• WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
12月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月生は満員となっております。12月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

2020年からプログラミングが義務教育になるということは、大変注目されている日本教育の動向です。

それでは、プログラミング教育の目的には、どのような狙いがあるのでしょうか。

また、具体的には、どのような教育となるのでしょうか。

今回は、このあたりの疑問にお答えする解説記事をお届け致します。

小学校からプログラミング教育うを始める目的

プログラミングスキル自体だけが目的ではない

小学校からプログラミング教育が導入される予定であることは、ニュースなどでもみなさんご存知かと思います。
現在のIT全盛の社会事情からすると、当然の流れのように感じられますが、だからこそその目的に対しては誤った認識をされやすい状況でもあります。
プログラミング教育とは、決してプログラムを書けるようになること(プログラミング言語を用いた制作作業)だけが目的ではありません。
「これからのIT社会でプログラミングは必須の技術となるから小さいうちから教え込むのだろう」といった意見や「プログラミングは言語も含めて多種多様で一部を学習してもあまり意味がないのではないか」などといった意見も、根底には「プログラミングを学び、コーディングできるようになること」が教育目的であると認識があるからこその意見だと思います。

しかし、実際はそういった目的とは異なります。
プログラミング教育を導入する目的は、コンピュータが自身の命令(プログラミング)でどう動くかを実際に体験させていくことにより「プログラミング的思考」つまり「論理的思考」をスムーズに楽しく育むのが本来の目的となります。
プログラマやIT系職業ではなくとも、この「プログラミング的思考」というのは、普遍的に求められる力といえると思います。
物事を論理的に考え、答え(ゴール)に導くにはどう順序だって物事を進めていけばよいかのプロセス体験をプログラミングを通して体験させることで、子供達の能力を伸ばしていくことが期待されています。
これは、言語能力の育成や教科共通の思考力の育成であるなど、小学校教育以降の基盤として長年重視されてきている能力の育成にも大きく関わるものと考えられており、今後の日本にとても重要です。

時代背景から必要になった能力

こういった幼少期からのプログラム教育が必要とされる背景には、人工知能の進化に代表される急速な情報化社会の発展が教育に与える影響や、それに伴う教育の在り方に変化を整理し、より良いものに変えていくという、日本の教育環境における重要な時代の流れを汲み取ったものです。
今後、詳細は有識者会議などで国を主体としてまとめられ、方針が、小学校で2020年(平成32年)からの実施が見込まれる新しい教育課程に組み込まれる予定です。
この方針がしっかりと決まって、教育現場に無理が生じることなく円滑な教育実施を行えれば子供達にも大変有益なものになると考えられます。

日本のプログラミング教育はどうなっている

小学校のガイドライン

文部科学省から、新小学校学習指導要領として、「小学校プログラミング教育の手引(第一版)」が取りまとめられており、文部科学省のサイトからPDFファイルをダウンロードできます。
手引きの中では、学習指導要領や小学校プログラミング教育についての基本的な考え方が解説されています。
小学校プログラミング教育の導入経緯、教育における育成能力の期待、教育の目的などが書かれており、取り組み例なども掲載されています。
今後、実際の導入事例などの実績を踏まえて適時改訂を重ねられていくと思いますので、小学校プログラミング教育について確認したい方は適時参照していけばよいかと思います。

日本以外のプログラミング教育

いくつかの国をご紹介します。
共通していけるのはやはり日本はプログラム教育に関しても後進国だということです。
各国の取り組みは様々な違いはあれど、既に一定の成果を出すところまで来ている国もあります。

1. イギリス

イギリスは先進主要国の中で最も早くプログラミング教育を取り入れた国です。
イギリスでは小学校どころか、5歳からプログラミング教育に携わっていき、コンピュータ技術の基礎を理解していきます。
その背景には、日本と同じく技術者不足が深刻な問題となっているためで、幼少期からのプログラム的思考の形成だけでなく、純粋なIT技術者育成という観点からもプログラミング教育に積極的に取り組まれています。

2. イスラエル

イスラエルはIT技術の分野では世界最先端の技術を有する国です。
小学校からというわけではないのですが、高校教育で必須科目となっており、数学や物理などの教科と遜色ない授業数でしっかりと教育されます。
主要教科と同じくらいの時間を費やしてプログラミング教育に取り組んでいるため、IT技術の水準は必然的に高くなり、優秀なIT技術者が多く誕生しています。
特にセキュリティ分野ではイスラエルは有名で、世界中のセキュリティ関連企業がイスラエルの技術を使用しています。

