◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

ご存知の方も多いと思いますが、雇用保険をかけて正社員として仕事をしている方が、仕事を辞めると失業保険が貰えます。

フリーランスには、失業保険はまったく関係ないと思っている方も多いですが、実は無関係と言う訳ではありません。

今回はフリーランスが気になる雇用保険と失業保険について、詳しく解説をしていきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

そもそも雇用保険とは

そもそも雇用保険については、名前を聞いた事があったり、何となく理解している方が多いですが、雇用保険の条件をしっかり把握していなければ、フリーランスとして雇用保険を扱う場合に、問題が発生する可能性があります。

まずは雇用保険について、詳しく解説をしていきます。

雇用保険の加入条件

雇用保険の加入条件は、正社員の場合は無条件で加入することになります。

しかし正社員の方以外でもパートタイムで働いている方でも1週間の労働時間が20時間以上継続的に働く予定の方で31日以上継続して雇用される見込みがある方は、雇用保険に加入することになります。

パートの場合は、雇用期間が見込みと言う表現で記載されている為、タイミングが微妙に違ってくる可能性がある為、雇用主に確認することをオススメします。

失業保険の受給条件

失業保険を受給出来る条件は、前提として雇用保険に加入している事です。

しかし雇用保険に加入しているだけで、失業保険を受給出来る訳ではありません。

仕事を自分の意志で退職した場合は、離職した日から過去2年間の間に雇用保険に1年以上加入している事が条件になります。

倒産や解雇と言った会社都合により退職した場合は、離職した日から1年以内に雇用保険に6ヵ月以上加入していなければいけません。

上記条件に加えて、離職者が再就職に前向きでハローワーク等に通い、ハローワーク職員も協力をしているにも関わらず再就職が出来ない方が失業保険の受給条件になります。

失業保険の手続き

失業保険の受給は、受給条件を満たしている方が自動的に受給して貰える訳ではない為、注意しなければいけません。

失業保険を受給する為には、手続きが必要になり、手続きには離職票をハローワークに提出して手続きをしなければいけません。

離職票は離職した会社が準備をしてくれますが、会社から離職票が届くまでの期間には、多少ばらつきがある為、離職後になかなか離職票が届かない場合は、早めに確認をする事が重要です。

また離職票が届き次第速やかに手続きをすることをオススメします。

自己退社か会社都合による退社で受給出来るまでの期間に違いがありますが、どちらにしても手続きが遅れてしまうと1か月単位で受給できる期間が延びてしまいます。

その間に再就職が出来なければ、受給日が延びる程、貯金などで生活をしなければいけません。

フリーランスが失業保険をもらえる可能性は

ここまでで失業保険の基本的な事は、ご理解して頂けたと思います。

ここからが本題ですが、フリーランスが失業保険を貰えるかについて、解説をしていきます。

もらえる可能性はゼロに近い?

結論からお話するとフリーランスが失業保険を貰える可能性は、殆どゼロと言っても良いです。

失業保険は、名前の通り失業した状態で再就職の為に活動している方が貰えます。

フリーランスの場合は、開業届を提出している方やフリーランスとして活動している場合は、失業保険の受給対象外になってしまいます。

受注している案件がない場合でも営業活動などは行っている扱いになる為、失業保険を貰うことが出来ません。

 

しかしフリーランスとして活動する事で雇用保険で給付を受けられる特殊な例もあります。

それは就職促進給付です。

就職促進給付

就職促進給付は現役でフリーランスとして活躍している方が貰えるのではなく、これからフリーランスを目指す方が受給できる物になります。

企業に勤めていた方が失業後に、失業保険を受給していない状態でフリーランスとして開業することで、準備金として受給出来るのが、就職促進給付です。

就職促進給付の金額は、受給者によって違いがありますが、数十万円の給付を受けられる為、開業に必要な準備金や軌道にのるまでの貯蓄にする事が出来ます。

確実にもらえるとは限らない

就職促進給付は誰でも申請すれば必ず貰える訳ではなく、条件や判定が行われる為、確実に貰えるとは限りません。

当然申請する価値はありますが、生活費としてあてにすると貰えない時に困ってしまう為、フリーランスとして開業する前に開業資金などを貯めておくことをオススメします。

フリーランスが失業保険を不正に受給してばれた時

開業届を提出していると失業保険を受給できないことは、解説をしましたが、開業届を提出していないフリーランスの方が失業保険を受給した場合は、ばれるとペナルティが発生します。

開業届を提出していない方でも確定申告をする事で、不正に受給した事はばれてしまいます。

ペナルティがある

もし不正受給をしてばれた場合のペナルティについて、解説をしておきます。

最初に不正受給が発覚した時点で、失業保険の受給が停止されます。

その後不正受給した金額をすぐに返還をしなければいけません。

ここまでは当然ですが、更に不正受給した倍の金額を納付しなければならず、返還と納付が行われない場合は財産の差し押さえに発展してしまいます。

更に不正受給が禁止されている事を知っていて行った場合などは、詐欺罪になる事もあります。

従業員を雇えば雇用保険への加入が必要

個人事業主の場合は、少ないですが、フリーランスの中でも法人化して従業員を雇っている場合は、雇用保険の手続きが必要になります。

ただし失業保険の給付は従業員のみ

注意しなければいけないのが、失業保険などの受給が行えるのは、従業員のみで雇い主であるフリーランスの方は受給することが出来ません。

フリーランスの方が従業員を雇用保険の手続きをする条件は、上述の「雇用保険の加入条件」で解説した内容になります。

従業員を雇う前に雇用保険を知っておこう

雇用保険の条件については、既に解説をしましたが、ご自身が雇い主になる場合は、従業員を雇う前に雇用保険に必要な手続きを知っておく必要があります。

まず従業員が雇用保険に加入する条件を満たしてから10日以内に労働基準監督署へ保険関係成立届を提出しなければいけません。

更に10日以内に雇用保険適用事業書設置届を提出し、概算保険料申告書を労働基準監督署に50日以内に提出する必要があります。

また従業員が離職する場合にも雇用保険資格喪失届・離職証明書をハローワークへ提出し、離職票の手続きを行わなければいけません。

いずれも手続きしなければいけない期間が定められている為、従業員を雇う予定がある方は前もって学習しておく必要があります。

まとめ

今回はフリーランスの雇用保険と失業保険について、解説をしてきましたが、いかがでしたか。

会社員の様に失業保険を貰うことは出来ませんが、解説をした様にこれからフリーランスを目指す方は就職促進給付の申請をしたり、逆に従業員を雇う場合に必要な手続きなどもあります。

フリーランスだからと言って雇用保険と失業保険は無関係と言う訳ではない為、今回解説した内容ぐらいは最低限知っておくことが重要です。

特にこれから従業員を雇う方は、従業員とのトラブルにならない様細心の注意が必要です。

時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】

DMM WEWBCAMP/DMM WEBCAMP PROについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。

WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

フリーランス・独立を目指し、プログラミングスキルを身につけたい人も、是非ご検討下さい。

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事