• WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
12月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月生は満員となっております。12月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

終身雇用制度の崩壊、年金制度の破綻などの問題から近年では政府が副業を推奨する時代となりました。

これまでの厚生労働省が作成したモデル就業規則では副業を禁止する記載があったのですが、副業を容認する記載へと改正されて副業を普及させる動きになってきました。

いきなり副業をしてもいいといわれても何をしたらよいのかわからない方も多くいるかと思います。

すでに副業をしている方の中では、副業としてフリーランスという選択肢を選ぶ方が増えてきています。

副業としてフリーランスを選択するメリットを解説していきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

副業でフリーランスを選択するメリット

 

副収入を得られる

副業を行うのですから当然今までの収入に加え+aの副収入を得る事が出来ます。

これは大きなメリットといえるでしょう。

これまでは、会社から決まった金額が定期的に振り込まれるだけで、そのお金の中からやり繰りしなくてはいけませんでした。

しかし、副業を行うことで副収入を得ることが可能です。

そのため、これまで我慢していた旅行や家族サービスにお金をかけることが可能になります。

時間を有効活用できる

仕事が終わった後や休みの日などに特に予定がなく時間を持て余してしまっているという方もいるかと思います。

そのような方は、時間を有効活用できるというメリットがあります。

時間というものは皆平等に1日24時間です。

この時間を無駄に使うのか、有効に使うのかで10年20年先の人生は大きく変わってきます。

これまでダラダラと過ごしてしまっていた時間を副業にあてて有効に使いましょう。

収入が増えれば独立も可能

副業としてフリーランスの活動を行っていけば、安定したサラリーマンとしての収入とフリーランスとしての収入を得ることができます。

会社を辞めてフリーランスとして活動するのは、収入も安定しないし不安なことばかりでしょう。

しかし、副業としてフリーランスの収入を得ていくうちにサラリーマンとしての収入を超えた場合には、独立するといった選択肢が増えます。

本業を疎かにしないよう注意しながら副業を頑張っていけば、これまでの会社に雇われる生き方をしなくても済みます。

副業としてフリーランスの選択することで、あなたのこれまでの働き方の概念を大きく覆すことになるでしょう。

誰でもできる

フリーランスには、様々な職種が存在しています。

特に専門的知識や免許を必要としない仕事もあるために誰でもフリーランスになることは可能です。

また、年齢も関係ありません。

これまで副業をしようとパートやアルバイトの面接を受けたが年齢が理由で落とされていた方もフリーランスとしてであれば働くことができます。

自分の持っているスキルをお金に変えていきましょう。

自宅でできる

フリーランスの仕事には、会社に出社せずにインターネット環境さえあれば自宅で行うことができるものもあります。

自宅にパソコンとインターネット環境がすでにあるといった方はすぐに副業を行うことが可能です。

これまで子供が小さいため夜は働きに出ることができなかった方も、子供寝かしつけてから自宅で作業できるというのは大きなメリットとなるのではないでしょうか。

副業を始める前の確認事項

いくら政府が副業を推奨していて副業を容認する企業が増えているといっても、自分が所属している会社が副業を禁止した場合には副業を行うことは難しいです。

これからは副業容認する企業が増えてくることが予想されますが、現状では2割強の副業を始める前に確認することを解説していきます。

会社員のケース

会社員の方が副業をする場合、まずは自分が所属している会社の就業規則を確認しましょう。

副業が容認されている会社でも届け出が必要であったり、条件付きで副業が容認されているケースが多いです。

これを怠ってしまうと処分の対象になってしまうため、念入りに確認しましょう。

また、本業と同じ職種を副業として行うことは情報漏洩により所属している会社の利益を損なう恐れがあるために注意が必要です。

さらに副業を頑張りすぎて体を壊してしまい会社を休むといった行為は会社での評価を大きく落とすことにつながるために注意しましょう。

公務員のケース

公務員の場合には、副業をすることは国家公務員法、地方公務員法で明確に禁止されています。

そのため、パートやアルバイトをしてしまうと確実に処分が下ることでしょう。

しかし、不動産収入や株式投資などは例外的に認められており、近年流行しているアフィリエイトやクラウドソーシングなどのネットビジネスも認められる可能性が高いでしょう。

