• WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
12月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月生は満員となっております。12月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

フリーランスとは、団体や会社に所属せず、仕事や案件に応じて自由に契約して働く人の事です。

現在の日本ではフリーランスの人口が増えてきており、徐々にこのような働き方が浸透しつつあります。

アメリカでは2020年までにフリーランスの人口が全労働者の中で50%を超えるであろうと予想されています。

また、カナダでも2020年にはフリーランス人口が45%を超えるといわれています。

アメリカで起こる出来事は数年後日本でも起こるといわれており、日本も近い将来アメリカのようになる可能性は大いにあります。

しかし、フリーランスといってもどういった働き方なのかわからないといった方も多くいるかと思います。

フリーランスとは何なのか、フリーランスとはどんな仕事をするのかを基本的なことから解説していきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

フリーランスって何?

どんなワークスタイルがあるの?

フリーランスとは特定の企業に所属せずに自ら契約を交わして仕事をして報酬を得るワークスタイルです。

個人事業主とも呼ばれています。

この働き方は先進国の中では一般的であり、現在アメリカでは3人に1人がフリーランスであるといわれています。

まだまだ日本では会社に所属している方が多いですが、徐々にこの働き方が広まってきています。

日本にはどのくらいフリーランスがいるの?

現在の日本人のフリーランス人口は17%程度だといわれています。

つまり6人に1人がフリーランスとして仕事をして生活しているのです。

この数字は、副業としてフリーランスの活動を行っている方や複業として2つ以上の仕事を掛け持っているパラレルワーカーの方も含まれた数字です。

現在は過半数を超えておらずまだまだ少ないフリーランスですが、これからは日本でも一般的な働き方になると予想されています。

そのため先取りし、副業としてフリーランスの仕事を始め、フリーランスのノウハウを身に付けておく事をおすすめします。

フリーランスの収入はどれくらい?

フリーランスの収入の平均額は200万円程度といわれています。

この数字だけを見るとフリーランスだと生活していけないと感じた方もいるかと思いますが、これは副業としての収入も含まれているため、若干少ない数字となっています。

あくまで平均額であるため、数万円しか稼げていない方から数億円以上稼いでいる方も存在しています。

副業としてフリーランスの活動の中でこの金額を稼ぎ出すことができれば生活は大幅に変わることでしょう。

つまり現在の収入+フリーランスの給料を手にする事が出来ます。

スキルを身に付ければ数100万以上の収入を得る事が出来ます。

この数字は前年比の12%増加しており、フリーランスの経済規模がどんどんと拡大しています。

日本ではフリーランスの経済規模はこれからも増え続けていき、2027年にはフリーランスの方がフリーランスでない方の数を超えると予想されているため、平均額も右肩上がりに増えていくでしょう。

サラリーマンで働き続ける事の問題点

フリーランスが普及していくと予想されているのは、時代の変化により終身雇用が崩壊していることでサラリーマンであり続けることに危険性が増しているからです。

それでは、サラリーマンでいることの問題点を解説していきます。

昇給率が低い

2018年の日本企業の昇給率は平均5000円程度と発表されました。

40年勤め上げたとしても昇進などで収入が上がる可能性はありますが、年収として240万円しか増えません。

また、企業の倒産なども増えてきており、M&Aが活発に行われています。

自分の所属している会社が40年後も存在している可能性は大企業でも少ないです。

そうなると退職金をもらえなくなってしまい、老後生活することが困難になってきます。

また、年金制度の破綻も大きな問題です。

これまでは退職金や貯金を切り崩しつつ支給される年金を使っていけば問題なく生活はできました。

しかし年金制度の破綻してしまえば老後の生活費は全て退職金や貯金を切り崩さなくてはならず、死ぬまでの生活費をまかなうことは非常に困難であるといえます。

そのため、これからは何歳になっても自分の力でお金を稼ぎ出すことが必須のスキルとなっていく時代に突入しつつあるといえるでしょう。

個人の能力に関係ない待遇を受ける可能性がある

サラリーマンの雇用と収入の関係は会社の業績に強く影響を受けます。

会社の業績は一人の能力に関係なく、経営者や景気に影響される部分が大きくあります。

会社が倒産した場合、通常は失業してしまいます。

また業績が傾いた場合、リストラされてしまう危険性も伴っています。

単純に業績を上げていても、所帯状況や高給取りの場合、リストラする可能性は大いにあります。

そのため、サラリーマンには無い良さを持っているフリーランスのメリット・デメリットを説明していきます。

フリーランスのメリットは?

