• WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

Web Camp【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でWebサービス等作りたい方
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WebCampPro転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアを3ヶ月で目指すプログラミングスクールです。
9月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
8月受入枠は満員となっております。9月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

今回は、プログラミング・コンテストについて、参加する目的・メリットや、具体的な参加方法、おすすめのコンテストなど、盛りだくさんの内容をお届け致します。

現在プログラミングを学習中の方や、エンジニアとして活躍されている方は、ぜひ一度読んでみてください。

プログラミングコンテストの目的は何か?

プログラミングコンテストの目的

プログラミング作業は、学習として一人でやるのがまずは基本です。
ある程度の実践力がついたら、ディスカッションの場を求めてセミナー等で同じ境遇の方と切磋琢磨することもできますが、セミナーに参加するのも、みなさんお仕事や学校などがあり頻繁にというわけにはいきませんよね。
しかし、ある程度できるようになったからこそ、自分の応用力・実践力はどこまで成長したのかを試したくなると思います。
そこでプログラミングコンテストが選択肢に浮上します。
プログラミングコンテストとは、参加者が皆同じ問題を解いて、スピードを競ったり、スコアを競ったりするものです。
プログラミングを一人で黙々とやっていた時間とはうってかわって、対戦ゲームのように、インターネットを通じて世界中の人と競い合うことができるものも存在します。
もちろんこういったコンテストではなく、自分の実力を反映させた作品を制作することも応用力・実践力をためすことができますが、一人で制作を行うのは気持ちが続かない場合があります。
その場合の気分転換でもあり、何が不足しているか今の自分の状態を知りたい場合は、プログラミングコンテストを利用すると問題が明らかになるかもしれません。

プログラミングコンテストの系列

例えば以下のようなコンテストがあります。

アルゴリズム系コンテスト

問題に記載されたの要件を満たすプログラムを早く構築する「競技プログラミング」と呼ばれるコンテストのことです。
競技プログラミングでは、全員が同じ問題を解くことで競いあいます。

そのため、他人の解答を見ることで得られる気づきも多く、いい機会になります。
なにより、速さや正確性を競うゲーム形式なので、自分のやる気を促しやすいコンテストといえると思います。

セキュリティ系コンテスト

セキュリティ系とは、ご想像の通り、ハッキングやバグ探索を行うコンテストになります。
課題となった問題の環境をハッキングしたり、あるプログラムのバグをいかに早く正確に探索し見つけることができるかと競います。
こちらは、教科書や参考書に乗っているだけではない、応用力が試されるコンテストになります。

ショートコーディング系コンテスト

ショートコーディングはその名の通り、少ない文字数でコーディングし要求された機能を実装することを競うコンテストがあります。
ただ実現すればいいのではなく創意工夫が必要になってくるので、自身の閃き力が試されるコンテストです。

人工知能(AI)系コンテスト

今やトレンドとなった、ゲームなどの人工知能(AI)をつくって競うコンテストです。
作成したAIプログラム同士をゲーム上で戦わせる対戦型AIプログラミングが多くあります。
こちらも現在の社会情勢からいうと参加しやすい形式なのではないかと思います。

作品系コンテスト

夏休みの課題のように、作品を提出し競うコンテストです。
テーマに沿ってつくるもの、自由につくるものなどコンテストによってさまざまです。
「プログラミングのコンテスト」という意味でスタンダードな意味合いはこのコンテストが浮かびやすいと思います。

プログラミングコンテストで得られる経験

1.自分以外のプログラミングを体験することができる

プログラミングの勉強をしていたり、プログラミングでの就業を行っている場合にさまざまなプログラムを作成すると思います。
機能の実現に向けて試行錯誤しながら要件を満たしていくと思いますが、その過程では参考書や教科書など一般的なリファレンスなどをお手本や参考にすることが多いかと思います。
しかし、自分以外の人の実際のプログラミング内容を見ることはなかなか出来ないと思います。
チームで作っている場合でも、同じ機能をつくったりすることはなく分担になるので、自分と同じものを違ったアプローチで作っていく様子はなかなかみられるものではありません。
そこには、一般的な机上学習では得ることのできない「気づき」が多く発見できるチャンスがあります。
やはりプログラミングも十人十色で同じ課題を行っているのにそれぞれが違った書き方をすることが多々あります。
プログラミングコンテストは、こういった他人の解決方法や工夫を目のあたりにすることのできるとても貴重な機会となります。

