フリーランスから正社員への転職は難しい?失敗しない履歴書、面接解説! | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【1月枠も残りわずか】転職保証コース

フリーランスから正社員への転職は難しい?失敗しない履歴書、面接解説!

街

近年フリーランスとして活躍したり、フリーランスを目指す方が増えています。

しかし一方でフリーランスとして独立したものの営業活動が上手く行かなかったり、確定申告などのメイン業務外の作業が苦痛でフリーランスになった事を後悔する方も増えています。

そこで今回はフリーランスから正社員への転職について解説をしていきます。

フリーランスから正社員へ転職は可能?

結論からお話するとフリーランスからの正社員への転職は可能です。
寧ろ個人で技術面だけでなく、会社経営に必要な知識や考えについても身についてる証明になります。

また技術面についても、一人で生計を立てられるだけの技術を習得出来ている点も企業から評価される事は少なくありません。

しかしある程度の年齢で転職をしなければ、プログラマーなど技術職は若い人が多い傾向から、転職出来る可能性が下がっていく為、注意が必要です。

以下でフリーランスが正社員に転職する理由や履歴書や面接のポイントを解説していきたいと思います。

フリーランスが正社員に転職する理由

フリーランスが正社員への転職が可能なことには、既に触れましたが、転職をする上で注意しなければいけないのが、転職理由です。

フリーランスから正社員に転職する実際の理由は、それぞれですが、前向きなものとは限りません。

人によっては、フリーランスとして仕事が受注出来なくなったなどが挙げられます。

しかし転職活動時に上記のような理由は、企業側に悪い印象を与えてしまいます。

そこでフリーランスから正社員への転職理由には、下記のような前向きな理由で転職活動を行うことが重要です。

経験を活かして仕事がしたい

大企業などではプロジェクトでの役割が固定化されてしまう傾向にあります。

それに対してフリーランスは様々な経験を積むことが出来ます。

そこでフリーランスで経験を積んだ技術を活かして、仕事がしたいことを転職理由にすることで、企業側に好印象を与えられます。

大きいプロジェクトに携わりたい

フリーランスでは中規模までのプロジェクトが多く、大規模プロジェクトに携わる機会は多くありません。

そこで技術の下積みをつけて、前向きに大規模なプロジェクトに携わりたいと言う転職理由は、企業側からは意欲的に捉えて貰えます。

実際に履歴書はどう書けばいいのか

既に取引があり人脈を使って転職活動を行う場合は、履歴書は儀式的な物になる事もありますが、何の人脈もない企業に転職をする場合は、書類選考などで履歴書が非常に重要になります。

履歴書の書き方1つで転職の合否に大きく関わってきます。

フリーランスから正社員へ転職する時の履歴書を書くポイントについて、解説していきます。

ポイントは履歴書で使う言葉

志望動機などは上記でご紹介した転職理由を記述すれば、問題ありません。

フリーランスから転職をする場合のポイントは、経歴で入社や退社の様に会社員として働く時に使用する言葉ではなく、開業や廃業と言う表現をします。

表現としては近いものに感じですが、意味合いとしてはかなり違いがある為、注意しなければいけません。

職務履歴書でもアピールを

履歴書とセットで重要になるのが、職務履歴書です。

職務履歴書でどれだけアピール出来るかで、転職の合否はもちろんですが、転職時の給料などの条件も大きく違いが出てきます。

職務履歴書でアピールするポイントについて、詳しく解説していきます。

職務要約

職務要約には、フリーランスとして独立した理由やフリーランスとしてどの様に仕事を請け負ってきたか、またどんな企業と取引をしてきたかなど、全体的なフリーランスとして活動を流れを記述します。

この時注意するポイントは、履歴書や転職理由と同様後ろ向きな事は記述せず、前向きな理由を記述していくことが重要です。

業務内容、実績

フリーランスとしての職務要約から更に詳しく業務内容、実績を記述します。

業務内容や実績では、ご自身が出来る技術をアピール出来るように記述する事がポイントです。

例えば携わったシステムだけでなく、使用したプログラミング言語や実装した仕様などでアピールすることが重要です。

面接で聞かれるポイント

フリーランスからの転職以外でも同じですが、転職の最後の難所は面接です。

しかしフリーランスから正社員へ転職する場合のポイントは、異なります。

そこでフリーランスから正社員へ転職する際の重要なポイントについて、解説をしていきます。

フリーランスになった理由は

まず面接時に重要なポイントは、フリーランスになった理由を伝えることです。

自分からフリーランスになった理由は、企業側から十中八九質問されます。

答える時に嘘をつくことは良くありませんが、企業のルールに縛られたくないから等、企業側に悪い印象を与えることはNGです。

あくまで様々な経験をしたい等前向きな理由を自信を持って伝えることが重要です。

なぜフリーランスを辞めるのか

フリーランスになった理由と同じく、なぜフリーランスを辞めるかの理由についても企業側からほぼ確実に質問されます。

こちらも後ろ向きな理由で辞めるのではなく、仕方なくフリーランスを辞めるまたは、個人で出来ることを十分体験した為、その経験を活かして企業で働きたい等の前向きな理由を伝えることが重要です。

冒頭でも触れましたが、フリーランスとしての実績は転職活動において決してデメリットになりません。

しかしフリーランスを辞める理由が後ろ向きな理由だと、企業側が先入観でフリーランスをプラスに捉えてくれていた効果がなくなってしまいます。

期待を得られている程、後ろ向きな理由で落胆された場合、転職の成功率が下がってしまう為、事前に回答を準備しておくこともポイントの1つです。

またフリーランスになる可能性は

実際にフリーランスに戻る可能性の有無は別にして、転職活動をする上ではフリーランスになる可能性はきっぱりと否定しなければいけません。

企業側からするとフリーランスから正社員で中途採用するのは即戦力として期待されており、社員として中軸を担って欲しい場合が少なくありません。

非常に嬉しいことですが、裏を返せばまたフリーランスになって企業から抜けられる可能性のある人材は不要になります。

目の前の人材不足を解消するだけであれば、それこそフリーランスが最適になり、社員として雇い入れるのとは相反するものになります。

企業で働くからこそ出来るプロジェクトの特徴や家庭の理由など、少々過剰でもフリーランスに戻る可能性がないまたは個人ではなく、集団だからこそ出来る特徴などを動機に挙げるぐらいの方が企業側に安心感を与える事が出来ます。

ただし履歴書や面接時のフリーランスを辞める理由と矛盾せず、後ろ向きな印象を持たれない様にしなければいけません。

まとめ

今回はフリーランスから正社員への転職について、解説をしてきましたが、いかがでしたか。

ある程度実績があれば、フリーランスから正社員への転職は問題なく成功する事が多いです。

ただ転職を成功させるだけでなく、出来るだけ好条件で転職を成功させる為には、今回解説した転職時のポイントや履歴書などの前準備を怠らない事が重要です。

また実績が少なかったり、年齢を取りすぎてしまっている場合は、成功率が下がってしまいます。

一生フリーランスで働きたい特別な理由などがない方は、正社員への転職も視野に入れてタイミングや転職に向けた人脈作りも意識してフリーランスとして活動することも重要なことの1つです。

1月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%

 

転職保証付のDMM WEBCAMPで
安心してエンジニア転職を目指そう

「スキルがないし…」「失敗したくないし…」
カウンセラーがあなたのキャリアを真剣に考え、
ご相談に乗ります。