• WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
12月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月生は満員となっております。12月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

はじめに

Gitは、バージョン管理ツールです。

バージョン管理ツールというのは、管理下のファイルの更新履歴を保持し、いつでも特定の履歴の状態にファイルを戻すことができるツールです。また、複数の開発者が共同で開発した成果物の合わせこみの管理もできるようになっており、開発現場では非常に重要なツールの1つとなっています。

その中でも、「Git」は数多くの開発現場で使われており、バージョン管理ツールのデファクトスタンダードと言えるかもしれません。(Railsでは、開発環境を整えるときに、自動的にGit利用のためのファイルのいくつかが生成されるようになっているほどです)

今回は、そんなGitの基本的な概念と操作イメージを説明し、その後、GitのホスティングサービスであるGitHubとBitbucketについてもお伝えします。

特に、Bitbucketは、無料で使用する条件が初心者に適していますので、Bitbucketを詳しく解説します。

Gitとは

冒頭でも説明しましたが、Gitは「バージョン管理ツール」です。(「世代管理ツール」とも呼ばれています)

バージョン管理ツールとは

これは、あるファイルを保存するごとに記録しておき、指定の時点へいつでも戻ることができるようにしているもので、試行錯誤する開発業務では、とても役に立つツールです。

また、複数人で開発することが多いプログラムの開発現場では、複数の開発者の作業が同時並行で行われますので、それらをどこかの段階で合わせこんで1つに組み上げなければいけません。

その作業についても、バージョン管理ツールが役に立ちます。

バージョン管理ツールでは、「リポジトリ」と呼ばれる、すべてのプログラムファイルが格納されている格納庫を持っており、個々の開発者は、修正や追加したファイルをこのリポジトリに保存していきます。

リポジトリはバージョン管理ツールの管理下にありますので、保存されたファイルの変更内容はすべて記録されており、特定の操作をすることで、任意の時点のファイル群を取り出すことができるようになっているのです。

※一般的に、リポジトリは共有サーバに格納されており、開発者は運用ルールに則ってファイルをリポジトリへ保存します

そのため、開発者は開発中の最新のバージョンで開発を進めるのではなく、すでにテストも完了している安定したバージョンで開発を進め、他の機能の不具合に惑わされることなく自分の担当機能の開発を進めることができるわけです。

それに、バージョン管理ツールは、同じ箇所を複数の開発者が同時に修正してしまったことを教えてくれますので、間違って上書きしてしまうことや、矛盾のあるプログラムになってしまうことを、事前に防ぐことができるのです。

Gitとは

Gitもバージョン管理ツールの一種です。しかし、ただのバージョン管理ツールではなく分散バージョン管理ツールと呼ばれ、より使いやすくなっています。

分散バージョン管理というのは、中心となるリポジトリとは別に、個々の開発者がリポジトリを持っていることを表しています。

つまり、ネットワーク上にある共有のリポジトリに加えて、開発者のパソコン上にもリポジトリがあるわけです。

そのため、開発者は個人の閉じた世界で個々のバージョン管理を行い、最終的な結果のみ、共有のリポジトリに入れる、2段階のしくみになっているわけです。

このしくみによって、開発者は他の開発者の修正を意識することなく、好きなタイミングで開発とテストを繰り返すことができます。これは開発作業の効率を飛躍的に上げ、全体として開発期間の短縮にもつながることになります。

コツコツ独学×スクールで実践。未経験からエンジニアに転職!【WebCamp卒業生インタビュー】
2018-03-22 23:28
今回の記事では、独学でPHPを1年半学習し、その後WebCampを受講して未経験からエンジニアへと転職された佐々木さんにお話を伺いました。 <プロフィール> 佐々木 祐樹 さん(2...

Gitのしくみと使い方

前述の分散バージョン管理について、Gitでは独特な名称を使って各種操作を表現しています。それらの名称を紹介しつつ、その名称の操作が何をやっているのかを説明することで、概要を解説していきましょう。

まずは、以下の概要図をご覧ください。

少し分かりにくいかもしれませんが、ここに記載している言葉を知れば、Gitの大まかな動きを理解できます。

リポジトリ

リポジトリは、前項で説明したとおり、ファイルの格納庫です。一般的には1つのリポジトリには1つのプロジェクトが格納されています。(つまり、1つのリポジトリには、1つのRailsアプリケーションが格納されていると考えて良いでしょう)

ただし、ただRailsの環境が格納されているだけではなく、ファイルの変更履歴などのバージョン管理にかかわる情報も格納されています。

共有リポジトリ(リモートリポジトリ)