3.アメリカ

アメリカは大企業も多数あり、当然必修として古くからあるイメージですが、実際は州や学校により様々で、コンピューターサイエンスとしてプログラミング授業はありますが必修化はされていません。
選択科目として学べるようになっているようです。

4.韓国

アジアに限って言うと、最も早くプログラム教育の必要性・重要性を認識し、その教育導入を熱心に行ってきた国のひとつです。
プログラミング教育は2007年から選択科目ではありますが、導入されています。

また、ICTリテラシーとしてICTの基本概念などの内容についてはは必修科目として初等教育から取り入れられています。
LGやSAMSUNGなどの大企業の躍進を考えるとこういった取り組みの先進性はうなづけるかもしれません。

どのようなカリキュラムを考えているのか

学校の教育活動は、基本的に各学校の教育目標を柱として児童や学校、地域事情に伴って各学校において決定されますので、それはプログラミング教育も例外ではありません。
学習指導要領に例示された教科・学年・単元などはありますが、あくまで例示であり、各学校の創意工夫を生かしたプログラミング教育が展開されることを大前提とされています。
つまり、各学校で具体的に考えていく必要があるということです。
ただし、そうはいっても0から作り上げていくことは学校側の大きな負担となるので、取組の参考となるよう、手引きなどには取り組み例が掲載されています。
まずはこれらを参考にプログラミング教育への取り組み方は検討していく流れになると思います。

プログラミング教育で何を身に着けるのか

プログラミング的思考能力

前述した通り、プログラミング教育の目的は、プログラミング的思考能力の習得です。
では、プログラミング的思考とはなにかというと「目的を達成するための作業の流れを順序立てて考え、結論までの道筋を導き出して、それを計画的・効率的にに実行するための考え方」といえると思います。
そのためには論理的に考え、問題点の洗い出しとその解決方法の考察、それらを実行するための方法論の創造性、そしてまとまった内容を実行する行動力などさまざまなことが必要になります。
これらをプログラミングを通して、無理なく楽しく実践して経験していくことで、自然に身についていくことが最大の目的です。

具体的には何をするのか

まずは、コンピューターが生活の色々な場所で活用されていることを具体例を持って認識させていきます。
いきなりPCの前に座って手を動かすのではなく、多くの家電製品や生活用品、車や電車や飛行機など、さまざまなものにコンピュータは使われており、自分たちの役に立っていることを教えていきます。

次に、そういった具体例の中で、何がコンピュータを導入することによって便利になったのか、導入にあたって問題はなかったのかなどの事例を踏まえて、物事の問題解決の流れをレクチャーし、論理的思考を育成していきます。
そして、主要教科を中心とする他教科で育まれる発想力や思考力と併せながら、「プログラミング的思考能力」を段階的に身に着けていけるようにカリキュラムを形成することが必要です。
つまり、小学校でのプログラミング教育は、算数・図画工作・理科・音楽など、他の様々な教科の中で絡めて展開していくことがより効果的であり、専門的にプログラムだけを行う授業はあまり考えられていません。

プログラミング教育:まとめ

いかがだったでしょうか。プログラミング教育の日本における現状とこれからを中心に解説しました。
どうしてもITに関わる話は他業種に携わる人にとっては「関係ない」と拒絶されがちですが、現在の社会においては、子供達だけでなく関わってこなかった大人にとっても無視できない分野となってきました。

プログラミングを通して、論理的な考え方、つまりプログラミング思考能力が身に付くことことにより、問題に対しての取り組み方が変わり、問題を解いていく楽しみを覚えることが出来ます。
それは勉強へのやる気を高めることにもなり、子どもの将来の職業の選択肢を広げることにも多大な影響を及ぼします。
また、考えを論理的に考え、思考がクリアになりやすくなるということは、思考力・判断力・行動力の向上につながり、積極性へとつながることも期待され、本人の人格形成や他人への接し方への良い影響もあると思います。
もちろんメリットばかりでなく、教育内容の増加により子供達や教員の負担増や、家庭学習での親の考え方などまだまだ問題点は多くあると思われます。
近い将来の教育開始に向けて個人個人がこの教育について真摯に意見を出し合い、より良いものになっていくことが、子供達の将来のためにもなります。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

12月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月受入枠は満員となっております。12月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

関連キーワード
学習の関連記事
  • 【誰でもわかる!】エンジニアの仕事内容を徹底解説
  • 初心者でも一瞬でわかるプログラミングの考え方・思考法
  • エンジニア必見!エンジニアが成長できるブログ紹介
  • エンジニアとは?仕事内容、年収、将来性を徹底解説
  • 【Rails入門説明書】find、find_byについて解説
  • プログラミング未経験者でも出来る開発環境構築
おすすめの記事