公式と呼べるオンラインのRails学習サイトです。

基本的には公開されている電子書籍を閲覧しつつ、「指示通りに操作していく」ことで環境の構築からWebアプリケーションの作成、公開までを行い、理解を深めていけるように作られています。オンライン上であれば、無料です。

学習の進め方や言葉の説明など、丁寧な内容で、順を追って進めるだけでWebアプリケーション(Twitterのようなもの)を作ることができるようになっていますので、興味のある人であれば動くものを作る喜びからモチベーションが上がることでしょう。

Railsチュートリアルの始め方

Railsチュートリアルのサイトへアクセスすれば、すぐにでも始めることができます。
※動画や質疑応答もできる電子書籍購入を促すような記載もありますが、そのままスクロールすれば電子書籍があります

電子書籍を読み進めながら、指示通りに操作することで学習を進めていきましょう。

なお、学習環境については、「Cloud9」というAmazonのサービスを使います。ネットワーク上に仮想のサーバーを構築してくれるサービスで、ハードウェア的な制限もなく、ローカル環境の場合のような構築の手間もないものです。

PCとブラウザさえあれば学習を進められますし、チュートリアルとまったく同じ環境ですので、環境の違いによる問題で時間を取られる心配がありません。(もちろん、Cloud9の設定などはありますが、丁寧な説明がありますので、心配無用です)

もちろん、前述のローカル環境を作って、Railsチュートリアルをローカルで進めることも可能です。ただし、環境の違いで教材通りにいかないこともありますので、強くおすすめできません。

Railsチュートリアルで学習する心構え

前述の通り、Railsチュートリアルは、すべてを準備してくれて、手取り足取り教えてくれるすばらしいサイトです。

しかし、前提としている知識の範囲が少し広く、初めてプログラムの勉強を始める超初心者レベルの人には、書籍の内容が難解に感じる場合があります。

ただし、それでも、「分からないなら分からないなりに進める」という気持ちで読んでいけば、最初の疑問が急に解けるような瞬間が何度もあり、最終的には理解が深まっているといった作りになっています。

そのため、諦めずに「まず手を動かす」という方法で、2度3度と繰り返して身体に覚えさせるという方法がおすすめです。

progate

プログラミング系のオンライン学習サービスとして、ユーザー数47万人を誇る有名サイトです。

イラストを豊富に使った教材で、初心者にはとても評判が良い理解しやすいものになっています。それに加えて、教材と同じ画面でプログラムの作成から実行まで、教材の進捗に合わせた環境が準備されているため、ユーザーは何の準備も必要なく、学習に集中できるようになっています。

また、簡単なだけではなく、Railsチュートリアル同様、SNSサービスを作成することもできますので、効率よく学習することができるでしょう。

ただし、無料では受けられる教材が限られており、ある程度以上のレベルまで進むためにはコストがかかってしまいます。

progateで学習する心構え

progateの活用方法は大きく分けて2つあります。

まずは、有料会員になって、progateの優良な教材を存分に活用することです。

人にもよるとは思いますが、progateの教材を使えば、様々なプログラミングの知識を体系的に知ることができますので、書籍を購入することを考えれば安いものかもしれません。

もうひとつの活用方法は、(progateの運営会社には申し訳ありませんが)progateの無料会員枠を使って、「超初心者から抜け出す」ことです。

progateの無料会員枠は17レッスンですので、その枠内で、必要な基礎知識を学習し、その先を前述のRailsチュートリアルや書籍を使って学習するわけです。そうすれば、「言葉が分からずに挫折する」ことや「考え方の基礎がないので分からない」ようなことを防ぐことができるでしょう。

例えば、Railsの学習であれば、Rubyを5レッスン、HTML&CSSを3レッスン、Ruby on Rails5を9レッスン行えば、Railsチュートリアルや一般の入門用の書籍を進めるのに十分な知識を得られるでしょう。

未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
2018-03-10 14:42
今回の記事では、たまたま見たテレビ番組がきっかけでエンジニアに興味を持ち、WebCampProを受講して見事転職を決めた中村さんにインタビューしました。 <プロフィール> 中村 駿...

学習したあとは? 実践

ここまで、学習の始め方の説明をしました。

ローカル環境を作って書籍で学習する方法や、Railsチュートリアルやprogateを使って学習する方法に、どちらが有利不利、良い悪い歯ありません。自分にあった方法で、一歩一歩進めていくことが重要です。

ただし、何の目的もなく学習するのは続けるのが難しいのは確かです。

そのため、学習するときは、何か目的となるサービスがあった方が良いでしょう。
(もちろん、学習を進めていく中で見つけてもかまいません)