共有リポジトリは、プロジェクトの中心となる公式版の開発環境が格納されているリポジトリで、製品化されるファイル群です。

そのため、一般的には、安易にファイルの保存することはせず、運用ルールに則って、個々の開発者がテストの終わった「動作するファイル」を格納する必要があります。

分散バージョン管理の説明図で「ネットワーク上」と記載している青い大きなリポジトリが、共有リポジトリになります。

Gitを使って開発するには、まずその環境の共有リポジトリを生成しなければいけません。

作業ディレクトリ(ローカルリポジトリ)

一般的に、開発者のパソコンに共有リポジトリのコピーを取得する形で形成されます。

この環境に対して作業するため、作業ディレクトリとも呼ばれます。

開発者は作業ディレクトリに対して自分の行った修正を保存して開発を進めることになります。この段階では、共有リポジトリにはまったく影響しませんので、開発者は他の人の修正への影響をそれほど意識せず、自分の作業に集中することができるわけです。

作業ディレクトリでの修正が完了したら、共有リポジトリへ保存することになります。

分散バージョン管理の説明図で「パソコン上」と記載している赤いリポジトリが、作業ディレクトリにあたります。

作業ディレクトリは、すでに存在する共有リポジトリからその環境をコピーしてくることで生成します。プロジェクトの途中から参入する場合や、Gitの担当者でなければ、作業ディレクトリの作成から始めることになるでしょう。

リポジトリへ保存する

ファイルを修正してから共有リポジトリへそれを反映するまでの操作については、いくつかの手順があります。その手順は、以下のようなものです。

作業ディレクトリで編集したファイルを保存することで、「インデックス」され、インデックスされているファイルを「コミット」することで、作業ディレクトリに変更履歴が保存さるのです。

コミットすると、コミットしたファイルを含む作業ディレクトリの最新環境が「HEAD」として登録されます。

そして、HEADの環境を共有リポジトリへ「プッシュ」することで、本番環境へ変更内容をすべて反映することが完了します。

この手順の中ででてきた「インデックス」「コミット」「HEAD」「プッシュ」を説明しましょう。

インデックス

リポジトリに保存する前の段階です。

すでにGitの管理下にあるファイルであれば、変更を保存することで、自動的にインデックスされます。

管理下にないファイルであれば、所定の操作をすることで、まずインデックスされてリポジトリへ保存する準備を行います。

この段階で、既存のリポジトリのファイルとの差分を確認することができますので、内容を確認して変更の一部だけリポジトリへ保存するようなこともできるようになっています。

この「インデックスする」操作は、「ステージング」や「コミット予定にする」「管理対象にする」とも呼びます。

コミット

インデックスされたファイルなどをリポジトリへ保存することを、コミットと呼びます。

コミットすることで、ファイルがリポジトリに保存され、変更履歴が追加されます。

なお、Gitでは作業ディレクトリ(ローカルリポジトリ)へファイルの変更を保存することを「コミット」と呼び、共有リポジトリへの保存は「プッシュ」(後述)と呼びます。

HEAD

Gitは、コミットされるその最新のファイルを含む環境がどのファイル群なのかを記録します。このコミットされたファイルを含む最新のファイル群のことをHEADと呼びます。

HEADは、コミットのたびに最新のファイル群を指し示して移動し、常に最新の環境を示しています。

ただし、checkout(後述)することで、HEADの位置を変更することができる。(1つ前のコミット時、3つ前のコミット時など)なお、この場合、作業ディレクトリの内容もHEADの状態に上書きされる

基本的に、コミットはこのHEADの環境に対して行われることになりますので、現在のHEADの位置は常に把握しておかなければいけません。

プッシュ

作業ディレクトリのHEADの環境を共有リポジトリへ保存するのが、プッシュです。

プッシュすることで、作業ディレクトリの内容が本番環境へ投入されることになりますので、その前に十分な確認が必要になるでしょう。

ブランチ

Gitは、「ブランチ」の機能を使って、変更履歴を分岐することができます。

「ブランチ」というのは、開発業務にとって非常に重要で、通常機能開発を進めながら新機能を投入するなど、開発の流れを複数に分けることです。

ブランチを作ることで、修正が重なって不具合原因が複雑になってしまうことを避け、安定した環境を残しておいたまま新機能の開発を続けることも難しくありません。

なお、枝分かれしたブランチを統合して1つにまとめることもできます。

リポジトリから取得する

まず、共有リポジトリから「クローン」して作業ディレクトリを作成します。

このときクローンされるのは最新の環境ですが、その後いろいろな人がプッシュしていきます。

そのため、作業開始時は、改めて共有リポジトリから「プル」することで、最新の環境を「フェッチ」し、共有リポジトリに加えられた修正を作業ディレクトリへ「マージ」して、最新の環境を取得しなおすのです。