公務員が副業をすることは、会社が副業の許可を得ることに比べて非常に困難なケースが多いため、事前に上司に相談しましょう。

副業を始める前の目標設定

出勤して与えられた業務をこなして定期的な収入を得ることができる勤め人の方と比較してフリーランスとしてお金を稼ぐことは、初めての方にとっては難しい部分もあります。

副業としてフリーランスを選択してどのような活動を行っていくのかしっかりと目標を設定することが重要になってきます。

どのような点に注目して目標を設定するのが良いのかを解説していきます。

自分に合った職種を見つける

まずは、自分にどのようなスキルがあるのかを確認しましょう。

そして、自分に合った職種を見つけることが重要です。

全く経験やスキルがない職種を選ぶことも副業として行うので収入は気にしないという方であればそれでいいのですが、自分に合った職種を選択することで稼げる金額が変わってきます。

副業としてしっかりと稼いでいきたいという方は職種選びに注意しましょう。

月の目標収入を決める

フリーランスの収入は、自分の頑張りがそのまま収入に反映されます。

そのため、目標金額を設定することが非常に重要になってきます。

目標金額を設定せずに、なんとなく副業を始めてしまうと

「思ったより稼げない」

「働いた時間に対して収入が少ない」

といったことが起こってしまいます。

まずは、目標金額を設定してそれに合わせて仕事量を調節して本業に支障がでないよう時間管理をしていきましょう。

将来独立を視野に入れるのか

これから始める副業を今後本業にしていきたいのかどうかで心の持ちようが変わってきます。

その本気度によって収入も変わってくるでしょう。

将来、独立を視野に入れつつ始める副業となんとなく行う副業では仕事内容や今後の行動も変わってくるため、初めに目標設定を行いましょう。

副業できる時間を確保する

副業を行うには時間が必要になってきます。

フリーランスでは特に時間管理が重要であるため、今の生活の中から副業できる時間を確保しましょう。

1日24時間の中で本業を行う時間は8時間程度のところが多いでしょう。

残りの16時間をどのように使うかがポイントとなってきます。

今の生活と改めて見直してみると意外と無駄な時間を過ごしてしまっているケースが多いです。

あくまでも睡眠時間を削って本業に支障が出てしまうといったことがないように時間を有効活用していきましょう。

フリーランスの税金について

サラリーマンや公務員の方では必要のなかった確定申告ですが、フリーランスの場合には避けて通れません。

どういった場合に確定申告が必要なのか、確定申告を怠ってしまうとどうなるのか解説していきます。

確定申告は必要?

まず、確定申告は何のために行っているのかというと所得税を確定するために行われます。

所得税が確定することで自動的に住民税や国民健康保険料などの金額が決まってきます。

そのため、フリーランスとして活動しているけれども利益がないといった方は確定申告の必要がありません。

副業としてフリーランスを選択した場合、本業である給与以外の所得金額が20万円以下かどうかで確定申告の有無が変わってきます。

年間所得が20万円を超える場合には確定申告を必ず行いましょう。

勘違いの多いケースとして売り上げと所得を間違えているケースが見受けられます。

売り上げが20万円を超えていても必要経費を差し引いたら20万円を超えなかった場合には確定申告は不要です。

確定申告しないとどうなる?