そんな風に学習を一通り終えたあとに、作ったサービスを公開することができれば、もうビギナーではありません。

Webアプリケーションを公開してみる

作成したWebアプリケーションを公開するには、インターネット上に公開されているサーバー上にWebアプリケーションを設置しなければいけません。

Railsチュートリアルで教材通りに環境を作った人は、Herokuという外部のホスティングサービスを利用しますので、すぐにでも公開することが可能です。

ローカル環境やprogateを使っている人も、gitを導入してHerokuを利用すれば、開発環境の違いを読み替えることで、同様に公開することができるでしょう。

もしかしたら、あなたの作ったWebアプリケーションに、思わぬ反響があるかもしれません。

仕事をする

Webアプリケーションを公開できてしまえば、世の中の多くの人から見れば、あなたは立派なプログラマーです。

そのため、Railsを使った仕事をしていくことも、夢ではありません。

実際のところ、フリーのプログラマーの需要はとても多く、クラウドワーキング関連のサイトを検索すると、数多くの案件が掲載されています。

そんな仕事に応募してみるのも、よりスキルを上げるためには、とても有効なことです。(ついでにおこづかいも稼げます)

もちろん、いきなりプログラム開発をする仕事のハードルが高いと感じる人もいるでしょう。そういった場合は、Railsのブログ記事などを書くライティング業務もあります。

そこで、いままで自分が学んできたことを文字にすれば、より理解が深まるに違いありません。

そうして、実力をつけていくことで、プロのプログラマーとしてデビューし、より大きなシステム、すばらしいサービスの開発に携わることができるようになってきます。

まとめ

Ruby on Railsの学習方法について、説明しました。

Railsの学習には、Railsそのものだけではなく、環境構築とRuby言語、Web周りのHTMLやCSSなど、やらなければいけないことが多々あります。

しかし、それらをすべて完全に理解しなくても、大きな問題にならないことが少なくありません。(もちろん、知っているに超したことはありませんが)

そのため、数多くの情報の中から必要なものを効率よく学習する必要があり、そのためにRailsチュートリアルやprogateなどの学習サイトがあるのです。

ただ、じつはプログラミングスクールで学習するのが、1番効率よく学習できるかもしれません。リアルタイムで質問して回答してもらい、それにまた質問すると言ったやりとり、対面の学習でなければ実現できない強みでしょう。

書籍での学習やここで説明したチュートリアルに加えて、スクールも候補に入れても良いかもしれません。

・Ruby on Railsは、Webアプリケーションのフレームワーク
・Ruby on Railsは、Rubyを使ってプログラムする
・Ruby on Railsは、開発に便利なツールの固まり
・Ruby on Railsを学習するには、開発環境が必要
・Ruby on Railsの開発環境には、ローカル環境とWeb上の環境がある
・Web上学習環境としては、Railsチュートリアルとprogateがある
・Railsチュートリアルがおすすめだが、初心者にはprogateの方が分かりやすい
・Rails学習するに当たって、目標があれば、なお良い
・一通り学習できたら、簡単な仕事に挑戦することも不可能ではない

WebCampOnline プログラミングコースについて

WebCampでは、「どこでも学べる」オンラインコースを開講しています。

初心者・未経験の方でもわずか1ヶ月でプログラミングの基礎を学び、アプリケーション開発をすることができます。

WebCampOnlineが選ばれる3つの理由

1.学習の仕方がわからなくても安心!初心者に寄り添った学習カリキュラム

これから学習を始める初心者の方や、独学で挫折してしまった方に向けて、アプリケーション作成をゴールとする一気通貫したカリキュラムを提供しています。2500名を輩出しているWebCampだからこその教室でのリアルな受講生の声を反映し、オンラインコースでも初心者に寄り添った学習体験をご提供いたします。

2.つまずいたらすぐ解決!プロのエンジニアに質問し放題

プログラミング学習で挫折する理由の多くは「つまずいた時に聞ける人がいない」ことです。オンラインコースでは、現役エンジニアやプロ講師に、すぐにチャットでの質問が可能です。つまずきをすぐに解消できるので、挫折せずに学習を継続することができます

3.1ヶ月間で終わらなくても大丈夫!カリキュラムは"卒業後"も"無料"で利用可能

受講したいけど、仕事が急に忙しくなるかもしれないから受講するか迷っている・・・そんな方も多いのではないでしょうか?ご安心ください。カリキュラムは期間終了後も「無料」で使うことができます。また、しっかり学習時間を確保した方も、振り返って学習することでプログラミングスキルがご自身に馴染んできます。

▼まずは無料でWebデザインのカリキュラムを体験しよう!

【インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!

ブラジルから帰国し技術をつけようとRubyエンジニアを目指してWebCampでRubyを学び、見事Webエンジニアとして転職を果たした田中さんにお話を伺いました。

Rubyの学習がしたい。基礎をしっかりと理解したい

転職のサポートがほしい

と考えている方はぜひお読み下さい。

【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
2018-01-15 13:23
今回の記事では、WebCampで1ヶ月間Rubyを学習し、Webエンジニアとして転職した卒業生の田中さんにお話を伺いました。 <プロフィール> 田中 デニス 昭彦さん(...
関連キーワード
Ruby on Railsの関連記事
  • 【Rails入門説明書】enumについて解説
  • 【Rails入門説明書】link_toについて解説
  • 【Rails入門説明書】Bootstrapについて解説
  • 【Rails入門説明書】scaffoldについて解説
  • 【Rails入門説明書】validationsについて解説
  • 【Rails入門説明書】routesについて解説
おすすめの記事