また、もし別のブランチへ変更したければ、「チェックアウト」することで、作業ディレクトリの環境を別のブランチに切り替えることもできます。

このように、リポジトリから環境を取得する操作についても、それぞれ決まった言葉がありますので、説明しておきましょう。

クローン

共有リポジトリから環境をコピーして、作業ディレクトリを生成することです。

フェッチ

共有リポジトリから環境をコピーして、新たなブランチとして作業ディレクトリに取り込むことです。

マージ

共有リポジトリから取得したものと作業ディレクトリの差分を合わせて1つの環境にすることです。このとき、マージした双方の履歴は統合されて双方の変更が新たな履歴として残ります。

なお、まったく同じ箇所が変更されている場合は、自動でマージできませんので、「コンフリクト(後述)」が発生します。

プル

フェッチ+マージを行うことです。

チェックアウト

Gitを使った開発は、複数のブランチが存在しているのが一般的です。そのブランチの切り替えを行うのが、チェックアウトです。

なお、チェックアウトするときに、現在のブランチを指定する(ブランチを指定しない)場合は、現在のブランチのHEAD環境で作業ディレクトリを上書きすることになります。

そのため、この処理を使ってコミットしていない変更をすべてなかったことにすることができます。(ただし、追加したファイルは削除されませんので、別途削除が必要です

コンフリクト

インデックス時、コミット時、プッシュ時など、リポジトリへの保存を進めるときや、逆にフェッチやプルなどのときに、既存のファイルと上書きしようとしているファイルで、同じ箇所を修正している場合があります。

うまくマージできれば、Gitがマージして結合してくれますが、Gitには判断ができな場合「コンフリクト」が発生します。

Gitでは、このとき、双方のファイルの変更箇所を提示して、どちらの変更を有効にするかを確認してくれるのです。

未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
2018-03-10 14:42
今回の記事では、たまたま見たテレビ番組がきっかけでエンジニアに興味を持ち、WebCampProを受講して見事転職を決めた中村さんにインタビューしました。 <プロフィール> 中村 駿...

Gitホスティングサービス「GitHub」と「Bitbucket」

ここまでに説明したGitは、自分でサーバを準備し、Gitをインストールして、そこに共有リポジトリを作成する必要があります。

そのため、Gitが使えるようになるまでに相応の手間とコストがかかってしまうでしょう。そうなると、個人で、しかも学習用途として導入するのは厳しいかもしれません。

そこで、おすすめなのがGitのホスティングサービスです。

Gitのホスティングサービスは、すでにGitがインストールされたサーバが開放されており、登録ユーザーなら誰でもそこにアクセスして共有リポジトリを作成することができるようになっているものです。

そのため、個人であってもただ登録するだけでGitを使うことができるようになっています。

GitHub

そんなGitホスティングサービスの代表格が、「GitHub」です。

GitHubは、Git環境を提供しているだけでなく、ソースコードの公開や閲覧、バグ管理、メッセージ機能などを備えており、プログラム開発者なら誰でも聞いたことがあるほど有名なGitホスティングサービスです。

ここまでに説明したGitの機能はもちろん、他の機能もフルに使うことができるため、開発者にとってはとても強い味方と言えます。

ただし、無料で使用する条件が「公開リポジトリにすること」となっており、個人の学習用途としては、精神的なハードルが高いかもしれません。

Bitbucket

Bitbucketも比較的有名なGitホスティングサービスで、こちらもGitHub同様、Gitの機能を使えますが、GitHubよりも比較的操作が簡単になっています。ただし、そのぶんGitの詳細な設定などができない場合があります。

また、Bitbucketにも有料プランはありますが、基本的に同時にアクセスすることができる人数が5人までなら無料となっています。そのため大規模開発には不向きですが、非公開の共有リポジトリを使えますので、個人の学習用であれば、むしろ都合の良い条件かもしれません。

Bitbucketで、Railsアプリケーションを管理する

前項で説明したように、GitHubは学習用途としてはハードルが高いため、ここからはBitbucketを使うことを前提に、最初の導入方法と簡単な使い方を説明していきましょう。

Bitbucketのアカウント取得

まずは、Bitbucketのアカウントを取得しましょう。(持っているのであれば、再度取得する必要はありませんので、次項へ進んでください)