2.同じ志をもった仲間に出会える

コンテストは今やネットを通して行われる場合も多くあり、日本国内だけでなく世界中のさまざまなプログラマが集まり、コーディング能力について競争します。
そのため、競い合うだけでなく、同じような目的・同じような境遇にある人など、思わぬところで気の合う仲間に出会えるかもしれません。
スポーツなどでもそうですが、ライバルや仲間というのは自分を高めるためにとても大切な存在です。

いないよりはいたほうがいいです。
勉強会やコミュニティに参加してもおなじようなことはできますが、コンテストでも同じ効果を得られる場合があるということです。

3.学習範囲に応じた実力を試すことが出来る

学習しているときによくつまづくのは、あれもしたい、これもしたいと範囲を広げて学習した結果、各分野を本当に自分が習得できているかどうか不安になることです。
コンテストはざっくりとした範囲で行われるものばかりではなく、限定的な範囲、もしくはスキルや工程のコンテストが多数存在します。
自分がより力を試したい分野に絞られたコンテストを選択することで、より明確に自分の実力を推し量ることが可能になります。

プログラミングコンテストの種類と開催内容

小中学生対象のコンテスト

全国小中学生プログラミング大会

http://jjpc.jp/

今年で第3回目となる全国小中学生プログラミング大会というものがあります。
今年度は2018年7月1日から9月5日を応募期間、10月21日に表彰式といった流れになっています。
テーマは設定されますが、プラットフォームやソフトウェアやハードウェア、使用言語などは自由に選定できます。
やはり小中学生ということで、まずはのびのびとした発想に基づく作品を第一としているようです。

高校生対象のコンテスト

UNITY インターハイ

https://inter-high.unity3d.jp/

いまやPCやスマホでの3Dプラットフォームの中心を担うUnityですが、教育にも力をいれている同社らしく、Unityインターハイというものが開かれています。
これは、ユニティー・テクノロジーズ・ジャパン主催の全国の高校生や高専生、小中学生まで網羅するゲーム開発の全国大会になります。

アプリ甲子園

https://www.applikoshien.jp/

2011年からスタートした中高生のためのスマートフォンアプリ開発のコンテストです。

企画だけでなく、実装したアプリで優勝を目指せ!

全国高校・大学ソフトウェア創作コンテスト

http://www.ict-challenger.jp/

ジャンル不問,開発言語不問,実行環境不問のソフトウェア創作コンテストICT Challenge+R(あいしーてぃーちゃれんじゃー:あいちゃれ)です。
現在では、あいちゃれグローバルとして,より多様な参加者を積極的に受け入れるコンテストになっています。
あいちゃれ自体はは,立命館大学が発信しているものですが、「全国の大学生・大学院生・小学校,中学校,高等学校,高等専門学校,専修学校」に在籍している学生を対象とし、幅広い応募を募っていますのでそれだけ多種多様なプログラミングが見れる貴重な場かと思います。

パソコン甲子園

http://www.u-aizu.ac.jp/pc-concours/

コンピュータ理工学が専門の会津大学等によって主催・運営されるコンテストです。
パソコン甲子園は、高校生と高等専門学校生の3年生までを対象とし、プログラミング能力をはじめ、情報処理技術におけるアイデアや表現力等を競い合います。

成人向きコンテスト

国際大学対抗プログラミングコンテスト

https://icpc.iisf.or.jp/acm-icpc/problems/

ACM (Association for Computing Machinery) という計算機学会が主催する、International Collegiate Programming Contest (国際大学対抗プログラミングコンテスト) という名前のプログラミングコンテストがあります。
同じ大学で3人1組のチームを作り、チームプログラミングで競う大会です。
世界大会では、各国大会を勝ち抜いたチームが、大学を代表して腕を競います。

世界大会には、一つの大学から一つのチームしか参加できません。

そのため、大学対抗プログラミングコンテストと位置づけられています。

プログラミングコンテストの勉強はどうする

プログラミングコンテストの勉強

プログラミングコンテストはさまざまありますが、まずはなんといっても正確なコーディング技術とコーディングスピードが求められます。
コーディングスピードについては、一朝一夕でどうにかなるものでもないので、まずは正確なコーディングを心がけるように繰り返し学習し制作してみましょう。
しかし、プログラミングコンテストに出るにあたって、スキルを磨いてから出場しないといけないというルールはありません。
むしろ、自身のプログラミングスキルを磨く機会としてコンテストを利用する方法もあります。
コンテストというとちょっと身構えてしまいますが、貴重な勉強の場として考えても、とても優れた機会であると思います。