確定申告を怠ってしまうと税務調査の対象になってしまいます。

そうなると無申告加算税や延滞税などが課せられてしまいます。

放置した時間が長ければ長いほど大きな金額を納めなければならなくなってしまうため注意しましょう。

副業に適しているフリーランスの職種

フリーランスと一言にいってもその職種がたくさん存在しています。

副業に適しているフリーランスの職種を紹介していきます。

プログラミングを行うエンジニア

現在、プログラミングなどを行うエンジニアの数が足りておらず、どの企業も人手不足の状態が続いています。

そこでフリーランスのエンジニアとして活躍できる舞台が整っています。

ITスキルが高い方であれば、パソコン1台で仕事のできるエンジニアは副業にはもってこいといえます。

ロゴやイラストを作成するデザイナー

ロゴやイラストを作成するデザイナーも人気の職種の一つです。

現在、クラウドソーシングサイトでも常にデザイナーの仕事は需要があります。

デザインに関するスキルに自信がある方はデザイナーとして副業を行うのが良いでしょう。

写真を扱うフォトグラファー

今ではスマートフォンが発達して誰でもすぐに写真撮影ができる時代です。

この時代の中で写真撮影が趣味だといった方も多くいるかと思います。

もちろん、本格的な一眼レフを使用して撮影を行っている方も多いでしょう。

そのような方にとって写真を取り扱うフォトグラファーが魅力的な仕事の一つではないでしょうか?

趣味をそのまま副業にできるため、非常におすすめです。

WEBサイトの記事作成を行うライター

フリーランスとしての職種の中で最も需要が多いのがWEBサイトやブログの記事作成を行うライターです。

未経験で特別なスキルも必要なく日本語ができれば始められるために最も人気の職種です。

仕事は非常にたくさんあるために、ライターとして仕事をしていくうちにスキルはついてくるので収入を伸ばすことも可能です。

1文字何円といった形や1記事何円といった形で収入が決まるために自分のスキルを上げていき、収入を増やしていきましょう。

得意分野を活かせる翻訳者

英語や中国語など日本語以外の語学を学んでいる方は翻訳者がおすすめです。

翻訳者は一般企業の社員として募集しているケースは非常に少なく、フリーランスと翻訳者の相性がとても良いです。

自分の得意分野を活かせるため初心者の方でもある程度の収入を得ることが可能です。

簡単なアンケートやデータ入力

主婦の方に人気な簡単なアンケートやデータ入力も副業として行うのであれば非常に良い職種の一つです。

単価は安く月に何万円も稼ぐことは難しいですが、数千円程度であれば毎月稼ぐことが可能です。

スマートフォンで行うことができるため通勤中や移動中にできる手軽さも人気の秘訣です。

初めての方は簡単なアンケートやデータ入力で数千円程度でもフリーランスとしてお金を稼ぐことができるという実感を得れることが重要であるため、おすすめです。

これまで会社からの給与しか得たことのない方にとってフリーランスとしてお金を稼ぐことの初めの一歩となることでしょう。

まとめ

時代はどんどんと変わっていき、勤め人として給与を得ることが当たり前ではない時代になる可能性があります。

2020年までにフリーランスの人口が全労働者に対してアメリカでは50%、カナダでは45%にもなると予想されています。

日本もいつそのような状況になってもおかしくありません。

会社に依存するのではなく、自分のスキルで稼いでいく力をつけていきましょう。

いきなりフリーランスとして生活していくのは難しいでしょうから、まずは副業としてフリーランスを選んでいきましょう。

フリーランスとして活動することで今までの価値観も変わることでしょう。

時代に合わせて新しいことにどんどん挑戦していきましょう。

時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
2018-01-26 13:03
今回の記事では、WebCampに1ヶ月間通い、未経験からエンジニアとして転職した星野さんにお話を伺いました。 <プロフィール> 星野 智洋 さん(25) 学生時代は日本大学芸術学部...

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。

WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

フリーランス・独立を目指し、プログラミングスキルを身につけたい人も、是非ご検討下さい。

12月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月受入枠は満員となっております。12月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

関連キーワード
フリーランスの関連記事
  • フリーランス人口が増加している理由とは?働き方別の年収比較!
  • フリーランスでも福利厚生は利用できる?経費にはできるのか?
  • 【案件をゲットする!】フリーランスデザイナーはサイトでアピールするべき
  • フリーランスのつらい現実と不安はどのように改善する?
  • フリーランス単価の決め方や稼げる単価はどこで見つける?
  • ダブルワークで収入アップしよう!フリーランスとアルバイトの違い
おすすめの記事