◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

プログラミングの演習は、初心者を抜け出すために欠かせない工程です。

理解していることと、実際にできることの間には、意外にも大きな差があります。

今回は、演習やコンテストなどによる、プログラミング学習者の、脱初心者へのプロセスを解説致します。

本当に初心者の場合はプログラミング基礎学習から

ゲームやアプリ開発、人工知能など、IT業界に興味があって、プログラミングをやり始めたけど、勉強法に迷ったり、実力がついているのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、初心者からスタートでき、分からない事を質問したり、困った時にアドバイスもしてくれるオンライン講座がたくさん開講されています。

オンラインのプログラミング講座は、時間のロスなく確実に技術を身につけることができるので、スキマ時間を使って効率よく勉強したい人に向いています。

学習内容

オンライン講座では、スクールと同じクオリティの授業を動画で行なったり、カラフルな色を使ったわかりやすいイラストを中心にしたスライドなどで授業が行われています。

いつでも自由に再生できるので、自分のペースで勉強を進められ、分からなかったところまで戻って復習することもできます。

理論だけでなく、コードを書いてすぐに結果の確認できる演習問題をこなしながら、実際にプロダクトを創る実践的な授業が行われているため、基礎からから学び始めても、プログラマーとして就職、転職しすぐに実戦で使える技術が身につきます。

サービス内容

講座によっては、無料講座と有料講座に分かれています。

無料講座では、数時間で学べる基礎の基礎を学習し、どのように授業が進められるのか、学習の難易度やサイトの使いやすさ、スタッフとのコミュニケーションは取れるのかなど、自分にとって使いやすいサイトなのかどうかを確認します。

その後、有料講座に入ることができるので無駄がありません。

多くのプログラミング言語をまんべんなく学んだり、1つの言語を深く学んだりと、プログラミングを学んで何がしたいのかによってどのような学び方をするのかや、学生コース、転職コース、起業コースなど、卒業後の目標によってコースを選べる工夫がされている講座もあります。

自分の将来像を描きながら勉強するとモチベーションが上がります。

言語別コース

オンライン講座ではプログラム言語ごとにコースが分かれています。

Webページ作成に必要なHTMLとCSS、Webページのアニメーションや効果を作るjQuery、JavaScriptは最新バージョンのES6を受講できます。

進化の早いプログラム言語では、最新の言語が学べるのかチェックするのも忘れずに。

Webアプリケーションの「システム」を作るRuby、Rubyで書かれたWebサービスを開発するためのフレームワーク、Ruby on Rails5も人気のプログラミング言語です。

プログラムに詳しくない人でも聞いたことがあるJavaは、世界中で最も使われているプログラム言語でプログラマーには必須の言語です。

基本的なコードの書き方から始めて、プログラミングにとって重要なオブジェクト指向の考え方やオブジェクト指向の機能である継承についても学び、企業の大規模な開発やモバイルアプリの開発までできる技術力を身につけます。

その他、現在人工知能開発で注目を集めているPython、iOSアプリ開発に欠かせないSwift、データ管理や分析に使われるSQLなど、あらゆるプログラム言語を学習できます。

プログラミングスクールについての詳細記事はこちら

プログラミング学習ができたら演習のみ?