Bitbucketのサイトへアクセスして、「無料で始める」をクリックします。

アカウント作成のためのメールアドレスを入力してください。

登録用の氏名とパスワードを登録します。

最初に登録したメールアドレスに、認証メールが送付されます。

受信したメールの「Verify my email address」をクリックしてください。

最後に、ユーザー名を登録します。

この後、アンケートが表示されることがありますが、スキップしても構いません。

Bitbucketのダッシュボード画面が表示されれば、アカウント登録完了です。

SSHキーを登録する

Bitbucketとファイルをやりとりのセキュリティのため、SSHキーという認証鍵を生成して、登録しておきます。

SSHキーの生成

コマンドプロンプトでの操作ですので、確認しながら進めてください。

まずは、以下のコマンドを実行します。

ssh-keygen -t rsa

「Enter file in which to save the key (C:\Users\ユーザー名/.ssh/id_rsa):」という文言が表示されて、入力待ちになりますが、これはSSHキーの格納場所を別に設定している場合に入力する項目です。

変更する必要がなければ、そのままEnterを押してください。

次に「Enter passphrase (empty for no passphrase):」が入力されますので、パスフレーズを入力してください。(任意の文字列で良いですが、忘れないようにしてください)

これで、キーが生成されました。生成されたキーのファイルは格納場所確認のメッセージに表示されていた「C:\Users\ユーザー名/.ssh/」に格納されています。

SSHキーの登録

生成したキーをBitbucketへ登録します。

登録は、アカウント設定から行いますので、Bitbucketの画面の左下にある人のマークをクリックして「Bitbucket設定」を選択します。

セキュリティ項目の中の「SSH鍵」をクリックすると、鍵を追加というボタンがありますのでクリックしてください。

SSH鍵の登録ウインドウが表示されますので、「Label」に区別ができる任意の名称を入力しておきましょう。(Bitbucketにアクセスする端末ごとに必要になりますので、アクセスしている端末が分かるようにしておきます)

そして、先ほど生成したキー「C:\Users\ユーザー名/.ssh/id_rsa.pub」をエディタで開いて、KeyにSSHキーをコピー、「鍵を追加」をクリックすれば、SSHキーの登録は完了です。
※同じフォルダに拡張子のないid_rsaも格納されていますが、こちらではありませんので注意してください。コピーするのは、「ssh-rsa」で始まる文字列です

Railsアプリケーションを登録する

Railsアプリケーションを作成して、Bitbucketで管理できるようにしてみます。

そのため、以下のコマンドでRailsアプリケーションを作成しておきます。

rails new git_test
cd git_test
rails generate scaffold Item title:string price:integer
rake db:migrate
rails c
Item.create(title:"book", price:2500)
Item.create(title:"note", price:100)
Item.create(title:"pen", price:500)
exit

“未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
2017-10-04 10:26
今回の記事では、未経験からWebCampを1ヶ月受講し、その後エンジニアとして転職をした喜田さんにお話を伺いました。 <プロフィール> 喜田 大介 さん (28歳) 大学時代はプ...

1.共有リポジトリの作成

まずは、空の共有リポジトリを作成しましょう。

Bitbucketにログインし、「リポジトリの作成」をクリックしましょう。すでに共有リポジトリがある場合は、左端にある「+」マークをクリックし、「リポジトリ」を選択してください。

リポジトリ名を入力し、「READMEを含めます」を「No」にしてください。他の項目を変更する必要はありませんが、各項目の説明をしておきます。

項目名 説明 選択項目
リポジトリ名 共有リポジトリの名前
アクセスレベル リポジトリを非公開にするか、公開にするか 「これは非公開リポジトリです」にチェックが入っていれば、非公開
READMEを含めます READMEファイルを自動生成するかどうか NO:自動生成しない
Yes, with a template:テンプレートだけの実質空ファイル
Yes, with a tutorial:簡単な使い方の記載されたファイル
バージョン管理システム 利用するバージョン管理システムの種類 Git
Mercurial

入力が完了したら、「リポジトリの作成」をクリックすれば共有リポジトリが生成されます。

今回は、「git_test」という名称の共有リポジトリを作成しました。(グレーの四角の部分には、ユーザー名が表示されています)

2.Rails環境での準備

次に、Rails環境の準備をします。

ただし、すでに「.git」というディレクトリと「.gitignore」というファイルがあれば、準備が完了していますので、対応不要です。

もし、上のディレクトリとファイルがなければ、Gitで管理しようとしているRails環境のディレクトリまで移動して、以下のコマンドを実行してください。

git init

なお、「.gitignore」ファイルは、Gitの管理下に置きたくないファイル(ログファイルなど)を指定するファイルです。

分からなければ編集しなくても良いですがGitHubが公開しているものがありますので、そのまま流用しても良いでしょう。(https://github.com/github/gitignore/blob/master/Rails.gitignore

3.作業ディレクトリへのファイルの追加(インデックス)

次に、以下のコマンドで、インデックスを行います。
※必ず、Rails環境のディレクトリへ移動した状態で実行してください。

git add .