フリーランスという働き方には、サラリーマンにはない様々なメリットが存在しています。

サラリーマンとは違ったフリーランスのメリットを解説していきます。

自宅で作業できる

サラリーマンの場合には、毎日定時に会社に出社する必要がある会社が多いと思います。

しかし、フリーランスであればインターネットの発達に伴って、インターネット環境さえ整っていれば自宅で作業することが可能になります。

近年、月に何回か出社すれば良いという企業も増えてきていますが、会社に所属している場合、完全に自宅だけで作業をするといったことはまずあり得ません。

自宅で好きに仕事する事が出来るのがフリーランスの大きなメリットといえるでしょう。

時間を有効活用できる

フリーランスの方はスキマ時間を有効に使っていくことができます。

1日24時間の中で意外と無駄な時間というのは存在しています。

例えば通勤時間や時間外業務などの無駄な時間を割く事が出来ます。

この無駄な時間を仕事にあてることができれば大きな収入を得ることができる可能性があります。

サラリーマンであれば、時間を有効に使用しても仕事の効率が上がりますが、給与が多くなることは稀です。

逆に残業代時間が減ってしまい収入が少なくなってしまう可能性さえあります。

どのような人間でも時間は平等に与えられています。

24時間ダラダラと過ごした1日も24時間一生懸命働いた1日も同じ時間です。

時間を有効に活用してお金に変えていきましょう。

頑張りが収入に反映する

フリーランスの最大の魅力は自分の頑張りがそのまま収入に反映されます。

頑張れば頑張った分だけ収入が増えていくので仕事の本質的な楽しさに気付くことができるでしょう。

サラリーマンであっても仕事を頑張れば昇進などによって収入を増やすことも可能ですが、自分の本意ではないことを行わなければならなかったりと苦労がつきまといます。

また、会社のポストの数にも限りがあり毎年昇進するといったことは考えにくく、短期間で収入を上げることは難しいです。

自分のスキルを収入に反映させて仕事の楽しみを感じていきましょう。

フリーランスのデメリットは?

ここまでフリーランスのメリットを解説してきましたが、当然デメリットも存在しています。

ここからはフリーランスのデメリットを解説していきます。

責任が全て自分に生じる

フリーランスはサラリーマンとは違い、仕事内容も仕事時間も収入さえも自分で自由に決めることができます。

生活スタイルに合わせた働き方が可能になるのですが、その反面、仕事の責任は全て自分の肩にのしかかってきます。

これまでサラリーマンであれば仕事でのミスも上司や会社がカバーしてくれていましたが、フリーランスになるとそうはいきません。

フリーランスとして活動していく場合にはサラリーマンでは感じたことのない責任感が必要になってきます。

仕事がすぐ無くなる可能性がある

フリーランスは自分で仕事を契約して業務を行う為、スケジュール管理を失敗し、納期に間に合わないと、仕事が簡単に無くなってしまいます。

さらに仕事の単価を気にせず仕事を請けてしまうと、生活できなくなる可能性があります。

フリーランスとして働くうえで、自己管理と業務管理の徹底が必要不可欠です。

フリーランスの仕事とは

これまでフリーランスについて基本的なことを解説してきました。

それでは、フリーランスには具体的にどのような職種があるのでしょうか?