プログラミング言語の学習は、教本を読んだり、授業を聞いたりして理論を学ぶよりも、演習問題を数多くこなして慣れながら学ぶのが早道です。

なぜなら、プログラミングに関する知識は限りがなく、実際に仕事としてプログラム言語を活用する上で必要な理論のみ学べば良いからです。

プログラミング演習は重要

プログラミングの習得には、できるだけ多くの演習問題をこなしましょう。

プログラムとはどういうものか、プログラムの流れや成り立ちを実際に自分の手を動かすことで学びます。

プログラミングの教本やオンライン講座でも、たくさんの演習問題が用意されています。

最初は、与えられたコードを書き写すだけの課題ですが、ここでプログラムとはどういうものか、プログラムを書く感覚を身体に覚えさせます。

プログラムは書き間違いがひとつでもあると動きません。

間違いを探すための精査もプログラムの勉強には役立ちます。

ゲーム感覚で楽しめるプログラミング講座もあり、ゲームをクリアしていく感覚でプログラミングを学んでいくことができます。

腕試しにコンテスト

プログラミングの学習が進み、自信がついてきたらコンテストに参加してみてはいかがでしょうか。

他の人のプログラムを見ることもでき、自分の実力がどの程度なのかを知ることができます。

また、他の人がどのような考えのもとでコードを作っているのかが分かるので、プログラマーとしての視野も広がります。

プログラミングコンテストの問題は公開されているので、コンテストに参加する前に過去問を解いてみるのも良いでしょう。

同じ問題に何度もチェレンジできるコンテストもあり、間違っても粘り強く修正し、チャレンジすることで実力がつきます。

実践的な力が身につくだけでなく、コンテストで好成績を上げたり、賞をとると就職にも結びつきます。

プログラミング演習ができるおすすめサイト

プログラミングの演習課題をこなし、実際に自分の手を動かして、チェレンジし続けることでプログラミングのスキルは向上します。

やればやるほど結果に出てきますので、演習はやりがいのある学習法です。

プログラミングの演習課題がたくさん提供されされているサイトを紹介します。

「Codecademy」の特徴

Codecademyは、Webサイトを作るための問題を解きながらプログラミングを学ぶサイトです。

実際にサイトを作る本格的な学習法で、実戦にすぐに役立つだけでなく達成感も感じられ、モチベーションも上がります。

JavaScript、HTML/CSS、Ruby、Python、PHPなど、扱う言語もたくさんあり、すべて学べるのも魅力です。

インストールが不要で、すぐにプログラミングの実行結果を見ることができるので、修正もすぐにでき次々に新しいことを学んでいけます。

TwitterやFacebookのアカウントがあれば、特別な手続きなしでログインしてより本格的な問題を解くこともできます。

ほとんど英語のサイトですが、日本語の命令も解釈してくれますので、英語が苦手な人もぜひチャレンジしてみてください。

「AtCoder」の特徴

AtCoderは、日本のプログラミングコンテストです。

1ヶ月に6回と、頻繁に開催されているので自分の好きなタイミングで参加できるのも魅力です。

AtCoderのコンテストは、企業の人材発掘にも使われており、コンテストに出される課題の評価は高いものですから、積極的に参加して解いていきたいものです。

コンテストに参加するのは自信がないという人は、まずはコンテストの練習ページや「AtCoder Beginners Selection」という初心者向け問題集に挑戦してみましょう。

コンテストに参加する前に、これらの問題を解いて雰囲気を掴むとコンテストの問題も取り掛かりやすくなります。

AtCoderは、コンテスト運営だけでなく、優秀な人材を企業のソフトウエアエンジニアに採用する支援事業やソフトウエアエンジニアの能力判定も行なっています。

プログラミングコンテストからの、就職・転職サービスも今後ますます注目を集めるでしょう。

出題されるプログラミングの演習問題も、汎用性の高い基礎的な問題が多く、プログラミングの勉強には最適です。

プログラミングを学んで、就職や転職に生かしたい人は、ぜひAtCoderをチェックしてください。

プログラミング演習はどんなことなのか?

そもそも、「演習」とはなんでしょうか?

「講義」は、先生やアドバイザーなど、教えてくれる人の話を聞き、それを踏まえて考えたり、実際に行なったりする学習法です。

専門知識の高い人が、順序立てて技術や知識を伝達するので、一度に大量の事を学ぶことができます。

しかし、学習したことを定着させるためには、聞いたこと、知ったことを元に、自分で考えたり復習したり、実際にやってみたりすることが必要です。

「演習」は、実際の事物に近いものを、試行錯誤しながら模擬的に学んでいくことです。

一度にたくさん学ぶことはできませんが、自分の知識を応用する方法を学んだり、わからない時にはどう調べたら良いかを考えることができるので、他のことにも応用がきく学び方です。

主体的に体験し練習するので、学んだことがそのまま実力となり、実戦ですぐに役立てることができます。

プログラム演習準備

プログラム演習を始めるには、まずは自分のパソコンや周辺環境について知ることから始めましょう。

自分が学ぼうと思っているプログラミング言語にふさわしいパソコンを使っているか、キーボードやWi-Fi環境はどうか確認します。

オンラインの講座であれば、講座の内容や注意事項はよく確認し、演習問題の演習方針や採点、解説についてもあらかじめ知っておきます。

プログラム演習概要

プログラムの演習には、最終的にこれだけの知識をつける、この技術を習得するといった目標があります。

この課題の目標を達成できるように、ゲームを作成したり、模擬Webサイトを作成したりしてプログラミング言語を身につけることが演習の課題になります。

演習は段階的に、基礎的なプログラミング、画面構成、ネットワークプログラミングと進んでいきます。

多くのオンライン講座では、ひとつひとつの段階を丁寧にクリアしていけば、最終目標に達成できるようにコースが組まれています。

講座によっては、チュートリアルサイトが設けられていたり、アドバイザーとコンタクトを取りながら学習を進めていきます。

プログラムは1つのミスがあれば思い通りには動きません。

わからないことはそのままにせずその場でクリアにしていきましょう。

プログラミング学習と演習のまとめ

プログラミング学習は、実戦的なプログラムを実際に入力したり、自分でプログラミングをしてプログラミング言語そのものに触れて慣れるのが学習の早道です。

できるだけ多くの演習問題をこなしていきましょう。

プログラミングは非常に理論的で、順序立てて説明してもらえれば理解できるものです。

独学する人もいますが、独学するよりも、プログラミング学習サイトやオンライン講座を使って学ぶと基礎から初級、中級、上級へとステップアップしやすくなります。

レベルに応じた演習課題をどんどんこなして、脱初心者を目指しましょう。

DMM WEWBCAMP/DMM WEBCAMP PROについて

DMM WEBCAMPは1ヶ月でプログラミング・WEBデザインを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。DMM WEBCAMP PROは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事