最後の「.」が、現在のディレクトリ以下すべて、という意味になります。

4.コミット

インデックスしたファイルを、作業ディレクトリへコミットします。

git commit -m "initial commit"

-mオプションは、コメントを残すという意味です。

共有リポジトリの設定

共有リポジトリとして、先ほどBitbucketに生成した共有リポジトリを指定します。

共有リポジトリのアドレスをコピーして、以下のコマンドを実行してください。

git remote add origin 共有リポジトリのアドレス

なお、共有リポジトリのアドレスは、以下です。

[ユーザー名]@bitbucket.org:[ユーザー名]/[共有リポジトリ名].git

プッシュ

では、現在の作業ディレクトリの内容を共有リポジトリへプッシュしましょう。

git push -u origin master

※コマンドを実行すると、SSHキーのパスフレーズの入力を求められますので、入力してください

ログが何行か出力されますが、最終的に以下のように表示されれば完了です。

 * [new branch]      master -> master
Branch 'master' set up to track remote branch 'master' from 'origin'.

共有リポジトリを再読込すれば、ファイルのリストが表示されます。

これで、Bitbucket上のGitを使用して、Railsアプリケーションを管理する準備が整いました。

まとめ

今回はGitについての詳細とGitホスティングサービスについて説明しました。

Gitホスティングサービスについては、GitHubではなくBitbucketについての説明をしましたが、GitHubも基本的な部分は同じですので、本記事を読めばイメージはつくと思います。

なお、バージョン管理ツールは、解説書や解説サイトを読んでも、あまり実感できず、いざ使うときに悩んでしまうことが多いものです。

逆に、あまり解説書は軽く流し読むだけで、自分で操作して試すことで、突然目の前が開けることも少なくありません。そう言った意味では、マンツーマンで教えてもらえるスクールは、調べるのではなく教えてもらえる環境があるという意味でも、こういったツールを学習するにはうってつけの環境かもしれません。

・バージョン管理ツールというのは、ファイルの履歴を保存しており、ファイルを以前の状態に戻すことができる
・Gitは分散バージョン管理ツール
・リポジトリは、ファイルの履歴も含めた格納庫
・リモートリポジトリ(共有リポジトリ)はネットワーク上にあって、複数の人がアクセスできる
・ローカルリポジトリ(作業リポジトリ)は共有リポジトリのコピーで、個人のパソコンにあって、その人だけがアクセスできる
・分散バージョン管理ツールは、ネットワーク上の共有リポジトリだけではなく、開発者の個人のパソコンにローカルリポジトリ(作業ディレクト)があり、個別にバージョン管理を行える
・GitHubとBitbucketは、Gitのホスティングサービス
・GitHubはリポジトリを公開しなければ無料にならない。Bitbucketはアクセス人数が5人までは非公開でも無料になる
・共有リポジトリからの取得は、「クローン」「プル」「フェッチ」。保存は「プッシュ」
・作業ディレクトリへの保存は、「インデックス」「コミット」
・履歴の枝分かれが「ブランチ」

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

12月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月受入枠は満員となっております。12月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

 

【インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!

ブラジルから帰国し技術をつけようとRubyエンジニアを目指してWebCampでRubyを学び、見事Webエンジニアとして転職を果たした田中さんにお話を伺いました。

Rubyの学習がしたい。基礎をしっかりと理解したい

転職のサポートがほしい

と考えている方はぜひお読み下さい。

【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
2018-01-15 13:23
今回の記事では、WebCampで1ヶ月間Rubyを学習し、Webエンジニアとして転職した卒業生の田中さんにお話を伺いました。 <プロフィール> 田中 デニス 昭彦さん(...
関連キーワード
Ruby on Railsの関連記事
  • 【Rails入門説明書】includesについて解説
  • 【Rails入門説明書】RubyとRailsの初心者/中級以上用の厳選本8選
  • 【Rails入門説明書】joinsについて解説
  • 【Rails入門説明書】 jQueryの導入方法について解説
  • 【Rails入門説明書】scopeについて解説
  • 【Rails入門説明書】has_manyについて解説
おすすめの記事