人気の職種を紹介していきます。

サイトの記事作成を行うWEBライター

フリーランスとして最も人気がある職種がWEBサイトの記事作成を行うWEBライターです。

私たちが普段閲覧しているWEBサイトに記載されている記事の作成を行う仕事です。

専門的知識の特に必要なく始められるのが人気の秘訣です。

スキルが上がってくれば収入も上がってくるため非常にやりがいのある職種です。

初めは専門的知識やスキルがなくても教材も多く出版されており、自己研磨を続けていけばフリーランスとして十分に活躍できる職種であるといえます。

ロゴなどを作成するWEBデザイナー

WEBデザイナーも人気の職種の一つです。

企業のロゴやデザインなどの作成を行っていく仕事です。

デザインの専門学校を卒業しておりデザインに関するスキルを持ち合わせている方にはうってつけの仕事です。

デザイナーとして社員を雇用している会社は意外と少ないためフリーランスとデザイナーの相性は抜群です。

写真の専門家フォトグラファー

近年では、フリーランスとしてフォトグラファーの活動を行う方も多いです。

これまで写真撮影を趣味で行っていた方が趣味をそのまま仕事にしているケースが多いです。

自分の関心のあることを仕事にするため詳細にまでこだわることができるため高品質な作品を残すことができるために社会的価値は非常に高いといえます。

プログラムなどのエンジニア

現在、ITの発達に伴ってIT業界ではエンジニアが常に人手不足の状態です。

自社の社員だけではこなせないほど仕事を抱えている企業も多いため、クラウドソーシングを利用して外注していることが多々あります。

そのため、フリーランスのエンジニアは需要にある職種の一つです。

エンジニアとしての経験がある方は非常に可能性のある職種であるといえます。

フリーランスとして働く中での注意点

ここまでフリーランスとしての基本的なことや具体的な職種を解説してきました。

いざフリーランスになると様々な困難が待ち受けています。

その困難を回避するためにフリーランスとして働く中での注意点を解説していきます。

コミュニティを広げよう

フリーランスにとってコミュニティは非常に重要です。

フリーランスになると個人で作業することが多くなります。

フリーランス同士のコミュニティを築き上げて仕事のやり方を相談し合う仲間を作っていく必要があります。

そのコミュニティの中から新しい仕事を得る可能性もありますし、新たなスキルを得る可能性があります。

また、企業を相手に仕事する場合にもそのコミュニティを広げていく必要があります。

コミュニケーションスキルを上げていき人脈をどんどんと広げていきましょう。

体調管理はしっかりしよう

サラリーマンであれば、有給休暇があり風邪やインフルエンザなどで体調不良になった場合には仕事を休んでも給料は補償されています。

しかし、フリーランスであればどんな理由であれ仕事を休んでしまうと収入は入ってきません。

そのため、体調管理をしっかりと行っていく必要があります。

病気にかからないように体調管理をすることも必要ですが、仕事の時間に集中することを目的に体調管理をしていく必要もあります。

仕事中の集中力は仕事の出来や効率に直結してきます。

体調管理をしっかりと行い、仕事に集中できる状態を常に維持していきましょう。

スケジュール管理をしっかりしよう

フリーランスになるとスケジュール管理が必要になってきます。

様々なクライアントとの付き合いが出来てきて、それぞれのクライアントの納期に合わせて仕事を完了させなければなりません。

スケジュール管理が甘くなってしまい、納期が遅れてしまうことが続くようだと継続して仕事を得ることが難しくなってしまいます。

当日だけではなく、先を見越したスケジュール管理をしっかりを行い、仕事の漏れがないように確認して仕事をしていきましょう。

スキルアップを常に心がけよう

時代の変化に伴ってフリーランスに求められるスキルもどんどんと変わってきます。

スキルアップを怠っていると仕事を完了させることができなくなってしまいます。

情報に敏感になって今必要なスキルを把握して自分のものにしていきましょう。

フリーランスとして活動していると孤独の中で仕事をすることが多く、今の仕事で手一杯になってしまいスキルアップを怠ってしまい仕事についていけなくなるケースが多々見受けられます。

常に昨日の自分より成長していけるようにスキルアップを心がけていきましょう。

まとめ

近年では、ITの発達によって時代が変わっていくスピードが早くなっています。

これまではあり得なかった自宅でできる仕事も増えてきています。

団塊の世代では会社に身を捧げるのが美徳だといわれていましたが、そのような価値観も変わっていき個人が輝く時代が到来しました。

これからの時代は個人のスキルが非常に重要になってきます。

ただ、会社に出勤するだけで生活のために給与をもらっている働き方をしていると生き残れなくなってしまう可能性もあります。

フリーランスとして活躍できるように常に仕事を通じてスキルアップをしていきましょう。

今身に付けるべきスキルはプログラミングスキルだと言われています。

プログラミングスクールに通い、短期間最短距離でプログラミングスキルを身に付けてフリーランスとして成功しましょう。

時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
2018-01-26 13:03
今回の記事では、WebCampに1ヶ月間通い、未経験からエンジニアとして転職した星野さんにお話を伺いました。 <プロフィール> 星野 智洋 さん(25) 学生時代は日本大学芸術学部...

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。

WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

フリーランス・独立を目指し、プログラミングスキルを身につけたい人も、是非ご検討下さい。

12月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月受入枠は満員となっております。12月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

関連キーワード
フリーランスの関連記事
  • フリーランス人口が増加している理由とは?働き方別の年収比較!
  • フリーランスでも福利厚生は利用できる?経費にはできるのか?
  • 【案件をゲットする!】フリーランスデザイナーはサイトでアピールするべき
  • フリーランスのつらい現実と不安はどのように改善する?
  • フリーランス単価の決め方や稼げる単価はどこで見つける?
  • ダブルワークで収入アップしよう!フリーランスとアルバイトの違い
おすすめの記事