勉強の目標としては、自分のレベルに合ったコンテストを選ぶことです。
勉強の場でもあるとはいったものの、あまりにレベル違いのコンテストに出ると何もできずにおわり勉強どころではありません。
自分にあったコンテストから始めて、徐々に難易度の高いコンテストに参加するといった具合にステップアップしていくのが最善かと思います。
また、コンテスト後に、コンテストの課題の復習をすることがとても重要です。
解けなかった問題をそのままにせず、もう一度考えることが何よりの勉強になり、自身のスキルレベルを大きく向上させます。
コンテストでは問題解説や他の参加者の解答を確認できる場合は、必ず確認して理解するようにするととても有用です。

プログラミングレベルチェックサイト

汎用的なチェックというのはなかなかありませんが、言語ごとにおすすめのチェックサイトがありますのでご紹介します。

1.Top coder

https://www.topcoder.com/

このサイトはプログラム作成スキルのレベルをWEBサイト上で確認できます。
スキルは、解いた問題数と難易度などから算出されます。
また、おなじようにチェックを受けた他の人の回答も確認できますので、よりレベルの高い方の回答をみてレベルアップできる場でもあります。
対応しているのは、Java, C++, C#, VB, Pythonと現在の主要言語は大体網羅されています。

2.CodeIQ

https://codeiq.jp/

IT向けの実務スキルを評価してくれるサイトです。

プログラミングやHTML/CSSなど比較的広範囲に渡るので自身のスキル確認ができます。
また、回答にたいしてのフィードバックももらえるので、解きっぱなしにならずに安心です。

プログラミングコンテスト応募と対策のまとめ

参加できる資格はコンテストによって異なりますが、学生向けや海外コンテストなど現代ではさまざまなコンテストがありますのできっとご自身の目的や思考にあうものが見つかるかと思います。
そういったコンテストを探して、勉強に利用したり、自身の力を試す場所として有効に使いましょう。
結果として、良い成果がついてくればさらに自身にもなりますので、プログラミング学習のカリキュラムにコンテストを組み込んでみてください。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

11月11日、18日開催決定!2日間で人工知能(AI)を学習するPythonコースが開講

今回、当社(WebCamp)では、現役フリーランス・エンジニアとしてPythonの最前線で活動している講師をお招きし、2日間でPythonの基本から機械学習の基礎まで学ぶ短期集中型のコースを開講します。
Pythonの基礎プログラミング能力を身につけたい方機械学習やAIに興味はあるが学習できていない方現役Pythonエンジニアからリアルな話を聞きたい方
上記にあてはまる方は、ぜひご参加ください!

8月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
7月受入枠は満員となっております。8月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

関連キーワード
学習の関連記事
  • プログラミング効率を上げるエディタの選び方とオススメ
  • プログラミングコンテストの応募内容と対策方法を徹底解説
  • 【中学生・高校生向け】プログラミング初心者にオススメの言語と教室
  • 【初心者向け】プログラミングを勉強するサークル7選!
  • プログラミング習得時間はどのくらい必要なのか?
  • プログラミングは単なるブームではない。学ぶ意味を理解しよう

当サイトで人気のオススメ転職サービスTOP3

1位 マイナビエージェント×IT

おすすめポイント

・平日忙しい人も、土曜日開催の個別キャリア相談会に参加できる

・職種や仕事内容(要件定義、上流工程から携わる仕事など)の要望が細かくできる
・マイナビの規模を活かした豊富で幅広い求人数

マイナビエージェント×ITの登録はこちら

2位 レバテックキャリア

おすすめポイント

・求人登録数4,000件以上

・エンジニア未経験、経験者両方に対応

・有名企業の採用担当者インタビューがみれる

・一次面接NGからの内定実績もあるほど、内定率が高い

レバテックキャリアの登録はこちら

 3位 type転職エージェント

おすすめポイント

転職者の71%が年収アップ

・IT系企業、特にエンジニアに限らず営業職の求人も充実している

各職種専門の転職アドバイザーが援助

type転職エージェントの登録はこちら

おすすめの記事